川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル/円、クロス/円、安値圏で小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円はあっさり105円割れを見て104円台半ばで東京市場に戻ってきましたが、104円台の下値抵抗も攻めきれずに小動きとなっています。104円割れで終えた場合は短期トレンドが変化して今後の反発余地が限られ易くなりますが、現時点では104円台の売りは様子見とします。ドル売りは105.20-30の戻り待ち。損切りは105.70で撤退です。買いは104.40-50で押し目買い。下値余地を104.10-20まで見て置く必要があります。損切りは103.80で撤退です。

ユーロ/ドルは小幅続伸となりました。上昇余力の強いものではありませんが、9/1に付けた1.2011を基点として上値を切り下げて来た流れから上抜けており、調整下げに留まった可能性が高くなっています。急伸にも繋がり難いと見ますが、トレンドが変化して間もないので浅い押し目を拾って流れに付いて行く方針で。買いは1.1840-50の押し目を軽く拾って1.1800で一旦撤退するか、1.1780-90の押し目待ちとしています。この場合の損切りは1.1750か、深い場合は1.1720で撤退です。1.1700割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。売りは様子見に転じます。

ユーロ/円は反落。前日の上げ幅を失っており、下値リスクが高い形ですが、下値抵抗も守っており、123円割れを見ない限り、押しは一旦買い場と見ます。一方上値も、125.00超えで終えない限り、上値余地もまだ拡がり難い状態です。買いは123.90-00で押し目買い。下値余地を123.50近辺まで見て置く必要があります。損切りは122.90で撤退です。売りは124.80-90で再度戻り売り。損切りは125.20で撤退です。123円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、逆に125.00超えで終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。

ポンド/ドルは大陽線で終え、この足が1.3050-60を実体ベースで上抜けており、一段の上昇の可能性が生じています。短期トレンドが強い状態にあるので、押し目買い方針継続としますが、1.3250-60超えから厚くなる上値抵抗にも注意が必要です。月足は1.3500超えで越月しない限り、下値リスクを残した状態です。買いは1.3070-80の押し目待ち。損切りは1.3020で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は陽線引けとなり、この陽線が9/1に付けた142.72を基点として上値を切り下げて来た流れから頭一つ上抜けており、上値余地がさらに拡がる可能性が点灯中です。買いは137.00-10で押し目買い。損切りは136.30で撤退です。売りは様子見に転じます。138円台で終えれば一段の上昇へ。逆に134円割れで終えた場合は"ポンド弱気"に変化します。

豪ドル/円は小反発。上昇余力の強いものではなく、上値も切り下げており、下値リスクがより高い状態ですが74.00-20ゾーンの下値抵抗を守っており、74円割れで終えない限り、売りも慎重に。買いは様子見か74.20-30で押し目買い。損切りは73.80で浅めに撤退です。売りは1日様子見です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、上下の抵抗を抜けきれず。クロス/円、小じっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陽線引けとなりましたが105.70-80の抵抗にぶつかって押し戻されており、上値抵抗を抜けきれていません。一方下値抵抗も守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。105円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、104円割れを見た場合は一段の下落リスクが生じます。買いは105円台を軽めに買って104.80で浅めに撤退としています。売りは105.70-80で再度戻り売り。損切りは106.30で撤退です。

ユーロ/ドルは続伸。直近の日足が上値を切り下げて来た流れから若干上抜けた位置で終えており、また、1.1850-60の抵抗もクリアしつつあり、調整下げが一巡した可能性が生じています。強い上値抵抗ポイントにあるので、買いは1.1730-40の押し目待ちとしています。損切りは1.1680で撤退です。売りは様子見です。強い上値抵抗が1.1960-70にあり、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。

ユーロ/円は続伸。125.00-10の抵抗を上抜けきれていませんが、125.00超えで終えれば上値余地がもう一段拡がり易くなります。買いは124.30-40で押し目買い。損切りは123.80で撤退です。123円割れを見た場合は短期トレンドの変化に要注意。売りは様子見か124.80-90で軽く売って125.20で浅めに撤退としています。

ポンド/ドルは寄せ線で終え、上下の抵抗を抜けきれずに終えています。上値トライのか可能性に繋げているので1.2910-20での押し目買い方針で。損切りは1.2840で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。売りは様子見か、1.3070に損切りを置くなら1.2990-00で軽く売り向かい。1.3050-60の抵抗を実体ベースで上抜けて来れば一段の上昇に繋がり易くなります。

ポンド/円は値幅の小さい足で終え上値を切り下げる流れから上抜けきれていません。一方で、短・中期の移動平均線が135円台後半と136円台前半で収束しており、一方向へ動き出す可能性にも注意が必要です。138円台で終えれば一段の上昇へ。逆に134円割れで終えた場合は一段の下落リスクが生じます。買いは様子見です。売りは137.40-50で戻り売り。損切りは138.20で撤退です。

豪ドル/円は小幅続落となり、7手連続陰線引けとなりました。短期トレンドは弱い状態ですが74.00-20に強い抵抗があり、これを守り切って小反発の可能性を残しています。買いは様子見か74.00-10で押し目買い。損切りは73.70で撤退です。売りは75.00-10の戻り待ちとします。損切りは75.50で撤退です。短期トレンドは76.50超えに値を戻して終えない限り、変化しません。また、74円割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。

今日のランチは久しぶりにてんぷら「矢口」の天丼を食べることに。カウンターが7席しかない小さなお店なので大人数では行けませんが、今日は3人でお邪魔しました。目の前で揚げるてんぷらに視線が集中。お席に座った順番に仕上げて供されます。天丼が出来上がる少し前に蜆のお味噌汁と香の物が出てきます。大きな丼にはナス(大き目の茄子は中がトロトロです)、ピーマン、肉厚のシイタケ、紋甲イカ、車海老が2本、めごちかキス(ふわっと揚がってます)、そしてぐるっと丼の内側を一周するほどの穴子。これだけの材料が乗って¥2000はお値打ちです。ご主人の矢口さんはてんぷらの名店「みかわ是山居」で修業されて独立された方だそうで、美味しいのは勿論なのですが、「たれ」がお出汁が効いていて甘さを抑えた感じで素材の良さによく合っています。ご飯もたっぷり入っています。女性には少し多いかも。ごはんを軽めにしてもらうのだったと後で後悔しました。それでもほぼ完食です。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13248312/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、膠着状態変わらず。クロス/円、小じっかり。上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は値幅の小さい足で終え、膠着状態から抜け出していませんが、若干上値余地が拡がる可能性があるので、105.20-30で軽く押し目買い。損切りは104.80で撤退です。売りは105.70-80で戻り売り。損切りは106.30で一旦撤退としています。日足の抵抗が105.70-80、106.20-30、106.50-60にあり、これらを大きく上抜けるにも無理があると見ています。また、105円割れで終えた場合は104円台の下値抵抗をどこまで切り崩せるかトライする動きへ。104円割れを見た場合は下落幅が一段と拡がり易くなります。

ユーロ/ドルは2手連続陽線引けとなり、上値余地を探る動きに繋げていますが、9/1に付けた1.2011を基点として上値を切り下げる流れからは上抜けきれておらず、下値リスクを残した状態です。買いは1.1710-20で押し目買い。損切りは1.1680で浅めに一旦撤退です。売りは1.1780-90で戻り売り。損切りは浅い場合で1.1830、深い場合は短期トレンドを強気に戻す1.1860で撤退です。

ユーロ/円は続伸となりましたが、125.00超えで終えるまでは日足の形状が改善せず、下値リスクを残した状態です。買いは123.50-60で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する122.80で撤退です。売りは124.40-50で戻り売り。上値余地を124.70近辺まで見て置く必要があります。損切りは125.20で撤退です。

ポンド/ドルは実体が小さい陽線引けとなり上値トライの可能性に繋げていますが、上ヒゲがやや長く上値トライに失敗していることや、1.3050-60の抵抗を上抜けきれずに反落する流れにあるので、下値リスクへの警戒も必要です。買いは1.2900-10の押し目待ちとしています。損切りは1.2840で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。売りは様子見です。

ポンド/円は小幅続伸となりましたが、137円台乗せに失敗しており、上値余地が限られる可能性がより高い状態です。買いは様子見です。売りは137.00-10で再度売り狙い。損切りは137.60で浅めに撤退するか、深い場合は138.10で撤退です。138円台を回復して引けた場合は強気に変化します。

豪ドル/円は小陰線で終え、上値の重い展開となっています。74.00-20ゾーンの下値抵抗を守っていますが、74円割れで終えた場合は一段の下落に注意が必要です。買いは74.00-10で押し目買い。損切りは73.70で撤退でう。売りは75.00-10の戻り待ちとしています。損切りは75.50で一旦撤退です。

今日のランチはおにぎり屋さんの定食を食べて来ました。明治時代から続く神戸の米卸の「神明」さんがが運営している「穂(みのり)」というお店です。場所は人形町の交差点から小舟町方向へ100メートルほど進んだ所の路地をちょこっと入ったところにあります。店内は明るく、お席も密を避けた配置になっています。スタッフさんもおにぎりを作っている方も皆女性ばかりで、接客の感じも良いので店内が一層明るく感じるのかもしれません。

おにぎり2個(一個はお好みのものを選びます)、メインのおかず、お味噌汁が付いて¥700です。お結びは黒ゴマがトッピングされた塩結びと、選べる1個は博多明太子にしました。塩結びはご飯の美味しさがわかるごまかしの効かないお結びです。おかずを鶏の唐揚げにして大正解でした。明太子は中にたっぷり入っており、おかずが無くてもボリュームたっぷりで飽きない美味しさです。今日のおかずはそのほかに白身魚のフライでした。お店で食べるより少し小ぶりのおにぎり2個とおかずが付いて¥500のお弁当も売っています。時間が無い方はこちらもお勧めです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13245802/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル円、膠着。クロス円は小じっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は狭いレンジ内での膠着状態が続いています。上昇エネルギーが強いものではないので106円台はまだ壁となりそう。一方で105円台を割り込んで来ないと下値余地も拡がり難い状態です。104円割れで終えた場合は新たな下落トレンド入りの可能性が高くなります。買いは105.00-10で買って104.80で浅めに一旦撤退です。売りは105.80-90で戻り売り。106.20で浅めに一旦撤退です。106.10~106.60ゾーンに日足、週足の抵抗がありますが、しっかり上抜けて越週出来れば上値余地がもう一段拡がり易くなります。この場合でも108円台はまだ壁。

ユーロ/ドルは小反発。下値抵抗を守っていますが、上値も切り下げており、1.1810-20の抵抗をしっかり上抜けて終えるか1.1850-60の抵抗をクリアしない限り、下値リスクにより警戒が必要です。買いは1.1620-30の押し目待ち。損切りは1.1580で撤退です。売りは1.1780-90の戻り待ち。損切りは1.1830か深い場合は短期トレンドが変化する1.1860に置く必要があります。

ユーロ/円は小反発。上値を切りさげる流れにあるので125.00超えで終えない限り、上値余地も拡がり難いでしょう。買いは123.00-10で押し目買い。損切りは122.80で浅めに一旦撤退です。122.40以下で越週した場合や122.00割れを見たら一段の下落リスクに要注意。売りは124.40-50の戻り待ち。損切りは125.20で撤退です。

ポンド/ドルは寄せ線に近い形となりました。下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げており1.3050-60の抵抗を実体ベースで上抜けて終えない限り、上値余地も拡がり難い状態です。買いは12890-00で押し目買い。損切りは1.2840で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。

ポンド/円は小陽線で終え上値トライの可能性に繋げていますが、日足の形状が悪化し始めており、買いは1日様子見です。売りは137.00-10で戻り売り。損切りは浅い場合で137.60、深い場合は強気に変化する138.10で撤退です。

豪ドル/円は小陰線で終えています。日足は下値リスクがより高い状態ですが、下げ余力の強いものではなく、また74円台の強い下値抵抗ゾーンにあるので、売りは突っ込まず75.10-20の戻り待ちとします。損切りは75.60で一旦撤退です。買いは様子見か74.20-30で軽く押し目買い。損切りは73.80で撤退です。74円割れで終えた場合は新たな下落リスクが生じます。76.50超えで終えない限り、強気に変化しません。

昨日の日曜日は久しぶりに良い天気になり、朝のうちにお洗濯ものを外に干して、気になっている100均ショップのセリアに行くことに。その前に友人の住んでいるところからも近いので、錦糸町に11時に待ち合わせて早めのランチを食べることにしました。燕グリルにでもしようかと相談していたのですが、姪ごさんんがハンバーグなら「シェーンズバーグ」が美味しいらしい、と聞きアルカキッド10Fあるお店に行ってみました。11時開店ですぐにお席に通されました。二人ともハンバーグを食べる気満々で行ったのですが、和風ソースのかかったサーロインステーキに目がいってしまい、私は180gのステーキセットにカキフライ1個を追加、友人は小さいサイズのステーキと広島産のカキフライ2個がセットアになったものにしました。お肉は柔らかくて思ったよりボリュームがなく、サラダとライスも完食していました。カキフライも小ぶりでしたが熱々ジューシーで美味しかったです。

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13050134/

そしてセリアを散策して小ぶりの水切りの付いたボールや雑貨をちょこちょこ買って大満足。ダイソーとまた置いているものが少し異なって、小じゃれたものもあって女性に人気のあるのがよくわかります。久しぶりに友人とも会えてなんだか気持ちが和みました。

https://www.seria-group.com/shop/detail.html?code=000001533

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

ドル/円、クロス/円、下げ渋り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円は小陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、強い上昇エネルギーも感じられないので106.00超えの抵抗を上抜けるには力不足と見ています。105.00の下値抵抗も守っており、104.40以下で終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは105.20台を軽く買って104.80で一旦撤退するか、104.50-60の押し目待ちとします。この場合の損切りは新たな下落リスクが点灯する103.80で撤退です。売りは105.90-00の戻り待ち。損切りは106.20で一旦撤退するか、深い場合は106.70で撤退です。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、上値を切り下げています。1.1700に戻して引けており、反発に転ずる可能性を残していますが、上値を切り下げており、日足の形状が悪化し始めているので1.1810-20の抵抗を上抜けて終えるか1.1850-60の抵抗をクリアしない限り、下値リスクにより警戒が必要です。買いは1日様子見か1.1620-30の押し目を軽く拾って1.1580で撤退です。売りは1.1770-80の戻り待ち。損切りは1.1830で一旦撤退するか、深い場合は短期トレンドが変化する1.1860に置く必要があります。1.1600割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。

ユーロ/円は寄せ線で終えています。123.00-10の下値抵抗を守って引けていますが、上値を切り下げており125.00終えで終えるまでは下値リスクを残した状態です。122.40以下で終えた場合は短期トレンドが"ユーロ弱気"に変化します。買いは123.00-10で押し目買い。損切りは122.40で撤退です。売りは124.40-50のの戻り待ちとします。損切りは125.20で撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなり、1.30台を維持できずに終えています。下値を切り上げる流れを守っていますが、1.3050-60の重要ポイントを上抜けて終えることが出来ずに反落しており、下値リスクにも注意が必要です。買いは1.2890-00以下で押し目買い。損切りは1.2840で撤退です。これが付いた場合は"ニュートラル"な状態に戻します。1.2700割れで終えるか1.2650割れを見た場合は弱気に変化して一段の下落に繋がり易くなります。売りは様子見か、1.3000-10で戻り売り。損切りは1.3060で撤退です。

ポンド/円は陰線引けとなりました。上値が重い感がありますが、短期トレンドの変化が認められないので突っ込み売りにも注意が必要です。また、短・中期の移動平均線が収束しており、一方向へ抜け出す可能性に注意が必要です。138円台で終えれば一段の上昇へ、逆に134円割れで終えた場合は弱気に変化して一段の下落に繋がり易くなります。買いは135.50-60の押し目を軽く拾って134.80で撤退です。これが付いた場合は下値リスクが点灯します。売りは様子見です。


豪ドル/円は続落。74円割れトライには失敗していますが、75円台を維持できずに終えており、日足の形状が悪化しています。買いは損切りが付いたので1日様子見か74.20-30で押し目買い。損切りは73.80で撤退です。売りは75.00-10で戻り売り。損切りは75.30で撤退です。74円割れで終えた場合は一段の下落に繋がり易くなります。短期トレンドは76.50超えで終えない限り、大きく変化しません。

金相場も6400円台の下値抵抗を守っていますが、上値を切り下げる流れから上抜けておらず、6520~6550円の上値抵抗をしっかり上抜けて来ないと下値リスクが軽減されません。6600円台を回復して引けるまでは下値リスクへの警戒も必要です。対ドルでは1930ドル台回復でニュートラルから若干強気。1960ドル台で終えれば強気に変化して対ドル、対円でも一段の上昇に繋がり易くなります。逆に1880ドル割れで終えた場合は下値リスクに注意。1850ドル割れを見た場合は弱気に変化して1800ドル台の足元を固め直動きが強まり易くなります。この場合は金円も6350円割れを見て6000~6200円の足元を固め直す動きへ。

水星逆行の期間に入って来たので金融市場も上下に振らされる可能性に注意する必要がありそうですね。

では皆さま良い週末をお過ごし下さい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
Vegi&Fishお食事券
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示