川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円は値幅の小さい足が連続しており方向感のない動きですが、上下の抵抗を抜け切れない状態です。トレンドが弱く、下値リスクにより警戒が必要ですが、極線(値幅の小さい足)が続くのは一方向へ動き出す前兆ともされていますから、近々に動き出す可能性に注意が必要です。今日の日足の上値抵抗は100.80-90、下値抵抗は100.10-20にあります。101.50超えで終えた場合は下値リスクが軽減されます。逆に100円割れで終えた場合は下値余地が拡がる可能性が高くなります。買いは様子見です。売りは100.80-90で戻り売り。損切りを浅くするなら101.60、深い場合は短期トレンドが変化する102.10で撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。下値を切り上げていますが、上値も切り下げており、1.1360-70の抵抗を上抜けて来ないと上値余地も拡がり難い形です。買いは1.1280-90で買って損切りを1.1230で一旦撤退するか、1.1190-00の押し目待ち。損切りは1.1140で撤退です。売りは様子見です。

ユーロ/円は小反発。低位揉み合い状態を抜けていません。下値リスクがより高いので買いは様子見です。売りは113.90-00で戻り売り。損切りは114.60で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻して、ユーロの上値余地がもう一段拡がり易くなります。中期トレンドが弱いので急伸にも繋がり難いでしょう。

ポンド/ドルは小反落。日足は下値を切り上げる流れを維持していますが、。週足が上値を切り下げる流れから上抜け切れていないので、下値リスクへの警戒も必要でしょう。買いは1日様子見か1.3100-10の押し目があれば買い狙い。損切りは1.3040で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。上値抵抗は1.3260-70、1.3330-40にあります。

ポンド/円は反落。下値を切り上げる流れを維持していますが。21日移動平均線(132.80)の下で終えているので、下値余地がもう一段拡がる可能性があり、買いは1日様子を見るか131.70-80の押し目があれば買い狙い。損切りは130.90で撤退です。売りは様子見です。

豪ドル/円は小反発。強い下値抵抗に跳ね返されていますが、トレンドが弱いので今日の買いは様子見です。売りは77.10-20で戻り売り。損切りは78.10で一旦撤退です。

まだまだ暑いですが、夏休みシーズンもそろそろ終わりですね。9月に入れば海外の参加者も増えてきます。相場もそろそろ動き出すでしょう。それまで充電しておきましょう。では、皆様良い週末をお過ごしください。、

日産証券 特別感謝DAY講演会 若林栄四氏講演

遅くなりました! ドル/円は狭いレンジ内で上下の抵抗を抜け切れない状態ですが、日足、週足ともに下値リスクがより高い状態にあるので、買いは様子見です。売りは今朝のコメントでは100.60-70を売って損切りは101.60に置くか、深い場合は短期トレンドが変化する102.10で撤退としています。日足の上値抵抗が101.20-30にありますが、101.50超えで終えることが出来れば若干下値リスクが軽減されます。下値抵抗は100.00-10にありますが、これを切れた場合は99.50-60の下値抵抗をトライする動きへ。99円割れを見た場合は新たな下落リスクが点灯します。

ユーロ/ドルは続落。下値抵抗を守っていますが、日足の形状はやや悪化しています。上値トライの可能性を残しているので、売りは様子見、買いは1.1230で一旦撤退するか1.1190-00で押し目買い。損切りは1.1140で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、1.1000割れの越週とならない限り、売りも慎重に。売りは様子見です。1.1290-00に軽い抵抗が、1.1350-60にやや強い上値抵抗があります。

ユーロ/円は小幅続落。下値抵抗を守っていますが、短期トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは113.50-60で戻り売り。損切りは114.60で撤退です。114.50超えに日足の実体を戻した場合は上値余地が若干拡がり易くなりますが、119円超えで越週しない限り、下値リスクを残します。

ポンド/ドルは小幅続伸。下値を切り上げていますが1.3250~1.3300ゾーンに強い抵抗が控えていることや、直近の日足が上昇余力に乏しいものであるため、買いは1日様子を見るか1.3180-90で軽く押し目買い。損切りは1.3140で浅めに一旦撤退です。

ポンド/円は続伸。個々の足が強いものではないことや133円超えにやや強い抵抗があることから、買いは1日様子見か130.90に損切りを置くなら132.10-20で軽く押し目買い。売りはトレンドが変化していないので、朝の133.10-20を売り切れなかったら、様子見でいいでしょう。

今日のお昼は「佐々舟」で初めての冷やし中華。あっさりさっぱりで優しい味です。タレは酸っぱすぎず、麺や具との絡み具合がちょうどいい感じ。麺の量は私にはちょうど良かったのですが、男性にはやや少な目だったかもしれません。錦糸卵、きゅうり、ナルト、モヤシ、ハムなどが彩りよく盛られていて昔懐かしい感じでした。暑くて食欲が減退している時にはいいかもしれません。暑い時でも暑いラーメンを食べていたのですが、さすがに今日は冷たいものにしました。¥900です。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13035293/

日産証券 特別感謝DAY講演会 若林栄四氏講演

ドル/円は狭いレンジ内での動きとなっていますが、100.60-70の抵抗も抜け切れておらず、上値の重い展開です。売りは100.60-70で戻り売り。損切りを浅くするなら101.60で撤退。強い上値抵抗は101.20-30.、101.80-90にあります。102.00-10の抵抗をクリアしない限り、戻り売り方針継続です。買いは様子見です。日足の下値抵抗は99.60-70にあります。

ユーロ/ドルは反落。日足、週足共に上値トライの可能性を残していますが、直近の日足が1.1350-60の上値抵抗にぶつかっており、もう一段押す可能性が高いと見ています。トレンの変化が認められないので、1.1280-90で軽く押し目買い。損切りは1.1240で浅めに撤退。この場合でも1.1190-00に強い抵抗があります。短期トレンドは1.1150割れでニュートラルな状態に戻しますが1.1100割れの越週とならない限り、売りも慎重に。売りは様子見です。

ユーロ/円は小陰線で終えており、上値の重さが感じられますが、112.90-00に強い下値抵抗があり、これを下抜けるほどの下げにもまだ繋がらない可能性が高いと見られます。短期トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは114.00-10で戻り売り。損切りは114.60で浅め一旦撤退。

ポンド/ドルは小幅続伸。上値トライの可能性に繋げていますが、中期トレンドが弱く、1.1500超えの越週とならない限り、反落の可能性ンも注意が必要です。買いは1.3160-70で軽く押し目買い。下値余地を1.3110-20近辺まで見て置く必要があります。損切りは1.3040で一旦撤退。売りは様子見か、1.3360-70の上値抵抗ポイントで軽く売り向かい。損切りは1.3420で撤退です。

ポンド/円は続伸。日足は上値トライの可能性に繋げていますが、21日移動平均線を上抜けていないことや、週足の形状が安定していないので、上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは131.70-80で軽く押し目買い。損切りは130.40で撤退です。売りは様子見か133.50-60があれば軽く売り向かい。損切りは134.20で撤退です。

豪ドル/円は小幅続落。下げ余力の強いものではないことや76.00-10にやや強い下値抵抗が控えており、これに跳ね返される可能性があります。売りは1日様子見です。短・中期トレンドが弱いので買いも様子見か75.80に浅い損切りを置き、76.10-20で軽く押し目買い。浅い利食いも着実に。上値抵抗は76.80-90にあります。

今日のお昼はデスクワークが残っているので朝買ったセブンイレブンのサンドイッチです。今日は期間限定の「やわらかヒレカツサンド」にしてみました。税込¥360とサンドイッチの中ではややお高めですが、厚さ2cmはあろうかというヒレカツが入って、重量もずっしり。△パック、2切れですが食べ終わると満足感いっぱい。お肉も柔らかくで美味しいです。ソースとのバランスもいい感じですね。サンドイッチですから無理かと思いますが、これで線切りのキャベツも入っていたらベストかな。ボリューム、味ともに満足。1食分としても十分満足できるので、コスパも良いと思いました。期間限定でなくずっと続けて欲しいかも。

さて、8/26(金)にマネースクウェア・ジャパン主催のWebセミナーの講師を務めます。時間は20時から、週末でお忙しい方も多いと思いますが、お時間があれば是非ご参加くださいね。今回でマネースクウェアさんでの定期的なWebセミナーは一旦終了となります。最終回は秋口からの通貨戦略についてお話しする予定です。また、いつも消化し切れない質問コーナーを少し長めにとれるよう頑張ります。皆様のご参加をお待ちしています。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2829

日産証券 特別感謝DAY講演会 若林栄四氏講演

ドル/円は直近の日足が100.80-90の上値抵抗にぶつかって反落しており、下値リスクがより高い状態に変わりありません。一方で、強い下値抵抗ポイントも守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。売りは100.60-70の戻りを売って損切りを浅くするか、101.20-30の戻り待ち。損切りは102.10で撤退です。買いは様子見です。日足の上値抵抗は100.60-70、101.20-30、101.80-90に、下値抵抗は99.90-00、99.10-20にあります。99円割れを見た場合は一段の下落リスクが点灯しますが、クロス/円がしっかりしているので、まだ、ドルの急落にも繋がり難いと見ています。

ユーロ/ドルは小反発。1.1360-70の上値抵抗を抜け切れていないので、これにぶつかる可能性にも注意が必要ですが、短期トレンドが上値トライの流れに乗せているので、急落にも繋がらず押しは買い場となると見ています。買いは1日様子見か1.1280-90で押し目買い。損切りは1.1240で浅めに一旦撤退です。1.1190-00にやや強い下値抵抗があります。1.1100割れで終えない限り、短期トレンドは変化しません。売りは様子見です。

ユーロ/円は値幅の小さい足となり方向感のない動き。短期トレンドはユーロ弱気の流れから抜け出していませんが、112.90-00にやや強い下値抵抗があり、下値余地も限られ易い展開となりそう。但し、113円割れの越週か111円割れを見た場合はさらなる下落リスクに要注意。114.80超えで終えた場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻して、上値余地がもう一段拡がり易くなります。買いは様子見。売りは114円超えの戻り待ち。損切りは114.80で撤退です。

ポンド/ドルは反発。中期トレンドが弱いので急伸にも繋がり難いと見られますが、下値を切り上げる流れを維持しており1.3110-20での押し目買い方針で。損切りは1.2990で撤退。売りは様子見です。或いは1.3330-40の吹き値があれば売り向かい。損切りは1.3390で撤退。

ポンド/円は小反発。上値を切り下げる流れから上抜けていますが、トレンドが強いわけではないので反落にも注意が必要でしょう。買いは131.10-20の押し目待ち。損切りは130円割れで一旦撤退です。売りは様子見です。

豪ドル/円は値幅の小さい足で終え、上値を切り下げる流れに変化が認められません。76.00-10の下値抵抗を守って小反発の可能性を残しており、売りは1日様子見とします。買いも様子見か76.10-20を軽く買って75.80で浅めに撤退です。

今日も不安定な天気です。東北、北海道の水害も拡がっており田畑の被害が甚大の様子。オリンピックでアスリートの方達の大活躍が明るいニュースだったのに、一転して暗いニュースばかり。自然の力とはいえ手塩にかけて育てた作物が一夜にして全滅するショックは計り知れません。どこにも怒りをぶつけられないだけに本当に辛いことと思います。天候の早い回復と復興作業が進むことを祈るばかりです。

日産証券 特別感謝DAY講演会 若林栄四氏講演

ドル/円は、朝方からフィッシャー米連現副議長の年内利上げを示唆する発言に小じっかりのスタートとなりましたが、100.80-90の上値抵抗を抜け切れない状態です。米国債利回りが上昇傾向にあることもドル買い材料となっていますが、26日にはイエレンFEB議長の講演(ハト派)が予定されていることから、様子見気分が強く上値追いも限定的となっています。短期トレンドは引き続きドルの下落リスクが高い状態です。長期的な下値抵抗ポイントにもあるので突っ込み売りにも注意が必要でしょう。ドル買いは様子見です。ドル売りは100.70-80超えで売り狙い。上値余地を101.20-30近辺まで見て置く必要があります。損切りは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す102.10で撤退です。99円割れを見た場合は一段の下落リスクが点灯しますが、この場合でもドル急落にも繋がり難いでしょう。

ユーロ/ドルは反落。日足は下値余地を探る動きが先行していますが、下値を切り上げる流れを変えていないことや、週足が5/3に付けた1.1616を起点とするレジスタンスラインから頭一つ上抜けて越週しており、押しは買い場となる可能性が高いと見ています。買いは1.1270-80で買い狙い。損切りを浅くするなら1.1190で一旦撤退です。短期トレンドは1.1100割れを見ない限り変化しません。売りは様子見です。

ユーロ/円は小陰線で終えています。短期トレンドは戻り売りを支持していますが、週足の重要ポイントが113.70-80にあり、これを守って越週した場合や、114.70-80の抵抗をクリアした場合は上値トライの可能性に繋がり易くなります。買いは様子見です。売りは114.00-10で戻り売り、損切りを浅くするなら114.60で一旦撤退です。

ポンド/ドルは反落。前日の陽線を打ち消していますが、上値を切り下げる流れからは上抜けた位置をキープしており、再度上値トライの可能性を残しています。1.2900割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは1.3010-20で押し目買い。損切りは1.2940で一旦撤退です。売りは様子見とします。

ポンド/円は反落。21日移動平均線(134.01)の下で推移していることや、中期トレンドが弱い状態にありますが、129円台で一旦底打ちした可能性が点灯しており、129円割れを見ない限り、反転、上昇の可能性を残しています。買いは131.10-20で買い狙い。損切りは129.90で撤退です。

豪ドル/円は反落。76.00-10の抵抗を守って終えており、小反発に転ずる可能性に繋げています。トレンドが強いわけではないので、買いは様子見か75.70に損切りを置くなら76.00-10で押し目買い。75円割れで終えた場合は一段の下落リスクが点灯します。売りは77.10-20で戻り売り。損切りは78円超え。

関東地方は大雨警報が発令中です。雨は強くなったり弱くなったりの繰り返しですが、風はやや強くなっているようです。気を付けてお帰り下さい。

日産証券 特別感謝DAY講演会 若林栄四氏講演
DMM.com
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示