川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、上値の重い展開続く。下値抵抗にも注意。クロス/円は戻り売りの流れ

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線で切り返しており、104.00-10の抵抗には一旦跳ね返されましたが、上昇余力の強いものではないので上値追いにも限りがあると見られます。買いは104.10-20で押し目買い。損切りは103.90で浅めに撤退です。売りは104.90-00の戻り待ち。損切りは105.70で撤退としています。

今日は月末、週末足が決定されます。NY市場終値が104円割れであれば一段安の可能性が高くなり、102円方向への新たな下落トレンド入りとなります。また、今後のドルの上値余地が限られ易くなります。この場合は月足の上値抵抗が105.50~106.00に、週足も105.70-80が強い上値抵抗となります。逆に104円台を割り込まずに104円台後半まで戻せば、反発に転ずる可能性を残します。この場合でも106.50超えで終えない限り、上値余地も拡がり難くなります。

ユーロ/ドルは続落。1.1700を割り込んで終えており、日足は下値リスクが点灯中です。1.1600割れで終えた場合は週足の形状も悪化して、調整局面入りの可能性が高くなります。この場合は1.12~1.14ゾーンの間にある下値抵抗をどこまで切り崩せるかトライする動きが強まると見られますが、中期トレンドが強い状態を維持しており、急落にも繋がり難いでしょう。短期トレンドは1.1860-70の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。買いは暫く様子見です。或いは1.1580に浅い損切りを置き1.1600-10の押し目があれば試し買い程度に。

ユーロ/円は続落。122円割れを見て短期トレンドはユーロ弱気に変化しています。戻り売り方針で。売りは122.60-70で戻り売り。損切りは123.10で一旦撤退です。買いは様子見です。124円台を回復して引けない限り、短期トレンドは変化しません。

ポンド/ドルは続落。短期トレンドに変化が生じているので買いは様子見です。売りは1.2890-00の戻り待ちとしています。損切りは1.3060で撤退です。短期トレンドは1.31台を回復すればニュートラルな状態に戻しますが、1.32台で終えない限り、強気に変化しません。また、1.2700割れで終えた場合は"ポンド弱気"に変化して一段の下落に繋がり易くなります。

ポンド/円は実体が小さく上下にヒゲのある陰線引けとなりました。上値を切りさげており、短期トレンドもやや弱気の流れにありますが、上げ渋りの形で終えているので134円割れで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見です。売りは135.40-50で戻り売り。損切りは136.60で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、138円台に乗せて来るまでは上値余地も拡がり難いでしょう。

豪ドル/円は十文字の寄せ線で終え、上下の抵抗を攻めきれずに終えています。短期トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは73.90-00の戻り待ちとします。損切りは74.50で撤退です。短期トレンドは76円台を回復して引けない限り変化しません。

ワカバヤシ エフエックス アソシエイツでは各ストラテジストが「FX羅針盤」に定期的にレポートを寄稿しています。各ストラテジストのレポートは下のURLからご覧ください。

「若林栄四」の大統領選関連レポートは

https://fx-rashinban.com/editor/e7

「川合美智子」の豪ドル円、NZ円レポートは

https://fx-rashinban.com/editor/e5?page=33

「橋本光正」の主要経済指標の分析や予想は

https://fx-rashinban.com/editor/e6

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、小動き。クロス/円、上値の重い展開続く。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小幅続落となりましたが、下値抵抗を守って小反発に転じています。上値を切り下げる流れからは上抜けておらず、引き付けて売り狙い。103.90以下で終えた場合は新たな下落トレンド入りの可能性が高くなります。買いは104.00-10で押し目買い。損切りは103.80で浅めに撤退です。売りは104.80-90の戻り待ちとしています。損切りは105.30で撤退です。

ユーロ/ドルは続落。下値抵抗を守って終えていますが、日足の形状が悪化しており、買いは1日様子見か1.1700-10で押し目買い。損切りは短期トレンドが変化する1.1640で撤退です。損切りが付かない場合でも1.1700割れで終えた場合は下値リスクが高くなるので、買いは一旦撤退して様子を見た方がいいでしょう。売りは様子見か1.1820-30で戻り売り。損切りは1.1870で撤退です。1.1860-70の抵抗を上抜けて終えた場合は、上値トライの流れに戻します。

ユーロ/円は続落。直近の日足が123円割れで終えており、下値リスクが点灯中です。122.20-30に週足の抵抗がありますが、122円割れで越週した場合はユーロ弱気に変化して一段の下落に繋がり易くなります。買いは122.20-30で押し目買い。損切りは121.90で撤退です。売りは123.30-40の戻り待ちとします。損切りは124.10で撤退です。124.50超えに値を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。

ポンド/ドルはタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形です。実体ベースでは下値を切り上げる流れを守っていますが、日足の形状が悪化しており、1.32台で終えない限り一段の下落リスクにより警戒が必要です。買いは損切りが付いたので様子見に転じます。売りは1.3050-60で戻り売り。損切りは1.3110で一旦撤退です。短期トレンドは"ポンド強気"から"ニュートラル"な状態に戻しましたが、1.2700割れで終えた場合は"ポンド弱気"に変化して一段の下落リスクが生じます。


ポンド/円は値幅の大きい陰線引けとなり、単体では下値リスクの高いものです。また135.50割れを見て、短期トレンドにも変化が生じています。買いは様子見に転じます。売りは136.00-10で戻り売り。損切りは短期トレンドを"ニュートラル"な状態に戻す137.10に置く必要があります。134円割れで終えた場合は新たな下げトレンド入りの可能性が高くなり、一段のポンド下落に繋がり易くなります。

豪ドル/円は値幅の大きい陰線引けとなり、この足が74円台を維持できずに終えており、新たな下落リスクが生じています。73.20-30にやや強い抵抗がありますが、73円割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは売りは73.90-00の戻り待ちとします。上値余地を74.20近辺まで見て置く必要があります、損切りは74.40で撤退です。

今日は朝早く目が覚めたのと、お昼締め切りのレポートがあったので、お弁当を作ることにしました。毎度お馴染みの紅鮭の甘塩を1枚、卵を厚焼きにして2個分、そして余りもののマグロの佃煮を別途持参しました。今日までは残りもののチンご飯ですが、明日からは田舎から届いた新米が食べられます。ごはんが美味しい季節。美味しい白米が楽しみです。

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、じり安。クロス/円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陰線引けとなり上値を切り下げる流れが継続中ですが、下値抵抗もギリギリ守った状態です。104円割れで終えた場合は新たな下落トレンド入りの可能性が高くなり、今後のドルの反発余地が限られ易くなります。買いは104.10-20で押し目買い。損切りは103.80で撤退です。売りは104.90-00の戻り待ちとしています。損切りは105.30で浅めに撤退。或いは105.20-30の戻りをゆっくり待つ方針で。この場合の損切りは105.80で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続落となりました。1.1800の抵抗を守り切れずに終えており、下値リスクがやや高い形ですが、トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続としています。但し、1.1700割れで終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが点灯します。買いは1.1720-30の押し目待ち。損切りは1.1680で浅めに撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は1.1860-70、1.1920-30に、下値抵抗は1.1720-30にあります。1.1600割れで越週した場合は"ユーロ弱気"に変化します。

ユーロ/円は続落。安値圏で引ける陰線引けとなり、下値リスクがやや高いものです。123.00割れを見て、下値リスクが生じているので、買いは様子見に転じます。122円割れを見た場合は弱気の流れに戻して一段の下落に繋がり易くなります。売りは1日様子見か123.80-90で戻り売り。損切りは124.20で一旦撤退です。

ポンド/ドルは小反発。下値抵抗を守っており、反発に転ずる可能性に繋げています。買いは1.2990-00で押し目買い。損切りはニュートラルな状態に戻す1.2940で撤退です。売りは様子見か1.3140-50の戻り待ち。損切りは1.3180で一旦撤退です。

ポンド/円は小幅続落となりました。上値の重い感がありますが、下値抵抗を守っており売りも慎重に。買いは136.00-10で押し目買い。損切りは135.40で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。134円割れで終えた場合は弱気の流れに変化、138円超えで終えた場合は一段の上昇に繋がり易くなります。

豪ドル/円は陰線引けとなりましたが、下げ余力の強いものではなく下値抵抗も守っています。買いは74.20-30で押し目買い。損切りは73.80で撤退です、売りは74.70-80で戻り売り。損切りは75.20で撤退です。76.50超えで終えるまでは下値リスクにより警戒が必要です。また74円割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。

トルコリラ/円は続落。下値抵抗を素通りして下げスピードが加速しており、一気に底値を付ける可能性が高くなっています。既にトルコリラ/円の一相場の達成圏内にありますが、ファンダメンタルズ面や政治関連での弱材料が多く、急反発にも繋がり難い状態にあるので、底打ち確認まで買いは様子見です。13.50超えで終えれば下値リスクが若干後退します。14.00-05の抵抗を上抜けて越週するまでは短期トレンドは大きく変化しません。上値抵抗は12.90-95、13.10-15、13.40-45に、下値抵抗は12.75-80、12.60-65にあります。

今日のランチは、ピーナッツ食堂の「ガイガパオライス」をテイクアウトしました。鶏のミンチをハーブと辛味炒めにし、ライス、上に目玉焼きが乗ったものです。¥650でした。辛味のある鶏の炒め物をパラパラ感のある、タイ米に乗せて食べると口の中で程よく味が纏まって美味しいです。久しぶりのタイランチ美味しく頂きました。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13137879/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、レンジ内で小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は昨日の海外市場でNY株式市場が大きく下落した流れを受けて日経平均株価が小幅続落となり、上値の重い展開となっていますが、104円台前半の下値抵抗を守っており、104円割れで終えない限り、下値余地も拡がり難いと見ています。一方で上値も105.20-30超えにやや強い上値抵抗が控えており、反発に転じても105.50-60の抵抗を上抜けるほどの上昇にも繋がり難い状態です。買いは104.40-50で押し目買い。下値余地を104.10-20まで見て置く必要があります。損切りは下値リスクが点灯する103.90で撤退です。売りは105.20-30で戻り売り。損切りは105.80で撤退です。

ユーロ/ドルは小反落。下値抵抗を守っており、短期トレンドの変化が認められません。1.1780-90での押し目買い狙いで。損切りは1.1750で浅めに撤退です。売りは様子見です。1.1700割れで終えた場合は下値リスクが点灯、1.1600割れで越週した場合は"ユーロ弱気"に変化します。やや強い上値抵抗が1.1860-70に、強い抵抗は1.1920-30にあります。下値抵抗は1.1780-90、1.1720-30にあります。

ユーロ/円は小陽線で終えていますが、124円台の抵抗を攻めきれずに押し戻されています。下値抵抗も守っており、突っ込み売りに注意が必要ですが、123.00割れを見た場合は下値リスクが点灯します。買いは123.60-70で押し目買い。損切りは122.90で撤退です。売りは様子見です。122.00割れを見た場合は"ユーロ弱気"に変化します。逆に125.00超えで終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは小幅続落となりました。上値が重い感がありますが、下値抵抗を守っており、トレンドの変化も確認出来ないので押し目買い方針継続としています。買いは1.3000-10で押し目買い。損切りは1.2940で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。売りは様子見です。上値抵抗は1.3050-60に軽い抵抗が、13140-50にやや強い抵抗が出来ています。

ポンド/円は3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げていますが、136円台の下値抵抗も守っており、トレンドの変化が認められません。買いは136.00-10で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する135.40で撤退です。売りは様子見です。138.00超えで終えれば一段の上昇へ。134円割れで終えれば"ポンド弱気"に変化します。

豪ドル/円は値幅の小さい足で終えています。74円台の下値抵抗を守って下値を切り上げていますが、上昇余力に欠けるものであることや、トレンドが弱いので買いは74.20-30まで引きつけて。損切りは73.80で撤退です。売りは75.20-30の戻り待ちとします。損切りは75.60で撤退です。74円割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。76.50超えで終えるまでは強気の流れに戻しません。

今日のランチは少し遠出して新御徒町にある「サカエヤ」さんでカツカレーを食べて来ました。カウンターが8席ほどの小さなお店ですが、大通り沿いにあるのですぐに見つかります。老齢のご夫婦で、古くからやっていらっしゃるお店のようでした。カツカレーが一番高くて820円です。これにゆで卵をトッピングに追加して¥870です。ゆで卵はスライスして小鉢に入れてくださるのですが、これが中辛のカレーと良く合います。ベースはポークカレー。欧風ではなく少しさらっとした感じです。ピリッとした辛さも程よくてお出汁も効いたような、昭和のカレー?のイメージかな。洋に和もちょっぴり入った感じなんですね。けんちん汁¥120を追加している方も多いようでしたが、カレーのボリュームを見たらとてもお腹に入り切れないと判断しました。カツは周りがカリッと仕上がっていて、薄過ぎず厚すぎず、カレーにも良く合います。ごはんの硬さもちょうどいい感じ。味、ボリューム、お値段とコスパは抜群にいいと思います。サラリーマンの応援カレーですね。女性は居なかったけど気になりませんでした。きっとご主人と奥さんの感じが家庭的でお父さん、お母さんの雰囲気を醸し出しているからかもしれませんね。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13008520/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、小じっかり。上下の抵抗を抜けきれず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小反落。下げ余力の強いものではなく、104円台の下値抵抗も守って上値余地を探る動きに転じていますが、強い上昇エネルギーも感じられないので105円台に控えている上値抵抗を上抜けきれない可能性も高いと見ます。買いは104.10-20の押し目待ち。損切りは下値リスクが点灯する103.80で浅めに撤退です。売りは104.90-00で戻り売り。上値余地を105.20-30まで見て置く必要があります。損切りは105.70で撤退としています。

ユーロ/ドルは陽線引けとなりましたが、上昇余力の強いものではないので続伸した場合でも1.1920-30の抵抗をクリアするには力不足と見ます。買いは1.1800-10で押し目買い。損切りは1.1750撤退です。売りは様子見です。強い上値抵抗は1.1920-30、1.1960-70に、下値抵抗は1.1800-10、1.1720-30にあります。

ユーロ/円はタクリ足の陽線引けとなり、上値トライの可能性に繋げていますが、124.60-80ゾーンに強い抵抗があり、125.00超えで終えない限り、下値リスクを残します。買いは123.60-70でお押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する122.90で撤退です。売りは124.60-70で戻り売り。損切りは125.20で撤退です。

ポンド/ドルは小幅続落となりました。上値の重い感がありますが、下値を切り上げる流れを維持しており、1.2980~1.3000にやや強い下値抵抗があります。買いは1.3000-10で押し目買い。損切りは1.2940で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。売りは様子見です。1.3140-50にやや強い上値抵抗が出来ています。

ポンド/円は続落。3手前の陽線打ち消していますが、現状は下値を切り上げる流れを維持しており、短期トレンドの変化は認められません。買いは136.00-10で押し目買い。損切りは135.40で撤退です。これが付いた場合は下値リスクが点灯します。134円割れで終えた場合はポンド弱気に変化します。売りは様子見です。137.40-50にやや強い上値抵抗が出来ていますがこれをクリアして138円台で終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。

 豪ドル/円は寄せ線に近い形の足で終えています。75円乗せに失敗していますが、74.20-30の下値抵抗も守っており74円割れで終えない限り、売りも慎重に。買いは74.20-30の押し目待ち。損切りは73.80で撤退です。売りは75.00-10の戻り待ち。損切りは75.50で撤退です。

今日はお寿司が食べたい気分で橡の木さんでテイクアウト。今日は五色丼や握りの他に、月見丼。びんちょうマグロ?と、真ん中にはトロの切り身が3枚。この上に卵の黄身が乗ったものでした。迷わずこちらをゲット。作り置きでなく2-3分待って作り立てを持ち帰り美味しく頂きました。またしてもご飯が多すぎたけど、しっかり完食しました。ご馳走様。¥1000です。

https://sushi-tochinoki2016.gorp.jp/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示