川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ブログランキング

  • にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

7月27日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「週明けに注目」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、右肩上がりのADラインに沿った展開が求められたからだ。

実際にはADラインに接近した直後に上昇したのだが、先週末に到達したC点が位置する時間帯に陰線が出現した。

次の注目日は8月3日前後である。

A点水準:約90万円
B点水準:約115万円

ビットコインチャート

今週のポイントは週明けの動きに注目したいということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。

先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。右肩上がりのADラインに到達すると同時に辺に沿って上昇している。また、B点が位置する時間帯より値を上げているからだ。
この場合、110万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性が出てきた。C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、C点が位置する時間帯に陰線が出現しているからだ。
この場合、90万円を試すことが考えられる。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲を上抜けたことで堅調な展開を見せたのだが、この後雲のねじれの位置を通過する。したがって、新しい動きがどのように出てくるのかに注目である。

「堅調な展開が鮮明に」

先週のレポートでは、A点に注目した。A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで新しい流れが出るのか否か、に注目した。
実際には横這いが続いたのだが、ABラインに接近すると大きく上昇。上値抵抗線ABラインを越えてきた。

次の注目日は7月30日前後である。

A点水準:約4万4000円
B点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは堅調な展開は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
週末から週明けにかけてB点が位置する時間帯が変化日となり新しい流れが出るのか否か、がポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続く可能性はある。上値抵抗線であるABラインを越えてきている。また、しばらくもち合いが続いていたのだが、そのもち合いを上放れたからである。
この場合、3万円台乗せから4万円を窺がう動きになっていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのADラインが上値抵抗線になる可能性があるからだ。
この場合、2万円を試す可能性がある。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

下値支持線と期待された雲の上限から上放れ、堅調な展開が続いている。

「もち合いが続く」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。右肩下がりの上値抵抗線ABラインに到達することで新しい流れが出るのか否か、がポイントになったからだ。
実際には、横這いが続く中でABラインを越えてきた。

次の注目日は7月30日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約15円

リップルチャート

今週のポイントはまだ横這いは続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。
早晩、右肩上がりのBDラインに到達する。したがって、BDラインが下値支持線となり堅調な展開に移行することができるのか、それともBDラインを割り込んで横這いが続くのか、ということである。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。現ペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過した後もA点が位置する時間帯を通過した後も上昇することなく横這いが続いているからだ。
この場合は20円を割り込んでいく可能性がある。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性はある。右肩上がりのBDラインが下値支持線として控えている。また、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、ADラインを窺う動きになっていくことが求められる。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲を上抜けてきたのだが、もち合いを上放れたと認定するほどの上昇は認められず横這いとなっている。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

7月20日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「横這いが続く」

先週のレポートでは、B点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点を通過することで新しい流れが出てくるのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点が位置する時間帯を通過した後も横這いが続いている。そして、BCラインを割り込んだ後はやや値を下げてきている。

次の注目日は7月20日前後である。

A点水準:約115万円
B点水準:約90万円

ビットコインチャート

今週のポイントは底堅い動きを維持することが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。

堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのBDラインが下値支持線になることが求められるからだ。
逆に、BDラインを割り込むと右下に新しいペンタゴンが描き足されることで、上値の重たい展開になっていくことになろう。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点を通過した後も横這いが続いている。また、右肩上がりのBDラインが下値支持線として控えているからだ。
この場合、110万円台に乗せていくことになろう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。下値支持線BCラインを割り込んだ後に値を下げてきている。また、C点が位置する時間帯を通過することで流れが変わる可能性があるからだ。
この場合、90万円を割り込む可能性が出てくる。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の下限を割り込んできた。すなわち、上値の重たい展開が鮮明になっていくのか否かがポイントになってきた。

「ど真ん中の時間帯を通過」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。右肩上がりのABラインが下値支持線となり、堅調な展開が鮮明になっていくことになるのか否かが期待されたからだ。
実際には、ABラインを割り込み、その後も横這いが続いている。

次の注目日は7月25日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントはペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。
先週末から週初にかけて、B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、B点が変化日となり新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。下値支持線ABラインを割り込んだとしても横這いが続いている。また、下値支持線ACラインが控えている。
この場合、BCラインを越えて3万円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性はある。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、右肩下がりのBCラインが上値抵抗線として存在しているからだ。
この場合、2万円割り込んでいくことが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上限を維持しながら推移している。すなわち、堅調な展開を保っているということが言えよう。

「横這いが続く」

先週のレポートでは、B点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、B点が位置する時間帯の直前で上昇が認められた子から期待が持てたのだが、結果的には横這いが続くことになった。

次の注目日は7月22日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約20円
E点水準:約15円

リップルチャート

今週のポイントはこのまま横這いが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
DEラインに注目したい。
上値の重たい展開が鮮明になるのであれば、右肩下がりのDEラインに沿った展開になっていくことが考えられる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過しても上昇することなく横這いが続いている。右肩下がりの上値抵抗線DEラインが控えているからだ。
この場合、20円を割り込んでいくことが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性も残っている。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。
この場合、30円を窺がう動きになることが考えられる。

<一目均衡表>
リップルチャート

せっかく雲の中に入ることが出来たのだが、上抜けることは出来ず、雲の中で推移している。すなわち、堅調な展開に移行できないでいる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

7月13日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「週明けの動きに注目」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点が位置する時間帯を通過した後は緩やかながらも値を上げてきている。

次の注目日は7月13日前後である。

A点水準:約115万円
C点水準:約90万円

ビットコインチャート

今週のポイントはど真ん中の時間帯を通過することから、週明けに注目ということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。

週明けにC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過する。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。右肩下がりの上値抵抗線BCラインに到達すると同時に陰線が出現していることから、BCラインを意識した動きになることが考えられる。また、上値を見ると、右肩下がりに推移しているからだ。
この場合、90万円を試す動きになっていこう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性はある。C点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、下値支持線CDラインが控えているからだ。
この場合、110万円に乗せていくことが期待されよう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

雲の中を推移している。したがって、雲の上限が上値抵抗線、下限が下値支持線になるのだが、どちらから放れていくのかに要注目。

「堅調な展開を維持」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、しっかりした陽線が出現し堅調な展開を維持している。

次の注目日は7月18日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは堅調な展開が鮮明になるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CDラインに注目したい。
右肩上がりのCDラインが存在していることから、堅調な展開がより鮮明になる、すなわち上値の節目を越えていくことが出来るのか否かに注目したい。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。また、右肩上がりのCDラインが下値支持線になることが期待されるからだ。
この場合、3万円を窺が動きになっていこう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性がある。また、27,000円前後に上値の節目が存在するからだ。
この場合、2万円を割り込んでいくことになろう。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

再び雲の上抜けてきた。したがって、雲の上限が下値支持線になると期待される。

「ど真ん中に反応」

先週のレポートでは、B点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯であるB点を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。
実際には、そのB点前後より比較的大きな陽線が出現し、B点の上方を通過した。

次の注目日は7月17日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約15円

リップルチャート

今週のポイントはど真ん中の時間帯を通過したことで、流れは変わったのかということである。

<あくまでも個人的見解>
引き続きB点に注目したい。
B点が位置する時間帯にかけて比較的大きなローソク足が出現したことから、新しい動きで出てきたのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。大きな上値抵抗線ACラインが存在している。また、右肩下がりのCDラインが上値抵抗線として控えているからだ。
この場合、20円を割り込んでくることも考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性はある。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点にかけて値を上げて来ている。そして、中心点でもあるB点の上方を通過したことで、底堅い動きが期待できるからだ。
この場合、30円を試す可能性が出てきた。

<一目均衡表>
リップルチャート

反発に転じ、雲の中に入ってきた。ここからは雲を下限を割り込むことなく、雲の上限を越えていくことが出来るのか否かに注目したい。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

7月6日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「上値が重たくなる」

先週のレポートではAEラインに注目した。堅調な展開を維持するのであれば、AEラインを越えていくことが求められたからだ。

しかし、実際にはAEラインに到達した後もAEラインを越えるよりもAEラインに絡んだ動きとなり、上値の重たい展開となっている。

次の注目日は7月13日前後である。

A点水準:約115万円
B点水準:約90万円
C点水準:約75万円

ビットコインチャート

今週のポイントは上値の重たい展開が鮮明になっていくのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。

先週末にD点が位置する時間帯に到達した。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開となっている。C点が位置する時間帯以降も下落が続き、右肩下がりのAEラインに絡んだ動きとなっている。また、上値抵抗線DEラインが控えているからだ。
この場合、BEライン水準を試すことが考えられる。

(第2シナリオ)
堅調な展開に戻る可能性も残っている。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。
この場合は再び100万円台に乗せてこよう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

現在値が雲の中に入ったことに加え遅行スパンが26日前のローソク足を割り込んだことから、上値の重たい展開が鮮明になってきた。

「上値を抑えられる」

先週のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯を通過することで、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。
実際には、B点が位置する時間帯以降も横這いとなっている。

次の注目日は7月7日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントはこのまま横這いが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
週明けにC点が位置する時間帯を通過する。したがって、横這いが続いているだけにC点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。下値支持線ADラインが存在している。その先には右肩上がりのDEラインが控えているからだ。
この場合、3万円を窺がう動きが期待できよう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。下値支持線として期待されたAEラインを割り込んでしまった。しかも、その後も値を上げることなく推移しているからだ。
この場合、ADラインを割り込むことが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の中に吸い込まれてしまった。そして、雲の上限に沿って推移しているのだが、雲の上限が上値抵抗線となっている。

「横這いが続いている」

先週のレポートではABラインに注目した。右肩上がりのABラインに到達することで流れが変わることが期待されたからだ。
実際には、ABラインを越えた後も横這いが続いている。

次の注目日は7月8日前後である。

A点水準:約15円
B点水準:約30円

リップルチャート

今週のポイントはどこまで横這いが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。
およそ2か月もの期間、横這いが続いている。したがって、このまま横這いが続くのか、それともC点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで新しい流れが出るのかがポイントになる。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値支持線と期待されたABラインを割り込み、C点を意識した動きとなっている。
この場合、20円から15円を試すことが考えられよう。

(第2シナリオ)
堅調な展開に移行する可能性はある。C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。
この場合は、20円台後半から30円を窺がう動きになっていこう。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の下方を推移し、軟調な展開が続いている。ただ、この先に雲のねじれの位置が存在する。すなわち、雲のねじれの位置が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになる。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 【FINTECH-asp】

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示