川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法
 HSBC香港活用マニュアルセット
ホーム >  ブログ  >  川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

円独歩安。ドル/円押し目買い、クロス円はまちまち。突っ込み売りに注意。

2015年5月29日

ドル/円は直近の日足が上ヒゲ陽線となり、124円台の抵抗を上抜け切れずに終えています。今日の所は一旦押す可能性が高いと見ていますが、ドル強気の流れに入って日が浅いことから基本戦略はドルの押し目買い方針継続です。

今日は午後から外出のため今朝のFXIのコメントの一部を載せておきます。参考になさってみてください。では皆さま良い週末をお過ごし下さい。

ドル/円、24時間を予想(9:03現在123.82-84)

ドル/円は続伸しましたが、直近の日足が上ヒゲが長く、上値トライに失敗した形で終えており、124円超えが重くなる可能性が生じています。一方で下値を急角度で切り上げる流れを維持しており、短期トレンドが非常に強い状態を維持していることから、押し目買い方針変わらずです。
日足の下値抵抗は123.00-10と122.00-20、121.50-60に、上値抵抗は124.60-70にあります。
今日のドル買いは123.00-10の押し目待ちとします。損切りは122.50割れで一旦浅めに撤退するか122.00割れに置く必要があります。売りは様子見が基本ですが、今日1日だけ124.00-20で軽く売り向かい。損切りは124.60で十分でしょう。浅い利食いも着実に。

ユーロ/ドルは小幅続伸。短期トレンドが弱い状態にあることや、個々の足が強いものではないので買いは底打ち確認まで様子見としますが、1.0850-60、1.0900±10ポイントにやや強い下値抵抗が出来ており、突っ込み売りにも注意する必要がありそうです。売りは1日様子見か1.1020-30の戻りがあれば売り向かい。損切りは1.1060で十分でしょう。これを見た場合は1.08台で底打ちした可能性が高くなります。

ユーロ/円は続伸。135.50-60の抵抗をクリアしており、短期トレンドをニュートラルな状態に戻しました。一方で週足の上値抵抗が136.80-00にあり、実体ベースでこれをしっかりと上抜けて越週しない限り、上昇余地も拡がり難いと見られます。但し、138円超えを見た場合はトレンドが変化して一段の上昇に繋がり易くなります。売りは様子見か136.60-80の吹き値があれば売り向かい。損切りは137.60で一旦撤退です。買いは135.30-40の浅い押し目を拾って損切りを浅くするか、深い場合は134.00割れに置く必要があります。強い下値抵抗が134.30-40にあります。短期トレンドは133円割れで再び下値リスクの高い状態に変化します。

若林栄四書籍紹介

ドル/円、一段高。クロス/円も堅調。

2015年5月28日

円独歩安の展開です。ドル/円は揉み合いを上抜けた勢いがあるので値ごろ感からのドル売りは控えて浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。アヤを取ろうとして失敗!損切りを浅めにして置いて正解でした。

2015年05月28日

8時45分現在 ドル/円相場:123.75-78

 ドル/円は続伸。123.40近辺にあった強い上値抵抗をあっさりとすり抜けています。上昇が急な感がありますが、勢いを借りて一気に目先天井を確認する可能性が高く、浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。日足の上値抵抗は124.70-80に、下値抵抗は123.00-10にあります。

ドル買いは123.60‐70の浅い押し目を軽く拾って流れに付いて行くか、来週以降の123.00-10以下の押し目待ちとします。損切りポイントは122.70。売りは目先天井を確認するまで様子見です。

ユーロ/ドルは小反発。短期トレンドの変化が認められませんが、下値攻めに失敗した形となっているので1.0850-60以下の突っ込み売りにも注意する必要がありそうです。売りは1日様子を見るか、1.0960-70の戻り待ち、1.1020で一旦撤退か、深い場合は短期トレンドが変化する1.1060で撤退です。買いは様子見です。

ユーロ/円は続伸。135.00-10の上値抵抗にはぶつかったものの、日足の実体が上値を切り下げる流れから上抜けて終えており、133円台で浅い調整下げを終える可能性が生じています。売りは様子見か135.30台まで引き付けて。135.60で浅めに撤退です。買いは様子見か、133.00割れに損切りを置くなら133.80台を軽く試し買い。

ポンド/ドルは小幅続落。日足は下値リスクにより注意する必要があることを示していますが、月足の形状はそれほど悪化していません。1.5350~1.5200ゾーンまでの押しは調整下げの範囲内と見ることが出来るので、売りは慎重に。買いは底打ち確認まで様子見とします。短期トレンドは1.55超えに日足の実体を戻すか、1.5550-60の抵抗をクリアしない限り、底打ちが確認できません。

ポンド/円は続伸。上昇余力の強いものではありませんが、190.10-20の抵抗を一旦クリアしており、ポンド強気の流れに戻した可能性が生じています。直近の陽線が“ダマシ”となる可能性があるので、買いは1日様子を見るか188.60-70の押し目があれば買い狙い。損切りは187.90で十分でしょう。売りは様子見です。

スイス/円は続伸。130.50-60の上値抵抗を抜け切れていませんが、日足の形状が改善しており、128円台で底打ちを確認した可能性が生じています。終値ベースで130.50-60超えか131.00-10の抵抗をクリアした場合は一段の上昇へ。買いは129.80-90で押し目買い。損切りは129円割れ。売りは様子見に転じます。

豪ドル/円は小幅続伸。日足は上値を切り下げる流れから上抜け始めています。95円台の上値抵抗をクリアしきれずに終えていますが、日足の形状が改善しており、95.50以下の押し目買い狙いで。損切りは95円割れで浅めに撤退。売りは1日様子見です。

【ドル/円、中長期戦略】

4月足は実体が小さい陰線引けとなり、値動きの乏しい月となりましたが、月足の値動きが収縮しており、一方向へ抜け易くなっています。既に上方向へ抜け出した可能性が高くなっており、今、来月中は深い押しに繋がらない可能性が高いでしょう。可能性が低いものの、118.50割れの越月となった場合はトレンドが大きく変化します。短期トレンドは121.00超えを見て“ドル強気”に変化しており、ドルの上昇余地が拡がる展開となっています。可能性がやや低くなりましたが、119円割れの越週か、118.50割れを見た場合は再び下落リスクが高くなります。週足の上値抵抗は123.00-20に、下値抵抗は120.00-10にあります。

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円、強きながらも上値抵抗を抜け切れずに小反落。

2015年5月27日

ドル円は一段高。短期トレンドはドルが非常に強い状態です。基本戦略は浅い押し目を拾って流れについて行く方針で。短期トレンドは120円割れでニュートラル。119円割れを見ない限り大きく変化しません。

今朝の「Daily Commnent」を添付しておきますので参考になさってください。

2015年05月27日 8時45分現在 ドル/円相場:123.02-04

ドル/円は寄り付き安値の大陽線が出ており、122.00-10の抵抗を上抜けた勢いで一段の上昇に繋がりました。

一方で、日足ベースで見た強い上値抵抗にもぶつかっており、この抵抗が123.30-40にあること、週足の上値抵抗も123.00-20にあることから、これを大きく上抜けるにもまだ無理がありそうです。しかし、短期トレンドが変化して日が浅いため、急落には繋がり難く、基本戦略は浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。

ドル買いは122.50-60で軽く押し目買い。下値余地を122.00-10まで見て置く必要があります。損切りは121.50割れ。売りは様子見か、今日1日だけ123.10-20で軽く売り向かい。123.60で浅めに撤退です。122.60台での浅い利食いも着実に。短期トレンドは120円割れを見ない限り大きく変化しません。 

ユーロ/ドルは続落。寄り付き安値の陰線引けとなり、日足はユーロ弱気の流れにあります。また、1.0900割れを見ており、下値余地がもう一段拡がる可能性が生じています。買いは様子見です。売りは1.0930-40で戻り売り。上値余地を1.0960-70まで見て置く必要があります。損切りは1.1010で一旦撤退です。短期トレンドは1.11台を回復しない限り変化しません。

ユーロ/円は実体が小さい陽線で続落を食い止めていますが、134.50-60の上値抵抗にぶつかっており、下値リスクがより高い状態に変わりありません。134.30-40での戻り売り狙いで。損切りは135.60に置く必要があります。また、吹き値があった場合の上値余地を135.00-10近辺まで見て置く必要があります。買いは様子見です。

ポンド/ドルは陰線引けとなり日足は下値リスクの高い形で終えています。もう一段下値余地が拡がる可能性が生じており、1.5450-60での戻り売り方針で。損切りは1.5520で浅めに一旦撤退です。1.56台を回復しない限り、調整下げが一巡したと認められません。1.5250以下の突っ込み売りにも注意を要します。

ポンド/円は反発。短期トレンドはニュートラルな状態です。調整下げ一巡とは認められないので、買いは様子とします。188.40-50にやや強い下値抵抗があります。売りは189円台を軽く売り狙い、190.10で浅めに撤退です。

スイス/円は陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げていますが、130円の壁にもぶつかっています。再度上値トライの可能性に繋げていますが下値リスクを残しているので、買いは様子見か128.00割れに損切りを置くなら、128.60-70の下値抵抗ポイントで軽く試し買い程度に。売りは129.70-80で戻り売り。損切りは130.20で浅めに一旦撤退。130.60超えでの越週となった場合は揉み合いを上抜ける可能性が生じます。

豪ドル/円は小幅続伸。上下の抵抗にぶつかっているので売り買いともに慎重に。買いは様子見か95.10-20で軽く買い狙い。損切りは94.70で浅めに一旦撤退。売りは95.60-70で戻り売り、損切りは96.20で撤退です。

【ドル/円、中長期戦略】

4月足は実体が小さい陰線引けとなり値幅も2円30銭と、値動きの乏しい月となりましたが、月足の値動きが収縮しており、一方向へ抜け易くなっています。月足が120.50超えで越月すれば一段のドル上昇へ、逆に118.50割れの越月となった場合は下方向へ放れ易くなっています。短期トレンドは121.00超えを見て“ドル強気”に変化しており、ドルの上昇余地が拡がる展開となっています。可能性がやや低くなりましたが、119円割れの越週か、118.50割れを見た場合は再び下落リスクが高くなります。週足の上値抵抗は123.00-20に、下値抵抗は120.00-10にあります。

ドル全面高の流れですが、円が一番弱い状態にあるのでクロス/円も上値が重いながらも上下動を繰り返す動きとなっています。水星の逆行中でもあるので飛びつき買い、突っ込み売りに注意する必要がありそうですね。

さて、月曜日は門前仲町の「三匹の子ぶた」へ再訪。この日は人数が多い会だったので、無理を言って貸切にして頂きました。サシの入った黒毛和牛の塊を用意して下さっていたので、周りをかるく炙っただけのお刺身状態のものや、定番のステーキなど肉三昧。お肉の合間に出たグリーンサラダがめちゃくちゃ美味しく感じられます。皆大満足。個人的には上等なお肉がやや苦手なので、赤身ばかりのフィレステーキにして頂きました。250Gも食べて大満足でした。でも翌朝の体重は200グラム減とほとんど変わらず。アミノ酸効果ってやっぱりあるのかも??

http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13007989/

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円、一段高。クロス/円は上値を追い切れず。

2015年5月26日

ドル/円はドル強気の流れが継続中。121.70-80をクリアしつつあり、次の抵抗は122.00-10。ドル買いは121.00-10の押し目待ち、損切りを浅くするなら120.50割れで一旦撤退です。売りは様子見。

ユーロ/ドルは小幅続落。短期トレンドは下値リスクが高い状態ですが、1.0900近辺に強い下値抵抗があり、売りは1.1030-40の戻り待ちとします。損切りは1.1110で浅めに一旦撤退するか、短期トレンドをニュートラルな状態に戻す1.1160で撤退です。買いは様子見。

ユーロ/円は値幅の小さい陰線で終えており、単体では下げ余力の強いものではありませんが、4/14に付けた126.10を起点として下値を切り上げて来たラインからは下抜けており、一段の下落リスクに注意が必要です。売りは133.70-80の戻りを軽く売って見るか、134.30-40の戻り待ちとします。損切りは135.60で撤退。買いは様子見です。

ポンド/ドルは直近の日足が値幅の小さい足で終えていますが、前日に大陰線が出ており、短期トレンドが変化しています。調整下げに終わる可能性もありますが、現状は下値リスクがより高いので買いは様子見です売りは1.5530-40の戻り待ち損切りは1.5660で撤退。調整下げに終わるなら1.52~1.53台を大きく下抜けない可能性も。

ポンド/円は188.00-10の下値抵抗を一旦は下抜けており、もうひと押し合ってもおかしくありませんが、短期トレンドの変化が認められないので突っ込み売りに注意が必要です。185円割れを見ない限り、短期トレンドは大きく変化しません。買いは1日様子見です。売りは189.10-20で戻り売り。190.10で撤退です・

豪ドル/円は小陽線で続落を食い止めています。上値を切り下げる流れから抜け出していませんが、94.80-90の下値抵抗を守っており、上値トライの可能性を残しています。売りは95.60-70で軽く売り狙い。損切りは96.20で一旦撤退。買いは様子見か95.00-10で押し目買い。損切りは94.70で浅めに撤退です。

さて、6/2(火)マネースクウェア・ジャパン主催のWeb/会場セミナーがあります。方向性が出て来た主要通貨の2015年後半の見通しをお話しします。第二部では若林、川合がFXトレードでの仕掛けや手仕舞いなど、日々のトレードで参考になるお話を出来ればと思います。どなたでもご参加いただけます。お時間のある方ご参加くださいね。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2478

 

若林栄四書籍紹介

ドル堅調。NY市場休場のため小動き

2015年5月25日

ドル/円は直近の日足が120.60-70の下値抵抗に跳ね返されて陽線引けとなり、下値余地が限られ易い状態です。今日のNY市場が休場となるため値動きに乏しい展開ですが、118.50~120.50を中心とする揉み合いを上抜けて新たな上昇トレンドに入っている状態にありますから、深い押しにもまだ繋がり難いと見られます。今日明日では121.00-10での押し目買い方針で。損切りを浅くするなら120.50割れで一旦撤退です。売りは様子見。

ユーロ/ドルは上ヒゲが長く安値引けの陰線となり、日足は下値リスクの高い形で終えています。買いは様子見です。強い下値抵抗は1.0980-00と1.0900±10ポイントにあります。売りは1.1030-40の浅い戻りを売って損切りを浅くするか1.100超えの戻り待ちです。短期トレンドは1.1200超えを見ない限り下値リスクが高い状態。

ユーロ/円は135.30-40の抵抗にぶつかって陰線引けとなり、この足が133.90-00を下抜けて終えており、下値リスクがやや高い形となっています。買いは様子見か下落余地がもう一段拡がり易くなる133.50割れで撤退。売りは134.40-50の戻り待ち。135.50超えで一旦撤退です。

ポンド/ドルは1.5600-10の抵抗をすり抜けて陰線引けとなり、日足は下値リスクがやや高い形となりましたが、月足、週足は大きく崩れておらず、調整下げに留まる可能性があります。売りは様子見か1.5600超えの戻り待ち。1.5670で一旦撤退です。一両日の買いは様子見です。

ポンド/円は188円割れを見ており、調整余地がもう一段拡がる可能性がありますが調整下げに留まっており、185円割れを見ない限り短期トレンドはポンド強気を維持します。突っ込み売りにも注意が必要です。売りは189.00-10の戻り待ち。損切りは189.80か深い場合でも190.10で撤退です。買いは様子見か186円割れに損切りを置くなら引き付けて一旦買い狙い。

豪ドル/円は続落。上値を切り下げる流れから抜け出していませんが、94.80-90の下値抵抗を守っており、95.60-70まで特に強い上値抵抗もないので、売りは様子見です。買いも1日様子見。

今日のお昼は久しぶりに田酔(でんすい)へ。最近は12時前に満席になってしまうので、二の足を踏んでしまいます。今日はカウンター席が空いていたので滑り込みセーフ。熱々の出汁巻き卵はやっぱり少し待っても食べる価値があります。今日のお刺身はカツオでした。ふかふか炊きたてのおいしいご飯とお味噌汁を味わいながら完食。お値打ちの¥1000でした。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13097361/

若林栄四書籍紹介

6/19(金)マネースクウェア・ジャパン主催のWebセミナーの講師を務めます。

2015年5月22日

6/19(金)20:00~「マネースクウェア・ジャパン」主催のWebセミナーで講師を務めることになりました。揉み合いを抜け出したように見えるドル/円の動向や主要通貨の戦略、トレンドが変化した場合の対処法などについてお話ししたいと思います。どなたでもご参加いただけます。詳細は下のURLをご欄下さい。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2493

ドル/円は小陰線で終えており、上昇一服となりましたが下げ余力の強いものではないことや、短期トレンドが変化して日が浅いため、深い押しにはまだ繋がらない可能性が高いと見られます。120.60-70の浅い押し目を拾って流れについて行く方針で。急落した場合の下値余地を120.00-20近辺まで見て置く必要があります。損切りは119.50割れ。短期トレンドは119.00割れでニュートラルな状態に戻しますが、118.50割れを見ない限り、ドル弱気に変化しません。

ユーロ/ドルは実体が小さく上ヒゲの長い陽線で終えており、上値トライに失敗した形です。一方で1.10台の下値抵抗も守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見です。或いは強い下値抵抗を試すなら1.1000近辺の押しは軽く試し買い。1.0950割れで浅めに撤退です。売りも1日様子見か、1.1160-70超えで軽く売って、損切りも1.1220超えで浅めに一旦撤退。

ユーロ/円は寄せ線に近い形で終えていますが、上ヒゲがやや長く、133.30-40の抵抗にぶつかって押し戻されて引けています。一方で実体ベースで134.00-10の下値抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か134.10-20で押し目買い。損切りは一段の下落リスクが生ずる133.40で撤退です。売りは1日様子を見るか135.00-10で戻り売り。損切りは136.10。上値余地を135.50-60まで見て置く必要があります。

ポンド/ドルは1.5660-70の上値抵抗をクリアして陽線が出ており、短期トレンドが再びポンド強気に戻した状態です。買いは1.5630-40で押し目買い。損切りを浅くするなら1.5550割れ。深い場合はトレンドが変化する1.5500割れに置く必要があります。売りは様子見です。

ポンド/円は続伸。短期トレンドが強い状態にあるので188.00割れに損切りを置いて189.20-30での押し目買い方針で。強い上値抵抗が189.90-00にありますが、これをクリアして越週した場合は一段の上昇に繋がり易くなります。

豪ドル/円は実体の小さい陽線で続落を食い止めています。上値を切り下げる流れから抜け出していませんが、強い下値抵抗をまもっており、突っ込み売りに注意が必要です。94.80に損切りを置き95.50-60以下の押し目買い狙いで。売りは様子見です。強い上値抵抗は96.70-80にあります。日足が一方向へ抜け易い形となっています。

今日のランチはユニオンサンドヤードで合挽肉のハンバーグを頂きました。今日のジュースはパイナップルとカブの野菜ジュースでした。いつもの人参のラぺサラダ、レタスのサラダ、ジャガイモのサラダの盛り合わせ。お肉は脂身が少なく、温野菜もたっぷり添えてあるので、ボリュームがありますがあっさりといただけました。¥1250でもコスパはかなりいい方でしょう。週末のランチをがっつり、美味しく頂きました。12時前に満席になるので、無理な方は1時過ぎの方がいいかも知れません。ランチは2時まで。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13147274/

 

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円、押し目買い。クロス/円は底堅い展開

2015年5月21日

ドル/円は直近の日足が121.00-10の抵抗を上抜けて一段の上昇の可能性に繋げています。日足の形状がしっかりしているので120.60-70の浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。今週いっぱいでの下値余地を120.00-20近辺まで見て置く必要があります。買いは119.50割れで撤退です。ドル売りは様子見か今日だけ121.30-40で軽く戻り売り。121.60で浅めに撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続落していますが、下げ余力の強いものではないので、突っ込み売りにも注意が必要です。売りは1.1990-00で戻り売り、損切りは1.1230、深い場合でも1.1250で一旦撤退です。短期トレンドは1.1350-60超え似値を戻さない限り、下値リスクがより高い状態。買いは様子見か1.1000近辺があれば軽く試し買い。損切りは1.0950割れ。

ユーロ/円は実体の小さい陽線で続落を食い止めています。133.90-00の下値抵抗に跳ね返されていますが、上値を追い切れていないので買いは様子見か134円台前半を軽く買って下値リスクが高くなる133.50割れで撤退です。売りは135.30-40の戻り待ち。損切りは136.10で一旦撤退。

ポンド/ドルは小反発。下値を切り上げる流れをかろうじて維持していますが前日に大陰線が出ており、下値リスクにより注意が必要です。買いは様子見。売りは1.5590-00の戻り待ち、損切りは1.5660で撤退です。

ポンド/円は188円台に実体を置く陽線が出ており、前日のタクリ足の陰線が効いた形となりました。187.70-80での押し目買い方針で。損切りは186.50割れ。売りは様子見です。

豪ドル/円は寄せ線に近い形で終えています。上値を切り下げる流れから抜け出し切れていませんが、95円大を維持しており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは95円台前半で軽く買い狙い。損切りは94.80で浅めに撤退。売りは様子見です。

今週の月曜日、友人の誕生祝いの会があり人形町のフランス小皿料理の店「フレンチ-ズ」に行ってきました。たまたま貸切がキャンセルになったとかでお席を取ることができたこのお店。ボードに前菜や季節のお奨め料理、メインのお肉やジビエの類まで20種類ほど載せています。シェフお任せのコースは3800円で前菜の盛り合わせ、メイン、デザートなどで構成されているようです。私たちはアラカルトにしてみました。4人でシェアしたのは、マッシュルームといんげんのサラダ、ラタトゥイユ、キッシュを前菜に、そしてメイン+αで旬のホワイトアスパラと温泉たまごのトリュフソース添え、つぶ貝とキノコのエスカルゴ風、エイヒレのムニエル、リードヴォ―とホタテ貝のソテー、イカの詰め物のソテーなど盛りだくさん。さらにデザートまで頂いて、こ~んなに食べても一人7000円ほど。ワインは4人でボトル1本とスパークリングをグラスでそれぞれ頂きました。

コスパもよく小皿料理はお値段もお手頃。ワインが進みます。キッシュやマッシュルームのサラダも美味し方です。居心地の良いレストランでした。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13018056/

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円は一段高の可能性。クロス/円、下げ渋り。

2015年5月20日

ドル/円は日足が120.60-70超えで終える陽線となり、また121.00-10をクリアしたことでドルの上昇余地が一段と拡がる可能性が高くなっています。一方で120.10-20まで特に強い下値抵抗がないことや、119.20から190ポイントの上昇を見ているので、このまま続伸しても121.30-40の抵抗を上抜けるのも難しいでしょう。ドル買いは120.10-20の押し目待ち。119円割れで撤退。ドル売りは様子見です。

ユーロ/ドルは続落。1.1000近辺の下値抵抗の強さを確かめる動きが強まると見られますが、調整的な押しに留まるなら1.10台を大きく割り込まない可能性も高いので、突っ込み売りにも注意が必要です。ユーロ買いは様子見か1.1000以下は慎重に買い場探し。売りは1.1190-00の戻り待ち。損切りは1.1230で浅めに一旦撤退。短期トレンドは1.1300超えに日足の実体を戻さない限り変化しません。

ユーロ/円は続落。133.90-00にある強い下値抵抗を抜け切れずに終えており、133.50割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か133.40で撤退です。売りは135.20-30の戻り待ち、136.10で撤退。

ポンド/ドルは続落。日足の形状がやや悪化していますが、週足が大聞く崩れていないので、売りは1.5590-00の戻り待ちとします。損切りは1.5700超え。買いは様子見です。

ポンド/円はタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形ですが、188円の壁を越えられずに反落しており、下値リスクがやや高い状態です。買いは様子見。売りは187円台での売り場探しで。損切りは188.10で十分でしょう。

豪ドル/円は続落。4手連続陰線引けとなり、上値を切り下げていますが、下値抵抗を守って反発に転ずる可能性を残しているので、売りは様子見とします。買いも様子見か94.80で撤退です。

さて、昨日は浜町にあるワインバーに行ってきました。ちょっと隠れ家風で入り口が目立たない作りになっています。中に入るとやや暗めの店内の奥に4人掛けのテーブル席、入口近くに2人掛けのテーブル席があるほかはカウンター席が中心です。きままにグラスワインを楽しむ店ですが、おつまみの類も充実しているので、食事とワインでも大丈夫です。昨日は3人でグラスワインを各々好きなものを2杯、そして最後に赤のボトルワインをシェアしました。生ハムとサラミの盛り合わせ、田舎風パテ、野菜サラダ(無農薬野菜だそうで野菜の味が濃くて美味しかったです。その他にバケットや田舎パンもオーダーしましたが、パンが暖かくて美味しかったです。メインはカジキのカツレツと牛ステーキ。最初に頂いた甲州のスパイクリングワインは巨峰がベースだそうですが香りが良くてしかも甘くないのが良かったです。お値段もリーズナブルで落ち着きます。帰るころにはカウンター席も常連さんで満席に。あれだけ食べて飲んで一人6000円ほど。お値段もリーズナブルでした。

楽しく食事しながらワインを飲んでいる間にドル/円のショートとユーロ/ドルのロングポジションのストップが付いて全滅。がっくり。また気を取り直して仕切り直しです。


ワインバーはヴィネリア・イル・パッサッジョというお店です。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13160184/

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円、上値抵抗ポイントで下げ渋り。

2015年5月19日

ドル/円は陽線で切り返していますが、レンジ内の上限を抜けておらず、揉み合いの域を抜け出していません。ドル買いは様子見か119.00-10の押し目待ち、118.40で撤退。ドル売りは120.00-10で売り狙い。損切りポイントは120.60。

ユーロ/ドルは高値寄り付きの陰線引けとなり下値リスクがやや高い形となったものの、トレンドの変化は認められません。売りは様子見です。買いは1.1260-70の押し目を拾って1.1240で浅めに一旦撤退です。

ユーロ/円は高値圏で包み足の陰線が出ており、日足は続落に注意が必要ですが、トレンドの変化が認められないので、売りは様子見です。買いは1日様子を見るか134.60-70の押し目があれば買い狙い。損切りは133.90。

ポンド/ドルは続落。日足の形状が悪化しているので、買いは1日様子を見るか1.5610-20で押し目買い。損切りは1.5600割れで浅めに撤退するか、深い場合でも1.5540で一旦撤退です。売りは様子見。

ポンド/円は寄せ線に近い形で終えています。一方向へ抜け易い形で終えており、売り買いともに慎重に。短期トレンドが強きを維持しており、売りは様子見です。買いは187.30-40で押し目買い。損切りは186.40で撤退です。

豪ドル/円は続落しましたが、直近の日足が下げ渋りの形で終えていることや、短期トレンドが強きを維持しており、95.50-60での押し目買い方針で。損切りは95円割れ。

今日のランチは「おなぬきさん」という珍しい名前のお店の日替わり弁当を届けて頂きました。今日のメニューは「生姜焼き弁当」です。当日¥750のところ、前日に予約すればなんと¥500になります。しかも3つ以上であれば、近場であれば配達もしてもらえます。お味噌汁+冷たいスムージーまでついてきました。生姜焼きのお肉は脂身が少なくて美味しいです。下には生姜焼きのソースがたっぷり浸み込んだ玉ねぎと野菜炒めが敷いてあります。これにポテトサラダ、きゅうりのお漬物、トマトのサラダ、そしてご飯、お米はとても美味しいです。ご飯の上にカツオのデンブが振りかけてあり、これもなかなかイケます。これで¥500で本当に採算が合うのだろうか???お弁当は日替わりで1種類のみ、1ヶ月分のメニューが書いてある表があります。

ちなみに、明日の水曜日は「たっぷり野菜炒め弁当」明後日は「豪華天婦羅7種盛り合わせ弁当」、週末は「じっくり煮込んだ牛筋カレー」です。人形町の交差点からすぐ。スーパーマルエツのななめ前の位置にあります。興味があれば是非試してみてください。コスパは抜群にいい感じ。

http://otanukisan.jp/food.html

さて、6/8(月)、ワカバヤシFX主催の定期講演会(有料)が開催されます。会場はKKRホテル、13:30からです。そろそろ相場も大きく動く頃合い化と思いますが、年後半から来年へ向けて若林栄四の相場観をお聴き逃しなく。

http://www.wakafxinfo.com/seminar_detail.php?code=128&page=1

 

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円、上値抵抗を抜け切れず。突っ込み売りにも注意

2015年5月18日

ドル/円は直近の日足が上ヒゲの長い足に終わっており、上値トライに失敗しているため119.80-90の抵抗を抜け切れない可能性が高いと見られます。一方で下値抵抗も守っているので、レンジ内から抜け切れない状態にあるので、売り買いともに引き付けて。買いは119.00-10以下の押し目待待ち、損切りは118.40、売りは119.70-80で戻り売り。損切りポイントは120.60です。日足の下値抵抗は118.70-80に、上値抵抗は119.80-90と120.20-30にあります。

ユーロ/ドルは続伸。短期トレンドが強い状態を維持しているので売りは様子見です。直近の日足が上昇余力に欠けるものであるため今日の買いは1.1360-70の押し目待ちとします。1.1450-60と1.1490-00にやや強い上値抵抗があります。

ユーロ/円は4手連続陽線引けとなり、下値を切り上げています。個々の足は強いものではありませんが、短期トレンドが新たな上昇トレンドに入って日が浅いため、深い押しにもまだ繋がり難い状態です。買いは136.00-10で押し目買い。損切りを浅くするなら135.20で一旦撤退。深い場合は下値リスクが点灯する134.40に置く必要があります。売りは様子見です。或いは137.10-30ゾーンで軽く売り狙い。損切りは137.60で浅めに一旦撤退です。

ポンド/ドルは小反落。短期トレンドが強い状態にあるので、1.5700-10で押し目買い、1.5590で撤退です。売りは様子見とします。

ポンド/円は上ヒゲがやや長い陰線となり、上値トライに失敗した形で終えています。188.60-70の抵抗に3度失敗しており、これに再びぶつかる可能性に注意しつつ、押し目買い狙いで。買いは187.10-20で押し目買い。損切りは186円割れ。売りは様子見か188.70に損切りを置くなら引き付けて試し売り程度に。

豪ドル円は続落。日足は上値トライに失敗して値を下げており、やや下値リスクが高い形ですが、短期トレンドの変化が認められないので95円割れに損切りを置いて95.50-60での押し目買い狙いで。やや強い上値抵抗が96.70-80にあります。売りは様子見です。

さて、昨日は朝いちばんで「小さな世界のワンダーランド」を観て来ました。短編なので料金も¥1,100です。ハイスピードカメラで撮影したスコーピオンマウスの巣立ちと大人になったばかりのシマリスの冬支度の物語。ドキュメンタリーですが物語として見られます。小動物から見た天敵は主人公の20倍もの大きさのノスリやシマフクロウですが、まるで怪獣のようです。動物好きじゃないと面白くないかもしれませんが、良く出来ています。今、ドラマで大活躍の斉藤工さんがナレーターですが、落ち着いた声で語り口に好感が持てます。

http://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=012052#main2

若林栄四書籍紹介