川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、小動き。クロス/円、上値の重い展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は昨日の米雇用統計の好数値でも108円超えを見なかったこと、独立記念日でNY市場が休場となることから、107.50を挟んで値幅が13銭と極端に狭いレンジでの推移となっています。アメリカでの新型コロナウィルスの感染再拡大が景気拡大が腰折れとなる可能性もあり、神経質な展開となっています。ドル買いは106.50-60の押し目待ち。損切りは105.90で撤退。ドル売りは108.00-10で戻り売り。損切りは108.60で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが、108.80~109.60ゾーンに一段と強い抵抗が散在しており、ドル急伸にも繋がり難いでしょう。逆に106円割れで終えた場合は105.00近辺にある中期的な下値抵抗をトライする動きへ。

ユーロ/ドルは上ヒゲがやや長く、実体の小さい陰線引けとなりました。前日と逆に上値トライに失敗した形です。1.12台の下値抵抗も守っており、突っ込み売りにも注意が必要ですが、1.1200割れで終えた場合は下値余地がもう一段拡がり易くなります。買いは様子見か1.1200-10で軽く押し目買い。損切りは1.1170で浅めに撤退です。売りは1.12⑦0-80で戻り売り。損切りは1.1320で撤退です。1.1350-60の抵抗を上抜けて終えた場合は下値リスクがやや後退、1.1400-10の抵抗を上抜けて終えた場合は短期トレンドが変化してい一段のユーロ上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/円は"トウバ"と言われる上ヒゲの長い寄せ線で終え、上値トライに失敗した形となりました。4手連続して121..50超えトライに失敗しており、この反動で下値リスクがやや高くなっています。買いは様子見か119.30-40以下まで引きつけて。損切りは118.40で撤退。売りは121.20-30で戻り売り。損切りは121.60で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドが変化して一段の上昇に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは寄せ線に近い形で終えていますが、上ヒゲが長く、上値トライに失敗して押し戻された形です。下値余地が若干拡がる可能性があるので、買いは1日様子見か1.2390-00の押し目を待って軽く買い狙い。損切りは1.2350で浅めに撤退です。売りは様子見です。1.2300割れで終えた場合は再び下値リスクがやや高くなります。

ポンド/円は上ヒゲの長い寄せ線で終え、寄り付き水準に押し戻されています。上値トライに失敗した形ですが、134円台に値を戻して短期トレンドをニュートラルな状態に戻しており、押しは一旦買い場となる可能性も高い状態です。買いは1日様子見か133.10-20での押し目待ち。損切りは132.40で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。さらに132円割れで終えた場合は再び下値リスクが高くなります。売りは損様子見に転じます。

豪ドル/円は値幅の小さい陰線引けとなり、下値を切り上げる流れを維持しています。個々の足は強いものではありませんが、トレンドがしっかりしているので押し目買い方針継続としています。浅い利食いもこまめに入れる方針で。買いは74.00-10で押し目買い。損切りは73.60で撤退です。売りは様子見か75.10に損切りを置くなら74.70-80で再度軽く売り狙い。73円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。

今日のお昼は「田酔(でんすい)」の鮭の西京焼きのお弁当をテイクアウトしました。¥1350と人形町ランチとしてはややお高いですが、ごはんの美味しさや素材の良さは格別です。お弁当は2つの折に分けられており、ごはんの折には横に小梅と手作りの海苔の佃煮が、おかずの折には鮭の西京焼き、たっぷりの出汁巻き卵に大根おろし添え。ひじき煮物、香の物などがぎっしり。お腹もいっぱい、美味しさにほっこりの週末ランチでした。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13097361/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、米雇用統計発表待ちで小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は6日振りの陰線となり、107.50-60の下値抵抗を守り切れずに終えており、下値リスクがやや高くなっていますが、下げ余力の強いものではないので切り返す可能性を残しています。107.50割れで終えた場合は107.00-10以下の抵抗をトライする動きへ。108.00超えで終えた場合は108.40-50超えの抵抗をトライする動きが強まり易くなります。108.50-60の抵抗をクリアした場合はニュートラルな状態に戻して108.8090、109.20--30、109.50-60の抵抗をどこまでクリア出来るかトライする動きへ。この場合でも109.60超えで越週するか、110円台で終えない限り、下値リスクを残します。逆に106円割れで終えた場合は105.00方向への一段の下落リスクが生じます。

今日のドル買いは106.50-60の押し目間氏としています。損切りは105.90で撤退。売りは108.00-10で戻り売り。損切りは108.60で一旦撤退です。

ユーロ/ドルはタクリ足の陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、上値を切り下げる流れからは上抜け切れておらず、下値リスクを残した状態です。一方で1.1200の下値抵抗を守っており、1.1180割れで終えない限り下値余地も限られる展開が予想されます。買いは1.1200-10の押し目待ち。損切りは1.1150で撤退です。売りは1.1310-20で戻り売り。損切りは1.1360で撤退です。1.1400-10の抵抗を上抜けて終えた場合は、短期トレンドが変化して一段のユーロ上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/円はタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗して終えています。この反動で121円超えの抵抗を再度トライする可能性が強まると見られますが121.50-60の抵抗をクリアするまでは下値リスクに注意が必要です。買いは様子見か120.50-60以下で押し目買い。損切りは119.90で撤退です。売りは121.30-40で再度戻り売り。損切りは121.60で撤退です。これが付いた場合は短期戦略をユーロの押し目買いに転換します。但し、中期トレンドがまだ弱いので急伸にも繋がり難いと見られます。

ポンド/ドルは陽線引けとなり、上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けて終えています。また、1.2500-10の抵抗を一旦クリアしており、トレンドをニュートラルな状態に戻しています。中期トレンドが弱いので1.28台で終えるまでは下値リスクを残しますが、売りは様子見に転じます。買いは1.2410-20の押し目待ち。損切りは1.2350で撤退です。

ポンド/円はタクリ足の陽線引けとなり下値トライに失敗した形で終えています。134円台乗せを見て一段の上昇の可能性が点灯していますが、136円台にしっかり乗せて越週するまでは急伸にも繋がり難いと見られます。買いは133.30-40で押し目買い。損切りは132.80で浅めに一旦撤退するか、深い場合は132.40で撤退です。売りは様子見に転じます。

豪ドル/円は小反落。下げ余力の強いものではなく、下値抵抗も守っており74.00-10での押し目買い方針で。損切りは73.60で撤退です。売りは様子見か74.60-70の戻りを軽く売り向かい。損切りは75.10に置く必要があります。

さて、今日は巣ごもりのお見舞い用に頂いたメロンを皆でおやつに頂きました。少し寝かせて置いたものですが、ツルの部分が枯れて来て食べごろサインのように見えたので、カットしてみました。ちょうど食べ頃でジューシーで甘い!今日のような暑い日は冷たいメロンが最高でした。ご馳走様でした。

https://www.ja-town.com/shop/g/g34010142001577/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値抵抗を抜けきれず。下値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陽線を繋げて下値を切り上げる流れを維持しています。日足の下値抵抗が107.50-60にありますが107.40-50を下抜けた場合は下値リスクがやや高くなります。朝方はショートカバーで108円超えを見ましたが、輸出筋の売りに反落しています。107.50-60の抵抗を守って再度上値トライの可能性を残しているので突っ込み売りにも注意が必要です。売りは108.00-10で戻り売り。上値余地を108.40-50まで見て置く必要があります。損切りは108.60で一旦てっチアです。買いは107.60台で買って107.30で浅めに一旦撤退としています。108.50-60の抵抗をクリアした場合は108.80-90超えにある一段と強い抵抗をトライする動きへ。逆に107.50超えを維持できずに終えた場合は107.00-10、106.50-60の抵抗をトライする動きへ。この場合でも106円割れで終えない限り、下値余地もまだ拡がり難い状態です。

ユーロ/ドルは実体が小さく下ヒゲのやや長い陰線引けとなり、1.1190-00の下値抵抗に跳ね返されて終えていますが、上値を切り下げる流れからは上抜けられずに終えています。買いは様子見か1.1200-10で押し目買い。損切りは1.1170で浅めに撤退です。売りは1.1300-10で戻り売り。損切りは1.1360で撤退です。1.1400-10の抵抗をクリアした場合は短期トレンドが変化して一段の上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/円は2手連続陽線引けとなり、上値を切り下げて来た流れからは若干上抜けた位置をキープしていますが、121.50-60の抵抗をクリアするまでは買いも慎重に。買いは様子見か120.60-70まで引きつけて。損切りは120.00で撤退です。売りは朝方の121.30-40で売って121.60で撤退としていますが、ここからの売りは様子を見た方がいいでしょう。121.50-60の抵抗をクリアした場合は短基線落をユーロの押し目買いに転換します。

ポンド/ドルは陽線で切り返していますが、上値を切り下げる流れからは上抜けられずに終えています。買いは様子見です。売りは1.2410-20で戻り売り。損切りは1.2460で撤退です。1.25台を回復して引けない限り、下値リスクにより警戒が必要です。1.2300-10、1.2250-60にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は陽線引けとなりこの足が上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けた位置で終えていますが、134円乗せを果たせずに終えており、ダマシの可能性にも注意が必要です。買いは1日様子見です。売りは133.80-90で売って134.20で撤退としています。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は陽線引けとなり、上値トライの可能性に繋げていますが、週足の形状がまだ弱く75円台にしっかり乗せて越週するまでは下値リスクにも警戒が必要です。日足の形状が安定しているので、買いは74.10-20で押し目買いとしています。これはすでについています。損切りは73.80で浅めに撤退です。売りは様子見です。73円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。

今日は大雨の予報だったので、お弁当を持ってきました。白飯にジャコをまぶして小梅を乗せたもの、おかずは煮込みハンバーグと目玉焼きの代わりにゆでたまごを乗せてきました。サラダはきゅうり、ミニトマト、新玉ねぎのミックスサラダです。しっかりがっつり食べて、夏バテ防止とコロナ対策で体力を付けます!!自粛太りになったとの声も結構聞こえてきますが、感染しないのが一番です。東京は今日も67人の感染者が出ています。これで海外からの受け入れが決まったらどうなるんでしょうか..。ちょっと怖いですね。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は4手連続陽線引けとなり、6/23に付けた106.07を直近安値として下値を切り上げていますが、個々の足が強い上昇エネルギーを持ったものではないことや、トレンドが弱い状態に変わりなく、ドルの戻り売り方針継続としています。一方で1107.20-30、106.50-60にやや強い抵抗が出来ており、106円割れで終えない限り下値余地も拡がり難い状態です。買いは107.20-30で軽く買って106.70に損切りを置くか、106.20-30の押し目待ちとしています。この場合の損切りは105.80で撤退です。ドル売りは107.80-90で戻り売り。吹き値が会った場合の上値余地を108.40近辺まで見て置く必要があります。損切りは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す108.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陽線引けとなりましたが、上ヒゲが長く上値トライに失敗しています。一方で日足の下値抵抗が1.2190-00にあり、これを割り込んで終えない限り、下値余地も拡がり難い状態です。短期トレンドの変化が認められないので買いは様子見か1.1150に損切りを置き、1.1190-00で軽く試し買い程度に。1.1180以下で終えた場合はもう一段下値余地が拡がり易くなります。売りは1.2300-10で戻り売り。損切りは1.1360で撤退です。1.1400-10の抵抗をクリアした場合は短期トレンドが変化して一段のユーロ上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/円は陽線で終え、この足が6/5に付けた124.43を直近高値として上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けた位置で終えています。週足の形状がまだ不安定であることから、"ダマシ"に終わる可能性があるので、買いは1日様子見か119.80に損切りを置くなら120.30-40以下で軽く試し買い程度に。売りは121.20-30で戻り売り。損切りは121.60で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドが変化して123円方向への一段の上昇に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは小幅続落となりました。1.2390-00の上値抵抗にもぶつかっており、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。売りは1.2350-60の戻り待ち。損切りは1.2410で撤退です。短期トレンドは1.25台を回復して引けない限り変化しません。

ポンド/円は小陰線で終え単体では下げ余力の強いものではありません。また131.90-00の下値抵抗も守っており、反発に転ずる可能性を残していますが、上値を切り下げる流れからは抜けきれておらず、下値リスクにより警戒が必要です。値動きの収縮が認められることから、一方向へ動き出す可能性にも注意が必要です。買いは様子見です。売りは133.00-10で戻り売り。損切りは133.60で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは134円台を回復して引ければニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は小陰線で終えています。下げ余力の強いものではなく、下値を切り上げる流れを維持していますが、上値を切り下げる流れからも上抜け切れておらず、買いhも慎重に。買いは73.40-50以下まで引きつけて。損切りは72.90で撤退です。売りは64.20-30で戻り売り。損切りは64.6d0得撤退です。75円台を回復して越週するまでは下値リスクにも注意が必要です。また73円割れで終えた場合は一段の下落リスクに要注意。

今日は雨。外も蒸し暑く出かけるのも億劫なので「あんきっとの気持ち」のチキンカレーをテイクアウトしました。¥500です。朝、家でサラダを作って持ってきたのでランチのバランスとしてはとても良かったです。今日は辛さがそれほど強くなく、さらっと頂けました。

https://ankitto-no-kimochi.owst.jp/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上下の抵抗を抜けきれず。クロス/円。小動き。一方向へ動く可能性にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小陽線を繋げて上値余地を探る動きが継続中ですが、個々の足が強いものではなく、107.40-50の抵抗も抜けきれない状態です。一方で、先週の下値トライでは日足、週足の抵抗ポイントであった106.00-10の抵抗に跳ね返されており、これを割り込んで来ないと下値余地も拡がり難い状態です。トレンドが弱い状態に変わりないので、戻り売り方針継続としています。買いは様子か106.20-30の押し目待ち。損切りは105.80で撤退です。売りは107.40-50で戻り売り。損切りは107.70で浅めに一旦撤退です。或いは、短期トレンドをニュートラルな状態に戻す108.60で撤退。これが付いた場合でも108.80-90に週足の抵抗が、109.50-60に日足、月足の抵抗が控えており、ドル急伸にも繋がり難いでしょう。

ユーロ/ドルは寄せ線で終えています。上値を切り下げる一方で1.1180-90の日足の抵抗も下抜けておらず、これを割り込んで来ないと下値余地も拡がり難い状態です。買いは様子見か1.1180-90で押し目買い。損切りは1.1150で浅めに撤退です。売りは1.2300-10の戻り待ち。損切りは1.2360で撤退です。1.1400-10の抵抗を上抜けて終えた場合は短期トレンドが変化して一段の上昇に繋がり易くなります。逆に1.1180以下で終えた場合は下値余地がもう一段拡がり易くなります。

ユーロ/円は寄せ線に近い形の足となりました。上値を切り下げる流れから上抜けきれて居ませんが、119円台の抵抗も守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。121.50-60の抵抗をクリアすれば一段の上昇へ。逆に119円割れの越週か、118.50割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。買いは様子見か118.40に損切りをおくなら119.00-10で軽く押し目買い。売りは120.80-90で戻り売り。損切りは121.60で撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、この足が1.2400割れでお得て新たな下落リスクが点灯中です。買いは様子見です。売りは1.2370-80で戻り売り。上値余地を1.2390-00まで見て置く必要があります。損切りは1.2460で言った撤退です。短期トレンドは1.2550超えに値を戻さない限り変化しません。

ポンド/円は反落。131.90-00の抵抗を終値ベースで守っていますが、日足の形状が悪化しているので買いは様子見です。売りも1日様子見か132.50超えで売狙い。上値余地を132.80-9.0近辺まで見て置く必要があります。損切りは133.20で一旦撤退です。短期トレンドは134円台を回復して引けない限り、変化しません。

豪ドル/円は小反落。下げ余力のついモノではなく、下値抵抗も守っていますが、73円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。さらに72円割れで終えた場合は調整下げの範囲内に留まらず、一段の下落リスクが生じます。買いは様子見か73.00-10の押し目待ち。損切りは72.60で撤退です。売りは74.20-30の戻り待ち。損切りは74.60で撤退です。

自粛明けとともに東京はコロナウィルスの感染者が日ごとに増えています。自分自身で気を付けるのは勿論ですが、かといって手洗い、うがいの励行、マスクの着用は当たり前として、電車通勤をしている方たちも自己防衛にも限りがありますよね。たまには外食もしたい。でもお店も限定されます。安心なお店となると密な居酒屋にも行きにくいし、レストランで静かに食事もなんか盛り上がらない。最近は友人たちともなかなか自由に会うことが出来ません。劇場、映画館、エンターテインメントを間近で鑑賞出来ない日々。ついこの間までは自粛明けになれば、と期待していたのですが、先がどんどん見えなくなる感じです。Webではなく、会場セミナーも企画したいのに今はまだまだ難しいです。早くワクチンが出来るといいなぁ..。

さて、今日のランチはキュウリ、トマト、新玉ねぎにフレンチドレッシングを掛けたサラダとハムとチーズのトーストサンドを持参。週末の土曜日は友人宅で家飲み会。日曜日は色々作り過ぎてついつい食べ過ぎに。というわけで今日のお昼は軽めにして胃を休ませました。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
【新製品】Sinocare社製コロナウイルス検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示