川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円は105円割れを見て短期トレンドに変化が生じています。調整下げ局面に留まるかどうかは今後の押しの深さ次第ですが、調整下げに留まるなら102円台を大きく割り込まない可能性が高くなります。短期トレンドは変化しましたが、値動きの中では106.70から104.30まで230ポイントの下落を見ており、短時間での一相場は達成しています。今日については104円台の売りは見送った方がいいでしょう。104.00-20に強い下値抵抗があります。売りは105.50-60の戻り待ち。損切りは106.70に置く必要があります。買いは様子見です。

ユーロ/ドルは小反発。上値を切り下げる流れに変化が認められないので買いは様子見です。或いは1.0960-70まで引き付けて。損切りは1.0940で浅めに撤退です。売りは1日様子見でいいでしょう。1.1110-20に強い上値抵抗があります。

ユーロ/円は日足は小陰線で終えており、下げ余力の強いものではありませんが、3手真の大陰線が5/31に付けた124.19を直近高値とするレジスタンスラインの下に入り込んで下値リスクが高くなっていること、今朝の値動きの中で116円割れを見て短期トレンドに変化が生じていることから、短期的には一段の下落リスクが生じています。売りは115.90-00の戻り待ち。損切りは117.10で撤退です。買いは様子見です。112.40-50に強い下値抵抗があります。

ポンド/ドルは値幅の小さい足で終えており、方向性を示せずに終えていますが、上値を切り下げる流れにあるので買いは様子見です。売りは1.3150-60で戻り売り。損切りは1.3190で浅めに一旦撤退です。

ポンド/円は続落。値動きの中で138円割れを見て一段の下落に繋がっていますが、130~132円ゾーンに強い下値抵抗が控えており、130円割れの越週とならない限り、売りも慎重に。買いは様子見です。売りは138円超えの戻り待ち。損切りは139円超え。

豪ドル/円は78.80-00の抵抗を守りきれずに続落しており、短・中期トレンドは弱気の流れにあります。買いは様子見です。売りは79.00-10の戻り待ち。損切りは80円超え。買いは様子見です。78.00-10にやや強い下値抵抗があります。

さて、先週末は久し振りに東銀座の森川さんへお邪魔して美味しい水炊き鍋を頂いてきました。いつもの定番コース。お通しは蕎麦の実にタレを掛けたもの。次にお浸し。これでまず小ビールで乾杯。次に大山地鶏の胸肉のタタキ。こちらは酢にゆず胡椒を溶いて頂きます。鶏の素揚げ、トウモロコシの天ぷら、十種類以上の野菜が入ったサラダ。そしてお鍋はコラーゲンたっぷりの水炊き。つくね、野菜類、豆腐など。器にお鍋のスープと天然塩を少し入れて、これに付けて頂きます。さっぱりしてこれが美味しい。途中で、胸肉と、もも肉のスライスが追加されます。〆は雑炊。これでお腹いっぱい。焼酎派と日本酒派に分かれてお酒も程よく飲んで終了。4人で24000円ほど。美味しくリーズナブルなお値段。

http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13171163/

DMM.com

ドル/円は来週の日銀金融政策決定会合での追加緩和期待が消えない中で、朝方106.70超えまで上昇しましたが、日経平均株価が反落した流れを横目に反落しています。下値を切り上げる流れには変化が認められませんが7/21の陰線が新たな上昇トレンド入りの可能性を打ち消しており、107円超えに日足の実体を戻して来るまでは、下値リスクにも警戒する必要があります。また、105円割れを見た場合は短期トレンドが変化して、一段の下落リスクが生じます。ドル買いは105.70-80以下で押し目買い。損切りは104.90で撤退です。ドル売りは106.70-80で戻り売り。損切りは107.60で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは反落。上値を切り下げており下値リスクがより高い状態です。買いは様子見か1.0950-60で軽く押し目買い。損切りは1.0930で浅めに撤退です。1.0900割れを見たら続落に注意。売りは1日様子見か1.1010-20で戻り売り。損切りは1.1060で一旦撤退です。

ユーロ/円は小幅続落。短期トレンドの変化には至っていませんが、5/31に付けた124.19を直近高値とするレジスタンスラインの下に入り込んでおり、この上値抵抗が117.20-30にあります。118円超えに値を戻さない限り、下値リスクにも注意が必要です。買いは115.90で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。売りは1日様子見です。或いは116円割れを見たら戻り売り戦略で。


ポンド/ドルは反落。1.3080-00に強い抵抗があり、これには跳ね返されていますが、日足の形状が弱いので買いは様子見です。売りも1日様子味か1.3220-30の戻り待ち。損切りは1.3310で撤退です。

ポンド/円は小幅続落。日足は下値リスクが高い状態にありますが、週足が寄り付きが安値圏となる大陽線が出ており、130円台の足元がしっかりとしています。調整下げに留まる可能性にも注意が必要です。買いは様子見です。売りも様子見か142.00-10の吹き値があれば売り狙い。142.60で浅めに撤退です。

豪ドル/円は小幅続落。日足は上値トライの可能性を残していますが、中期トレンドが弱いので買いは様子見か78.80で撤退。売りは79.90-00で戻り売り。損切りは81円超えで撤退です。

DMM.com

黒田日銀総裁が6月にコメントしたヘリコプラ―マネー導入を否定する発言が何故か昨日の夕刻に伝わり、ドル/円、クロス/円ともに下落して引けています。大きく下げたドル/円ですが、下値を切り上げる流れを維持しており、短期トレンドは上値トライの可能性を残しています。一方、昨日の陰線が106.80-90の抵抗を下抜けて終えたことにより、新たな上昇トレンド入りの可能性を打ち消された格好となっています。日足の実体で107.20-30で終えるまでは上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。

ドル買いは105円台を買って、104.90で撤退です。これが付いた場合は104.00-10以下の足元を固め直す動きへ。ドル売りは様子見か106.80-90~107.20-30ゾーンの戻りで軽く試し売り。損切りは107.60で撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。上昇余力の強いものではないことや、日足は上値を切り下げていますが、1.0980の下値抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か1.0930で撤退。売りは1日様子見です。上値抵抗は1.1040-50と1.1110-20にあります。

ユーロ/円は反落。単体では下値リスクの高いものですが、下値を切り上げる流れを維持してるので、突っ込み売りに注意が必要です。買いは116円台で買って、115.90で撤退。これが付いた場合は短期トレドが変化して下値余地が更に拡がり易くなります。売りは1日様子見です。

さて、先日は気になっていたOSAKAきっちんの人形町店に行ってきました。このお店、銀座にお店があって、人形町店が出来たときに友人が薦めてくれていたのですが、地下にあるので何となく入り難かったのです。たまたまお誘いを受けて3人で行ってきました。店内は鉄板の回りがカウンター席、そして奥に4~6人掛けのテーブル席が3つあります。中二階にもテーブル席が2つあるようです。落ち着いた感じなのとお隣のテーブルとの間に余裕があるので周りが気にならず、椅子もゆったり落ち着けます。メニューを見るとおつまみ系がかなり充実しています。初めてなので、適当におつまみをチョイス。焼きゴマ豆腐、焼きシーザーサラダ、クレソンのサラダを注文してまずビールを一杯。次にイカのゲソバター、キノコのバター焼き、カマンベールチーズ焼き。これにははちみつと薄切りのパンが添えてあり、これがなかなか美味。そして鶏のガーリックソテーでさらにお酒が進みます。ここまででかなりお腹も膨らんだ状態。でもこの店に来たからには粉ものは必須でしょう。ということで、〆はOSAKAきっちんスペシャルと焼きそばにしてみました。焼きそばは普通。お好み焼きは牛すじ、シーフード、豚肉などのミックスですが、山芋が入っているせいかかなりふわふわしていて軽くて食べやすく、美味しかったです。ソース、マヨも多すぎずさっぱりしているのがいい感じでした。まだまだ気になるメニューは沢山ありましたが次回に挑戦することにしてお店を後にしました。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13152679/

DMM.com

8/26(金)午後8時から、マネースクウェア・ジャパン主催のWebセミナーの講師を務めます。

「円高はピークを見たのか?秋口以降のFX戦略」と題し、ドル/円、クロス/円の方向性を探ります。どなたでもお申込みいただけます。お時間があれば是非ご参加ください。お申し込み方法等詳細は下のURLからご覧ください。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2829

DMM.com

ドル円は、直近の日足が寄せ線に近い形で終えており、上下の抵抗を攻めきれずに寄り付き水準まで戻しています。一方で、上値も106.30-40、106.80-90に上値抵抗が控えており、これらにぶつかる可能性にも注意が必要です。日足は強い状態を維持していますが、105.50-60まで特に強い上値抵抗がないので、ドル買いは1日様子見か105.50-60以下で押し目買い。損切りは104.40で撤退です。これが付いた場合は調整局面に入る可能性が高くなります。ドル売りは様子見か106.80-90の上値抵抗ポイントで軽く売り狙い。損切りは107.60で撤退です。日足の上値抵抗は106.40-50と106.80-90に、下値抵抗は105.50-60と105.10-20、104.60-70にあります。

ユーロ/ドルは小反落。1.0100-10の下値抵抗を守って引けていますが、日足の形状が悪化しており、下落リスクがやや高い形です。買いは様子見か1.0930に損切りを置くなら引き付けて軽く試し買い。売りは1.1060-70の戻り待ち。損切りは1.1140で一旦撤退です。

ユーロ/円は小反落。単体では下げ余力の強いものではありませんが、117.50-60の抵抗にぶつかっており、これをしっかり上抜けて終えない限り、下値リスクにも警戒が必要です。買いは様子見か115.40に損切りを置いて116.50以下で軽く押し目買い。売りは117.30-40で戻り売り。損切りは118.10で一旦撤退です。

ポンド/ドル、ポンド/円は下値リスクがやや高くなっており、買いは様子見です。ポンド円は138円割れを見たら一段の下落に要注意。

豪ドル/円も短期トレンドは上値トライの可能性を残していますが、80~81円の中期的な上値抵抗をこなせずに反落しており、買いは様子見か79円割れで撤退です。売りは80円超えの戻り待ちでいいでしょう。

昨日は銀行時代の大先輩と「いな村」で食事。予約した甲斐があり、昨日は毛ガニの用意がありました。足の部分、殻の内側の身の部分を綺麗に取り分けて盛り付けてあり、食べやすいし、美味しいしで話も弾みました。みその部分も美味しかったですね。その他にカツオと白身の刺身、冬瓜と野菜のトウモロコシのすり流し。これが優しい味でとっても美味しかったです。お酒も焼酎派、燗酒派、冷酒派とそれぞれのスタイルで。焼き魚はカマスに谷中生姜を添えて。これもふっくらと焼けていて美味しかったですよ。昨日は個室も予約で満席状態でした。大将一人なのでお料理が出されるまでに少し時間がかかりましたが、丁寧な仕事と味の良さのせいか大先輩もご機嫌でした。その他にちょこちょことおつまみを頼み、結局一人¥9000ほどになりました。質の良さと味を考えればリーズナブルだと思います。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13152646/

DMM.com
DMM.com
堂島ロール-極み-プレゼント企画
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示