川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円、短期トレンドが変化、クロス/円、堅調。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は109.70-80の抵抗を上抜けており、7/11に付けた114.49を起点として上値を切り下げる流れに変化が生じています。110.70-80にもう一段強い上値抵抗がありますが、これを上抜けて越週した場合は一段の上昇に繋がり易くなります。但し、29日の108円台前半から押し目らしい押し目が入っていないことや、109円台の足元の不安定さを残していることから、一両日中に109円台の足元を固める動きが強まると見られます。買いは急がず1日様子見です。売りも様子見が基本。下値抵抗は109.80、109.50-60、109.20-30にあります。上値抵抗は110.70-80、111.30-40にあります。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、日足の形状が悪化していますが、短期トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続とします。もう一段押す可能性が高いので買いは1日様子を見るか1.0850-60で押し目買いとしています。損切りは1.1790で一旦撤退です。売りは様子見か1.2010-20の戻りがあれば軽く売り狙い。損切りは1.2080で撤退です。

ユーロ/円は小反落していますが、トレンドの強さは変わりません。下げ余力の強いものではないので基本戦略は129.40に損切りを置き、押し目買い方針変わらず。売りは様子見です。

ポンド/ドルは下値リスクがより高い状態に変わりありません。1.3010に損切りを置き戻り売り方針継続です。1.2820-30にやや強い下値抵抗があります。買いは様子見です。1.27台前半での突っ込み売りにも注意が必要です。

ポンド円は5手連続陽線引けとなり、下値を切り上げる流れを維持しています。142円台半ばにある短・中期移動平均線も上抜け始めており、一段の上昇の可能性が点灯中です。売りは様子見です。買いは141.90-00の押し目待ちとします。損切りは140.90で撤退。

豪ドル/円は上ヒゲの長い寄せ線に近い形の足となり、上値を追い切れずに押し戻されていますが、下値抵抗も守っており、87.00-10で押し目買いとしています。損切りは86.40か深い場合は下値リスクが点灯する85.90で撤退です。87.70-80、88.10-20にやや強い上値抵抗があります。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、上値余地を探る動き。クロス/円、堅調

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は前日足から下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに陽線引けとなり、109.00±10銭の抵抗を守った形となりました。終値ベースでは109.70-80の抵抗を上抜けきれずに終えていますが3:18pm現在110円台に乗せて一段の上値をトライする動きとなっています。但し、日足は110.70-80の抵抗をクリアしない限り、変化しません。買いは様子見としています。売りは110円台を売って110.70で一旦撤退です。これが付いた場合はトレンドをニュートラルな状態に戻しますが、ドル急伸にも繋がり難いと見られます。日足の上値抵抗は110.70-80に、下値抵抗は109.00±10銭にあります。

ユーロ/ドルは上ヒゲが長い寄せ線に近い形となり、上値トライに失敗した形ですが、トレンドは強気の流れを維持しています。短期トレンドは1.1850割れでニュートラルな状態に戻しますが、1.1800割れで終えるか1.1700割れを見ない限り、短期トレンドは大きく変化しません。1.2020-30にやや強い上値抵抗が出来ています。買いは1日様子見か1.1900で一旦撤退です。売りは様子見です。

ユーロ/円は東京市場で下寄りのスタートとなりましたが、実体のしっかりとした陽線で切り返しており、短期トレンドは強い状態を維持しています。押し目買い方針で。131.80-90にやや強い上値抵抗があります。強い下値抵抗は130.00-10にあります。短期トレンドは129.50割れで終えるか、値動きの中で129円割れを見ない限り、強きを維持します。

豪ドル/円は77.60が付いてニュートラルな状態となりました。86.00-10の抵抗を守っていますが、週足が不安定さを残していることや、88円超えから上値抵抗が厚くなるので急伸にも繋がり難いと見られます。

昨日のお昼は久し振りにイル・バンボリーノのパスタ、ピザランチに行ってきました。3人で定番のマルゲリータのピザ、シラスとトマトの冷製カッペリーニ、そしてクリームソースベースのパスタをシェアしました。これにグリーンサラダとミニカップスープ(令)が付いて¥1000です。相変わらずか窯焼きピザは美味しいです。季節のカッペリーニは男性も参加だったので、大盛りにしちゃいました。やっぱり美味しいです。

そうそう、このイル・バンボリーノの他に日本橋小学校にほど近いブッピーノ、少し大人の雰囲気が漂ういいお店ですが、8/15に姉妹店の第3号、なんと、焼き肉レストランができました。甘酒横丁を明治座方向へ歩いて、緑道の少し手前の左側。「Manzovino(マンツォヴィーノ)」といいます。お勧めはシェフ自ら炭火で焼いてくれる塊肉だそうですが、まだ頂いてはいません。お値段はそこそこしますが、いいお肉がそろっています。部位の異なる盛り合わせを食べてみるのがお奨め。イタリアンというだけあって、食事ものも石釜チーズリゾットや、トマトベースのスパゲッティなどもあります。ワインに良く合うので〆ではなく、お肉と一緒でもイケそう。付けダレも工夫があります。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13093246/

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13212320/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は北朝鮮リスクで上値の重い展開。ユーロは強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は朝方の北朝鮮のミサイル発射を受けて、リスク回避の動きが強まり早朝のシドニー市場で108円台前半まで急落しましたが、東京市場では小反発して推移しています。しかし、109.00±10銭の下値抵抗を下抜けた位置で推移しており、一段の下落リスクに注意が必要でしょう。ドル買いは様子見です。ドル売りは108.90-00で売って110.10で撤退としています。短期トレンドは111円台回復を見ない限り、ドル弱気の流れにあります。また、108円割れを見た場合は一段のドルの下落リスクに要注意。

ユーロ/ドルは小幅続伸となり、単体では上昇余力の強いものではありませんが、短期トレンドが変化して日が浅いので浅い押し目を拾って流れについて行く方針で。但し、1.20台後半から厚くなる上値抵抗にも注意が必要です。中期的な上値抵抗は1.2200~1.2300ゾーンにあります。売りは様子見です。

ユーロ/円は早朝のシドニー市場で129.60-70近辺まで急落しましたが、短期トレンドはユーロやや強気の状態です。直近の陽線が首つり線となる可能性がありますが、朝方の下寄りで、下ヒゲ部分の弱さをカバーしており、押し目買いが有効と見ています。買いは130.00以下で押し目買い。損切りは128.90で一旦撤退です。短期トレンドは128.50割れで変化します。売りは様子見です。

ポンド/ドルは、8/3に付けた1.3267を起点として上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けており、短期トレンドが変化する可能性が点灯しています。下値リスクを残しているので買いは様子見としますが、売りも様子見か1.2970-80まで引き付けて。1.3010で撤退です。これが付いた場合は1.27台で一旦底打ちした可能性が高くなります。

ポンド/円は小幅続伸。141.50-60の抵抗を抜け切れていないので買いは様子見とします。売りは141.60で一旦撤退としますが、142.50-60の抵抗を上抜けて越週するか143円超えに日足の実体を戻さない限り反落にも注意が必要でしょう。

豪ドル/円は上値を切り下げる流れから上抜けきれていないので戻り売り方針継続としています。損切りは87.60で撤退です。

今朝は、外為どっとコムさんの緊急取材を受けています。朝方の値動きを踏まえて、今後のリスクの度合いをドル/円、ユーロ/ドルに分けてお話しています。外為どっとコムさんに口座をお持ちの方は「マーケット情報」をクリック、動画の8/29の最新版からお入りください。円高リスクの高まりと、リスク回避通貨としてユーロやスイスにも注目しています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円、小動き。ユーロはしっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は109.00±10銭の下値抵抗を守る一方で109.70-80の上値抵抗も抜け切れない状態です。短期トレンドが弱いので、買いは様子見としていますが、このレベルの売りも様子見です。売りは109.50-60で軽く戻り売り。上値余地を109.80近辺まで見て置く必要があります。損切りは110.20で浅めに一旦撤退。短期トレンドは111.00-10の抵抗をクリアしない限り、変化しません。週足が収束し始めており、今・来週中にも一方向へ動き出すと見られます。日足の上値抵抗は109.70-80、110.70-80に、下値抵抗は109.00±10銭、108.50-60、108.10-20にあります。

ユーロ/ドルは直近の日足が8/2に付けた1.1910を起点とするレジスタンスラインから頭一つ上抜けており、また、21日移動平均線もしっかりと上抜けて短期トレンドに変化が生じています。ユーロ売りは様子見に転じます。買いは1.1870-80の押し目待ちとしています。損切りは1.1800割れで一旦撤退。

ユーロ/円は130.20超えに実体を戻してニュートラルな状態に変化しましたが、130.50-70の抵抗が厚いことからこれをしっかり上抜けるか、131.50-60の抵抗をクリアしない限りは上値余地も拡がり難いでしょう。売りは様子見に転じます。買いは129.70-80以下の押し目待ち。損切りは128.80で一旦撤退です。128.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

ポンド/ドルは陽線引けとなり、上値を切り下げる流れから若干上抜けかけていますが、トレンドの変化は認められません。買いは様子見です。売りは1.2950-60で売って1.3010で一旦撤退です。

ポンド/円は続伸。日足の形状が若干改善していますが、下値リスクを残しているので買いは様子見か引き付けて。139.40で撤退。売りは様子見か141.60で一旦撤退です。142円台半ばの上値抵抗をしっかり上抜けて来るまでは下値リスクにも警戒が必要でしょう。

豪ドル/円は小幅続伸となりましたが、上昇余力が強いものではないことや、週足の形状が安定しておらず、下値リスクを残しています。買いは様子見か86.00-10の下値抵抗ポイントで軽く買って損切りを浅めに。売りは87.00-10で売って87.60で一旦撤退です。

金曜日はドラギ発言でユーロドル、ユーロ円のショートが損切りにひっかかってしまいました。気を取り直して出直しです。

さて、これからラジオNIKKEIの「トレードパーティー」の収録に行ってきます。番組の参加は初めてなのでどんな感じになるのか楽しみです。

 http://market.radionikkei.jp/tradeparty/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ジャクソンホールでのイエレンFRB議長、ドラギECB総裁の講演待ちで小動き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小反発して引けていますが、109.60-70の上値抵抗も抜け切れておらず、大きな上昇エネルギーも感じられません。一方で109.00±10銭の下値抵抗も守っており、反転の可能性を残した状態です。今日の終値で109円台を維持出来ずに越週した場合は来週以降一段のドル下落へ。逆に110円台を回復して引けた場合は若干上値余地が拡がり易くなります。但し、111円台に値を戻さない限り、短期トレンドは変化しません。111円超えに日足の実体を戻した場合は、短期トレンドが変化してドルの上値余地を探る動きが強まり易くなりますが、この場合でも中期トレンドが弱いことからドル急伸にも繋がり難いと見ています。

ユーロ/ドルは下値を切り上げる一方で、上値も切り下げていますが、1.19台を回復しない限り、下値リスクにより警戒が必要です。値動きの収縮が見られるので一方向へ抜け出す可能性にも注意が必要でしょう。1.1760-70、1.1700-10にやや強い抵抗がありますが、守りきれずに終えた場合は一段の下落へ。

ユーロ/円は小陽線で終えており、下値を切り上げていますが、131.40を直近高値として上値も切り下げており、130.20超えで越週しない限り、下値リスクがより高い形です。中期トレンドが強いので急落にも繋がり難いものの、128円割れで終えた場合は一段の下落リスクに注意が必要です。

ポンド/ドルは小幅続落。下げ余力の強いものではないことや下値抵抗の厚いポイントに差し掛かっており売りも慎重に。短期トレンドは1.30台に値を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。

ポンド/円は反発。139~140円ゾーンの強い下値抵抗には一旦跳ね返されていますが、上値を切り下げる流れにあるので買いは様子見としています。或いは138.90に浅い損切りを置くなら139.50-60で軽く試し買い程度に。売りは141.60で撤退です。

豪ドル/円は小反発。86.00-10の抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められないので買いは様子見です。売りは87.60で撤退。

ユーロ/ドル、ユーロ/円ともに値動きが収縮し始めています。一方向へ動き出す兆しですがもう少し日にちを要するかもしれません。しかし、ドラギさんの発言次第で動きが出てくる可能性もあるので、注意が必要です。

今日も暑いですね。今日の午後は明日のマネースクウェア・ジャパン社主催の株価指数アカデミアのセミナーの準備や月曜日のラジオ日経の番組出演に備えて資料作りを始めます。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=3047

http://market.radionikkei.jp/tradeparty/

では皆さま良い週末をお過ごし下しさい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示