川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

6/6(木)WFXA「若林栄四定期講演会」開催のお知らせ

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

6/6(木)午後1:30~「若林栄四定期講演会」を開催します。年後半へ向けての金融市場の動きを中心にお話する予定です。有料講演会となりますが、お時間があれば是非ご参加ください。

https://www.wakafxinfo.com/seminar/365

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上値の重い展開。トレンドは変わらず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陰線引けとなり、この足が3/25に付けた109.71を起点として下値を切り上げて来た流れから若干下抜けた位置で終えており、日足の形状がやや悪化しています。短期トレンドには変化が認められないものの、この日足の抵抗が111.90-00にあることから112.00超えで終えないと、上値余地も拡がり難い状態です。日足が112.00超えで終えれば再度112.30-40超えの抵抗をトライする動きへ。逆に110.80割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。短期トレンドは110.00割れで変化します。ドル買いは若干下押す可能性が生じているので1日様子見か110.90-00で押し目買い。損切りは110.40か、深い場合はトレンドが変化する109.90で撤退としています。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは続落。短期トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは1.1190-00の戻り待ち。損切りは1.1260で撤退。短期トレンドは1.1350-60の抵抗を上抜けて越週するか、1.1400-10の抵抗を上抜けて終えない限り、変化しません。上値抵抗は1.1190-00、1.1240-50、1.1300-10に、下値抵抗は1.1100-10、1.1050-60、1.1100-10にあります。

ユーロ/円は続落。124.50割れを見て短期トレンドはニュートラルな状態に戻していますが、124.20-30、123.60-70に週足と日足の下値抵抗があり、124円割れで越週するか123.50割れを見ない限り突っ込み売りに注意が必要です。買いは損切りが付いたので様子を見るか123.40に損切りを置くなら123.80以下で軽く試し買い。売りは125.30-40超えの戻り待ちとしています。損切りは126.20で撤退です。短期トレンドは126.50-60の抵抗を上抜けて終えない限り変化しません。

ポンド/ドルは寄せ線で終え、上値を切り下げる流れに変化が認められません。下げ渋りの傾向が見られますがトレンドが弱いので買いは様子見です。売りは1.2960-70で戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を1.2990-00近辺まで見て置く必要があります。損切りは1.3020で一旦撤退としています。短期トレンドは1.3100超えに値を戻すか1.3060超えで越週すれば下値リスクが軽減されますが、1.3360超えで越週するまでは下値リスクを残します。1.2800±10銭に強い抵抗があります。

ポンド/円は続落。144.00近辺の強い下値抵抗ポイントにあるので売り難いところに到達しています。トレンドが弱いので戻り売り方針継続とします。短期トレンドは146円超えで終えない限り変化しません。売りは144.50-60の戻りを軽く売って損切りを浅くするか。145.40-50の戻り待ちとします。この場合の損切りは146.20で撤退です。買いは様子見です。

豪ドル/円は続落。77.50~78.00ゾーンに強い下値抵抗がありますが、下値リスクが高い状態にあるので買いは様子見です。売りは79.10-20の戻り待ち。損切りは79.60で撤退です。80円台を回復して終えない限り下値リスクがより高い状態です。

昨日は久しぶりに「釉月」で食事会。丁度京都の筍が入荷したとのことで、筍のお料理を二種類。一つは下味をつけた筍を揚げたものに乾燥させた海苔をまぶしたもの。もう一つは豚肉とドライトマトと炊き合わせたものでしたがこれがかなりサプライズ的な美味しさでした。ドライトマトのちょっとした酸味が豚肉と筍に見事に調和して今まで食べたことのない美味しさでした。この他に定番の揚げたての厚揚げ、ほうれん草のお浸し、いつものお刺身の盛り合わせ(鰆の藁でいぶしたもの、金目鯛、やりイカ、甘海老とサヨリは昆布締めにといつも通りきっちり仕事をしたもの)、チーズのみそ漬けリンゴの甘煮添え、そして大好きなやりイカのゲソのから揚げなど。久々の日本酒で美味しく頂きました。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13215753/

明日からいよいよ10連休がスタート。私は法事で富山で行って来ます。法事の後は温泉で1泊。あまりゆっくりは出来ませんが、いい休養になりそうです。では皆さま良い休暇をお過ごし下さい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、ドルやや強気を維持。クロス/円、上値の重い展開続く。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が112.00-10超えに実体を置く陽線引けとなり、一段の上昇の可能性に繋げています。112.30-40の抵抗には一旦ぶつかっており、単体では上昇余力の強いものではありませんが、揉み合いを上抜けた勢いを借りて、再度112.30-40超えの抵抗をトライする可能性が高いと見ています。この場合でも112.80~113.20ゾーンの抵抗を厚く簡単には上抜けないでしょう。短期トレンドに変化が認められないので、目先は押し目買い方針で。但し、111.70-80の日足の抵抗を下抜けて終えた場合は日足の形状が悪化して下値リスクが生じます。この場合は110.80~111.20ゾーンの下値抵抗をトライする動きが強まり易くなります。110.70以下で終えた場合は下値リスクが点灯、110.00割れを見た場合は短期トレンドが変化して一段のドル下落に繋がり易くなります。今日については112.00-10で軽く買って111.40で撤退としています。下値余地を111.80近辺まで見て置く必要があります。また、111.70以下で終えた場合は損切りが付かない場合でも一旦撤退して様子を見た方がいいでしょう。ドル売りは様子見が基本ですが、112.90-00超えはあれば売り向かい。損切りは113.40で撤退です。上値抵抗は112.30-40、112.80-90に、下値抵抗は111.70-80、110.80-90にあります。

ユーロ/ドルは続落。1.1200の抵抗を守り切れずに終えており新たな下落リスクが点灯中です。1.1000~1.1050ゾーンに強い抵抗があり、急落にも繋がり難いと見ますが、トレンドが弱いので1.1180-90での戻り売り狙いで。損切りは1.1260で一旦撤退。買いは様子見です。

ユーロ/円は続落。日足の形状が悪化しており、下値リスクが高くなっています。124.50割れでニュートラルな状態に変化、124.00割れで越週するか123.50割れを見た場合は一段の下落に要注意。買いは様子見か124.80以下で買って124.40で浅めに撤退としています。売りは様子見か125.80-90の戻り待ち。損切りは126.50で一旦撤退です。

ポンド/ドルは小幅続落。下げ余力の強いものではありませんが、トレンドが弱いので戻り売り方針で。売りは1.2940-50で戻り売り。損切りは1.3030で一旦撤退です。短期トレンドは1.31台を回復すればニュートラルな状態に戻しますが、1.3360超えで越週するまでは下値リスクを残します。買いは様子見です。

ポンド/円は寄せ線に近い形で終えており、144円台の抵抗を守っていますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは145.40-50の戻り待ち。損切りは146.20で撤退です。144円割れで終えた場合は一段の下落に要注意。

豪ドル/円は続落。21日移動平均線を大きく下抜けており、短期トレンドにも変化が生じていることから、一段の下落リスクに注意が必要です。78.00±10銭に強い下値抵抗がありますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは79.10-20の戻り待ち。損切りは79.60で撤退です。

シュークリーのシュークリームは並ばないと買えないので有名ですが、このお店で作っている匠ロールが地味に見えて確かな美味しさです。スポンジケーキに生クリームがロールしてあるシンプルなものですが、スポンジがしっとりとなめらかで美味しいのと、クリームが甘さ控えめでもコクがあり、スポンジとクリームのバランスが絶妙です。軽いの食べやすいのですが、しっかり食べた感があります。並んで買うシュークリームもいいのですが、私はこちらの方がお勧めですね。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13050996/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円は一方向へ動く可能性に注意。クロス円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は値幅の小さい足が連続しており、狭いんレンジ内で小動きとなっていますが、この間にもエネルギーを蓄積しつつあることに注意が必要です。短期トレンドはドルやや強気ですが、111.50割れで終えた場合は日足の形状が悪化して111.20~110.80ゾーンの足元を固め直す動きが強まり易くなります。短期トレンドは110円割れで変化します。逆に11210超えに値を戻した場合は、一段の上昇に繋がり易くなり、112.30-40超えの抵抗をトライする動きが強まり易くなります。この場合でも112.80~113.20ゾーンに強い抵抗があるため一気に上抜けるのも難しいと見ます。ドル買いは111.70台を軽く買って111.40で浅めに一旦撤退。ドル売りは様子見が基本ですが、攻めるなら、111.90-00で軽く売って112.20で浅めに撤退するか、112.90-00の吹き値待ち。この場合の損切りは113.40で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、日足、週足ともに形状が悪化しています。強い下値抵抗ポイントにあるため売りも慎重に臨む必要がありますが、トレンドが弱いので戻り売り方針継続です。売りは1.1240-50の戻りを軽く売って1.1270で浅めに一旦撤退するか、1.1280-90の戻り待ち。この場合の損切りは1.1330で一旦撤退です。買いは様子見が基本ですが1.1170に損切りを置くなら1.1200-10で軽く試し買い程度に。短期トレンドは1.1400-10の抵抗を上抜けて終えればニュートラルな状態に戻します。

ユーロ/円は小陰線で終え、単体では下げ余力の強いものではありませんが、3/28に付けた123.66を直近安値とする短期的なトレンドラインを若干下抜けて終えており、日足の形状が悪化しています。買いは様子見か124.90で一旦撤退です。売りは様子見か126.40-50の吹き値があれば売り向かい。損切りは127.10に置く必要があります。125円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。124.00割れで越週するか123.50割れを見たら短期トレンドの変化に要注意。

ポンド/ドルは陰線引けとなり1.30台乗せに失敗して終えています。また、200日移動平均線も下抜け始めており、新たな下落リスクが点灯中です。中期的な下値抵抗の厚いポイントにありますが、とれのdが弱いので買いは様子見です。売りは1.2980-90の戻り待ちとします。損切りは1.3030で撤退です。短期トレンドは1.3150-60の抵抗をクリアすればニュートラルな状態に戻しますが、1.3350-60の抵抗を上抜けて越週しない限り、下値リスクを残します。下値抵抗は1.2900-10、1.2800±10ポイントにあります。

ポンド/円は続落。125.00割れで終えており、日足、週足ともに形状が悪化しています。買いは様子見です。売りは145.40-50の戻り待ち。損切りは146.20で撤退です。

豪ドル/円は朝方発表された第1四半期CPIが前期比で0.0%(予想+0.2%)、年率ベースで+1.3%(同+1.5%)と、予想より低い結果となったことを受けて急落しています。78.00-10にゃや強い下値抵抗がありますが、79円割れを見たことにより、下値リスクが高くなっており、80円台で目先天井を確認した可能性が点灯中です。買いは損切りが付いたので様子見に転じます。売りも1日様子見でいいでしょう。79.30-40、79.70-80にやや強い上値抵抗が出来ています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル円、強気を維持。クロス/円、上値余地を探る動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円は値幅の小さい足が連続しており、こう着状態となっていますが、エネルギーを蓄積している状態と見て一方向へ動き出す可能性に注意が必要です。日足が111.50割れで終えた場合は111.10~110.70ゾーンの下値抵抗をどこまで切り崩せるかトライする動きが強まり易くなります。110.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯、110.00割れを見た場合は短期トレンドがドル弱気に変化します。逆に112.10-20の抵抗をクリアした場合はドルの上昇余地がさらに拡がり易くなります。この場合でも112.80~113.20ゾーンの抵抗が厚いので一気に上抜けるには無理がありそうです。

今日のドル買いは111.80台を買って111.50で浅めに撤退、ドル売りは様子見か112.90-00の吹き値があれば売り狙い。損切りは113.40で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりましたが、トレンドの弱さは変わらずです。シカゴの投機勘定の売り持ちが10万枚を超えており、ショートカバーを誘う可能性にも気を付けて、売りは1.1290-00で戻り売り。損切りは1.1360で撤退です。買いは様子見か1.1170に損切りを置くなら1.1210-20で軽く試し買い程度に。

ユーロ/円は小陽線で終え、下値を切り上げる流れを維持していますが、125円割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。この場合でも124.00割れで越週するか123.50割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは125.70-80で軽く買って、124.90で撤退。売りは様子見です。上値抵抗は126.40-50、127.00-10にあります。

ポンド/ドルは小陰線で終えており、上値を切り下げる流れに変化が認められません。下げ余力の強いものではありませんが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは1.3040-50の戻り待ちとしています。損切りは1.3110で撤退。1.32台を回復しない限りトレンドは変化しません。

ポンド/円は小幅続落。上値を切下げる流れから抜け出せない状態ですが、終値ベースで145.00-10の抵抗を守っています。日足の形状が悪化しているので買いは様子見か引き付けて。144.40で浅めに撤退です。144円割れで終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。売りは様子見か145.90-00で軽く売り狙い。損切りは146.60で一旦撤退です。

豪ドル/円は小幅続落。下値抵抗を守っていますが、79円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。79.70-80の下値抵抗を下抜けて来たので買いは様子見とします。売りも様子見です。強い上値抵抗は80.30-40に、下値抵抗は79.00-10にあります。

トルコリラ円は19.10-15の下値抵抗を守って終えていますが、上値を切り下げる流れにあるので、下値リスクがより高い状態です。18.90以下で終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。19.50-55の上値抵抗を上抜けて終えれば下値リスクが軽減されます。

少し早いお知らせですが、6/6にワカバヤシエフエックス主催の定期講演会があります。株、為替、金相場について若林栄四がお話します。そろそろ相場も動き出す可能性が高くなってきました。ご興味のある方は是非ご参加ください。トレトレ会員様は割引もございます。

https://www.wakafxinfo.com/seminar/365

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
【新製品】Sinocare社製コロナウイルス検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
若林栄四著書「マネー消失 金本位制で再生するしかない金融秩序の崩壊」プレゼント企画
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示