川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法
 HSBC香港活用マニュアルセット
ホーム >  ブログ  >  川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

ドル/円、クロス/円は上値を追い切れず小反落。

2014年11月21日

昨日の海外市場で上値トライに失敗した流れを受けて始まったドル円相場は118.25近辺で寄り付きましたが麻生大臣の円安けん制発言に続落しています。トレンドの変化が認められないので117円台を大きく割り込む可能性はまだ低いと見ていますが、本来の強い上値抵抗ポイントであった117.40-60が下値抵抗として働けば(越週すれば)来週以降再び119円台をトライする動きが強まるでしょう。今日については117円台を買って、損切を浅くするなら117円割れ。深い場合は116.50割れで撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は118.10-20まで特に強い抵抗はありません。

ユーロ/ドルは値幅の小さい足で終えており、今日も小幅な動き。1.2510-20で押し目買い。1.2400割れで撤退の戦略は変わらずです。1.2450-70近辺までの押しを見て置く必要があります。売りは様子見。

ユーロ/円は直近の日足が上髭の長い足で終え、上値トライ似失敗していますが、前日の大陽線が上昇エネルギーの強いものであるため大幅下落にもまだ繋がり難いと見ています。147円割れに損切りを置き、押し目買い方針継続。売りは様子見です。

ポンド/ドルは突っ込み売りに注意。1.68台回復を見ればトレンドに変化。ポンド円は184円割れで一旦撤退ですが、181円割れを見ない限り、短期トレンドは大きく変化しません。

豪ドル/円は101.10-20に下値抵抗があります。短期トレンドは強気。102.20-30超えには強い抵抗があります。

さて、12/11に弊社主催の定期講演会があります。このところ外れている若林の見通しですが、そろそろ周期的には当たるころかと思います。詳細はこぢらから。

http://www.wakafxinfo.com/info_detail.php?str_id=1&code=1930&page=1

今日のランチは久しぶりに「心(こころ)」のパスタランチにしました。このシーズンはやっぱり牡蠣。ぷりぷりの牡蠣が5個も乗っていてこれだけでかなりの満腹感あり。パスタの量を少なくしてもらうのをすっかり忘れ、ついつい残さず食べてしまいました。私はホウレンソウと牡蠣の醤油バターを、一緒に行った相棒はキノコと牡蠣のクリームパスタにしてましたね。牡蠣が嫌いでなければどちらもお勧めです。12時前に店内は満席になりました。この他にトマトソースの普通と辛い版があります。牡蠣のシーズンは2月までです。お近くの方は一度は試してみて下さいね。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13056750/

 

12/10(水)マネースクウェア・ジャパン主催のウェブセミナーの講師を務めます。

2014年11月20日

12/10(水)マネースクウェア・ジャパン社主催のWebセミナーの講師を務めることになりました。

タイトル:「円独歩安はどこまで続く?!」 20:30~開始です。詳細は下のURLからご覧ください。

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2340

ドル/円、クロス/円、急騰。

2014年11月20日

ドル/円は続伸。上げ足を早めています。トレンドは非常に強い状態ですが、116.40から250ポイントの上昇を見ており、そろそろ一旦調整が入るでしょう。117.40-60の抵抗をすり抜けた分、この辺りまでの押しは難しくないと見ます。でも押しは再び買い場。短期トレンドは116.50割れを見ない限り、押し目買い方針継続です。値ごろ感からの売りは控えた方がいいでしょう。このレベルは軽く売って見ましたが、浅めに止めます。時間足の下値抵抗は118.10-20にあります。

ユーロ/ドルは小幅続伸。上下の抵抗にぶつかっていますが。1.2400-10の下値抵抗に跳ね返された反動がより強い状態です。売りは様子見に転じます。買いは1.2520-30を軽く買い狙い。損切りは1.2400割れ。下値余地を1.2450-60まで見て置く必要があります。

ポンド/ドルは1.5600-10の下値抵抗に跳ね返されています。1.5710-20の上値抵抗にもぶつかっており、短期トレンドは弱気の流れから抜け出していませんが、突っ込み売りにも注意する必要がありそう。売りは1日様子見か1.5710-20で再度売り狙い。損切りは1.5750で浅めに撤退。1.5800超えで短期トレンドが変化します。買いは様子見か引き付けて1.5600割れで撤退です。

ポンド/円は実体のしっかりとした陽線で終え、この足が181-184円のレンジ内から上抜けています。新たな上昇トレンド形成の流れに入った可能性が生じており、185.10-20の浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。184円割れで撤退です。売りは様子見。

豪ドル/円は強気の流れを維持していますが102.20-30の抵抗に再びぶつかる可能性にも注意が必要です。買いは101.10-20の押し目待ち、100円割れで撤退です。

今日のお昼は遅めのランチになりました。1時過ぎに出たので、いつも混んでいるユニオンサンドヤードも入ることが出来ました。しかし、お目当ての豚のローストは売り切れ。ハラミ肉のローストにしてみました。内臓系はやや苦手ですが、ここのはさっぱり美味しいですね。いつものサラダ、野菜ジュース(今日はカブとみかんとセロリ)、野菜たっぷりのハラミ肉のローストをバルサミコソースのベースのソースでさっぱりいただきます。人参のパンも人参嫌いの私にも気になりませんでしたね。今日は奮発して¥1350也。美味しかったです。1時過ぎでも満席状態でした。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13147274/

 

ドル/円、クロス/円、上値トライの動きは変わらず。

2014年11月19日

ドル/円は続伸。朝方117.60-70まで押すチャンスがあると見ていましたが、先に117.40-50の抵抗を試す展開となりました。今日のターゲットポイントにあるので新たな買いは様子見です。或いはここからなら、116.90-00を買って、116.30割れで一旦撤退。短期トレンドは115円割れを見ない限り変化しません。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは反発。トレンドの変化が認められないので1.2610に損切を置き、1.25台での売り場探し。損切りが付いた場合は短期戦略を押し目買いに転換します。買いはトレンドの変化を確認するまで様子見です。1.2450-60まで特に強い下値抵抗はありません。

ユーロ/円は前日の大陰線を切り返して陽線が出ており、短期トレンドは非常に強い状態を維持しています。買いは146.00-10以下で押し目買い。損切りは145円割れ。この場合は調整下げ局面へ。売りは様子見です。

ポンド/ドルは小幅続落していますが、直近の日足が下げ余力の強いものではないことや1.5600-10のやや強い下値抵抗を守っているので、このレベルの売りは様子見とします。買いもトレンドの変化が認められないので様子見です。

ポンド/円は小反発。上下の抵抗を抜け切れておらず1891-184円のレンジ内で上下動を繰り返す可能性が高い状態です。買いは181円割れに損切りを置き182.00-10以下で押し目買い。売りは183.60-70で戻り売り、損切りは184.50。

豪ドル/円は強気の流れを維持していますが、102.20-30の上値抵抗にぶつかっており、これには何度かぶつかる可能性が高いと見ます。短期トレンドが強いので101.10-20で押し目買い、損切りは100.50割れ。売りは目先天井を確認するまで様子見です。中期の買いも様子見。

さて、今日は朝ご飯を食べ損なった上に、ランチも出遅れてしまい1時過ぎに外に出たころには空腹のせいか、寒さが身に凍みる感じです。思わず味噌ラーメン!が頭に浮かび、「笹舟」の味噌ワンタン麺にしました。冬はみそ味で温まります。ワンタンも味噌巣ぷに予想以上に合うんですね。¥800は昔ながらのお値段。1:10pm頃に入りましたが後からまだお客さんもいらしてましたね。でも並ぶ人もさすがに居なくなる時間帯で、ゆっくり食べることが出来ました。夜はポテトサラダやから揚げなどのちょっとしたおつまみがあり、カウンターで一杯やる居酒屋風になります。締めはやっぱりラーメンでしょう!

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13035293/

 

 

 

 

ドル/円、クロス/円底堅い展開。

2014年11月18日

ドル/円は、直近の足がタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗して引けています。一方で116.80-90の抵抗を上抜け切れずに終えているので、これにぶつかる可能性にも注意して少し押し目を待ってみても良さそう。買いは116.30以下の押し目待ち、買いは115円割れで撤退です。日足の下値抵抗は115.20-30にあります。これを守り切れずに終えた場合や、値動きの中で114.50割れを見た場合は、下値リスクがやや高くなります。逆に、116.80-90の抵抗をクリアした場合は117.10-20にある一段と強い抵抗をトライする動きへ。

ユーロ/ドルは反落。トレンドの弱さに変わりありませんが、1.2400-10の下値抵抗も守っており、下げ渋りの傾向が見られることから突っ込み売りにも注意する必要がありそうです。売りは1.2490-00で戻り売り、浅い損切りは1.2550超え。深い場合はトレンドが変化する1.2600超えで撤退です。

ユーロ/円は高値圏から陰線引けとなり、単体では下値リスクがやや高いものですが、下値を急角度で切り上げる流れに変化が生じておらず、短期トレンドは非常に強い状態を維持しています。買いは145.00-10で押し目買い。損切りは144円割れ。強い下値抵抗が114.50-60にあります。売りは様子見です。

ポンド/ドルは上ヒゲがやや長く、上値トライに失敗した形で終えていますが、前日の足が下値トライに失敗した形となっており、振らされないように注意が必要です。短期トレンドが弱気の流れから抜け出していないので、1.5690-00で戻り売り。損切りは1.5800超え。買いは様子見です。

ポンド/円はタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗していますが、181~184円台のレンジ内にあり、184.30-50をしっかり上抜けて来ないと上昇余地も拡がり難いでしょう。買いは様子見です。売りは183.40-50で売り狙い。184.50超えで撤退。

豪ドル/円は高値圏から陰線が出ていますが、短期トレンドの変化は認められません。一方で102.20-30にあった強い上値抵抗にぶつかっており、102円超えの上値トライに何度か失敗する可能性にも注意が必要です。買いは101.10-20までの押し目待ち、100.50割れで一旦撤退です。売りは様子見です。

 

1/10(土)日本ユニコム主催の「新春特別経済セミナー」で講師を務めます

2014年11月17日

ドル/円は予想より悪化した日本の第三四半期GDPが前期比年率マイナス1.9%となったことを受けて、シドニー市場で一時117.05まで急騰しましたが、東京市場で株価が大きく値を下げた流れに連れて115円台半ばはで急反落しています。上下に振れる展開となっていることや、値ごろでは116.80超えで既に達成圏内に入っていますが、トレンドが大きく崩れていないので、上下動を繰り返す可能性があります。114.50割れに損切りを置き、押し目かい方針継続です。売りは様子見ですが、116.40-50超えからは上値抵抗がやや厚くなります。

ユーロドルは続伸。タクリ足の陽線引けとなり、下値トライ似失敗した形です。1.2390-00の下値抵抗に跳ね返されて引けていますが、トレンドの変化を認めるには至っていないので、1.2610に損切りを置き1.25台での売り場探しで。1.26台を回復した場合は一旦底打ち、1.2750近辺の抵抗をトライする動きが強まり易くなります。買いは様子見です。

ユーロ/円は145.60-70の抵抗を上抜けたポイントで終える陽線引けとなり、短期トレンドは非常に強い状態を維持しています。一方で145.00-10の足元の弱さを残しているので、買いは145.00-10で押し目買い。損切りは144円割れ。この場合は一旦調整局面に入ります。売りは様子見です。

さて、来年1/10(土)に日本ユニコム社主催の「新春特別セミナ-」で講師を務めることになりました。会場は日本橋社会教育会館で12:30pm~

どなたでもご参加いただけます。詳細は下のURLからご覧ください。

http://www.nihonunicom-seminar.com/list/20150110.html

ドル/円、強い上昇トレンド継続中

2014年11月14日

ドル/円は強気の流れを維持。浅い押しを入れながら上値を追う動きとなっています。朝方に116.20まで続伸後、115.75近辺まで反落、再び116.20超えまで戻しており、短時間では115.80-85が下値抵抗となっています。115.70割れを見たら下値余地が若干拡がり易くなりますが、115.20-30では押し目買い狙いで。損切りは114.50割れ。

ユーロ/ドルは朝方の1.2470-80で売り推奨をしていますが、1.2420以下の突っ込み売りにも注意した方がいいでしょう。短期トレンドは1.2600超えで変化します。

ユーロ/円は強気の流れを維持。買いは144.00-10の押し目待ち。143円割れで撤退。売りは様子見です。短期トレンドは142円割れで変化します。

ポンド/ドルは続落。1.56台の売りは様子見。1.5720-30での戻り売り狙いで。損切りは1.58超え。買いは様子見です。1.5600~1.5550ゾーンに強い下値抵抗があります。

ポンド/円は反落しましたが、182.50-60までは特に強い抵抗がないので、売りは様子見です。買いも様子見。183.50-60にやや強い上値抵抗が、下値抵抗は181.50-60、181.00-10にあります。

豪ドル円は強気の流れ。101円台の買いは残さず浅い利食いを着実に。102円台の吹き値は一旦売り場となる可能性も。

 

 

ドル/円は小動き。トレンドは変化なし。

2014年11月13日

ドル/円は直近の日足が陰線引けとなりました、タクリ足となっており、下値トライ似失敗して押し戻された形です。このラリーでは2手連続陰線引けとなっていないことや、レジスタンスであった114.50-70が下値抵抗として働く可能性が高いとみます。115円台での買い場探しで。押し目は115.20-30近辺と見ていますが、日足の終値べーすで104.50割れを見た場合はやや下値リスクが高くなります。また、114円割れを見た場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは反落。小反発を繰り返しながら下値を切り崩す流れとなっており、今日も1.2450-60超えで売り狙い。損切りを浅くするなら1.2530。短期トレンドは1.26台を回復しない限り変化しません。買いは様子見です。1.2390-00にやや強い抵抗があります。

ユーロ/円は反落。下値を切り上げる流れを維持しており、142.50割れに損切りを置き、押し目買い方針継続とします。144.40-50に上値抵抗がありますが、145.70超えを見れば一段の上昇へ。逆に142.50割れを見た場合は141.00-10近辺まで下値余地が拡がり易くなります。

ポンド/ドルは陰線引けとなり実体ベースを1.58台に乗せ切れずに終えています。1.5800-10での戻り売り方針で。損切りは1.5850で浅めに一旦撤退です。買いは様子見です。

ポンド/円は前日の値幅を切り崩して陰線引けとなり、やや下値リスクが高い形です。一方で中期トレンドは崩れておらず180円台までの下げは調整の範囲内です。買いは1日様子見か180円割れに損切りを置き引き付けて買い狙い。183円台まで特に強い抵抗がないので、売りは様子見です。

豪ドル/円は強気の流れを維持。100.50以下で押し目買い。今日については100円割れで浅めに撤退です。売りは様子見です。

このところ相場も荒れ模様で、昼食もデスクでおにぎりをほおばる毎日。目の疲れや肩の凝りも大分たまった感じ。というわけで、昨日は久しぶりに銀座6丁目にあるリフレクソロジーに行ってきました。フットバスの後、たっぷり足裏のツボやふくらはぎなどをマッサージしてもらって爆睡。かなりすっきりしました。マッサージが苦手なので、疲れがたまるとこの英国式リフレクソロジーで癒されてます。施術が終わった後はハーブティーが供されます。担当のNさんはいつも優しい笑顔で接して下さって、アロマオイルもその時々の症状によっていろいろ工夫して下さいます。

http://www.washington-shoe.co.jp/information/footcare.html

 

ドル/円、上下に振れる展開。トレンドの強さは変わらず。

2014年11月12日

ドル/円は、直近の日足が115.50-60の抵抗を上抜けて陽線引けとなり、一段の上昇の可能性に繋げています。116.10-20の抵抗を抜け切れずに反落していますが。下値も115.20-30以下にやや強い抵抗が出来ており、突っ込み売りに注意が必要です。短期トレンドは114円割れを見れば調整下げ局面に入る可能性が高くなります。ドル買いは115円台前半を買い狙い。浅い損切は114.50割れ、深い場合は114円割れで撤退です。ドル売りは様子見です。

ユーロ/ドルは反発に転じていますが、上値を切り下げる流れには変化が見られません。1.2390-00の下値抵抗に跳ね返されており、今日については1.2420-30の下値抵抗に跳ね返される可能性にも注意する必要がありそうです。売りは1.2480で売り狙い。浅い損切りは1.2550超え。深い場合はトレンドが変化する1.2610で撤退です。買いは様子見。

ユーロ/円は大陽線が出ており、144.00-20の上値抵抗を実体ベースで上抜けています。15時現在これを再び下抜けていますが、前日足が142.00-10の下値抵抗に跳ね返されており、これを切れない限り、突っ込み売りに注意する必要があります。火は143.60-70で買い狙い。損切りは142.50割れ。この場合はニュートラルに変化、142.00割れを見た場合は、調整局面入りの可能性が高くなり141~140円台の下値抵抗の厚さを試す動きへ。売りは様子見です・

ポンド/ドルは反発。1.58台にやや強い抵抗が出来ていますが、トレンドの変化が認められないので、1.59台での売り場探しとします。1.6030で撤退です。この場合は一旦底打ちの可能性が高くなります。買いは様子見です。下値抵抗は1.5880-90に軽い抵抗が、1.5810-20にやや強い抵抗があります。

ポンド/円は急騰。強い状態を保っていますが、上下に振れる展開となっています。182円割れを見ない限り、押し目買い方針で。買いは183.30-40で押し目買い。損切りは浅い場合で182.50割れ。深い場合は182円割れで撤退。売りは様子見です。

豪ドル/円は強気の流れを維持。短期トレンドが強いので目先は100.00-10の押し目買い。損切りは99.50割れで十分。売りは様子見とします。長期的な上値抵抗が111~112円台にあります。飛びつき買いにも注意が必要でしょう。

 

ドル/円、クロス/円、反発。

2014年11月11日

ドル/円は直近の日足がタクリ足の陽線引けとなり、下値攻めに失敗した反動で上値トライの動きが強まっています。115.20-30超えから上値抵抗が厚くなるので、朝方の114円台の買いは一旦利食い場となります。売りは様子見か、現在のレベル(115.23-24)から上は軽く売り狙い。トレンドが強いので115.50-60を上抜けたら浅めに撤退です。短期トレンドは113.50割れで変化します。

ユーロ/ドルは反落。短期トレンドが弱いので1.2480-90での戻り売り狙いで。損切りを浅くするなら1.2550超え。短期トレンドは1.26台を回復すればニュートラルに変化します。買いは様子見です。

ユーロ/円は142.00-10の下値抵抗に跳ね返されており、短期トレンドはユーロ強気の流れ。朝方の142円台を替えなかった場合は様子見でいいでしょう。或いは142円割れに損切を置いて142円台での押し目買い。上値抵抗が143.20-30にありますが超えて来れば3手前の上髭部分の抵抗の厚さを試す動きへ。トレンドの変化が認められるまで売りは様子見か143.90-00の吹き値があれば売り向かい。144.50超えで撤退。

ポンド/ドルは小反落。短期トレンドが弱いので戻り売り方針継続としますが、下げ余力の強い足ではないので、売りは1.5880-90までの戻り待ち。1.6000超えで撤退。この場合は短期トレンドが変化します。

ポンド/円は続落。調整下げ局面に入っていますが、日足、週足の形状が大きく崩れていないので、突っ込み売りに注意が必要です。直近の日足が下げ余力の強いものではないので、売りは様子見です。買いも様子見か、182.00-10で軽く試し買い狙い。損切りは181円割れ。183円台前半での浅い利食いも着実に。

豪ドル/円は強気を維持。但し、99.60-70超えから上値抵抗が厚くなるので豪ドル買いは浅い利食いを着実に。売りは様子見です。

明日は久しぶりにラジオ日経「北野誠のFXやったるで!」にゲスト出演することになりました。ドル/円相場を中心にお話しする予定です。22:30~23:30の生放送です。Uストもあります。お時間があれば是非ご参加くださいね。