川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

今日は外出のため戻りが遅くなりました。今日は週末、月末、期末でチャートを見るには今日のNY市場終値が大事!ドル/円は弱気ながら上下の抵抗にぶつかっており、この後も上下動を繰り返しそうですが、99.80割れの越週で一段の下落の可能性が、102.50超えの越週でニュートラルな状態に戻しますす。但し、103.50超えに日足の実体を戻すまでは上値余地も拡がり難いでしょう。日足の上値抵抗は101.70-80、102.20-30に、下値抵抗は100.50-60、100.10-20にあります。今日は101.70‐80の戻り売りとしていますが、100.50以下の突っ込み売りにも注意が必要です。

ユーロ/ドルは上下の抵抗を抜け切れていません。短期トレンドは下値リスクがより高いものの、1.1160近辺の下値抵抗も守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。売りは1.1240-60で戻り売り。損切りは1.1360で撤退。買いは様子見。

ユーロ/円は下値リスクがより高い状態ですが、112円台の下値抵抗も守った状態。113.70-80に上値抵抗が出来ています。戻り売りで損切りは114.60で撤退です。買いは様子見111円割れで越週した場合は一段の下落に要注意。

それでは良い週末を!!

ドル/円は直近の日足が陽線で終えていますが、単体では上昇余力の強いものではありません。一方で100.00-10の長期的な下値艇億も守っていることから100.50以下の突っ込み売りにも注意が必要です。ドル売りは101.60-80ゾーンで戻り売り。損切りは102.60で撤退。買いは様子見か100.40-50で軽く買って損切りは99.70で撤退です。日足の上値抵抗は101.80-90と102.40-50に、下値抵抗は100.40-50、100.00-10にあります。短期トレンドは102.50超えの越週でニュートラルな状態に戻しますが、103.50超えで越週しない限り、ダマシとなる可能性にも注意が必要です。逆に99円割れを見た場合や99.80割れで越週した場合は一段の下落に要注意。

ユーロ/ドルは寄せ線で終えており相変わらず上下の抵抗を抜け切れない状態です。現状は下値リスクがより高いので買いは様子見。売りは1.1250-60で戻り売り。損切りは1.1360に置く必要があります。

ユーロ/円は小反発。上値を切り下げる流れには変化が認められませんが、112.40-50の下値抵抗にも跳ね返されており、上値余地が若干拡がる可能性があります。売りは113.90-00で戻り売り。損切りは114.60で一旦撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが中期トレンドが弱いので急伸にも繋がり難いでしょう。買いは様子見とします。

ポンド/ドルは小陰線で終えていますが、短期トレンドの変化が認められないので、買いは様子見です。売りは1.3080-90で戻り売り。損切りは1.3160で一旦撤退です。

ポンド/円は続伸。個々の足が強いものではありませんが、129-130円の長期的な下値抵抗に跳ね返されており、上値余地がもう一段拡がり易くなっています。売りは1日様子見とします。買いも様子見か130円割れに損切りを置くなら131.10-20で軽く押し目買い。

豪ドル/円は続伸。78円台を見ており下値リスクが若干後退していますが、中期トレンドの弱さは変わりありません。買いは様子見か77.10-20で軽く押し目買い。損切りは76.50で十分でしょう。売りは1日様子見か78.10-20で再度売り狙い。損切りは78.70で一旦撤退です。

今日のランチは田酔で日替わり「鶏の竜田揚げ」定食を頂きました。相変わらず大きな出汁巻き卵が付いています。小鉢、香の物、お味噌汁が付いて¥1000です。ごはんはつやつやのコシヒカリ。お替りもしっかりしました。竜田揚げは下味がしっかりしていて脂っぽくなくさっぱり頂きました。美味しかったです!

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13097361/

ドル/円は朝方はドル売り先行となりましたが、クリントン優勢の報に米国の政治への懸念が和らぎドルの買い戻しが入っています。日足は陰線で引けていますが、下げ余力の強いものではないことや、下値抵抗も守っているのでドル売りは慎重に。一方で短期トレンドはドル弱気の流れに変化が認められず、基本は戻り売りの流れに変わりありません。ドル買いは様子見か朝方の100.00-10を拾えなかったら買いは様子見です。或いは100.30-40で買って損切りは99.70で撤退。朝方の買いは99.40で撤退です。売りは101.60-70で戻り売り。損切りは102.70で一旦撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸。上値を切り下げる流れに変化が認められないものの、短・中期移動平均線を直近の日足が頭一つ上抜けており、トレンドの変化にも注意する必要がありそう。買いは様子見です。売りは1.1260-70で売り狙い。損切りは1.1360で撤退。1.1160-70にやや強い下値抵抗があります。

ユーロ/円は小反落。週足、日足ともに114円台の上値抵抗にぶつかった流れにあるので、買いは様子見です。売りは113.90-00で戻り売り。損切りは114.60で一旦撤退。112.40-50、111.00-10にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/ドルは値幅の小さい足で下げ渋り。トレンドが弱いものの、中期的な下値抵抗ポイントにあるので、売り難いポイントに。売りは1日様子を見るか1.3010-20で戻り売り。損切りは1.3060で浅めに一旦撤退とします。これが付いた場合でも1.32台超えに日足の実体を戻さない限り下値リスクを残します。買いは様子見です。

ポンド円は続落。トレンドが弱いので買いは様子見です。強い下値抵抗ポイントにあるので売りも1日様子を見るか132円超えで撤退。

豪ドル/円は小陰線で終え、下げ余力の強いものではないものの、下値抵抗も守った状態です。買いは様子見か76円割れで撤退。売りは78.10に損切りを置いて77円台での売り場探しで。

今日のお昼は「心(こころ)」のベーコン+ほうれんそう+シメジのバターしょうゆ味のパスタ。¥1050にしました。具材が多くてボリュームがたっぷりなので、通常のパスタの量は食べきれない感じ。今日は余りお腹が空いていなかったので、パスタの量を少な目にしてもらいました。目の前の山の幸のパスタ(醤油味)もかなり美味しそう!こちらは筍、キクラゲ、シメジなどがたっぷりの和風スパゲッティです。¥1100。彼女はがっつり通常のボリュームを平らげていましたね。年の差かなぁ...。何しろこちらのお店はパスタメニューが豊富です。味も、塩、バターしょうゆ、しょうゆ、クリーム系、勿論トマトソースや辛いトマトソースなど、バリエーションも具材に合わせて多種多様です♪

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13056750/

http://www.s-kokoro.com/menu.html  (メニューはこちら)

ドル/円は上値の重い展開となっていますが、長期的な下値抵抗ポイントにあるので、ここからのドル売りは様子を見た方がいいでしょう。ドル買いは様子見か99.40に損切りを置くなら100.00-10で軽く試し買い。売りは101.60-80ゾーンの戻り待ちとします。損切りは102.60で一旦撤退です。日足の上値抵抗は101.60-70と102.20-30に、下値抵抗は100.40-50と100.00-10にあります。99.50割れを見た場合は下値リスクが点灯、99円割れで下落余地が更に拡がり易くなります。短期トレンドは103円超えに日足の実体を戻さない限り、大きく変化しません。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりましたが、上値を切り下げる流れには変化が認められません。買いは様子見です。売りは1.1250-60で売り狙い。損切りは1.1360で一旦撤退です。値動きの収縮が見られるので一方向へ抜け出す可能性にも引き続き注意が必要です。

ユーロ/円は小幅続伸で終えていますが、週足が114円台の抵抗にぶつかって押し戻されており、下値リスクが高い状態です。買いは様子見です。売りは113.90-00で戻り売り。損切りは114.60で一旦撤退です。

ポンド/ドルは反落。日足、週足ともに下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。売りは1.3000-10で戻り売り。損切りは1.3060で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは1.32台にしっかり乗せて来ない限り、弱気の流れ。1.2900-10に週足ベースで見た強い抵抗があります。1.2850割れを見ない限り、売りも慎重に。

ポンド/円は反落。130.00-10に強い抵抗がありますが、下値リスクがより高いので買いは様子見です。売りは131.30-40で戻り売り。損切りは132.60で一旦撤退です。

豪ドル/円は値幅の小さい足で終えており、低位揉み合いを抜けていない状態です。76.00-10の下値抵抗を守っていますが、78円台はまだ壁。買いは様子見か76円割れで撤退するなら76.50近辺で軽く試し買い程度に。売りは77.20-30で戻り売り。損切りは78.10で撤退です。

昨日の夜は友人達と浜町のイルバンボリーノで食事をしました。6時半には満席に。お休みは家族連れのお客さんが多いようです。お子さんも入店可なので少し賑やかになることもありますが小さいお子さんのいらっしゃるオーナーさんの配慮でもあると思いますのでアットホームな雰囲気も大事かと。

昨日は野菜サラダ、ブリのカツレツ野菜サラダ添え、サンマのマリネのサラダ風にこちらも野菜たっぷり。ウニの冷製クリームパスタと暖かいパスタはイカを和えたもの。このイカが絶品でした。締めはエゾ鹿のロースト。あっさりしていて柔らかく牛肉より食べやすい感じです。高タンパク、低脂肪は魅力的。ボリュームたっぷりで食べ過ぎてしまいました。飲み物を入れて3人で¥19,000ほど。本格的なイタリアンです。前菜3種類、パスタ2種類、メインディッシュでしたが、美味しくてかなりコスパが良い方だと思います。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13093246/

ドル/円は直近の日足が小陽線で終えており、単体では上昇余力に欠けるものですが、下値抵抗も守った状態にあるので、100円台の売りは様子見です。但し、週足の上値抵抗が102.80-00にあるので、103円台超えで終えない限り、基本は戻り売りの流れ。買いは様子見か99.70に損切りを置くなら100.50台で軽く試し買い。売りは1日様子見か101.50-80ゾーンで戻り売り。吹き値があった場合の上値余地を102.20-30近辺まで見て置く必要があります。損切りは102.60で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりましたが、上ヒゲが長く、上値抵抗にぶつかって押し戻されています。短期トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは1.1240-50で戻り売り、損切りは1.1360で撤退です。1.150-60にやや強い下値抵抗があります。1.1000割れの越週か1.1400超えで越週した方向へ動き易い状態。

ユーロ/円は陽線で切り返していますが、上値を切り下げる流れに変化が認められません。売りは113.20-30で戻り売り。損切りは114.60に置く必要があります。買いは様子見です。113円割れで越週した場合は一段の下落リスクが生じます。

ポンド/ドルは小幅続伸。短期トレンドの変化が認められないので買いは様子見です。売りは1.3160に損切りを置き戻り売り方針継続です。1.2950-60、1.2890-00にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は陽線で切り返しましたが、短期トレンドの変化が認められません。今朝の戦略は132.20-30で売り狙いとしましたが、変更なし。損切りを浅くするなら132.60、深い場合は133.10で撤退です。

豪ドル/円は上値余地を探る動きに繋げていますが、トレンドが弱いので77.30-40での戻り売り方針継続です。損切りは78.10。買いは様子見とします。

さて来週の水曜日、9/28は外為どっとコムさん主催のWeb+会場セミナーがあります。時間は20:00~21:30。今回は毎日配信しているDaily Commentの有効な使い方について。一つ一つのコメントにどんな意味が込められているのか詳しく説明して
日々のトレードに役立てて頂きたいと考えています。例えば、売り買いの戦略でエントリーポイントはどうやって決めているのか。損切りのポイントの決め方など。基本的にはトレンドに逆らわない方針でエントリーポイントを記していますが、失敗した場合でもここならチャラ逃げできるポイントを探しています。また、トレンドとは関係なくアヤ狙いの戦略などもあるので、これを読み分けて頂く必要があるわけです。会場ではチャートの重要ポイントの見つけ方など、お話できたらと考えています。勿論年末へ向けての主要通貨の見通しもしっかりお話します。時間があれば質問もお受けします。この機会に会場、Webセミナーに是非ご参加くださいね。

http://www.gaitame.com/seminar/1609/28_li_kawai.html

では皆さま良い週末をお過ごし下さい。

DMM.com
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示