川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、押し目を待って買い。クロス円、強気を維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円は値幅の小さい足で上昇一服となっています。上昇エネルギーの強いものではないので上値の重いスタートとなっていますが、前日の陽線が109.50-60の抵抗を上抜けて終えており、新たな上昇トレンド形成の流れに入った可能性が点灯中です。買いは109.60-70の浅い押し目を拾って109.00で一旦撤退するか、109.40-50の押し目待ちとしています。この場合の損切りは108.80で撤退です。売りは様子見か110.10-20の戻りを軽く売って110.40で撤退です。日足の抵抗が109.40-50,1109.10-20に、週足の抵抗が109.00-10にありますが、108.50割れで終えた場合は下値リスクが高くなります。今日はロンドン、NY市場が休場のため動きが鈍い展開です。

ユーロ/ドルは十文字の寄せ線に近い形の足で終えています。下ヒゲがやや長く下値トライに失敗しておりこの反動で上値トライの動きが先行しましたが、1.2250-60の抵抗を上抜けて終えるまでは上値余地も拡がり難いと見られます。買いは1.2140-50の押し目待ち。損切りは1.2090で撤退です。売りは様子見か1.2240-50の戻り待ちです。損切りは1.2270で浅めに撤退です。日足が1.2130以下で終えた場合は下値リスクがやや高くなります。短期トレンドは1.2050割れでニュートラルな状態に戻します。

ユーロ/円は値幅の小さい足が出て上昇一服となりましたが、トレンドが強い状態を維持しており、133.60-70の浅い押し目を拾って133.10で一旦撤退です。売りは様子見です。日足が132.70以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値余地が若干拡がり易くなります。短期トレンドは132円割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/ドルは実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなりました。下値トライに失敗しており、また、下値を切り上げる流れにも変化が認められないことから、押し目買い方針継続とします。買いは1.4140-50で押し目買い。損切りは1.4090で撤退です。売りは様子見です。1.4230-40にやや強い上値抵抗があります。短期トレンドは1.4000割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

ポンド/円は値幅の小さい陰線引けとなりました。高値圏にありますが、下げ余力の強いものではなく、日足、週足ともに強い状態を保っています。押し目買い方針継続です。155円台の足元の弱さを残しているので、買いは155.00-10の押し目待ちとしています。損切りは154.50で撤退です。短期トレンドは154円割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

豪ドル/円は小反落。85円台乗せを維持できずに終えていますが、トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続で。但し、85.20超えで終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。買いは84.60-70で押し目買い。これは東京時間で付いています。損切りは84.20で撤退です。売りは様子見か、85.00-10で戻り売り。損切りは85.30で浅めに撤退です。84円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

トルコリラ/円は陰線引けとなり、上値を切り下げる流れに変化が認められません。13.20超えで終えない限り、下値リスクにより警戒が必要です。上値抵抗は12.90-95,13.00-05,13.15-20に、下値抵抗は12.70-75,12.50-55にあります。

今日は日本橋まで行ったついでに三越の地下でお弁当探し。実は日曜日にお気に入りの浜町のジャンゴのバケットを頬張り、奥歯で噛みしめて味を楽しんでいたら、3つ目で右頬上のこめかみ付近に激痛が走り、どうも顎関節を痛めたような感じです。押しても痛みはないのですが噛みしめると痛さがよみがえります。仕方がないので暫くは肉食を止めて、お魚や柔らかいものを食べて様子を見ることにしました。というわけで三越のデパ地下で和食系のお弁当を探すことにしました。歩いていると、丁度イベントコーナで「金沢まいもん寿司」のお寿司が色々並んでいて美味しそう。本来ならノドグロの握りを試したいところですが、さすがに5貫で¥1650とちょっとお高いし、リスクもあります。で、結局一番お安いバラちらし¥1350を選んで持ち帰りました。ノドグロだけの握りや、にぎり10貫、15貫など色々ありましたが、どれもネタは良さそうで美味しそうなのですが、価格が2000円以上の設定が殆どで、ランチのお弁当としてはちょっとお高いのです。選んだバラちらしは卵焼き、白身、キュウリ、中トロ、イクラ、海老などを小さくカットしたものが彩り良く乗っていてとても美味しかったです。小ぶりですが、顎を痛めている私にはちょうどいいサイズでした。多分お店ではランチメニューで¥1000程度で出されているもののようですが、やはりデパ地下で臨時の出店ですからテナント料や売れ残るリスクも価格に乗っているんですね、きっと。致し方ありません。美味しかったから良しとします。

金沢まいもん寿司 (maimon-susi.com)

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、一段高の可能性が点灯中。クロス/円、強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は続伸して引けています。直近の陽線が109.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けており、一段高の可能性が点灯中です。109.40以下で終えた場合は"ダマシ"であった可能性が生じますが、この場合でも今週の値動きの中で108.70-80に日足の抵抗が出来ており、108.50以下で終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。買いは109.40-50で押し目買い。損切りは108.80で撤退です。売りは様子見です。110.00に巨額のコールオプションが控えていると言われており、また、週明けはNY、ロンドンが休場となるため、積極的に攻める動きはなさそうです。

ユーロ/ドルは寄せ線で終えています。下値を切り上げる流れを維持していますが、1.2220-30の抵抗も抜けきれない状態です。買いは1.2170-80で押し目買い。損切りは1.2130で撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は1.2220-30に、下値抵抗は1.2150-60,1..2110-20にあります。1.2130以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。短期トレンドは1.2050割れでニュートラルな状態に戻します。

ユーロ/円は高値圏で引ける陽線引けとなり、133.50超えで終えています。一段の上昇の可能性が点灯しており、押し目買い方針継続です。買いは133.50-60で押し目買い。下値余地を133.20-30まで見て置く必要があります。損切りは132.80で撤退です。売りは様子見です。強い上値抵抗は134.40-50にあります。132.80以下で終えた場合は下値余地が若干拡がり易くなります。短期トレンドは132円割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/ドルは1.42台に実体を置く陽線引けとなりました。1.4100-10の下値抵抗にも跳ね返されており、短期トレンドは強い状態を維持しています。買いは1.4170-80の浅い押し目を拾って1.4140で一旦撤退するか、1.4130-40の押し目待ちとしています。この場合の損切りは1.4080で撤退です。短期トレンドは1.4000割れで終えない限り変化しません。

ポンド/円は大陽線の出現となり、揉み合いから上抜けて終えています。短期トレンドが強い状態にあるので、押し目買い方針継続ですが新たな買いは155.00-10の押し目待ちとしています。損切りは154.40で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは154円割れでニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は陽線引けとなり、85円台に実体を戻して引けています。下値リスクが軽減されていますが、85.20超えで終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。買いは84.60-70の押し目待ちとします。損切りは84.30で撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は85.10-20,85.40-50,85.70-80に、下値抵抗は84.60-70,84.20-30にあります。84円割れで終えた場合は再び下値リスクが高くなります。

今日のランチは「かつ好」のヒレカツ重をテイクアウトしました。どうも週末になるとガッツリお肉を食べたくなるようです。出来立てのお弁当はやはり美味しいですね。温かいご飯、卵で閉じられたヒレカツ、少し甘めのたれがご飯に浸みています。ご飯も美味しいし、勿論カツも美味しい!卵、具材のバランスもご飯との相性も抜群で、非の打ち所がない美味しさ。¥1080はお値打ちですね。また来週もこれになりそう...。

かつ好(かつよし) 日本橋人形町 (katuyoshi.com)

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上下の抵抗を抜けきれず。クロス円、強きを維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線で切り返していますが、上昇エネルギーの強いものではないので109.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けるには力不足と見られます。一方で、108.50-60の抵抗も守って下値を切り上げており、これを割り込んで終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。買いは108.80-90で押し目買い。損切りは108.40で撤退。売りは1日様子を見るか109.30-40で戻り売り。損切りは109.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、前日の陽線の値幅を下抜けています。1.2220-30の抵抗も下抜けており、前日の陽線が"ダマシ"に終わった可能性があります。一方で下値を切り上げる流れに変化が認められず、日足の形状も崩れていないことから、下値を攻めきれずに反発に転ずる可能性も高いと見ています。買いは1.2170-80で押し目買い。損切りは1.2130で撤退です。売りは様子見です。1.2100割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクがやや高くなります。1.2050割れを見た場合は短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻します。

ユーロ/円は小反落。下げエネルギーの強いものではなく、下値を切り上げる流れにも変化が認められませんが、133.40-50に日足の抵抗があり、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは132.90-00で押し目買い。損切りは132.40で撤退です。売りは様子見か、133.40-50で軽く売って133.70で浅めに撤退です132.70以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値余地が若干拡がり易くなります。短期トレンドは131.50割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/ドルは小陰線で終え、上値を若干切り下げています。下げエネルギーの強いものではありませんが、1.42台に実体を戻すまでは上値余地も拡がり難いでしょう。買いは1.4100-10で押し目買い。損切りは1.4070で浅めに撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは1.4000割れで終えない限り、変化しません。

ポンド/円は小陽線で終えています。上昇余力に欠けるものですが、トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続とします。直近の陽線が、上昇余力の強いものではないので、買いは利食いを着実に。買いは153.80-90で押し目買い。損切りは153.30で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは152.50割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

豪ドル/円は陽線引けとなりました。84円台の下値抵抗を守って上値トライの可能性に繋げていますが、85.20超えで終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。また、84円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。買いは84.20-30で押し目買い。損切りは83.80で撤退です。売りは様子見か84.80-90で戻り売り。損切りは85.20で撤退です。

今日は雨の予報だったので、朝の通勤時にセブンイレブンに立ち寄り、サンドイッチとサラダを買ってきました。お昼はミックスサンド(卵、ハム、ツナ)とコールスローサラダ、これにインスタントのポタージュスープをお湯に溶かしておしまいです。セブンイレブンのサンドイッチはパンと具材のバランスが丁度良くて、パンも柔らかくて美味しいですね。このところボリュームの多いお弁当が多かったのでたまには胃に優しいサンドイッチがいいかも。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上下の抵抗を抜けきれず。クロス/円、強気を維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は値幅の小さい陰線引けとなり上値を切り下げています。下値リスクがやや高い状態ですが、日足の下値抵抗をかろうじて守って終えており、反発に転ずる可能性を残しています。109.50-60の抵抗を上鵺て終えれば一段のドル上昇へ。逆に108.50以下で終えた場合は新たな下落リスクが生じます。買いは108.60-70で買って108.30で撤退。売りは109.00-10で戻り売り。上値余地を109.20-30まで見て置く必要があります。損切りは浅い場合で109.30,深い場合は109.60で撤退です。

ユーロ/ドルは続伸。1.2230超えで終えており上値余地がもう一段拡がる可能性が生じています。買いは1.2230-40で押し目買い。損切りは1.2180で撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は1.2310-20に、下値抵抗は1.2200-10、1.2160-70にあります。

ユーロ/円は小幅続伸。終値ベースでは133.30-40の抵抗を上抜けていませんが、トレンドが強い状態を維持しており、133.10-20での押し目買い方針継続としています。これは午前中に付いています。損切りは132.40で撤退です。売りは様子見です。日足の上値抵抗は133.40-50にありますが133.50超えで終えれば一段の上昇へ。132.60以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値余地がもう一段拡がり易くなります。短期トレンドは131.50割れで"ニュートラル"な状態に戻しますが、130円割れで越週しない限り、大きく変化しません。

ポンド/ドルは寄せ線で終えています。1.42超えに失敗して押し戻されていますが、トレンドの崩れが無いので押し目買い方針継続とします。買いは1.4120-30で押し目買い。損切りは1.4080で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは1.4000割れで終えない限り変化しません。

ポンド/円は寄せ線で終えています。高値圏での揉み合いとなっていますが、トレンドが強い状態にあるので押し目買い方針で。買いは153.70-80で押し目買い。これは朝方に付いています。損切りは153.30で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは152.50割れでニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は寄せ線で終えています。上ヒゲがやや長く上値トライに失敗していますが、84.00-10の日足の下値抵抗も守っており、突っ込み売りに注意が必要です。日足の形状がやや悪化していますが、85円台を回復して終えれば下値リスクが軽減されます。84円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、83.50割れで終えた場合は短期トレンドが変化します。買いは84.30-40で押し目買い。損切りは83.80で撤退です。売りは様子見か84.80台を軽く売って85.20で撤退です。NZ中銀は市場の予想通り政策金利(オフシャル・キャッシュレート)を据え置きましたが、将来的な利上げを示唆したことから(経済が予想通りに行けば)NZの急伸につれて、豪ドルも対ドル、対円で連れ高となっています。

ドル安、円安の流れが継続中。この間に金相場も急伸しています。対円で6670~6680円に週足の上値抵抗がありますが、ドル/金のトレンドが強いので一段高に繋がる可能性も高いと見られます。ドル金が1900ドルをキープして越週した場合は1960~1965ドルをターゲットに一段高に繋がり易くなります。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、膠着。一方向へ抜け出す可能性にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陰線で終えています。日足の下値抵抗をかろうじて守って終えていますが、上値も切り下げており、109.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い状態です。また108.50割れで終えた場合は今年1月に付けた102.59を基点とする中期的なサポートラインを下抜け始めるので、下値リスクが一段と高くなります。ドル買いは108.70台を軽く買って108.30で撤退としています。ドル売りは109.00-10の戻りを売って109.50で撤退するか、109.20-30の戻り待ち。この場合の損切りは109.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陽線で切り返しましたが、終値ベースでは1.2230を超えられずに終えています。短期トレンドは強い状態を維持しているので押し目買い方針継続です。買いは1.2190-00の浅い押し目を軽く買って1.2150で撤退するか、1.2110-20の押し目待ちとします。この場合の損切りは1.2070で撤退です。売りは様子見か1.2220-30で軽く売って1.2250で浅めに撤退です。短期トレンドは1.2000割れで変化します。

ユーロ/円は小陽線で切り返していますが、133.30-40に日足の抵抗があり、これをしっかり上抜けて来ないと上値余地も拡がり難いでしょう。買いは132.60-70で押し目買い。損切りは132.30で撤退です。売りは様子見か133.60に損切りを置き、133.30-40まで引きつけて軽く売り向かい。132.50以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下値余地が若干拡がり易くなります。短期トレンドは131.00割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

ポンド/ドルは小陽線で終え、短期トレンドは強い状態を維持しています。買いは1.4120-30の押し目待ちです。損切りは1.4080で撤退です。売りは様子見か1.4220-30で軽く戻り売り。損切りは1.4260で浅めに撤退です。短期トレンドは1.4000割れで変化します。

ポンド/円は値幅の小さい陰線引けとなりました。トレンドは強い状態を維持していますが、高値圏にあるので買いは利食いを着実に。買いは153.70-80で押し目買い。損切りは153.30で撤退です。売りは様子見です。短期トレンドは152円割れで"ニュートラル"な状態に戻します。

豪ドル/円は小陽線で終え、続落を食い止めています。短期トレンドは強い状態を維持していますが、日足の形状が悪化し始めており、下値リスクにもそろそろ警戒が必要です。84円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、83.50割れを見たら短期トレンドの変化に要注意。買いは84.10-20で押し目買い。損切りは83.80で撤退です。売りは様子見か84.80-90で戻り売り。損切りは85.20で一旦撤退です。85円台を回復して引ければ下値リスクが後退します。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
500円相当ビットコインプレゼント
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示