川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

流れに変化の見えるビットコイン。価格水準が一段上がると800万円台も見えてくるか。

  • はてなブックマーク

「流れが変ったのか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯にB点に引き寄せられたことから、その後の流れがポイントになったからだ。 実際には、その後も値を上げたのだが、右肩下がりのADラインが上値抵抗線となり、値を下げてきている。

次の注目日は10月27日前後である。

B点水準:約705万円
C点水準:約640万円
D点水準:約740万円

ビットコインチャート

今週のポイントは上昇トレンドが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
CEラインに注目したい。堅調な展開を維持するのであれば、下値支持線CEラインを割り込むことなく推移していくことが求められる。

(現在のシナリオ)
上昇トレンドが続いている。下値支持線CEラインの上方を推移しているからだ。このままCEラインを維持することが出来たのであれば、次のペンタゴンは真横に描き足される。すなわち、価格水準が一段上方に上がったことになるからだ。この場合、800万円台に乗せる可能性が出てくる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯より下落に転じている。また、上値抵抗線であるADFラインが存在している。そして、D点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性があるからだ。この場合、600万円を割り込んでいくことになろう。

ビットコインチャート

雲から大きく乖離したビットコインは雲のねじれの位置より値を下げてきている。

「流れは変わるのか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。 実際には、B点を通過後も値を下げることなく推移したのだが、C点が位置する時間帯より値を下げ始めている。

次の注目日は10月29日前後である。

A点水準:約36万円
B点水準:約45万5000円
C点水準:約51万5000円 

イーサリアムチャート

今週のポイントは堅調な展開は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。下値支持線として存在しているADラインを維持することが出来るのであれば、堅調な展開が続くことになろう。逆に、ADラインを割り込むと、右下に新しいペンタゴンが描き足されることになることからも、上値が重たくなることが考えられるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。A点が位置する時間帯以降も値を上げ、BDラインが下値支持線として存在している。また、そのBDラインの真下には下値支持線としてADラインが控えているからだ。 この場合、50万円台に乗せていくことが考えられる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯に上ヒゲの長いローソク足が出現。しかも、その後に陰線が続いている。また、右肩下がりのCDラインが上値抵抗線として存在しているからだ。 この場合、40万円を割り込んでいくことが考えられる。

イーサリアムチャート

雲のねじれの位置で上ヒゲの長いローソク足を示現し、値を下げている。このまま流れが変わるのか否かに注目したい。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、右肩上がりのADラインが下値支持線となることが期待されたからだ。 実際には、ADラインを割り込み右下に新しいペンタゴンが描き足されたのだが、値を下げることなく横這いとなっている。

次の注目日は10月31日前後である。

A点水準:約120円
D点水準:約170円

リップルチャート

今週のポイントは週明けに新しい動きが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯を通過した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。下値支持線としてACラインが存在している。また、この先には右肩上がりのCDラインが控えているからだ。 この場合、150円を窺がう動きになっていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。下値支持線として期待されたADラインを割り込んできた。また、B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、100円を試す動きになっていこう。

リップルチャート

堅調な展開を維持するのであれば、雲の上限が下値支持線になることが求められる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

どこまで上昇は続くのか、ビットコインは750万円をうかがう可能性も。

  • はてなブックマーク

「どこまで上昇は続くのか」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、ACラインを超えていくことが求められる。逆に、ACラインが上値抵抗線となるのであれば、上値の重たい展開に移行する可能性があったからだ。実際には、ACラインを超えてB点に引き寄せられた。

次の注目日は10月19日前後である。

A点水準:約640万円
B点水準:約705万円
D点水準:約540万円

ビットコインチャート

今週のポイントはどこまで上昇が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり、新しい動きが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。上値抵抗線ACラインを超えてきている。また先週末の終値がBCラインを超えてきているからだ。 この場合、750万円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。右肩下がりのBCラインに沿った展開になる可能性も残っているからだ。 この場合、600万円を割り込んでいくことが考えられる。

ビットコインチャート

いよいよ雲のねじれの位置を通過していく。故に、ねじれの位置が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになる。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。 実際には値を下げる場面もあったのだが、右肩上がりのBCラインに沿って大きく上昇しC点に引き寄せられている。

次の注目日は10月20日前後である。

A点水準:約45万5000円
C点水準:約36万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは週明けに流れが変わるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。週末から週明けにかけてC点が位置する時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開になっている。右肩上がりのBCラインに沿って推移をしている。また、下値支持線としてBEラインも控えているからだ。 この場合、46万円台に乗せてくることが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、D点が位置する時間帯も控えている。そして、上値抵抗線としてCEラインが存在しているからだ。 この場合、38万円を割り込んでいくことが考えられる。

イーサリアムチャート

雲のねじれの位置を通過する。したがって、ねじれの位置が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになる。

「踏み止まることが出来るのか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで新しい流れが出てくるのか否か、また、B点が位置する価格水準の上方をつうかするのか、下方を通過するのかがポイントになった。 実際には、ABラインを超えて右上に新しいペンタゴンが描き足されるとともに、B点の上方を通過した。

次の注目日は10月18日前後である。

A点水準:約170円
B点水準:約120円

リップルチャート

今週のポイントは底堅い動きを維持することが出来るのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。底堅い動きを維持するのであれば、右肩上がりのBDラインを維持することが求められるからだ。逆に言えば、BDラインを割り込むと、右下に新しいペンタゴンが描き足されることで、上値の重たい展開に移行する可能性が出てくる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。右肩下がりの上値抵抗線ABラインを超えてきた。また、下値支持線BDラインの上方を推移しているからだ。 この場合、150円を窺がう動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯を通過した後は値を上げることなく推移している。また、週明けに通過するC点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、100円を試す動きになっていこう。

リップルチャート

雲を上抜けて来たのだが、この後に雲の薄い部分、そしてねじれの位置がやってくる。したがって、流れが変わるのか否かがポイントになる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ビットコイン、再び6万ドル更新となるか。上値の重たい展開に注意。

  • はてなブックマーク

「高値更新が視野に」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線ACラインを超えていくことが求められたからだ。 実際には、ACFラインを超え、更にはBFラインをも超えて右上に新しいペンタゴンが描き足された。

次の注目日は10月15日前後である。

A点水準:約540万円
B点水準:約640万円
D点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントは高値更新となるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BEラインに注目したい。高値を更新するのであれば、上値抵抗線として存在しているBEラインを超えていくことが必要となるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。C点が位置する時間帯より大きく上昇。上値抵抗線であったBFラインも超えてきているからだ。 この場合、BEラインを超えていくことが考えられる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線BEラインが控えている。しかも、そのBEラインの真下で上ヒゲの長いローソク足が出現しているからだ。 この場合、520万円を割り込んでいくことになろう。

ビットコインチャート

雲を大きく上抜けてきた。この先に雲のねじれの位置が現れている。その時間帯まで、顕著な展開が続くのか否かに注目をしたい。

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、ACラインに注目した。右肩下がりで上値抵抗線でもあったACラインを超えることが出来るのか否かがポイントになったからだ。 実際には、ACラインを超えて、右上に新しいペンタゴンが描き足された。

次の注目日は10月17日前後である。

A点水準:約45万5000円
C点水準:約36万円 

イーサリアムチャート

今週のポイントはど真ん中の時間帯をつうかすることで流れは変わるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。 先週末にC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
現在は堅調な展開が続いている。上値抵抗線ACラインおよびBCラインを超えてきている。また、右肩上がりの下値支持線CDラインが控えているからだ。 この場合、直近の高値を窺う動きになっていくであろう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。しかも、C点が位置する時間帯で同事線が出現しているからだ。 この場合、CEラインを割り込んでいくことになろう。

イーサリアムチャート

雲の上限を超えてきた。今後は雲の上限が下値支持線となるのか否かに注目をしたい。

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、BEラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線BEラインを超えていくことが求められたからだ。 実際には、そのBEラインに沿っての展開となっている。

次の注目日は10月11日前後である。

A点水準:約170円
B点水準:約120円
C点水準:約90円
D点水準:約40円

リップルチャート

今週のポイントは週明けより新しい流れが出てくるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
E点に注目したい。週末から週明けにかけてE点が位置する時間帯を通過する。したがって、E点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出てくるのか否かに注目したい。また、E点の上方を通過するのか、下方を通過するのにも注意。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線としてBEラインが存在している。また、AEラインも上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、100円を試す動きが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性が出てきた。D点が位置する時間帯より上昇を強めている。下値支持線CEラインが存在している。また、CEラインの真下にはDEラインも控えているからだ。 この場合、140円を窺がう動きになっていこう。

リップルチャート

雲の中を推移。この後、雲の上限を越えていくことが出来るのか、それとも雲の下限を割り込んでしまうのかに注目。特に、この後、雲が小さくなるだけに要注意。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

10月4日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「節目を超えるか」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することから、新しい流れが出てくるのか否かがポイントになった。 実際には、B点を通過した直後より値を下げたものの、CEラインが下値支持線となり下げ止まり、先週末にはD点が位置する時間帯にD点に引き寄せられている。

次の注目日は10月7日前後である。

A点水準:約540万円
B点水準:約500万円
C点水準:約440万円
E点水準:約480万円

ビットコインチャート

今週のポイントは節目を越えていくことが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として控えているADラインを超えていくことが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
現在は上値の重たい展開が維持されている。上値抵抗線としてADラインおよび右肩下がりのDEラインが存在している。また、中心点B点の下方を通過していることから、次のペンタゴンが右上に描き足される確率が低いからだ。 この場合、480万円を割り込む可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性もある。右肩上がりのCEラインが控えているからだ。 この場合、600万円を意識した動きになっていこう。

ビットコインチャート

雲の中での推移が続いているが、雲の下限が下値支持線になっているのが分かる。そして、雲の上限を越えていくことが出来るのか否かがポイントになる。

「第一関門を突破」

先週までのイーサリアムのペンタゴンチャートはメモリの単位が現状の値動きよりも小さいことから、画面を大きくはみ出していた。したがって、前ペンタゴンでの変化日における変化を踏襲しながら、メモリを拡大して描き直しをした。これによって、全体の動きを掴みやすくなったと考えている。

次の注目日は10月8日前後である。

A点水準:約45万5000円
B点水準:約36万円
C点水準:約29万5000円
D点水準:約20万円

イーサリアムチャート

今週のポイントはこのまま堅調な展開に移行することが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
AEラインに注目したい。右肩下がりのAEラインが上値抵抗線として存在している。このAEラインを超えていくことが出来ない限り、上値の重たい展開が続くことになるからだ。

(現在のシナリオ)
現在は上値の重たい展開が続いている。右肩下がりのAEラインが上値抵抗線として存在している。また、上値を見ると右肩下がりに推移しているからだ。 この場合、30万円を試すことが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性がある。D点が位置する時間帯を通過した直後より値を上げている。上値抵抗線であり且つ節目であったBEラインを超えてきたからだ。 この場合、40万円台を回復することが求められる。

イーサリアムチャート

雲の上限を試しにいく動きになっている。したがって、雲を上抜け堅調な展開に移行することが出来るのか、それとも雲の上限が上値抵抗線となるのか、に注目したい。

「節目にチャレンジ」

先週のレポートではBEラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、上値抵抗線として存在しているBEラインを超えていくことが求められたからだ。実際には、BEラインの下方で推移している。

次の注目日は10月10日前後である。

A点水準:約170円
B点水準:約120円
C点水準:約90円
D点水準:約40円

リップルチャート

今週のポイントは節目を越えていくことが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
引き続きBEラインに注目したい。堅調な展開に移行するのであれば、節目の水準でもあるBEラインを超えていくことが求められるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。上値抵抗線としてBEラインが存在している。BEラインを超えたとしても、右肩下がりのAEラインが上値抵抗線として控えているからだ。 この場合、100円を割り込む可能性がある。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯より値を上げて来ている。また、右肩上がりのCEラインが下値支持線として存在している。そして、D点が位置する時間帯を通過したあとも上昇が続いているからだ。 この場合、120円を超えていくことが求められる。

リップルチャート

雲の下限を挟んでの攻防が続いている。ここでは雲の下限を維持するとともに、遅行スパンが26日前のローソク足を越えていくことが出来るのか否かに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示