川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法
 HSBC香港活用マニュアルセット
ホーム >  ブログ  >  川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

ドル/円、上値トライの動き。上値抵抗にぶつかる可能性に注意。

2014年12月19日

ドル/円はFOMC後の声明を好感してリスクオンの動きが先行していますが、週足の形状がまだ安定していないことや、クロス/円のトレンドが好転していないものも見受けられることから、119円台の買いは残さない方針で。買いは118.00以下の押し目待ち。下落した場合の下値余地を117.50-80まで見て置く必要があります。買いは117円割れで一旦撤退。ここでニュートラルに変化します。ドル売りは様子見か、強い上値抵抗ポイントである119.80台で軽く売り狙い。120.20で浅めに撤退。

ユーロ/ドルは弱気の流れにありますが、1.2250~1.2300ゾーンの売りは様子見とします。売りは1.2400近辺までの戻り待ち。買いは様子見です。

ユーロ/円は小反落。下値を切り上げていますが、147.30超えに日足の実体を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見。売りは146.80-90まで引きつけて、147.30で撤退です。

ポンド/ドルは反発。低位揉み合いですが、週足がタクリ足で終える可能性があり、突っ込み売りに注意が必要です。売り買いともに1日様子見でいいでしょう。

ポンド/円は続伸。直近の日足が上値を切り下げる流れから上抜けており、上値トライの動きが強まっています。買いは185円台後半の押し目待ち。184.50割れで一旦撤退です。売りは様子見とします。

豪ドル/円は続伸。中期的な下値抵抗に跳ね返されており、上値余地を探る動きが強まっていますが、99円台手前から強い上値抵抗が控えていることや、週足がまだ安定していないので買い送れたら来週以降の押し目待ち。買いは96.50-60の押し目待ち。損切りは95.50割れ。

今日はセミナーの資料作りに追われています。だんだん寒くなって来ましたね。インフルエンザも流行っていますから気を付けて。よい週末を!!

 

ドル/円、調整一巡。上値抵抗にもぶつかる。

2014年12月18日

ドル/円は118円台を回復してニュートラルな状態に戻しましたが、週足の形状が安定しておらず、下値リスクにも警戒が必要です。買いは118.00-10で押し目買い、損切りは117円割れ。売りは様子見に転じます。119.70-80に強い抵抗があります。

ユーロ/ドルは反落1.2350割れを見て再び反転していますが、現状はニュートラルな状態です。1.2250~1.2300ゾーンにやや強い下値抵抗があります。1.2400近辺まで特に強い抵抗がないので、売りは戻り待ちとします。買いは様子見に転じます。

ユーロ/円は、陽線引けとなりましたが上値を切り下げる流れを変えておらず、買いは様子見とします。売りは146.70-80を売って147.10で浅めに撤退です。

ポンド/ドルは大陰線で終え、短期トレンドを弱気に戻した形ですが、1.5550-60の下値抵抗を守っており、売りは様子見とします。買いも様子見。

ポンド/円は反発に転じていますが上値を切り下げる流れから完全に抜け出し切れていません。一方で184.00-10にやや強い抵抗が出来ており、これを支えとして上値トライの可能性に繋げているので、184.50-60で押し目買い。損切りは183.50割れ。売りは様子見です。

豪ドル/円は95円台で一旦底打ち、反転に繋げていますが、98円超えを回復するまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは様子見。売りも97.50超えがあれば売り向かい。損切りは98.20で一旦撤退。

 

ドル/円は115円台の抵抗には一旦跳ね返された状態。上値も重い。

2014年12月17日

ドル/円は117.50割れを見て一段の下落に繋がりましたが、直近の日足は10/15の安値からのサポートラインを辛うじて守って引けています。日足の下値抵抗が115.80近辺にありますが、これを守り切れずに終えた場合はさらに1円程度下値余地が拡がり易くなります。売りは117.10-20で売り向かい。損切りは短期トレンドをニュートラルに戻す118.10。買いは来週初まで様子を見るか、116.00-10で軽く試し買い、損切りは115.50割れで十分。

ユーロ/ドルは陽線引けとなりましたが、1.55台後半の上値抵抗にぶつかって押し戻されて終えています。下値を切り上げる流れを守っているので1.2450-60で押し目買い。損切りは短期トレンドが変化する1.2340で撤退です。売りは様子見です。

ユーロ/円は146円割れを見て一段の下落に繋がりましたが、直近の日足は下値トライに失敗した形です。短期トレンドは弱気の流れですが、中期トレンドが崩れていないので、突っ込み売りにも注意が必要。売りは146.30-40で売り向かい。損切りは147.10。この場合はニュートラルな状態に戻します。買いは様子見です。

ポンド/ドルは陽線引けとなりましたが1.5810-20の抵抗に届かず押し戻されています。再度上値トライの可能性に繋げており、1.5650-60で押し目買い、損切りは1.5540で撤退。売りは様子見です。

ポンド/円は182.00割れから急速に値を戻しましたが上値を切り下げる流れからは抜け出していません。強い下値抵抗に跳ね返されており、買は183.20-30で押し目買い。損切りは182円割れ。売りは様子見です。185.70-80に軽い抵抗が、187.00-10にやや強い上値抵抗があります。

豪ドル/円は97.00-10の下値抵抗も守り切れずに上値を切り下げています。月足の形状もやや悪化しており、中期トレンドの変化に注意が必要ですが、一方で95円台には中期的な下値抵抗ポイントが散在していることから、売りは様子見とします。買いも来週初まで様子を見るか、94円割れに損切りを置くなら引き付けて買い狙いで。

マーケットが薄いため上下に振れやすくなっています。FOMCではconciderable time(相当な期間)が取れるかどうかに注目しているようですが、原油の暴落でロシア経済の悪化、ルーブル暴落、不安定な株式市場などを考えると今は大きな変更はないのでは?米国債はいよいよ2.05%に。安全資産への逃避では説明できないほどの金利の低さですね。

さて今日はバタバタしていてお昼はコンビニおにぎり1個。たまにはこんな日もいいですね。

ドル/円、117.50割れを見てやや下値リスクが高い状態に。

2014年12月16日

ドル/円は、117.50割れを見たことにより、下値リスクがやや高くなっています。117.10-20にやや強い抵抗がありますが、117円割れを見た場合は一段の下落リスクに注意が必要です。ドル売りは118.30-40の戻り待ち。ドル買いは様子見に転じます。短時間での上値抵抗は117.60-70にあります。

ユーロ/ドルは小反落して引けていますが、短期トレンドは上値トライの可能性に繋げています。1.2400-20での押し目買い狙いで。損切りは1.2300割れ。短期トレンドは1.2240が付くと再びユーロ弱気に変化します。

ユーロ/円は146円割れを見ており、一段の下落リスクが生じています。買いは様子見です。売りは147円超えの戻り待ち。吹き値があった場合の戻り余地を147円台半ばまで見て置く必要があります。損切りは148円超え。

ポンド/ドルは反落していますが、1.5600-10の下値抵抗を守っており、反発の可能性に繋げています。今日についても1.56台で押し目買い、損切りは1.5540で十分でしょう。売りは様子見です。

ポンド/円は、直近の日足が陰線引けとなり、この足が185円割れを見て短期トレンドに変化を生じさせています。180円までの下げは調整下げの範囲内ですが、短期トレンドが変化しているため買いは様子見に転じます。売りは185.00-10で戻り売り。損切りは185.60。

豪ドル/円は続落。95.50~96.50ゾーンにある中期的な下値抵抗の厚さを試す動きが強まっています。買いは底打ち確認まで様子見としますが、売りも96.50以下の突っ込み売りに注意が必要です。

年末に向けて薄商いとなります。マーケットが薄いときは強い抵抗もすり抜けてしまうこともよくあるので、振らされないよう、売り買いともに慎重に。

さて、昨日は弊社の大忘年会。投資日報社さんの面々やシステム関連でお世話になっている方たちとの懇親会も兼ねて大井町の「由良」さんへお邪魔して来ました。

ここは和風懐石風の創作料理のお店。一階はカウンター席のみ。2階にテーブル席があります。4人掛けが3つ、12席で満席となりますが、昨日は貸切りとなりました。

前菜から始まって、お造り、椀物、焼き物、揚げ物、小鍋が3種類も。その中の牡蠣の土鍋や鰤すきなどは、季節の定番のようなもの。素材の旨みを最大限に引き出す技は凄いです。最後にキノコと栗の炊き込みご飯。これも土鍋ごと出てきました。炊き込みご飯だけでも美味しいのですが、これにぶりしゃぶのスープをかけて、お茶漬け風にして美味しさ2倍に!飲んで騒いでの2時間半ほど。呑み助が多いので飲み放題にしましたが、日本酒は「黒龍」でした。あんなに飲んでお店は元を取れたかな?とちょっと心配に。お店の方の対応もとても丁寧でした。このお店4か月先まで予約でいっぱいのようです。参加したメンバーは手が掛かったお料理の美味しさに感激していました。美味しいお料理とお酒に感謝の日です。

 http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13120584/

 

ドル/円、上下の抵抗にぶつかる。

2014年12月15日

ドル/円は朝方は選挙結果を受けてNY市場終値から大きく下寄りして118.17のスタートとなりましたが、上値も119.00-10の抵抗にぶつかって押し戻されています。短期トレンドはニュートラルな状態ですが、11/3を起点とするサポートラインの下で推移しており、上値抵抗にもぶつかり易くなっています。ドル買いは利食いをこまめに入れる方針で。下値リスクが高くなる117.40割れで撤退です。ドル売りは様子見。

ユーロ/ドルは直近の日足が10/15に付けた1.2886を起点とするレジスタンスラインの上に実体ベースを然り上抜けて終えており、短期トレンドに変化が生じています。中期トレンドが弱いので急伸には繋がっていませんが、短期的には一段の上昇が期待できます。1.2440-50で押し目買い。損切りは1.2350割れ。下値余地を1.2400近辺まで見て置く必要があります。売りは様子見に転じます。

ユーロ/円は直近の日足が下値トライに失敗した形ですが、上値を切り下げる流れにあることや、11/3を起点とするレジスタンスラインの下に入り込んでおり、148.50-60超えの上値抵抗にぶつかる可能性に注意が必要です。買いは様子見です。売りは148.50-60で戻り売り。損切りは149.10。

ポンド/ドルは小幅な値動きに留まっていますが、週足は上値トライの可能性を示しています。1.5700-10で押し目買い狙いで。損切りは1.5600割れ。売りは様子見です。

ポンド/円は、タクリ足の陰線引けとなり下値トライに失敗して終えています。短期トレンドが上値トライの可能性を残しており、185.50割れに損切りを置いて186.00-10で押し目買い狙いで。売りは様子見です。

豪ドル/円は98.00-10割れを見ており、短期トレンドはやや下値リスクが高い状態。98円超えで越週出来ない場合は96.50以下の中期的な下値抵抗を試す動が強まり易くなります。買いは様子見です。売りも1日様子見。

さて、この週末は土曜日の早朝に仕事を片付けて、東京発11:00の新幹線で京都へ。京都のレンタカー屋さんで友人たちと待ち合わせて元伊勢巡りに行ってきました。天橋立方面はちょうど大雪注意報が出ていましたが、幸い大して雪にも降られることなく、傘も要らない位でした。13:30に京都を出発して。天橋立→磯清水→天橋立神社、知恩寺と廻り、最後に近くの「知恵の輪館」に到着。ここでは13の酒蔵のお酒の試飲コーナーが設置されており、3種類のお酒(ガラスのおちょこにそれぞれ1杯)+おつまみ=¥500というのがあります。冷たい外気を逃れてこの知恵の輪館でほっと一息。3人で6種類の冷酒を試してみました。おつまみは、オイルサーディンとはたはた、そして牡蠣を一切れずつ。これは缶詰です(竹中缶詰/都内のアンテナショップにもあります)。試飲のあと、早速駅前の土産物店で「香田」とオイルサーディンの缶詰をお土産に買いました。

http://item.rakuten.co.jp/tango-polaris/kaisen_one_01_23/?scid=af_pc_etc&sc2id=65468996  オイルサーディンはこんな感じ。

http://www.hakurei.co.jp/shop/hakurei/sake/junmaisyu/a00014-10.html  香田(日本酒)

そして5時半ごろに宿に到着。「茶六別館」というこの宿は純日本風のお宿です。昔ながらの玄関あり、上り框からすぐに和風応接室があり、ここで御抹茶と和菓子を頂きます。そしてお部屋へ。私たちは2階でしたが、天井が高く作ってある分、2階までの距離がややあって一段一段がやや高さがある階段でしたね。でも次の間付の和室、そしてお部屋の横の窓側にには小さな向かい合わせのソファーとテーブルがあります。外はお庭が一望でき、ちらちらと雪が舞い始めています。

お風呂は小ぶりですが、7-8人はゆっくりは入れます。小ぶりながら露天風呂も付いていて泉質はほんの少し硫黄が入った感じですが、ほとんど匂わない感じ。柔らかくてすべすべになる感じの本当にいい温泉でした。

お食事は蟹とぷりしゃぶのコース。蟹は松葉の茹でたもの、お刺身、焼き蟹が出て大満足。この他に天然のブリのお刺身、そしてぶりしゃぶ。これがもう本当に美味しい。脂ものっているのですが、さっぱりで臭みもなく3人で大皿のブリをほとんど食べてしまいました。お野菜類も美味しかったし最後の雑炊も意外にさっぱり。大満足の夕食です。翌日の朝食もおかゆに茶わん蒸し、湯豆腐と暖かいものが熱々で供されました。しかも我々は早めに出発したかったので、朝食時間を一番早い8時よりさらに15分早くして頂きましたがとても良くして頂きました。朝のコーヒーやフルーツまであります。暖かいおもてなしとお料理に大満足。これで新幹線の往復とセットで¥55,000位でしたから、お宿代は2万円ほどでしょうか。とてもお値打ちでした。

http://www.charoku.com/

さて、翌日はいよいよ元伊勢へ。こちらもお天気が回復してほとんど走行に影響なく、5時過ぎには京都に戻って来ました。17:26京都発の東京行にもセーフ。走っていずうのサバの棒寿司もゲット。お夕飯にしました。物凄いハードスケジュールでしたがいい旅でした。

ドル/円、上値の重い展開

2014年12月12日

遅くなりました。ドル/円は直近の日足が前日足から下寄りしたものの、117円台の下値抵抗に跳ね返されて陽線引けしています。上ヒゲがやや長く上値トライにも失敗しているため、今朝の東京市場では上値トライの動きが先行したものの、結局上値を追い切れずに反落しています。日足の上値抵抗は119.60-70ん、下値抵抗は117.70-80にあります。短期トレンドはニュートラルな状態ですが、11/3を起点として下値を切り上げて来た流れから下抜けた所で推移しているため、このレジスタンスに沿って上値をトライする動きが強まるってもおかしくありません。ドル買いは118.00-10で押し目買い。損切りは下値リスクが高くなる117.40で撤退。118円台の売りは様子見です。

ユーロ/ドルはカブセの陰線となり、日足は下値リスクがやや高い形ですが、下値を切り上げており、短期トレンドは上値トライの可能性に繋げています。今日の1.2390-00で押し目買い。損切りは1.2300割れ。売りは様子見です。

ユーロ/円は反発に転じましたが、短期トレンドは調整下げ局面から抜け出していない状態です。直近の日足も上値トライに失敗しているので買いは様子見か146円割れに損切りを置くなら引き付けて買い。売りは149円超えで一旦撤退です。

ポンド/ドルはタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗しています。上昇余力にもまだ乏しい形ですが、短期トレンドは底打ち、反転の可能性が高くなっており、1.5700‐10以下の押し目買い狙いで。損切りは1.5600割れ。売りは様子見です。15750-60に上値抵抗がありますが、超えて来れば一段の上昇へ。

ポンド/円は陽線で切り返して続落を食い止めていますが、上値も切り下げており下値リスクを若干残した状態です。下値抵抗に跳ね返されれば再度188円台トライの可能性に繋がります。買いは186.10-20で押し目買い、損切は185円割れ。売りは様子見です。

豪ドル/円は上下にヒゲがあり、実体の小さい陽線で続落を食い止めていますが、週足の形状がやや弱く、買いは1日様子見。売りも様子見です。

今日のお昼は新規開拓。甘酒横丁から1本新大橋よりの路地を左手に入ったところにある「きてれつ」さんへで「鯛ごはん」を頂きました。いな村さんに行く少し手前で、ちょっと気になり調整してみることに。まず、ご飯の上に鯛のお刺身(やや薄造り風)が乗っています。ドンブリに近い器ですが、ご飯が見えない位乗っています。これをお醤油ベースのゴマだれを付けてご飯と一緒に食べますが、残り1/3ほど残したところでお出汁をかけて鯛茶づけ風で頂きます。二度美味しいというパターン。これにお魚の出汁のお味噌汁と小鉢、香の物が付いて¥980です。ご飯と鯛のお刺身。そして鯛茶漬けに変身した二種類の食べ方を堪能しました。美味しかったですね。この他にイワシの焼き+お刺身、鯛のカブト煮+お刺身などランチは4種類ほどのメニューがありますが、入口は静かなのですが、一歩お店に入ると意外と常連さんらしきお客さんが結構いらっしゃいました。カウンターが5-6席と4人掛けのテーブル席が3つ?あります。12時ごろには一杯になっていました。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13172759/dtlmenu/photo/

 

ドル/円、調整局面入り。117円台の下値抵抗で踏みとどまる。

2014年12月11日

遅くなりました。ドル/円は119円台を守り切れずに終えており、調整下げ局面入りとなっていますが、117.30-40に日足の下値抵抗があり、これには一旦跳ね返されています。これも切れた場合は一段の下落へ。短期トレンドが変化して日が浅いので今日については118.30超えが重くなる可能性大。短期は調整下げですが、月足が崩れていなので、今月中の押し目はどこかで拾う必要がありそう。

今朝のFXIのコメントを添付しておきますので参考になさってください。

ドル/円、24時間を予想(9:40現在117.53-55)

直近の日足は前日のタクリ足の陰線を打ち消して大陰線となり、下値リスクが非常に高い形で終えています。また、この足が119.00-10を守り切れずに終えたことにより、調整局面入りが確認された形となっていますから、暫くは下値余地を模索する動きが継続すると見られます。
ドル買いは様子見に転じます。月足の形状は悪化していないので、今月中に一旦調整下げが終了して、再び反転すると見ていますが、来週初までは大した戻りも期待できないので、飛びつき買いに注意が必要です。

ドル売りは118.30-50ゾーンの戻り待ち、損切は119.50超え。買いは様子見とします。下値余地を114.60~115.00近辺まで見て置く必要があります。短期トレンドが変化して日が浅いので反発に転じても飛びついて買う必要はなさそうです。

ユーロ/ドルは1.2450超えを見て一旦底打ち、反転に繋がり易くなっています。1.2410-20近辺までの押しの可能性もありますが、短期ターゲットを1.27台似置き、1.2440-50で押し目買い方針に転換します。損切りは1.2350割れ。短期トレンドは1.2250割れで再び弱気に変化します。

ユーロ/円は続落。日足は下値リスクが高いものの、146.50-60の下値抵抗を守って引けており、146円割れを見ない限り突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見とします。売りは147.20台を売りねらい。損切りは148.50超えに置く必要があります。買いは様子見か引き付けて、146円割れで撤退です。

ポンド/ドルは小幅続伸。単体では上昇余力kに欠けるものですが、1.5750超えを見て、短期トレンドが変化し始めています。短期の売りは様子見に転じます。買いは1.5710-20で軽く買い狙い。下値余地を1.5650-60まで見て置く必要があります。損切りは1.5600割れ。

ポンド/円は続落。日足は一旦目先天井を見て調整局面入りとなっていますが、調整下げであれば180円台がサポートされる可能性も高いと見られます。185.50割れを見て短期トレンドが変化しており、買いは様子見とします。売りは185.90-00で戻り売り。損切りは187円超え。

豪ドル/円は続落。98.60-99.00ゾーンの下値抵抗を守り切れずに終えており、下値余地がもう一段拡がる可能性が生じていますが、月足に大きな崩れが認められないので、今月いっぱいでの押し目をどこで買うかが決め手となりそう。押しが深い場合でも95.50~96.50ゾーンに留まる可能性が高いと見ますが、目先は下落リスクが高いので、買いは暫く様子見とします。売りは98.80-90の戻り待ちでいいでしょう。損切りは100円超え。

雑務山積のためこの辺で。

ドル/円、下げ渋り

2014年12月10日

昨日の海外市場ではドル円が乱高下、今日もその影響を受けて神経質な展開となっています。日足はタクリ足で終えており、日足の下値抵抗を守って引けています。また、21日移動平均線にも跳ね返された格好ですが、日足の形状が悪化し始めており、119円割れで終えた場合は調整下げに入る可能性が生じます。買いは今日の日足の終値を確認するまで様子見。売りも今朝の119.60-70超えを売れていなければ様子見でいいでしょう。或いは120円超えに損切りを置くなら引き付けて一旦売り。

ユーロ/ドルは陽線引けとなりましたが、1.2450超えトライに失敗しており、短期トレンドの変化が認められない状態。買いは様子見、売りは1.2460で撤退です。この場合は一旦底打ちの可能性が高くなります。

ユーロ/円はタクリ足の陰線引けとなり、147円割れから大きく値を戻しています。下値トライには失敗していますが、日足の形状がやや悪化しており買いは様子見に転じます。148.30-40にやや強い上値抵抗がありますが、149円超えに値を戻した場合は下値リスクが軽減されます。

ポンド/ドルは小陽線で続伸に繋げていますが、1.57台の上値抵抗を消化し切れない状態。1.56台前半の足元もやや固まった感があり、週足の形状が改善し始めていますが現状はトレンドの変化が認められないので買いは様子見です。売りは短期トレンドが変化する1.5760で撤退。

ポンド/円はタクリ足の陰線が出ており、185円台から急速に値を戻しています。浅い調整下げを終了した可能性がありますが、日足の形状が悪化しており、買いは慎重に臨む必要があります。損切りを185円割れに置くなら、押しは引き付けて買い。売りは様子見です。日足の終値が187円台を維持できない場合は、下値リスクが高くなります。

豪ドル/円は98.60-99.00ゾーンの下値抵抗を守っています。調整下げが浅い場合はこれが下値抵抗となるので、突っ込み売りにも注意が必要ですが、101.00-30の抵抗をクリアしない限り、下値不安が消えないため、買いは様子見です。98円台を維持できない場合は96.50~95.50ゾーンまでもう一段下値余地が拡がり易くなります。

 

ドル/円、119.50割れで下値リスクが点灯

2014年12月 9日

ドル/円は直近の陰線がカブセの陰線引けとなっており、下値リスクのやや高い形ですが、119.50-60の抵抗を守っており、反発の可能性を残しています。119.50割れで下値リスクが点灯。日足の下値抵抗が119.00-10にありますが、これを下抜けて終えた場合は調整局面入りが濃厚となります。119.60台の突っ込み売りに注意が必要です。買いは119.40で一旦撤退。売りは様子見です。

ユーロ/ドルは反発い転じていますが、トレンドの変化が認められないので1.2360-70で戻り売りに狙いで。損切りは1.2460に置く必要があります。これが付いた場合は一旦底打ち、反転の可能性が高くなります。買いは様子見です。

ユーロ/円は日足が上寄りの陰線となり、前日の上げを切り崩して終えています。下値リスクがやや高い状態ですが、147.80-00の抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは147円台で買い狙い。浅い損切りは147.50割れで十分でしょう。この場合はニュートラルな状態に戻しますが、146円割れを見ない限り、売りも慎重に。売りは様子見です。

ポンド/ドルは反発に転じていますが1.67台の抵抗をこなし切れておらず、1.6760に損切りを置いて戻り売り狙いで。買いは様子見です。

ポンド/円は小反落。このラリーでは2手連続陰線が出ていませんが、187.50割れを見た場合は下値リスクが点灯します。売りは1日様子見です。買いは187.40で一旦撤退です。

豪ドル/円は100.00-10の下値抵抗を下抜けて下値余地が拡がっています。98.60-99.00ゾーンの下値抵抗を抜け切れない場合は小反発に転ずるでしょう。逆に98円割れを見た場合はもう一段下値余地が拡がる可能性が生じます。買いは様子見です。売りも様子見です。

明日のWebセミナーのチャートを用意しているうちに気が付けばドル円、クロス円が急落していましたね。高値圏にあるのは間違いないでしょうが、トレンドがまだ強いので突っ込み売りにも注意が必要です。ドル円の上値抵抗は120.50-60まで特に強い抵抗はありません。

さて、今日のお昼は久しぶりに橡の木の五色丼(マグロ、八カツオ、鯛、卵焼き、カンパチ)。この八カツオ、初めて食べましたが見かけはマグロの赤身のようにしっとり、脂もあっさりですが甘くて美味しかったです。¥900はかなりお得感あり!ネタの鮮度と酢飯ご飯の固さと酢加減が丁度良くてお刺身によく合います。小さいサラダもお野菜が美味しい。お椀もたっぷり。暖かい緑茶も付いてます。年内のランチは25日までだそうです。

 

ドル/円、クロス/円、強気を維持。

2014年12月 5日

今日はこれから野村フォーラムに出かけてきます。今朝のFXIのコメントの一部を添付しておきますので参考になさってください。では行ってきます!

【今日の動きは?】

ドル/円、24時間を予想(9:00現在119.76-79)

直近の日足は寄せ線に近い形で終えており、120.20-30の上値抵抗にぶつかって押し戻されて終えていますが、下値トライにも失敗しており、短期トレンドの強さは変わりません。再度120円超えの抵抗の厚さをトライする動きが期待できることから、今日の押し目を買い狙いで。
但し、高値圏にあるので、買いは無理せず119.20-30の下値抵抗まで待って買い狙い。120円超えでの利食いも着実に。損切りは短期トレンドが変化する118円割れに置く必要があります。この場合は一旦調整下げ局面に入るためドル買いは様子見に転じます。

売りはトレンドの変化を確認するまで様子見としますが、来週中か、遅くとも12月中旬以降は一旦押しが入る可能性が高いとみています。

ユーロ/ドルは反発しましが、1.2450-60の抵抗にぶつかって押し戻されており、短期トレンドの変化は認められません。一方で1.20~1.22ゾーンの長期的な下値抵抗ポイントに到達し始めており、売りも慎重に臨む必要がありそうです。今日の売りは1.2420-30で戻り売り、損切りは短期トレンドが変化する1.2510で撤退です。この場合は一旦底打ち、反転の可能性が高くなります。買いは様子見です。或いは試し買いなら1.2310-20で軽く買い狙い、1.2270で浅めに撤退です。

ユーロ/円は上ヒゲの長い陽線引けとなり、上値トライに失敗して押し戻されて終えています。下値リスクを内包していますが、値動きの中で148.50-60の抵抗を上抜けており、揉み合いから上方向へ抜け出す可能性に繋げています。148.00-20で押し目買い狙いで。損切りは147円割れで一旦撤退です。短期トレンドは146.50割れで下値リスクが高くなり、146円割れで下向きに変化します。売りは様子見とします。

(ドル/円)
上値抵抗:120.00-10、120.30-40、120.60-70
下値抵抗:119.50-60、119.20-30、118.80、118.50-60