若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

2015年夏を思做す

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

世の中が段々騒がしくなってきている。

ギリシャの問題に加えて、中国株の暴落である。しかしまだ米国株は比較的平静を保っている。FRBのまやかしによる景気誘導で、本当に実体経済が株価の上昇に追い付いてくる(株価は2009年3月の底値から約3倍)と市場は思っているが、実は次のショックは米国経済の減速であろう。

ギリシャ、中国、米国経済減速と来ると、どう見ても世界の株式市場は危ない。特に今まで油断(Complacent)している分株価下落に転じるとショックは大きいだろう。

この2015年夏というのはどういう日柄だろうか。1974年10月-12月に米欧主要先進国の株価は暴落の底を打っている。そのポイントからの40年半(162四半期目)という節目の時間帯に入っている。40年半の日柄については、米国株でいえば、1932年7月のNYダウ40ドルの大恐慌底値から1973年1月の1,067ドルの天井(その後1974年12月に向けて暴落570ドルで底を見ている)まで丁度40年半かかっている。

日本の例でいえば1949年5月の東証再開からバブル天井1989年12月の38,957円までが40年7カ月となっている。1971年8月の固定相場最後の360円からの円高は2012年2月の76円で、ドルダブルボトムを付け円安に大転換をした。(40年半である)そのほかにも40年半で流れが変わり景色が一転する相場は枚挙にいとまがない。 

もっと目先の話をすれば、2008年9月にリーマン・ブラザースが破綻し、10月には多くのマーケットで底値を記録する狂乱の1カ月であった。そのタイミングからの81カ月目(黄金分割162÷2)がこの6月-7月なのである。世界中のマーケットがきな臭くなってきたのは故無しとしない。

そう思って日本株の日柄を見てみると、2008年10月の大底6,994円からの81カ月目が7月である。もっと昔を振り返ると、1965年7月は昭和40年不況で株価が暴落した底値1,020円を示現した時であり、丁度50年目に当たる。

今、世の中がきな臭くなっているのは重大な日柄が来ているからで、一時的な現象ではない。

むしろ世の中がどんなに大きく転回するのかに、思いを致して、下げ相場に敬意を払う態度が必要だろう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示