川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法
 HSBC香港活用マニュアルセット
ホーム >  ブログ  >  川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

ドル/円、上値余地を探る動き。上値抵抗にぶつかる可能性にも注意。

2015年3月 3日

今日はこれから上諏訪へ日帰りで往復です。今朝のFXIのコメントの一部を添付しておきますので参考になさってください。では行ってきます。

ドル/円、24時間を予想(9:25現在:120.15-17)

直近の日足は小陽線で終えており、下値を切り上げる流れを維持しています。一方で120.00-10の抵抗をしっかり上抜けたかどうか微妙なところにあることや119.50近辺までは特に強い上値抵抗がないことこから120.50-60の抵抗をクリアしない限り、ドル買いも急ぐ必要はなさそう。
今日のドル買いは119.00-10以下の押し目待ちとします。損切りは短期トレンドが変化する118円割れ。これが付いた場合はドルの戻り売り戦略に転換します。
ドル売りは120.20-30で売り向かい。損切りは120.60で十分でしょう。これが付いた場合は119.80台から押し目買い狙いで。

ユーロ/ドルは小陽線で終えていますが、1.1240-50の上値抵抗にぶつかっており、下値リスクが引き続き高い状態にあります。1.1210-20での戻り売り方針で。損切りは1.1270で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.1350-60超えに日足の実体を戻すか、値動きの中で1.1400-10の抵抗をクリアしない限り変化しません。ユーロ買いは引き続き様子見とします。

ユーロ/円は続伸。寄り付き安値の陽線が出ており上値余地を探る動きに繋げていますが、短期トレンドが弱い状態にあるので今日の134.30-40超えは売り向かい。損切りは浅い場合で135.30、深い場合は短期トレンドをニュートラルに戻す135.60で撤退です。買いは様子見とします。

ポンド/ドルは反落。1.5350-60の下値抵抗を守って引けており、短期トレンドは反発の可能性を残した状態ですが、日足の形状がやや悪化しており、買いは様子見か1.5340で浅めに撤退です。この場合は短期トレンドを“ニュートラル”な状態に戻します。売りは様子見とします。或いは1.5490-00の戻り待ち、損切りは1.5560で撤退です。

ポンド/円は寄せ線に近い形の足が出ており、185円の壁を乗り越えられずに終えていますが、下値を切り下げる流れを維持しており短期トレンドの変化が認められません。売りは様子見とします。或いは185.20に浅い損切りを置き184.80台の戻りを軽く売り狙いで。買いは184.00-10で押し目買い、損切りは183.00割れ。この場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻します。182円割れも見た場合は一段の下落リスクが生じます。逆に185.50超えを見た場合はもう一段上昇余地が拡がり易くなります。

若林栄四書籍紹介

ドル/円、上値トライ中。クロス円は小動き。

2015年3月 2日

ドル/円は下値を切り上げる流れを変えておらず、短期トレンドは上値トライの流れを変えていませんが、120.00-10に日足の上値抵抗があり、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。短期トレンドは120.50-60の抵抗をクリアすれば一段のドル上昇へ。118円割れを見た場合はトレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。日足の下値抵抗は118.90-00にあります。

ユーロ/円は小陽線で続落を食い止めていますが、上昇余力に欠けるものです。短期トレンドが弱いので134.10-20で戻り売り。上値余地を134.50-70近辺まで見て置く必要があります。損切りは135.50超え。買いは様子見です。

ポンド/ドルは小陽線で続落を食い止めています。単体では上昇余力の強いものではありませんが、1.5370-80の下値抵抗を守っており、売りも慎重に。買いは様子見か1.5370-80で押し目買い。損切りは1.5340で浅めに一旦撤退です。売りは様子見か1.5510-20の戻り待ち。1.5560で撤退です。

ポンド/円は陽線で切り返して下値を切り上げる流れを守っていますが、185円台の抵抗を上抜け切れない状態です。トレンドの変化が認められないので、買いは184.00-10で押し目買い。損切りは183円割れ。売りは様子見です。

豪ドル/円は陽線で切り返しましたが93.70-80の上値抵抗も抜け切れずに終えています。買いは様子見か93.00-10で軽く試し買い程度に。損切りは92.50割れ。深い場合は92円割れで撤退です。売りは朝方の93.70-80で戻り売り。94.20で一旦撤退です。

さて、日曜日は高砂に住む友人と柴又の「日曜庵」に行ってきました。11時開店に合わせて入店。最初は我々と男性が一人でしたが、12時半ごろに出るころには満席になっていました。昨日は定番のなごり雪(ざる豆腐)と卵焼き、そして板わさを注文。午前中ではさすがにお酒も飲みにくくそば茶で乾杯。ここの卵焼きはやはり一番美味しいと感じますね。ふんわりできめが細かいんですね。添えてある大根おろしにお醤油を垂らし、これを少しずつ卵に乗せて頂きます。お醤油も伊賀の「はさめず」というのを使っているそうですが、本当に美味しいです。〆はいつものとろろせいろ。¥1350。とろとろの蕎麦湯を飲んで満足して帰りました。

http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13009588/

http://www.hasamezu.com/

若林栄四書籍紹介

ドル/円、小じっかり。クロス/円は上値の重い展開。

2015年2月27日

ドル/円は直近の日足が119.30-40の抵抗を上抜けて終えており、上値余地が若干拡がる可能性が生じていますが、上値抵抗にぶつかる可能性にも注意する必要があります。値動きが収縮しており、一方向へ抜け易くなっていますが、120.20超えで越週するか120.50-60をクリアすれば一段のドル上の可能性が高くなります。逆に118円台を維持できずに越週した場合は、短期トレンドが変化して下落余地が拡がり易くなります。ドル買いは117.90割れで撤退。ドル売りは様子見か120.10-20の吹き値があれば売り向かい。120.60で撤退です。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、揉み合いを下抜けた形で終えています。下値リスクが高いので買いは引き続き様子見。売りは1.1240-50の戻り待ち、1.1320で撤退です。短期トレンドは1.3350-60超えに日足の実体を戻すか、1.3400-10の上値抵抗をクリアしない限り変化しません。

ユーロ/円は陰線引けとなり、日足の形状が悪化しています。133.50-60の下値抵抗を守っており小反発の可能性がありますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは133.90-00で戻り売り。損切りは135.30超え。短期トレンドは136円台を回復しない限り、変化しません。

ポンド/ドルは反落。日足は1.55台の上値抵抗を攻めきれずに反落しており、下値リスクがやや高い形ですが、1.5400-10の下値抵抗を守って終えており、短期トレンドの変化が認められないことから、売りは様子見とします。或いは1.5520近辺で戻り売り。損切りは1.5560で浅めに撤退です。買いは1.5400-10で押し目買い。損切りは1.5340で撤退です。この場合はニュートラルな状態に戻します。

ポンド/円は反落。185円超えの抵抗にぶつかって押し戻されており、日足は形状が悪化していますが、短期トレンドの変化は認められません。買いは183.80近辺で押し目買い。損切りは183円割れで一旦撤退です。

豪ドル/円は反落。日足は上値追いの流れを変えていませんが、週足、月足がまだ安定していないので、買いは1日様子見です。売りも様子見か93.70-80で再度売り向かい。損切りは94.20で一旦撤退です。

さて、昨日は久しぶりにM寿司さんで美味しいお魚類をお寿司を堪能。お寿司は勿論ですが、胆醤油で頂くカワハギが最高に美味しかったです。7月先まで予約でいっぱい。キャンセル待ちもできるそうですが...。というわけで昨日美味しいお寿司を頂いたので、今日のお昼はシロチカさんのおにぎり1個半とおかずセットにしました。今日のお惣菜は茄子の煮びたしと卵焼きでした。おにぎりは明太子おにぎり1個とシャケを1/2。明太子がたっぷり入った大きなおにぎりは1個¥230です。お惣菜のセットは¥200。かなりの満腹感です。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13173136/

若林栄四書籍紹介

ドル/円、クロス/円、下げ渋り。

2015年2月25日

ドル/円は直近の日足が119.80-90の上値抵抗にぶつかっており、上値トライに失敗した反動で単体では下値リスクの高い形ですが、下値を切り上げる流れにも変化が認められないので突っ込み売りにも注意が必要です。118円割れに損切りを置いて押しは一旦買い場。但し、上値も119.50-60の抵抗をしっかりクリア出来ない可能性にも注意する必要があります。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは値幅の小さい足に留まり上下の抵抗を抜け切れない状態です。買いは引き続き様子見です。売りは1.1370-80で戻り売り。損切りは浅い場合で1.1460、深い場合は短期トレンドが変化する1.1510で撤退です。

ユーロ/円は実体の小さい陽線で終えていますが、上値を切り下げる流れに入り込んでおり、135円超えでの戻り売り方針で。日足の上値抵抗は135.50近辺にあります。損切りは136.10。買いは様子見です。

ポンド/ドルは寄せ線で終え、1.5480-90の抵抗を抜け切れていません。短期トレンドが強気の流れを維持しているので、売りは様子見か1.5520で浅めに撤退。買いは1.5380以下の押し目待ち。損切りは1.5300割れ。短期トレンドは1.5200割れで変化します。

ポンド/円は上ヒゲの長い足が出ており184.80-90の上値抵抗にぶつかっています。短期トレンドがポンド強気の状態にあるので今日の売りは様子見です。買いは183.30-40の押し目待ち。損切りは182円割れ。この場合は戻り天井を確認した可能性が高くなります。

豪ドル/円は陽線引けとなり、日足は足元を固めつつ上値余地を探る動きに繋げていますが、週足の形状が改善しておらず強い上値抵抗をクリアし切れない可能性にも注意が必要です。買いは1日様子見です。売りも様子見か引き付けて94.20で浅めに一旦撤退です。

さて、昨日の夜は、いつもこのブログなどでお世話になっているトレトレさんとの懇親会。浜町の燕慶園で中華料理です。8人でしたから少しずついろいろな種類を食べることが出来ました。最初は棒棒鶏とクラゲの盛り合わせ。クラゲは柔らかくて優しい味付け。棒棒鶏もゴマのソースが美味しいです。これにエビチリ、麻婆春雨、中国の冬筍、おこげ、セロリと豚の細切り炒め、ピーマンと牛肉の細切り炒め、青梗菜と椎茸の炒め煮、酢豚等とても数えきれません。〆にカレーライスまで食べてしまいました。デザートもしっかり。紹興酒も美味しかったのでさらに食欲も増したようです。というわけで、今日のランチはシロチカの「おにぎり」1個とおかずセットにしてみました。おにぎりは通常の1.5倍あります。今日は筋子¥250と、ホウレンソウのゴマ和えと煮卵が半分ともやしの付け合せが入って¥200。合計¥450です。ごはんも相変わらず美味しく炊けていますね。ホウレンソウのゴマ和えは体に優しい味。ここのお惣菜はお奨めですね。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13003051/

シロチカは人形町の交差点から堀留町方面に進み一つ目の信号を左に曲がってすぐ。お店が小さいので見落としそうなところにあります。

https://www.facebook.com/shichiroca

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13173136/

若林栄四書籍紹介

ドル/円は小じっかり推移。

2015年2月24日

ドル/円は直近の日足が小陰線に終わり、下げ余力に欠けることや、下値を切り上げる流れを維持しており、118円割れを見ない限りは押し目買い戦略が有効です。一方で119円台の上値抵抗も消化し切れていないので、飛びつき買いにも注意が必要です。買いは118.50-70で買って118円割れで撤退。売りは様子見か120.20-30の吹き値待ち、120.60で撤退。

ユーロ/ドルは反落。1.1300近辺の下値抵抗にも跳ね返されていますが、短期トレンドの変化が認められないので1.1370-80で戻り売り。損切りは1.1510。買いは様子見です。

ユーロ/円は反落。直近の陰線が1/26の230.75を起点とするサポートラインの下に入り込んでおり下値リスクが生じています。買いは様子見です。売りは135円台で売り向い。損切りは136.10で一旦撤退。

ポンド/ドルは陽線引けとなり、短期トレンドは強気の状態を維持していますが、1.5460-80に強い上値抵抗が控えており、買いは1.1360-70以下の押し目待ちとします。損切りは1.1300割れ。

ポンド/円は陽線引けとなり、下値を切り上げる流れに変化が認められませんが、日足の実体ベースでは184円台を維持出来ていないので184円台の買いは様子見です。売りも様子見か184.60-80で試し売り程度に。損切りは185.20で撤退。

豪ドル/円は反落。93円台の上値抵抗を消化し切れておらず、買いは様子見か92円割れに損切りを置くなら引きつけて試し買い。売りは1日様子見です。

さて3/14(土)の日本ユニコム社主催の経済セミナーで若林栄四が講師を務めます。どなたでもご参加いただけます。詳細は下のURLでご覧ください。

http://www.nihonunicom-seminar.com/list/20150314.html

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円は、上値抵抗を抜け切れない状態。ユーロは弱含み。

2015年2月23日

遅くなりました。ドル/円は上値トライの可能性に繋げていますが、119.30-40を上抜けて来ないと上昇余地も拡がり難い状態。一方下値も118円割れを見ない限り、下値余地も拡がり難い状態です。ドル買いは118.50-70ゾーンの押し目待ち。117.90で撤退。ドル売りは様子見です。

ユーロ/ドルは実体の小さい陽線引けとなりましたが、上下の抵抗を抜け切れない状態です。短期トレンドの変化が認められないので買いは様子見ですが、1.1270-80の下値抵抗にも跳ね返されており、1.1300近辺での突っ込み売りにも注意した方が良さそう。売りは1.1440-50の戻り待ち、1.1510で撤退です。

ユーロ/円はタクリ足の陽線で終えていますが、値動きの中で134円割れを見ており、日足の形状が悪化しています。買いは様子見です。売りは135.60-80で戻り売り。損切りは浅い場合で136.10。

ポンド/ドルは続落。下げ余力の強いものではありませんが、日足の形状がやや弱いので買いは様子見か1.5300-10まで引き付けて、1.5240で一旦撤退。売りは様子見です。1.5410-20に上値抵抗があります。

ポンド/円はタクリ足の陰線が出て下値トライ似失敗していますが、182円割れを見て日足の形状がやや悪化しており、買いは様子見です。売りは183.40-60ゾーンで軽く売り狙い。損切りを浅くするなら184.20で一旦撤退です。

豪ドル/円は陽線引けとなり、日足は下値を切り上げる流れを維持していますが、強い上値抵抗ポイントにあるので買いは様子見です。或いは92円割れに損切りを置くなら92.50-60以下で軽く試し買い。やや強い下値抵抗は92.10-20にあります。売りは93.60-70で売り向かい、損切りは94円超えで一旦撤退です。

若林栄四書籍紹介

ドル/円は小動き。トレンドは強気を維持。

2015年2月19日

遅くなりました。今日は朝のコメントと特に変化はありません。今朝のコメントの一部を添付しておきますので参考になさってください。

ドル/円、24時間を予想(9:20現在118.73-75)

直近の日足は陰線引けとなりましたが、下げ余力の強いものではないことや、118.50-60の下値抵抗を守って引けており、上値トライの可能性を残しています。短期トレンドの変化が認められないので118円台での買い場探しで。損切りは117.90で一旦撤退です。この場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻して117.50前後までもう一段下値余地が拡がり易くなります。
119.30-40にやや強い上値抵抗が出来ていますが、しっかり上抜けて来れば119.80超えの一段と強い抵抗をトライする動きへ。
ドル売りは様子見か、120.20-30の吹き値待ち、損切りは120.60で浅めに撤退です。

短期トレンドはドルやや強気の状態を維持していますが、120.50超えと116円割れを見た方向へ動き易くなっています。

ユーロ/ドルは値幅の小さい足に終わり、上下の抵抗を抜け切れずに終えています。短期トレンドはユーロ弱気に変わりありませんが、21日移動平均線を若干上抜けた位置にあることや、1.1330-50近辺にやや強い下値抵抗が出来ており、これに跳ね返される可能性にも注意が必要でしょう。買いは様子見です。売りは1.1440-50超えで戻り売り。損切りは短期トレンドが変化する1.1510で撤退です。

ユーロ/円は小反落。下げ余力の強いものではないことや、下値を切り上げる流れを維持しており、押し目買い方針継続としますが、136円超えの上値抵抗を抜け切れていないので、これにぶつかる可能性にも注意する必要がありそうです。買いは135.20-30で押し目買い。損切りは短期トレンドが変化する134円割れに置く必要があります。また、日足の終値ベースで134.50割れを見た場合は下値リスクが生じます。ユーロ売りは様子見か、136.40-60の戻りを売り狙い。損切りは137.20超え。

ポンド/ドルは続伸。短期トレンドは強気の流れにありますが、直近の日足が上値トライに失敗した形となっているので、買いは1日様子見か1.5370以下の押し目を待って軽く買い狙い。損切りは浅い場合で1.5290、深い場合は短期トレンドが変化する1.5240で撤退です。売りは様子見か1.5450-60の上値抵抗ポイントで再度売り狙い。損切りは1.5500超え。

ポンド/円は陽線引けとなり、上値追いの流れを変えていませんが184円超えにある強い上値抵抗にもぶつかっており、日足は上昇余力に欠ける形で終えています。買いは様子見か、181.50割れに損切りを置くなら、引き付けて買い狙い。売りは183.90-00で再度売り向かい。損切りは184.60。

さて、3/9(月)は弊社主催の「特別講演会」(有料)を開催します。昨年好評をいただいた龍谷大教授の竹中正治さんを第一部の講師にお迎えします。第二部はお馴染みの若林栄四が登場です。詳細は弊社ホームページをご覧ください。

http://www.wakafxinfo.com/seminar_detail.php?code=124&page=1

 

若林栄四書籍紹介

ドル/円、クロス/円、上昇後は上値抵抗を抜け切れず。

2015年2月18日

ドル/円は、118円台を守り切って反転、上昇余地を探る動きに繋げていますが、119.40-50超えの抵抗をまだ抜け切れない状態です。日足の上値抵抗ポイントである119.10-20を超えて推移しているので、押し目買い方針変わらずです。今日については118.90-00で押し目買い。損切りは下値リスクが生ずる118円割れ。売りは様子見か120.20-30の吹き値があれば売り向かい。損切りは120.60で十分でしょう。

ユーロ/ドルは陽線引けとなりましたが、1.1450-60の抵抗を上抜け切れずに押し戻されており、短期トレンドの変化が認められない状態。今日についても1.1440-50での戻り売り。損切りは短期トレンドが変化する1.1510で撤退です。買いは様子見です。

ユーロ/円は134.00の下値抵抗に跳ね返されて136円台に戻しており、短期トレンドは上値余地を探る動きが進行中です。一方で136.50-60の上値抵抗も抜け切れていないことや、中期トレンドが弱い状態にあるので、買いは135.00-10まで引き付けて。損切りを浅くするなら134.50割れ。深い場合は短期トレンドが変化する134円割れで撤退です。売りは様子見か136.50-60で戻り売り。137.20で浅めに撤退。

ポンド/ドルは小反落。135400超えの上値抵抗を攻めきれずに終えており上値の重さが感じられます。買いは1.5270以下の押し目待ち。損切りは1.5200割れで一旦撤退です。売りは様子見か1.5410-20で戻り売り。損切りは1.5460で浅めに撤退です。

ポンド/円は陽線で切り返していますが、上値を切り下げる流れからも抜け出しておらず、買いは慎重に。買いは様子見か182円割れに損切りを置くなら引き付けて買い狙い。売りは183.20-30超えで売り向かい。損切りは浅い場合で184円超え。

豪ドル/円は実体を93円台に乗せる陽線引けとなり、21日移動平均線の上に実体を戻しましたが、月足の形状が安定していないので買いも慎重に。92.50-60近辺まで特に強い下値抵抗もなおので、買いは様子見とします。売りは93.20-30で売り狙い。損切りは94円超え。

昨日はユーロ円の戻りを売り向かって失敗。136円超えの高いところで損切りが付いてしまいました。中期トレンドが弱いのでやっぱり押し戻されていますね。次のトレンド転換を待ちます。

さて、今日のランチは冷たい雨の中、近場のユニオンサンドヤードに向いました。雨のせいか今日はすんなり着席。キノコと鶏のひき肉のハンバーグにしてみました。いつものサラダと野菜ジュースのお替り自由は変わらず。ハンバーグはアルミホイルで蒸し焼き風になっていましたが、お肉がジューシーでボリュームたっぷりサイズ。しかも蒸し焼き風なので脂っぽっくなくてとても美味しかったです。野菜ジュースはカブ、マンゴー、バナナともう一種類入ったジュース。お替りもしましたよ。帰りのお会計時には、「雨なのに来ていただいて..」と、美味しい入れたてコーヒーをテイクアウト用に持たせていただきました。嬉しいサービスです。¥1250也。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13147274/

若林栄四書籍紹介

ドル/円、クロス/円、上値の重い展開

2015年2月17日

ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を切り下げていますが、118.00-10の下値抵抗を守っており、反発の可能性を残した状態です。買居は118円割れで一旦撤退。この場合は117円台の下値抵抗の厚さを確認する動きへ。ドル売りは様子見です。日足の上値抵抗は119.10-20に、下値抵抗は118.00-10と117.30-40にあります。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり短期トレンドの弱さは変わらず。1.1500超えに損切りを置いて戻り売り方針継続。買いは様子見です。上値抵抗は1.1390-00と1.1450-60に、下値抵抗は1.1270-80にあります。

ユーロ/円は陰線引けとなり、134.00-10の下値抵抗には跳ね返されたものの、日足の形状が悪化しており、先週の116円台で戻り天井を確認した可能性が生じています。ユーロ買いは様子見です。売りは134.70-80で戻り売り。損切りポイントは136.10。上値抵抗は134.70-80、135.00-10にあります。132.50割れを見たら一段の下落リスクに注意が必要です。

ポンド/ドルは上値を追い切れずに陰線引けとなり、1.1410-20にやや強い上値抵抗が出来ています。短期トレンドの変化は認められないものの、1.52台の足元の弱さを残していることから買いは1.5270以下の押し目待ちとします。損切りは1.5200割れ。売りは様子見が基本ですが、1.5410-20があれば軽く売り狙い。損切りは1.5460で浅めに一旦撤退。

ポンド/円は続落。短期トレンドはニュートラルな状態ですが、181円割れを見た場合はやや下値リスクが高くなります。買いは様子見か引き付けて、181円割れで撤退。売りは183.00-10の戻り待ち。損切りは184円超え。

豪ドル/円は値幅の小さい足に終わり、方向感のない展開ですが、月足の形状が悪化しているので、買いは様子見とします。売りは92.70-80で戻り売り。93.30で撤退です。

 

若林栄四書籍紹介

NY市場休場前で市場は閑散

2015年2月16日

ドル/円は2手連続陰線引けとなり、再びレンジ内に押し戻された格好となっていますが、下値を切り上げる流れにも変化が認められないことから、週初の下値トライでも118円割れを見ないようなら、再び119円超えの抵抗の厚さを試す動きが強まるでしょう。ドル売りは様子見。ドル買いは118.50-60で押し目買い。損切りは118円割れで一旦撤退です。

ユーロ/ドルは値幅の小さい足に終わり、短期トレンドには変化が認められませんが、1.1500-10の抵抗をクリアした場合は一旦底打ちの可能性が高くなります。買いは様子見としますが、売りも1.1450近辺まで引き付けて。損切りは1.1510で十分。下値抵抗は1.1350-60に、上値抵抗は1.1450-60、1.1490-00にあります。

ユーロ/円は小陰線で終えていますが、下値を切り上げる流れを守っており短期トレンドは上値トライの可能性に繋げています。136.50-60に上値抵抗がありますが、実体ベースで上抜けることが出来れば上昇余地が若干拡がり易くなります。買いは135.00-10で押し目買い。損切りは134.40で浅めに一旦撤退。売りは様子見です。

ポンド/ドルは値幅の小さい足で終えています。短期トレンドは上値トライの流れにありますが、1.55超えから上値抵抗が厚くなるので、買いも慎重に。買いは1.5380-90で押し目買い。損切りは1.5300割れ。売りは様子見です。1.5150割れを見ない限り、短期トレンドは大きく変化しません。

ポンド/円は値幅の小さい陰線引けとなりましたが、下値を切り上げる流れに変化が認められません。184円超えの上値抵抗にぶつかる可能性にも注意して182円台での買い場探しで。182円割れで買いは一旦撤退です。売りは様子見か184.10-20で戻り売り。損切りは185円超え。

豪ドル/円は小陰線で終えており単体では下げ余力の強いものではありませんが、月足の形状が悪化していることや、21日移動平均線の下に入り込んだ状態にあるので、買いは様子見とします。売りは92.70-80で戻り売り。損切りは93.50超え。

さて、今日はお天気も良く陽射しも心なしか暖かかったのでランチは「ひやけ」まで足を延ばしてみました。11:40に到着しましたが、既にほぼ満席状態。4人掛けは1テーブルのみとなっていました。今日は和風のジンジャーソースのハンバーグにしてみました。ここのハンバーグはしっかりとしたお肉でボリュームがあります。しょうが風味のソースが効いて味を引き締めていました。どっさりのキャベツの千切りにはサザンアイランド風のドレッシング、この他に茄子とピーマンの天ぷらもついてかなりのボリューム。お味噌汁。小鉢。ごはんは白米か玄米を選んで¥800也。がっつり系好みには人気のお店ですが、以前は12時ごろまでは普通に入れました。やはりコスパの良さが受けているのかもしれません。生姜焼きカレーも人気のようでした。こちらは生姜焼きとカレーが一つのお皿にどっさりです。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13085232/

 

若林栄四書籍紹介