HSBC香港活用マニュアルセット
ホーム >  ブログ  >  川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

10/9(木)マネースクウェア・ジャパン主催のWebセミナーの講師を務めます。

2014年10月 1日

ドル/円は110円超えをトライ後小反落していますがトレンドは崩れておらず、一段の上昇の可能性が高い状態です。時間足の上値抵抗が109.90-95に出来ていますが、トレンドが強いので急落にも繋がらないでしょう。109.70-75で買い狙い。損切りは108.5割れ。売りは様子見です。日足の下値抵抗は108.60-70にあります。強い上値抵抗は111.00-10。

さて、10/9(木)にマネースクウェア・ジャパン主催のWebセミナーの講師を務めます。急騰するドル/円の上値目途や、反落の可能性やオセアニア通貨の先行きについてもお話します。どなたでもご参加いただけます。詳細は下のURLからご覧下さい。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2293


川合美智子書籍紹介

ドル/円は期末で模様眺めの動き。

2014年9月30日

ドル/円は直近の日足が小陽線に終わり、単体では上昇余力に欠けるものですが、レンジ内の中で小じっかりの展開となっています。9月末決算絡みの円買いなども散見されますが、109円台を維持しており、下値も限定的となっています。109.60-70を再度超えて来れば一段の上昇の可能性が高くなります。下値は108.50-60の抵抗を切れた場合は下値リスクが高くなります。短期トレンドは強気の流れを維持。ポジション調整的な動きが出た場合は、108.60-70近辺までの押しを見て置く必要があります。押し目買い方針は変わらず。損切りは浅い場合で108.30に置く必要があります。短期トレンドは107.50割れを見た場合はニュートラルな状態に戻します。

ユーロ/ドルは小陽線で下げ一服。トレンドは非常に弱い状態にありますが、下げエネルギーも増幅していない状態なので、ショートカバー待ちで売りは1.2810-20の戻り待ち。損切りは1.2910で撤退。この場合は一旦底打ちの可能性が高くなります。

ユーロ/円は小陽線を繋げて上値余地を探る動きに繋げていますが、上値を切り下げる流れから抜け出しておらず、買いは様子見です。売りは139.30-40で戻り売り、浅い損切りは140円超え。深い場合はトレンドが変化する140.50超え。137円割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。

ポンド/ドルは寄せ線で終え、上下の抵抗を攻めきれずに終えています。上値を切り下げる流れに変化が認められないので、買いは様子見。売りは1.6270-80で軽く売り狙い。損切りは1.6350超えで一旦撤退。短期トレンドは1.6450-60の抵抗をクリアしない限り変化しません。

ポンド/円は、揉み合いから抜け出していません。179.00超えに損切を置いて178円台での売り場探し。買いは様子見です。

豪ドル/円は95円台の抵抗を守っていますが、日足の形状が悪化しており96.10-20で戻り売り狙いで。損切りは97円超え。買いは様子見です。95.00-10、94.50-60に強い下値抵抗があります。93.50割れを見ない限り、下値も限定的か。

今日のお昼は久しぶりに甘酒横丁の少し先、浜町の緑道そばの「いな村」へ。今日の日替わりは豚肉冷しゃぶのポン酢添え。相変わらず美しい仕上がりです。お盆に切り干し大根の小鉢、香の物、炊き立てのご飯、お味噌汁。そしてメインの冷しゃぶは大皿に生野菜がたっぷり。彩にミニトマト、そしてこんもりと大根おろしも添えてあります。お肉はロース肉の薄切りでさっぱりとした感じ。肉は甘味があり素材はきちんと吟味されています。これにポン酢が別に付いて全部で¥1050はかなりお値打ち。丁寧に作られているので15分位の待ち時間を見て置いた方がいいと思います。他にお刺身定食¥1300です。お刺身もお値打ち。海老と野菜のてんぷら盛り合わせ¥1400があります。カウンターは5席、テーブル席が4人掛けが2席、奥の個室風は4+2席ありますが、早い時間に満席になるようです。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13152646/


川合美智子書籍紹介

ドル/円、続伸。

2014年9月29日

ドル/円は直近の日足が前日の陰線を切り返して陽線引けとなり、トレンドは非常に強い状態を維持しています。109.40-60の揉み合いから上抜けて一段の上昇の可能性に繋げており、浅い押し目を拾って流れに付いて行くか、109.10-20以下の押し目待ち。損切りは浅い場合で108.40割れ。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは続落。トレンドが非常に弱いので値ごろ感からの買いは控える必要がありますが、1.27-1.28台の中期的な下値抵抗では止まらなかったものの、次の重要ポイントである1.24-1.25ではさすがに一旦止まる可能性が高いと見ています。売りは1.2710-20で戻り売り。損切りを浅くするなら1.2770超えで一旦撤退。短期トレンドは1.29台を回復しない限り変化しません。

ユーロ/円は小陽線で続落を食い止めていますが、上値を切り下げる流れには変化が見られません。買いは様子見です。売りは139.30-40で戻り売り、損切りは浅い場合で140円超え。深い場合は140.60で撤退です。

ポンド/ドルは続落しましたが、直近の陰線はタクリ足となっており下値トライに失敗しています。1.6200-10近辺での突っ込み売りにも注意が必要です。下値リスクがより高いので、16280-90で戻り売り、損切りは1.6400超え。買いは様子見です。

ポンド/円は小反発に転じましたが、上昇余力の乏しいものです。179円超えに損切りを置いて178円超えでの売り狙いで。買いは様子見です。

豪ドル/円は小陽線で続落を食い止めています。短期トレンドは弱気転換していますが、95.00~95.30ゾーンに強い下値抵抗があり、これを守り切れば小反発に転ずる可能性が高くなります。96.70-80まで特に強い上値抵抗もないので売りは戻り待ち。買いも1日様子見です。

週末の土曜の夜、仕事帰りに久しぶりに天婦羅「みやび」さんにお邪魔して来ました。カウンターは10席ほど。少し多めの「桃」のコースに。お造りからスタート。しめ鯖といさき。しめ鯖はほどよく油が乗って美味しかったです。いさきも身に甘味があって美味しいです。天婦羅重視なので、量が少なめなのが却っていい感じです。海老から始まって、白身、椎茸、ホタテ、アスパラ、しらうお、アナゴ等々。最後ミニ天丼か天茶、ミニかき揚げとご飯、お味噌汁のセットです。下町の天ぷら屋さんで素材もなかなか吟味しています。コスパも良い方でしょう。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13018148/

 


川合美智子書籍紹介

ドル/円、下値抵抗を守って反発。クロス円、小幅反発。

2014年9月26日

ドル/円は昨日の海外市場で下落したNY株式市場の流れを受けて、108.63近辺で下寄りのスタートとなりましたが、108.50-60の下値抵抗を守って反発に転じています。短期トレンドが強いのでドル売りは様子見です。109.40-60の抵抗を上抜けて来れば一段の上昇へ。下値抵抗は108.50-60にありますが、切れた場合は日足の下値抵抗ポイントである108.00-10近辺まで下落余地が拡がり易くなります。107円割れを見ない限り、押し目買い方針継続。

ユーロ/ドルは続落。強い下値抵抗ポイントである1.2750-1.2800ゾーンをすり抜けており、トレンドが非常に弱い状態に変わりありません。買いは様子見。売りは1.2780-90で売り狙い。損切りは1.2900超え。この場合は一旦底打ちの可能性が高くなります。

ユーロ/円は139.60-70の上値抵抗をクリア出来ずに続落。短期は戻り売りを支持。中期はニュートラル。売りは139.00超えを売り。損切りを浅くするなら140円超え。短期トレンドは140.50超えに日足の実体を戻さない限り、やや下値リスクが高い状態です。週足の下値抵抗が137.40-50にありますが、137円台を維持できずに終えた場合は、中期トレンドも弱気に変化します。

ポンド/ドルは小幅続落。上下の抵抗にぶつかった状態ですが、1.65台で戻り天井を見た可能性が生じているので、買いはようすみです。売りは1.6380-90の戻り待ち、1.6500超えで撤退。1.6320-30にやや強い上値抵抗が出来ています。下値抵抗は1.6210-20にあります。

ポンド/円は反落。やや下値リスクの高い形です。177.00-10の下値抵抗跳ね返されていますが、日足の形状が不安定であるため177.90-00で戻り売り狙いで、損切りは179.10。この場合は再度180円台の上値抵抗の厚さを確認する動きへ。買いは様子見です。

豪ドル/円は96.00-10を守り切れずに終えており、短期トレンドは弱気に変化しています。但し、週足の下値抵抗が95.20-30にあるので、売りも慎重に。売りは97円超えの戻り待ちとします。買いは様子見か95円割れで浅めに撤退。

 


川合美智子書籍紹介

ドル/円、押し目買いは変わらず。クロス円は上値抵抗に注意。

2014年9月25日

ドル/円は前日足から大きく下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに陽線引けとなりました。109円台に実体を戻して終えており、109.40-60の上値抵抗をクリアできるかどうかをトライする動きが期待できます。上抜けて来れば110円超えトライへ。買いは109.00-10で押し目買い、損切りは108.40割れ。売りは様子見です。或いは109.40-50で軽く試し売り、109.70で撤退。短期トレンドは107円割れを見ない限り、変化しません。

ユーロ/ドルは陰線引けとなりトレンドが非常に弱い状態に変わりありません。1.2750~1.2800ゾーンには中・長期的な下値抵抗ポイントに当たりますが、トレンドが弱い状態にあるので値ごろ感からの買いは控えた方がいいでしょう。売りは1.2810-20の浅い戻りを売り狙い、損切りは1.2930。短期トレンドは1.30台を回復しない限り変化しません。

ユーロ/円は小陰線で終え、単体では下げ余力の強いものではありませんが、139円割れを見ていることや、昨年12月の145円台の高値からの右肩下がりのトレンドラインの内側に再び入り込んでおり、短期トレンドに変化が生じています。137円割れでの越週とならない限り、突っ込み売りにも注意する必要がありますが、138.00-10以下の下値抵抗をトライする動きが強まると見られ、短時間では139.60-70での戻り売り狙いで。損切りは141円超え。買いは様子見とします。

ポンド/ドルは陰線引けとなり1.65台で戻り天井を見た可能性があります。買いは様子見。売りは1.6380-90で戻り売り、1.6510で撤退です。買いは様子見です。

ポンド/円は小陽線で終えていますが上昇余力に欠けるものであることや、4手前の大陰線が下値リスクの高いものであることから買いは1日様子見です。売りは178円台を売って179円超えで一旦止めるか、179.50-60までの吹き値待ちとします。損切りは180.80。

豪ドル/円は包み足の陽線で切り返しており、反発余地を探る動きに繋げたものの、値動きの中で96.50割れを見ており、やや下値リスクが高くなっています。買いは96円割れで一旦撤退です。売りは様子見。

昨日の夜は日本蕎麦のお店「うさぎや」さんへ行ってきました。久松警察署のすぐ近くにあります。お昼に一度伺ったことがあるのですが、混み合っていてかなり待ってしまっい、お蕎麦をゆっくり味わう時間がないまま走ってオフィスに戻ることになってしまったので、夜再訪です。

NYでは美味しいお蕎麦がなさそうなので若林さんを連れて行きました。酒肴三点盛り、卵焼き、天婦羅盛り合わせをシェアして、最後のお蕎麦はつけとろにしてみました。お酒は私が蕎麦の酒というのを1合。きりっと辛口ですっきり。まろやかでないのがイイです。卵焼きもふわふわ、ゴマ油の香りがほんのり。天婦羅の盛り合わせは海老が2本、キノコ、ぎんなん、レンコン、カボチャ、ししとう、春菊、なす、それぞれ少しずつですが盛りだくさんで楽しめます。天つゆもお出汁が効いて美味しいのですが、私は素材が良かったので主にお塩で頂きました。衣がさっくり、カラッと揚がっていて、下手な天ぷら屋さんよりよほど美味しいです。二人で合計¥6900。締めのつけとろはとろろがたっぷり。小さなウズラの卵が別に付いてきます。お蕎麦はやや固め。最後のそば湯もお替り自由です。器の底に白濁の蕎麦粉が沈む少し重めの蕎麦湯です。つゆが少し入った蕎麦ちょこを別途用意してくださいます。気配りの行き届いたとても感じのいいお店です。一品一品丁寧でちょっとした心配りがうれしい、酒の肴とお酒、そしてお蕎麦を楽しむお店です。お店が小さいので予約をして行った方がいいかもしれません。日、月曜日がお休みです。

http://soba-usagiya.wix.com/home

 


川合美智子書籍紹介

ドル/円、クロス/円、下げ渋り

2014年9月24日

ドル/円は、朝方に安倍首相の円安けん制発言を受けて、下寄りのスタートとなりましたが、108.40-50の抵抗を切れるでもなく下げ渋りの展開。短期トレンドが強い状態を維持しており、基本戦略はドルの押し目買い方針継続です。今日については108.50-60を買って、損切を浅くするか108.00-10以下の押し目を待つ方針で。短期トレンドは107円割れを見ない限り変化しません。売りは様子見です。109.40-60の抵抗をクリア出来れば一段の上昇の可能性が高くなります。

ユーロ/ドルは1.2900-10の抵抗にぶつかって押し戻されており、短期トレンドは弱い状態変わらず。1.2800以下の突っ込み売りにも注意した方がいいでしょう。売りは1.2880-90で戻り売り、損切りを浅くするなら1.2930超えで一旦撤退。短期トレンドは1.30台に日足の実体を戻すか1.3050-60の抵抗をクリアしない限り変化しません。買いは様子見です。

ユーロ/円はタクリ足の陽線引けとなり、下値トライに失敗していますが2手前の陰線が下値リスクが高い形となっており、140円超えに値を戻して来ないと上値余地も拡がり難い状態です。短期トレンドは強気の流れを維持しており、139円割れに損切りを置いて押し目買い狙いで。売りは様子見です。

ポンド/ドルは1.6300-10の下値抵抗に跳ね返されて陽線引けとなりましたが、2手前の大陰線が1.65台の上値抵抗にぶつかっており、飛びつき買いにも注意する必要があります。買いは様子見か1.6350-60で軽く買い狙い。1.6300割れで撤退。売りは1.6450-60で売り向かい、1.6510で浅めに一旦撤退です。

ポンド/円はタクリ足の陽線引けとなり、下値トライに失敗して引けていますが、180円超えから大きく値を下げた影響を受けており、180円台を回復しない限り飛びつき買いにも注意が必要です。買いは調整下げ一巡と認められないので様子見とします。売りは178円台を売り狙い。損切りは179円超え。

豪ドル/円は97.00-10を守り切れずに続落していますが、96.00±10銭に強い抵抗があり、これに一旦跳ね返されています。日足はやや弱気ですが、中期トレンドの変化が認められないので突っ込み売りにも注意が必要です。買いは1日様子見か96円割れで撤退。売りは97.00-20まで戻りは難しくないと見られ96円台の売りは様子見とします。

月曜日の夜は「神港」で美味しいお魚類を少しずつ、最後にマグロの漬け丼の小さいのを作って頂きました。まず、いつも頂く人参のマリネ。これは人参嫌いの私が最初にオーダーする一品。インゲンのゴマ和え。ゴマダレのゴマの香ばしさが際立っています。カサゴの煮つけ¥1000は釣りのカサゴでなかなかこのお値段ではいただけないもの。カワハギのお刺身は小ぶりながら胆がしっかり入っていたので、胆醤油で頂きました。日本酒にぴったり。お酒は週初なので1合をちびちびで我慢。こんなに頂いても4000円でおつりが来ました。このクオリティでこのお値段は申し訳ない感じ。9時閉店、オーダーストップが7:50はやや早めですけど、三崎まで帰るママさんのためには致し方ないですね。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13138339/

 


川合美智子書籍紹介

ドル/円、小じっかり。

2014年9月22日

ドル/円は下げ渋りの展開。日足は直近の2手の日足が上昇余力に欠けるものであるため小反落していますが、トレンドは非常に強い状態を維持しています。108.60-70の抵抗を守って小反発に転じていますが、109.10-20を超えて来れば再度109.40-60の抵抗をトライする動きへ。買いは108.50割れで浅めに一旦撤退するか、108.10-20以下の押し目待ち。損切りは107円割れに置く必要があります。売りは様子見とします。

ユーロ/ドルは反落。1.29台を維持できず似終えており、短期トレンドは非常に弱い状態です。1.2810~1.275ゾーンに強い下値抵抗がありますが、揉み合いを下抜けたポイントで推移しており、下値リスクが高いのでユーロ買いは様子見です。売りは1.2930超えで浅めに一旦撤退。短期トレンドは1.3050-60超えを見れば一旦底打ちした可能性が高くなります。

ユーロ/円は高値圏かあら上ヒゲの長い陰線が出ており、単体では続落の可能性が高いものですが、下値を切り上げる流れを守っていることや、トレンドの変化が認められないので売りは様子見です。買いは139.70-80で押し目買い、損切りは139円割れで十分でしょう。この場合は138.00~137.00ゾーンの下値抵抗の厚さを試す動きへ。

ポンド/ドルは上ヒゲが非常に長い陰線引けとなり急反落して終えています。1.65台で戻り天井を見た可能性がありますが、週足は反発に転ずる可能性を残しており、売りは1.6440-50の戻り待ちとします。損切りは1.6500超え。買いは様子見です。1.6250-60にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は180円台から急反落していますが、174-175円台に強い下値抵抗があり、短期トレンドはニュートラルな状態を維持。買いは様子見か174.50-60があれば買い狙い。173.50割れで撤退。売りは様子見です。

豪ドル/円は反落しましたが反発の可能性を残しており、売りは様子見とします。買いは97.00-10で買い狙い。損切りは96.50割れ。

 


川合美智子書籍紹介

ドル/円、小動き。クロス円小じっかり。

2014年9月17日

ドル/円は小動き。直近の日足が上下の抵抗を抜け切れないものの、トレンドが強いため深い押しもまだ入り難い状態です。日足の下値抵抗は106.50-60にありますが、これを切れた場合は若干下値余地が拡がり易くなります。強い下値抵抗は106.10-20にあります。上値抵抗は107.35-40にありますが、超えて来れば107.70-80、108.10-20をトライする動きへ。ドル買いは107.00-05の浅い押し目を拾って損切りも浅くするか、106.50-60以下の押し目待ち。短期トレンドは105円割れを見ない限り変化しません。

ユーロ/ドルは低位揉み合いは変わらずですが、下値をゆっくりと切り上げており、上値抵抗にしっかりぶつからないと急落にも繋がり難くなっています。ウリは1.2980-90で戻り売り。損切りを浅くするか、トレンドが変化する1.3100超えで撤退です。買いは様子見。

ユーロ/円は小反発。短期トレンドは強気ながら、上昇余力の強いものではないことや、139円超えに強い上値抵抗があるので買いは飛びつかず様子見とします。売りも様子見です。

ポンド/ドルはスコットランド独立に関わる投票の結果待ちですが、1.6300-10の抵抗を一旦クリアしており、短期トレンドが変化し始めています。ポンド売りは様子見に転じます。買いは1.6210-20以下があれば買い狙い。損切りは1.6100割れに必ず置くこと。

ポンド/円は続伸。174.80-175.20ゾーンの上値抵抗をクリアできていませんが、トレンドは強気を維持。昨日の日足も173.00-10の下値抵抗に跳ね返されています。短・中長期移動平均線の収縮から上抜け始めており中期トレンドが強気に転換する可能性があります。174円台の買いは様子見としますが、売りも様子見です。下値抵抗は173.50-60にあります。短期トレンドは172円割れを見ない限り変化しません。

豪ドル/円は陽線で切り返しており、96円台の下値抵抗を守って引けています。再度98円台の上値抵抗の厚さを確認する動きが強まるとみられ97.10-20以下の押し目買い狙いで。損切りは96円割れ。

 


川合美智子書籍紹介

ドル/円は小じっかり。上値抵抗にぶつかる可能性にも注意。

2014年9月16日

ドル/円は強気の流れに変わりありませんが、107.35-40の上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。106.90-00の下値抵抗に跳ね返されたものの、上値抵抗にぶつかった場合はやや下値余地が拡がる可能性が高くなります。朝方の買いは利食いを着実に。新たな買いは106.60以下の押し目待ちとします。損切りは浅い場合で106円割れですが、105.50-60を割り込むほどの下げにはまだ繋がらないでしょう。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは小反落していますが低位揉み合いの中でエネルギーを蓄積しつつあるので、売りも引き付けるか損切り利食いを浅めに。短期トレンドは1.31台を回復しない限り変化しません。

ユーロ/円は6日振りに陰線引けとなりましたが、下げ余力の強いものではありません。短期は強気の流れ、中期トレンドはまだ下値リスクを残しています。買いは138.00-10以下の押し目待ちとします。損切りは137.00割れ。売りは様子見です。

ポンド/ドルは陽線引けとなり、下値を切り上げていますが、トレンドの変化が認められないので戻り売りの流れは変わりません。今朝の1.6250台を売れなかったら場合は1.6210-20で売り狙い。損切りは1.6300超えに置く必要があります。買いは様子見です。1.6100-10にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は小反落。短期トレンドは強気の状態にありますが、ポンドが対ドルでは強気転換していないので、買いは173.00-10以下の押し目待ち。浅い損切りは172.40、深い場合は172.00割れで撤退です。

豪ドル/円は続落。97.00-10の抵抗を守り切れずに終えており、日足の形状が悪化しています。短期トレンドは戻り売りを支持していますが、中期トレンドの変化が認められないので、売りは98円接近場面までの戻り待ちとします。買いも様子見に転じます。96.00-10にやや強い下値抵抗があります。上値抵抗は97.10-20に軽い抵抗が出来ています。

 

 

 


川合美智子書籍紹介

9/30(火)マネースクウェア・ジャパン主催のWebセミナーで若林栄四が講師を務めます

2014年9月16日

マネースクウェア・ジャパン主催、若林栄四による為替展望WEBセミナーを
9月30日(火)18:30~に開催します。

注目の米利上げ再開時期の予想に加え、黄金分割を駆使した
相場見通しも披露。盛り沢山の内容です。

どなたでもご参加いただけます。

詳しくは下のURLからご覧ください。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2241


川合美智子書籍紹介