川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円は朝方の急落から反発。クロス/円もしっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は早朝のシドニー市場で北朝鮮のミサイル発射の報を受けて109.50-60まで急落しましたが、寄り付き後は値を戻す展開となっています。先週末からの一方調子でのドル上昇でオーバーシュート気味になった部分を調整した形となりました。短期トレンドはドル強気の流れを維持しています。今日の終値ベースで110.50超えであれば来週も上値余地をさらに広げる可能性が高くなります。逆に109.80以下で越週した場合は下値リスクを残した状態となります。可能性が低いとみますが108.40-50以下の越週となった場合は再び下値リスクが高くなります。朝の109.50-60でお押しが終わった可能性もありますが、今日については109.50-60以下の押し目待ちとしています。損切りは108.40で撤退です。調整的な押しが入っているので、ドル売りは様子見です。

日足の上値抵抗は110.60-70、111.10-20に、下値抵抗は109.50-60,109.10-20、108.50-60にあります。

ユーロ/ドルはタクリ足の陽線引けとなり下値抵抗を守って反発に転じています。一方で1.2060-70に強い抵抗が控えており、これを上抜けて来ないと下値余地も拡がり難い状態です。また、1.1800割れで越週した場合は下値リスクが点灯します。やや強い上値抵抗が1.1970-80にありますが、1.2060-70の抵抗をクリア出来れば再び強気の流れに戻します。買いは様子見です。売りは1.1970-80の戻りを軽く売り狙い。損切りは1.2060で撤退です。

ユーロ/円は寄せ線に近い形の足となりました。日足は下値を切り上げており、強きの流れを維持しています。但し、130円割れで越週した場合は下値リスクが点灯します。買いは130.40-50で押し目買い。損切りは129.90で撤退。売りは様子見です。

ポンド/ドルは英中銀が数か月以内の利上げの可能性を示唆したことから急伸しています。短期トレンドが強い状態にあるので売りは様子見ですが、1.3400~1.3480ゾーンに強い上値抵抗が控えており、買いは1.33台前半までの押し目待ちと七手います。売りは様子見です。

ポンド/円は急騰。148円台定着には至っておらず、これに再びぶつかる可能性にも注意が必要です。短期トレンドが強いので、145.50に損切りを置き押し目買い方針で。売りは様子見です。

豪ドル/円は寄せ線となりましたが、88円台後半から押し戻されており、88円台の買いは様子見としています。87円割れに損切りを置いて87円台での買い場探しで。売りは様子見か88.70-80で再度売り向かい。損切りは89.30で撤退です。

さて18日(月・祝)はマネースクウェア・ジャパン主催の株価指数アカデミア「実践テクニカル講座」があります。株価指数CFDのトレード法について分かり易くお話しする講義です。

18日は、前回の内容に加えて、8月から継続中の株価指数CFDのトレード戦略が、現在どのような戦略となっているかを再新チャートでご説明します。

M2Jに口座をお持ちの方が対象ですが、まだご参加されたことがない方で、口座をお持ちの方、お時間のある方は是非ご参加ください。2:00pm~4:00pm。前回同様に質問コーナーもあります。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=3059

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

ドル/円、クロス/円、小反落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は3手連続陽線引けとなり、110.30-40の上値抵抗を若干上抜けた位置で終えています。短期トレンドが強い状態を維持しているものの、直近の陽線が上昇余力に欠けるものであることや、短時間での一相場を大きく超えていることから110円超えのドル買いは様子見としています。買いは109.50-60以下の押し目待ちです。短期トレンドは108.50割れで越週しない限り、ドル強気の流れですが、中期トレンドは引き続き下値リスクがより高い状態です。売りは様子見か再度110.60-70で売り向かい。この場合の損切りは111.20です。日足の上値抵抗は110.60-70、111.10-20に、下値抵抗は109.50-60、109.10-20にあります。

ユーロ/ドルは1.20台の壁を越えられずに反落しており、単体ではやや下値リスクの高い陰線となりましたが、下値を切り上げる流れを維持しており、トレンドの変化が認められません。買いは様子見か1.1850-60で買って1.1790で撤退です。1.1800割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。売りは様子見です。

ユーロ/円は小反落。トレンドの変化が認められず、130円割れに損切りを置き、押し目買い方針継続としています。売りは様子見です。131.70-80にやや強い上値抵抗があります。

ポンド/ドルは反落。1.3320-30の上値抵抗にはぶつかったものの、トレンドは強気を維持しています。売りは様子見です。1.3260-70、1.3310-20に上値抵抗があります。買いは様子見か1.3150で一旦撤退。売りは様子見です。短期トレンドは1.3100割れで終えない限り変化しません。

ポンド/円は反落。前日の上げ幅を切り崩す陰線引けとなり、下値リスクがやや高い形です。144円台の足元の弱さを残しているので買いは1日様子見です。売りも様子見か147円台後半の吹き値があれば売り狙い。損切りは148.10で撤退。

豪ドル/円は小反落していますが、強きの流れを維持しています。買いは87円台後半の押し目待ちとしています。損切りは87円割れ。売りは様子見です。

さて、昨日は友人と夜の「かつ好」へ行ってみました。単品のつもりだったのですが、どうせならコースで頂いてみようということになり、¥5000のコースをお願いしました。最初に豚の角煮風に大豆の煮豆を添えた小鉢が。とろっとしていますが肉の甘味があって生ビールと良く合います。次に車エビのフライ。タイの海で取れた天然ものとか。衣が本当に軽くて海老がぷりっぷり。身が甘くてお塩とレモンでさっぱり頂きました。そしてタマネギのスライスに厚めに削った鰹節を乗せたもの。これもすっきりさっぱりです。この辺りで焼酎へ。三味煮とか言ったような気がしますが、豚肉の筋肉をピリ辛風雨に煮詰めたもの。お酒の肴にぴったり。口直しにもなります。そしてメインのとんかつ。私はヒレ、友人はロースにしました。お肉が柔らかく甘みがあるので山葵と塩で頂いてみました。お腹がいっぱいになっているはずなのにするっと入ります。そして、締めはすっぽんカレーとお味噌汁、香の物。すっぽんカレーは優しい家庭の味って感じで食べやすいです。デザートは抹茶のアイスクリーム。

おひとり様も多くカウンター席は我々が居る間に何組か替りましたが、お席がゆったりしているので落ち着きます。外から見ると普通のお家風、中に入ると風情のあるカウンター席がいい感じのお店です。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13204633/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

ドル/円、短時間では上値余地が限られる可能性。クロス円強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は2手連続陽線引けとなり、直近の日足が109円台半ばにあった21日移動平均線を上抜けており、109円台の足元がややしっかりとしか感があります。押し目買いが有効とみていますが。一方で、先週末の107円台からの急伸で調整的な押しが全く入っておらず、早晩"ガス抜き"の動きが出て来るものと見られます。買いは109.50-60以下の押し目待ちとしています。下値余地を109.10-20近辺まで見て置く必要があります。損切りは108.50で撤退。売りは様子見か引き付けて、110.60で撤退です。日足の上値抵抗が110.30-40にあり、これを日足の実体でしっかり上抜けて来れば一段の上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/ドルは小陽線で終えています。上昇余力の強いものではありませんが、下値を切り上げる流れを維持していること、1.1920-30の下値抵抗に跳ね返されており、再度1.12台の抵抗の強さをトライする動きが期待できます。買いは1.1950-60で押し目買い。損切りは1.1880で一旦撤退。売りは様子見。1.2060-70にやや強い上値抵抗があります。

ユーロ/円は続伸。日足は上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けており、上値トライの動きが強まると見られます。急伸にも繋がり難いものの、短期トレンドが強い状態にあるので131.50-60で軽く拾って130.40で撤退としています。短期トレンドは130円割れでニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。

ポンド/ドルは続伸。1.3310-30ゾーンに強い上値抵抗がありますが、日足が強い状態を維持しているので売りは様子見です。買いは1.3260-70の浅い押し目を拾って1.3190で一旦撤退するか、1.32台前半までの押し目待ち。この場合の損切りは1.3150で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は急伸。大陽線の出現となり、短期トレンドは非常に強い状態です。147.60~148.10ゾーンの強い抵抗をトライする動きへ。但し、急騰の後だけに146.80超えが重くなる可能性があるので今日については浅い利食いを着実に。短期トレンドは144.50割れでニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は強気を維持。88~90円ゾーンの上値抵抗ポイントに入ってきているので買いはこまめに利食いを入れる方針で。上値抵抗は89.10-20に、下値抵抗は87.70-80にあります。

今日のランチは外出の予定があったので、またまたケンタッキーの月見チキンフィレサンド+ポテトフライのセット。お得価格:¥620にしました。これに持参したマスカットとナガノパープルを少々。ボリュームもあり、しかもこってりしすぎないのがいいです。

https://www.kfc.co.jp/menu/detail/?menu_id=543

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

ドル/円、上値余地を探る動き。クロス/円は堅調。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は109.50-60の抵抗をクリアして短期トレンドをニュートラルな状態に戻していますが、日足の上値抵抗が110.30-40に、週足の上値抵抗が109.70-80にあり、110.50超えに日足の実体を戻すか110円超えで越週しない限り、下値リスクを残した状態です。ドル円の短時間での一相場にも到達しており、上値抵抗煮ぶつかる可能性にも注意が必要です。一方で108.50-60にやや強い抵抗が出来ており、108円割れで越週しない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは108.50-60の押し目待ちとします。損切りは108.00で一旦撤退。売りは様子見か109.80-90で軽く売り向かい。損切りは110.60で撤退です。

ユーロ/ドルは反落。前日足が上値トライに失敗した影響を受けた形となっていますが、下値を切り上げる流れには変化が生じていません。売りは様子見か1.2060-70の戻り待ち。損切りは1.2110で撤退。買いは1日様子見か1.1920-30で押し目買い。損切りは1.1890で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.1850割れでニュートラルな状態に、1.1800割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。

ユーロ/円は陽線引けとなり、上値トライの可能性に繋げていますが、揉み合いを抜け切れていないので上値抵抗煮ぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは様子見か引き付けて129円割れで一旦撤退。売りは様子見か131.60で撤退です。

ポンド/ドルは小反落。下げ余力の強いものではないことや、短期トレンドが強気の流れを維持しているので売りは様子見。買いは1.3150-60で買って1.3090で一旦撤退です。短期トレンドは1.30割れで変化します。

ポンド/円は揉み合いを上抜けた位置に陽線が出ており、この足が収縮中の短・中期移動平均線を上抜けています。一段の上昇に繋がる可能性が高くなっており、売りは様子見とします。買いは143円台で買って142.40で撤退。短期トレンドは強気に変化しており、132円割れを見ない限り、強きを維持します。

豪ドル/円は陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げています。下値を切り上げる流れを維持していますが88円台の上値抵抗にも注意が必要です。買いは87.40-50で押し目買いとしています。損切りは86.40で撤退。売りは様子見です。

ドル円の109.10-20超えを予想出来ず短期の戻り売り戦略は完全に失敗しました。但し、ここからは上値抵抗が厚いので、目先のドル買いは様子見で良さそう。クロス/円が強気に転じている子のが多く見受けられるのでドル/円の下値余地も限られる展開となりそうです。

ポンド/円、カナダ円が一山抜けてもう一段上げる可能性が高くなっています。高金利通貨のZAR円、トルコリラ円も堅調な動きとなっています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

ドル/円、反発余地を探る動き。クロス/円、堅調。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

っドル/円は地政学的リスクがやや後退したことや株価が反発に転ずる流れを受けて上値トライの動きが先行していますが、短期トレンドは109円台を維持出来ずに越週したことにより新たな下落リスクが点灯中です。109.60に損切りを置きドルの戻り売り方針継続としています。短期トレンドは110.30-40の抵抗を上抜けて終えるか、109.70-80超えで越週しない限り、下値リスクがより高い状態です。

ユーロ/ドルは上ヒゲが長く実体の小さい陽線引けとなり、上値トライに失敗した形で終えています。上値の重い展開が予想されますが、短期トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続です。今日の買いは1日様子見か1.1960-70があれば押し目買いとしています。損切りは1.1900で一旦撤退としますが、短期トレンドは1.1800割れを見ない限り大きく変化しません。売りは様子見です。

ユーロ/円は小陰線で終えています。下げ余力の強いものではないものの129円台の下値抵抗も守っています。一方で日足が上値を切り下げているので日足の形状はやや弱い形です。買いは様子見です。売りは131円接近場面で売って131.60で撤退です。128.50割れで越週した場合は一段の下落リスクに要注意。

ポンド/ドルは続伸。短期トレンドは強い状態を維持していますが、1.3220~1.3320ゾーンの上値抵抗にも注意が必要でしょう。買いは1.3150-60以下で押し目買い。損切りは1.3000割れで一旦撤退です。短期トレンドは1.3000割れでニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。

ポンド/円は陽線引けとなり、強きの流れを維持しています。売りは様子見です。143円台で終えることが出来れば上昇余地がもう一段拡がり易くなりますが、142円台の足元を固め切っていないので、買芋1日様子見か141円台後半があれば軽く買って141円割れで撤退。

豪ドル/円は陰線引けとなりましたが、揉み合いの域を抜け切れない状態です。86~88円のレンジ内の動きと見ています。

今日はM2Jさんの収録を控えていたのでお昼は軽めにシチロカのチビオニセットにしました。今日のおむすびはシャケと焼ウメ。ポテトサラダと卵焼きがセットで¥400です。やっぱりお米と握り具合、塩の按配がいいですね。月曜日はどうも胃がどよ~んとしがちなのですっきりします。小さなお店ですがひとつひとつに心がこもった感じのおにぎりです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13173136/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示