川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、下げ渋り。クロス/円、小動き。上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小反落。下げエネルギーの強いものではなので下値余地も限られ易いと見られますが、強い上昇エネルギーも感じられないので、110円台に乗せきれない可能性も高いと見られます。買いは109.10-20の押し目待ちとしています。損切りは浅い場合で108.70,深い場合は短期トレンドが変化する108.40に置く必要があります。売りは110.30-40の戻り待ちです。損切りは110.80で撤退です。
短気トレンドは108.50割れで変化します。

ユーロ/ドルは実体が小さく下ヒゲのやや長い陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げていますが、
1.19台前半の上値抵抗を抜けきれておらず、下値リスクを残した状態です。買いは1.1860-70で軽く買って1.1840で浅めに撤退するか、1.1820-30の押し目待ちとしています。この場合の損切りは1.1780で撤退です。1.1800割れで終えた場合は下値リスクが高くなります。売りは1.1930-40で戻り売り。損切りは"ニュートラル"な状態に戻す1.1960で浅めに撤退です。

ユーロ/円は下ヒゲがやや長く実体の小さい陰線引けとなりました。下値抵抗を守っていますが、130.50-60の抵抗を実体ベースで上抜けきれておらず、上値も広がっていません。買いは129.90-00で軽く押し目買い。損切りは129.40で撤退です。売りは様子見か130.80-90まで引きつけて。損切りは131.10で浅めに撤退です。日足が129円割れで終えた場合は、下値リスクが点灯、128.50割れで終えた場合は短期トレンドの変化に要注意。128円割れで越週した場合はトレンドの変化が確定的となり、一段の下落に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは小陽線で切り返しました。1.3700-10の日足の下値抵抗を守っていますが、下値リスクがより高い状態にあるので、買いは様子見か1.3640に損切りを置くなら1.3670-80まで引きつけて軽く試し買い程度に。売りは1.3800-10で戻り売り。損切りは1.3860で撤退です。1.39台に値を戻せば短期トレンドをニュートラルな状態に戻して下値リスクが軽減されますが、1.40台で終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。

ポンド/円は小陰線で終えています。150.00-10の日足の抵抗を守っていますが、日足、週足ともに形状が悪化し始めており、下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見か一段の下落リスクが生ずる149.40に損切りを置き、149.70-80まで引きつけて軽く試し買い程度に。売りは151.40-50の戻り待ちとしています。損切りは152.10で撤退です。

豪ドル/円は小陰線で終えています。下げエネルギーの強いものではありませんが、上値を切り下げており、下値リスクにより警戒が必要です。83円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、82.50割れで越週した場合は80円方向への一段の下落に繋がり易くなります。短期トレンドは84.50超えに実体を戻すまでは変化しません。買いは1日様子見か83.00-10まで引きつけて。損切りは82.70で浅めに撤退です。売りは83.70-80の戻りを軽く売って84.10で撤退です。

今日は久しぶりにケンタッキーランチにしようかと足を向けたのですが、信号で気が変わって反対側に渡り、エスニックか、和風か迷って歩くうちに結局からっと鳥のお弁当にしました。今日はヘルシー?な胸肉のから揚げが4つ入ったお弁当にしてみました。¥950です。から揚げだけのシンプルなお弁当(他に煮卵1/2と刻んだシソの実漬け少々)なので、美味しいから揚げと美味しいご飯だけを食べるのにはとてもいいのですが、煮物などの箸休めを求める方はやめた方がいいかも。から揚げは冷めても脂っこくならず、シンプルな味付けでお肉の良さを感じるから揚げです。美味しいから揚げが食べたくなった時はここのお弁当にしています。

たまひで からっ鳥 (からっと) - 東京/鳥料理 [食べログ] (tabelog.com)

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、小じっかり。クロス/円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陽線で切り返して続落を食い止めています。上昇余力に欠けるものであるため今日のところは大幅続伸にも繋がり難いと見られますが、先週の下値トライでも109.00-10の日足、週足の抵抗を守っており、これを支えとしてどこまで戻れるかをトライする動きが期待できます。買いは109.40-50で押し目買い。損切りは108.80で一旦撤退です。下値余地を109.20-30まで見て置く必要があります。売りは110.30-40で戻り売り。損切りは110.80で撤退です。短期トレンドは108.50割れで変化します。

ユーロ/ドルは実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなり、下値トライに失敗した形となりましたが、1.19台の上値抵抗を上抜けきれない可能性にも注意が必要です。1.1950超えで終えれば下値リスクが若干後退しますが、1.2040-50の抵抗を上抜けて終えるまでは下値リスクを残します。買いは1日様子見か1.1860-70で軽く買って1.1840で撤退としています。売りは1.1930-40で戻り売り。損切りは1.1970で撤退です。強い下値抵抗は1.1810-20,1.1760-70にあります。

ユーロ/円は小陽線で終えていますが、130.50-60の抵抗を上抜けきれずに終えています。短期トレンドの変化は認められませんが、131.00-10の抵抗を上抜けて来るまでは上値余地も拡がり難いでしょう。買いは129.80-90で軽く押し目買い。損切りは129.20で撤退です。売りは様子見か130.80-90まで引きつけて。損切りは131.20で浅めに撤退です。128.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

ポンド/ドルは小陰線で終えています。1.3700-10の抵抗を実体ベースで守って終えていますが、下値リスクがより高いので買いは様子見です。売りは1.3720-30で軽く売って1.3760で浅めに撤退するか、1.3820-30の戻り待ちとしています。この場合の損切りは1.3870で撤退です。短期トレンドは1.39台を回復すれば"ニュートラル"な状態に戻します。強い下値抵抗は1.3570-80にあります。

ポンド/円は実体が小さい陽線引けとなりました。上昇余力に欠けるものですが終値ベースでは150.00-10の抵抗を守って終えており、これを割り込んで終えるまではニュートラルな状態を維持します。買いは様子見か149.40に損切りを置くなら引き付けて軽く試し買い程度に。売りは151.60-70の戻り待ちす。損切りは152.20で撤退です。これが付いた場合は150.00を守り切った反動で再び153円超えトライの動きが強まり易くなります。

豪ドル/円は実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなりました。83.00-10の下値抵抗には跳ね返されており、反発余地を探る動きが強まると見られますが、上値も切り下げており、84円台の抵抗をクリアするには力不足と見られます。買いは様子見か82.80に損切りを置くなら83.20-30まで引きつけて軽く試し買い程度に。売りは84.00-10で戻り売り。損切りは浅い場合で84.30,深い場合は下値リスクが後退する84.60に置く必要があります。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、下値抵抗に注意。クロス/円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陰線引けとなり、上値を切り下げていますが109.00-10の日足、週足の抵抗に跳ね返されており、突っ込み売りに注意が必要です。買いは浅い損切りが付きましたが再度109.10-20で押し目買いとしています。損切りはトレンドが変化する108.40としていますが、損切りが付かない場合でも109円割れで終えた場合は、日足、週足ともに形状が悪化するので買いは撤退して様子見に転じます。売りは110.30-40超えの戻りを待つか、109.60-70で軽く売って109.90で浅めに撤退です。前者の場合の損切りは110.90で撤退です。短期トレンドは108.50割れで変化します。逆に可能性がまだ低い状態ですが110.70-80の抵抗を上抜けて終えた場合は一段のドル上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/ドルは陽線引けとなりましたが、1.19台に強い抵抗が控えておりこれにぶつかる可能性にも注意が必要です。売りは様子見か1.1930-40で戻り売り。損切りは1.1960で浅めに撤退です。これが付いた場合は下値リスクがやや後退。1.2040-50の抵抗を上抜けて終えれば一段の上昇へ。買いは1.1810-20まで引きつけて。損切りは1.1770で浅めに撤退です。これが付いた場合は1.17台の足元を固め直す動きが強まり易くなります。

ユーロ/円はタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形で終えています。130.50-60の抵抗をトライする流れにありますが、これをしっかり上抜けて、131円台乗せを見るまでは上値余地も拡がり難い状態です。買いは浅い損切りが付いたので1日様子見か129.70-80で軽く買って129.20で撤退です。売りは130.80-90まで引きつけて。損切りは131.10で浅めに撤退です。128.30以下で終えた場合は短期トレンドが変化して一段の下落へ。逆に131.00超えで終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは値幅の小さい寄せ線で終え、1.3700-10の抵抗を守って引けていますが、現在はこれを割り込み始めており、新たな下落リスクが点灯中です。1.3700割れで終えるか1.3650割れを見た場合は一段の下落リスクに要注意。買いは様子見です。売りも1日様子見です。1.3720-30に上値抵抗が出来ています。1.39台を回復して引けない限り、下値リスクにより警戒が必要です。

ポンド/円は3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げています。終値では150円台を維持していますが、欧州市場でこれを割り込み始めており、このまま150円割れで終えた場合は147-148円方向への一段の下落に繋がり易くなります。買いは様子見に転じます。売りも1日様子見です。上値抵抗は150.80-90,151.50-60にあります、152円台を回復して引けるまでは下値リスクが高い状態です。

豪ドル/円は寄せ線で終え、寄り付き水準に戻しています。下値抵抗を守った状態ですが、83円割れで終えた場合は一段の下落リスクに要注意。買いは83.10以下で軽く買って82.70で撤退です。売りは様子見です。

今日は外のミーティングがあったので、お昼はアンキットの気持ちのカレーをテイクアウトしました。今日のカレー「キャベツとチキンのカレー」を買ってきてもらいました。キャベツの甘味があるので、少し辛めにして貰ったそうで、なかなかホット。でも旨味があって美味しかったです。キャベツをカレーに入れるなんてね、と思ったけど意外と美味しいですよ。これも有り。サフランライスがたっぷりで、お腹いっぱいで大満足。¥500はコスパ良すぎかも。

アンキットの気持ち 人形町店【公式】 (owst.jp)

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、下値抵抗を守った状態。クロス/円、上値の重い展開。強い下値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が値幅の小さい寄せ線で終え、続落を食い止めています。下値抵抗を守って反発に転ずる可能性を残していますが、上昇余力に欠けるものであるため110.20~110.50ゾーンの抵抗を上抜けるには力不足と見られます。但し、110.70-80の抵抗を上抜けて終えた場合は一段のドル上昇に繋がり易くなります。逆に、108.90以下で終えるか108.50割れを見た場合は調整局面に入ります。買い1日様子見か109.60-70で軽く買って109.40で浅めに撤退です。売りは110.40-50の戻り待ちです。損切りは110.90で撤退です。

ユーロ/ドルは上ヒゲがやや長く実体の小さい陰線引けとなりました。上値トライに失敗した形となっているので若干下押す可能性があります。買いは1日様子見か1.1800-10まで引きつけて。損切りは1.1740で撤退です。売りは1.1930-40まで引きつけて。損切りは1.1960で浅めに撤退としています。1.3960超えで終えれば下値リスクが後退しますが、1.2040-50の抵抗を上抜けて終えるまでは上値余地も拡がり難いでしょう。

ユーロ/円は小陽線で終えています。下値を切り上げていますが130.60-70の抵抗も上抜けきれておらず、上昇余力の強いものではありません。買いは129.90-00で軽く買って129.60で浅めに撤退としています。売りは130.80-90まで引きつけて。損切りは131.20で撤退です。これが付いた場合は一段の上昇へ。逆に128.50割れを見た場合は下値リスクが点灯、128円割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。

ポンド/ドルは続落。上値を切り下げて来た流れに再び入り込んでおり、日足の形状が悪化しています。1.3700割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。買いは浅い損切りが付いたので1日様子見です。売りも様子見か1.3820-30の戻りを軽く売って1.3870で撤退です。

ポンド/円は151円台を守り切れずに陰線引けとなりました。損切りは付いていませんが日足の形状が悪化しており今日の買いは1日様子見です。売りは151.80-90の戻り待ちとします。損切りは152.30で撤退です。150円割れで終えた場合や対ドルで1.3700割れで終えた場合はポンド円の一段の下落リスクが生じます。逆に153円台で終えれば強気の流れに戻します。

豪ドル/円は続落。強い下げエネルギーを持ったものではありませんが、84.50超えトライに失敗した影響がより強く、これを上抜けて終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。83.40-50にやや強い下値抵抗がありますが、83円割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯します。今日の買いは1日様子見か83.00-10まで引き付けて。損切りは82.70で浅めに撤退です。売りは1日様子見です。

今日のお昼はお弁当持参。といっても作り過ぎた残り物を詰めて来ただけですが..。TVの番組で巻かないロールキャベツというのを見て、簡単なので春キャベツを使ってやってみたところ、本当に簡単。しかも予想以上に美味しく出来ました。しかし、キャベツの葉を5枚も使うといくら柔らかくてもかなりのボリュームになりましたね。巻かないロールキャベツ、準備したのは買い置きの豚ひき肉250g、玉ねぎ中1個をみじん切りにして炒めたもの。それに肉厚の椎茸があったので、これも粗みじんに切って玉ねぎと一緒に炒めてみました。TVでは肉と玉ねぎだけでしたが、この椎茸が結構いい味を出してくれて正解だったのかも?豚肉に炒めた玉ねぎと椎茸を加えてよく練り合わせ、塩、コショウを加え、卵も1個、それに片栗粉を小さじ2杯ぐらいかな?つなぎ代わりに加えてみました。お鍋の底にキャベツを敷いて、その上に練り合わせたひき肉をペースト状に塗り、キャベツを重ね、その上にまた肉を乗せてサンドイッチにしていきます。ミルフィール状と言ったらちょっとおしゃれですが、そんなにかっこよくは出来ません。最後にトマトのホール缶を一缶全部投入、固形ブイヨンも2個入れてみました。後はコトコト煮るだけです。ロリエとかハーブ類も在庫が無かったので入れませんでしたが、意外と深い味わいでした。春キャベツが柔らかくて今の時期は甘味があるのでお勧めです。これだけで3-4人分のボリュームになります。お野菜がたっぷりなので、二人分位は意外と行けちゃいます。バケットと相性抜群です。煮込む時にスープを入れなくても最初の火加減だけ気を付ければ、あとはトマトやキャベツの水分で焦げずに美味しくできます。食べる前にナイフで切れ目を入れて置くと食べやすいです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、続落。押し目買い方針変わらず。クロス/円、上値余地を探る動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は続落しており、直近の日足が110.50-60の抵抗にぶつかって押し戻されており、反発力が鈍い形となりました。また110円割れで終えたことにより急伸の流れが一服して109円台の足元を固め直す動きが強まると見られます。109.60-70の抵抗を守り切れずに終えた場合は、109.00~109.20ゾーンの日足、週足の抵抗の強さを確かめる動きが強まり易くなりますが、トレンドがまだ強いのでここまで押さない可能性も高いと見られます。一方上値も110.30~110.60ゾーンにやや強い抵抗が出来ており、110.70-80の抵抗を実体ベースで上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い形です。

下押す可能性を残しているので今日のドル買いは109.40で浅めに撤退としています。売りは110.30-40の戻り待ち。損切りは110.90で撤退です。110.80超えで終えた場合は一段のドル上昇に繋がり易くなります109円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなりますが、短期トレンドは108.50割れを見ない限り変化しません。

ユーロ/ドルは続伸。上値を切り下げて来た流れからは上抜けた位置で終えていますが、1.1880~1.1920,1.1950-60に強い上値抵抗が控えており、1.1960超えで終えるまでは買いも慎重に。買いは1.1800-10の押し目待ちとしています。損切りは1.1770で浅めに撤退です。売りは上値が若干拡がる可能性が生じているので1日様子見か1.1930-40の吹き値があれば売り狙い。損切りは1.1970で浅めに撤退です。これが付いた場合は調整下げが終了した可能性が点灯します。

ユーロ/円は小陽線で終えています。下値を切り上げる流れを維持していますが、130.50-60の抵抗を上抜けきれておらず、買いも慎重に。買いは129.90-00で軽く買って129.60で浅めに撤退するか、129.50-60の押し目待ちとしています。損切りは128.80で撤退です。売りは130.60-70で戻り売り。損切りは131.10で撤退です。これが付いた場合は一段の上昇に繋がり易くなります。逆に128.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、前日の上げ幅を失っていますが、2/24に付けた1.4237を基点として上値を切り下げて来た流れからは上抜けた位置を守っています。売りは様子見です。買いは1.3800以下で買って1.3770で一旦撤退としています。1.3700割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。

ポンド/円は安値圏で引ける陰線引けとなり、単体では下値リスクの高いものですが、下値を切り上げる流れには変化が認められません。買いは浅い損切りが付いたので1日様子見か151.00-10まで引きつけて。損切りは150.50で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。売りは様子見です。150円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。上値抵抗は152.80-90,153.30-40にやや強い上値抵抗が出来ています。長期的な上値抵抗は155.10-20にあります。

豪ドル/円は小陰線で終えています。上値の重い感がありますが84.00台を維持して終えており、上値トライに転ずる可能性を残しています。買いは83.80-90で押し目買い。損切りは83.40で撤退です。売りは84.40-50で戻り売り。損切りは84.70で浅めに一旦撤退です。これが付いた場合でも85.10-20に強い上値抵抗があります。

ドル金利の急騰と一緒に110円台後半まで一気に上昇したドル/円ですが、長期金利が落ち着いたのを見て、調整に入っています。110.97の直近高値は3/31に示現しており、月足の形状には大きな変化が生じています。月足が110円台乗せとなると、これまで想定していなかった、長期トレンドにも変化が生じ、短・中・長期ともにドル高/円安の流れに入った可能性が点灯したからです。

この場合、4月足の下値抵抗が109.20~109.70ゾーンにあり、これを守っている間はドル強気となります。"ダマシ"に終わる可能性が生ずるのは108.50割れの越月。その前に短期トレンドは108.50割れで変化しますから、月足の終値を待たずして、足元のトレンドは変化すれば確認できます。

全てがドル強気で終わった3/31ですが、4月に入って今週はうって変わって下値トライの動き。しかし、現状はトレンドが変わったと認められないので突っ込み売りに注意してください。ちなみに私は今日は買って攻めていますよ。108.50を切れたらギブアップ。短期ターゲットは110.30超えですが..。クロス/円は全般的にまだ強いですが、例えばユーロ円は128.50割れ、ポンド円は151円割れ、豪ドル円は83円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。NZ円、カナダ円は上値余地が限られ易くなっています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示