川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

川口一晃(かわぐち・かずあき)

金融ジャーナリスト、経済評論家。1986年より11年間、ファンドマネージャーを務める。現在はテレビ、ラジオなどレギュラー多数。月9などのドラマの監修にも従事。著書も多数。

ホームページ

コレモニナカノ円

ブログ

コレモニナカノ円

メルマガ・セミナー

メルマガ
メルマガ

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

5月31日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「堅調な展開は続くのか」

前回のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在していたADラインを越えて行くことが出来るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点が位置する時間帯以降も堅調な展開が続きADラインを越えてきている。

次の注目日は6月3日前後である。

A点水準:約90万円
B点水準:約50万円
C点水準:約75万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま堅調な展開は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
引き続きADラインに注目したい。

上値抵抗線から下値支持線に替わったADラインを維持することが出来るのか否かが、すなわち堅調な展開が続くのか否かということでもある。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。B点が位置する時間帯を通過した後も上昇が続いている。また、下値支持線DEラインが控えているからである。

ただし、時間の逆行が生じる上値抵抗線AEラインが存在していることから、終値として大幅上昇する可能性は低いであろう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上述したように、強い上値抵抗線AEラインが存在している。また、C点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

大きく上昇しているが、遅行スパンが26日前のローソク足に接近している。ここから一段高が出来るのか否かがポイントになろう。

「流れは続くのか」

先週のレポートでは、ADラインに注目した。右肩上がりのADラインを維持することが出来れば、底堅い動きが続くと期待されたからだ。

実際には、ADラインを維持しながら2万円台後半で推移している。

次の注目日は6月3日前後である。

A点水準:約2万円
B点水準:約4万5千円
C点水準:約3万5千円

イーサリアムチャート

今週のポイントは現在の底堅さが続くのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

直近、B点が位置する時間帯に到達した。しかも同事線に近いローソク足も出現している。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持している。下値支持線ADラインを維持しながら推移をしている。また、ADラインの下方には下値支持線AEラインも控えているからだ。
この場合、D点水準を試す可能性はある。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯gあ変化日となる可能性がある。また、その次にはC点が位置する時間帯も控えているからである。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上方を底堅く推移している。

「ダブルトップ形成か」

先週のレポートでは、ABラインに注目した。上値の重たい展開に移行するのであれば、右肩下がりのABラインに沿って推移していくことが考えられるからだ。

実際には、ABラインに到達すると同時に反発に転じ、戻り高値を試す動きになっている。

次の注目日は6月8日前後である。

A点水準:約55円
B点水準:約30円
C点水準:約70円

リップルチャート

今週のポイントはこのままダブルトップを形成するのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

B点が位置する時間帯にかけて戻り高値付近の水準に到達したことから、ダブルトップを形成した可能性がある。このまま上値の重たい展開に移行するのか否かがポイントになる。

(現在のシナリオ)
底堅い動きが続いている。ABラインを越えた後は上昇が続いている。また、下値支持線BCラインが控えているからである。
この場合、50円台を固めることが出来るのか否かにも注目。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性がある。B点が位置する時間帯で流れが変わることで、ダブルトップを形成する可能性があるからだ。
この場合、再び30円台に入って来ることになろう。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の上方を推移しているものの、先行スパン2が上の雲の上方であることから、上値は限定的の可能性がある。

  • はてなブックマーク
川口投資道場

5月24日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「変化日で反応」

前回のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯にA点に到達したことで、A点が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。

実際には、A点で上ヒゲの長いローソク足が出現した後は、上値を抑えられた形で推移をしている。つまり、A点で反応したと考えられる。

次の注目日は5月26日前後である。

A点水準:約90万円
B点水準:約50万円
C点水準:約75万円

ビットコインチャート

今週のポイントは上値は重たくなるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
AD点に注目したい。
上値抵抗線として存在しているADラインを越えることが出来ない限り、上値の抑えられた形となり、次第に上値の重たい展開に移行していくことが考えられる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。A点が位置する時間帯以降は上値を抑えられているものの大きく値を下げることなく推移している。そして、B点が位置する時間帯が変化日となり、再び上昇に転じる可能性はある。
この場合はADラインを越えて100万円を試す動きになろう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。A点が位置する時間帯に上ヒゲの長いローソク足を示現し上昇が止まっている。また、上値抵抗線ADラインが控えている。そして、右肩下がりのACラインに沿って推移をしているからだ。
この場合、C点水準を目指す動きになっていこう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

一目均衡表を見る限り、堅調な展開が続いている。ただし、雲との乖離が大きくなっていることには注意をしたい。

「流れは変わるか」

前回のレポートでは、ABラインに注目した。上値抵抗線として存在していたABラインを越えたことから、以降はABラインが下値支持線となることが期待されたからだ。
実際には、ABラインを下回ることなく底堅い動きを見せた。

次の注目日は5月28日前後である。

A点水準:約2万円
C点水準:約4万5千円

イーサリアムチャート

今週のポイントは堅調な展開を維持できるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。
堅調な展開を維持するのであれば、右肩上がりのBDラインを下回ることなく推移していくことが期待されるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。上値抵抗線として存在していたABラインを越えた後はABラインを下回ることなく推移をしている。また、右肩上がりのBCラインおよびBDラインが控えているからだ。
この場合、3万円台に乗せていくことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯に同事線が出現した後は値を上げることなく推移していることから、B点通過後より流れが変わる可能性があるからだ。
この場合は2万円を割り込むことが考えられる。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

転換線および基準線の上方を推移し、堅調な展開が続いている。

「このまま上値が重たくなるのか」

前回のレポートでは、B点に注目した。B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点が位置する時間帯に高値を示現し、その後は値を下げてきている。

次の注目日は5月27日前後である。

A点水準:約46円
B点水準:約70円
C点水準:約55円
D点水準:約30円

リップルチャート

今週のポイントはこのまま上値の重たい展開に移行してしまうのかということである。

<あくまでも個人的見解>
CDラインに注目したい。
このまま上値の重たい展開に移行するのであれば、右肩下がりのCDラインに絡みながら推移していくことが考えられるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開を維持する可能性はある。D点が位置する時間帯が変化日となり下げ止まる可能性がある。また、下値支持線DEラインも控えているからだ。 この場合、5万円台に乗せていくことが考えられる。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性が出てきた。B点が位置する時間帯に高値を示現後、下落に転じている。また、C点が位置する時間帯を通過した後も下落が続いている。そして、上値抵抗線CDラインが効いているからだ。
この場合、D点水準を試すことが考えられる。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の上方を推移していることから、底堅い動きが続くと期待される。

  • はてなブックマーク
川口投資道場

5月17日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「上昇は続くのか」

前回のレポートでは、A点に注目した。A点が位置する時間帯を通過することで新しい流れが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、A点の時間帯より再び大きく上昇。ABラインに沿ってB点に到達した。

次の注目日は5月26日前後である。

A点水準:約65万円
B点水準:約90万円
C点水準:約50万円

ビットコインチャート

今週のポイントはこのまま上昇は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

直近、ABラインに沿ってB点に到達した。また、BFラインを越えて行くと「時間の逆行」が生じてしまうことから、B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わる可能性があるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。上値抵抗線BCラインおよびBDラインを越えてきている。ただし、ここからの上昇は緩やかになっていくことが考えられる。すなわち、早々に終値として100万円を越えて行くのは確率的に低いのではなかろうか。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯が変化日となる可能性がある。しかも、B点が位置する時間帯で上ヒゲの長いローソク足が出現している。また、BFラインを越えると「時間の逆行」が生じるからである。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

上昇トレンドが続いている。ただし、雲から大きく乖離していることから、動きが鈍化していく可能性はある。

「節目を越えた」

前回のレポートでは、ADラインに注目した。イーサリアムの値動きを見てもわかるように、ADラインの水準が上値の節目になっていたことがわかる。そのADラインを越えてきたことで、堅調な展開が鮮明になっている。

次の注目日は5月20日前後である。

A点水準:約2万円
B点水準:約3万5千円

イーサリアムチャート

今週のポイントは堅調な展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ADラインに注目したい。

上値の節目であるADラインを越えたことから、今後はADラインが下値支持線になっていく。したがって、ADラインを割り込まない限り、堅調な展開が続くことが期待されるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。上値抵抗線ADラインを越えたことで、ADラインが下値支持線となっている。上値抵抗線BDラインも越えてきている。そして、C点が位置する時間帯を通過した直後より上昇が続いているからだ。
この場合、3万5千円が上値の第1メドになってこよう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。上値抵抗線CDラインが存在している。また、真横に新しいペンタゴンが描き足される場合に、CDラインに到達すると流れが変わることが多いからだ。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上限を越えたことで、雲の上限が下値支持線となっている。

「高値を更新」

前回のレポートでは、A点に注目した。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるA点を通過したことで、流れが変わるのか否かがポイントになったからだ。

実際には、A点を通過した直後より大きく上昇。上値抵抗線ADラインを越えて、ACラインに到達している。

次の注目日は5月20日前後である。

A点水準:約46円
B点水準:約70円
C点水準:約55円
D点水準:約30円

リップルチャート

今週のポイントは高値更新は続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

直近、B点が位置する時間帯に到達した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
堅調な展開となっている。上値抵抗線ADラインを越えてきた。また、右肩上がりのACラインに到達したことから、ACラインに沿って推移していくことが期待されるからだ。

この場合、C点水準が上値の第1メドになってこよう。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。B点が位置する時間帯が変化日となる可能性がある。また、上値抵抗線CDラインが控えているからだ。

この場合、約40円が下値のメドとして考えられる。

<一目均衡表>
リップルチャート

雲の下方から上方へと越えてきた。したがって、堅調な展開が続くことが期待される。ただし、雲のねじれの位置が接近していることには注意をしたい。

  • はてなブックマーク
川口投資道場

5月10日 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)テクニカル分析

  • はてなブックマーク

「再び上昇」

前回のレポートでは、B点に注目した。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで、新しい動きが出るのか否かがポイントになったからだ。

実際には、B点を通過直後に上値を抑えられる動きにとなったのだが、C点が位置する時間帯より再び上昇に転じD点水準に到達した。

次の注目日は5月15日前後である。

A点水準:約75万円
B点水準:約61万円
C点水準:約50万円
D点水準:約65万円
E点水準:約90万円

ビットコインチャート

今週のポイントはどこまで上昇が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。

D点が位置する時間帯にD点に引き寄せられた。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

このまま堅調な展開が続くのであれば、DEラインに絡みながら高値水準を探る展開となろう。逆に、上値の重たい展開になるのであれば、右肩下がりのDFラインを意識する動きが考えられる。

(現在のシナリオ)
堅調な展開が続いている。D点が位置する時間帯を通過直後も陽線が続いている。そして、上値抵抗線として位置しているDFラインをも越えてきたからだ。
この場合、70万円台乗せからA点水準が上値の第1メドか。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。D点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。 この場合、DFラインを意識した動きから60万円を割り込んでいくことになろう。

<一目均衡表>
ビットコインチャート

堅調な展開が続いている。右肩上がりの雲に沿って推移していることに加え、遅行スパンも26日前のローソク足の上方を推移しているからだ。

「節目を越えるか」

前回のレポートでは、ABラインに注目した。右肩上がりのABラインに到達することで、節目を越えて堅調な展開が鮮明になる可能性があったからだ。

実際には、ABラインを割り込み、しかも節目のBDラインを越えることは出来ずに推移をしている。

次の注目日は5月20日前後である。

A点水準:約2万円

イーサリアムチャート

今週のポイントは節目を越えることが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。

このBDラインはイーサリアムの大きな節目になっている。この節目を越えることが出来るのか否かは重要である。
越えることが出来れば一気に強気が広がるのだが、越えることが出来ないのであれば再び軟調な展開に移行していくことになろう。

(現在のシナリオ)
底堅い動きは維持している。下値支持線と期待されたABラインを割り込んだ後も値を大きく下げることなく推移をしている。また、B点が位置する時間帯を通過した後もわずかではあるが価格水準を上げてきているからだ。
この場合、BDラインを越えて行くことが期待される。

(第2シナリオ)
上値の重たい展開に移行する可能性もある。上値抵抗線BDラインを越えることが出来ない。そして、C点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性があるからだ。

<一目均衡表>
イーサリアムチャート

雲の上限を維持し、堅調な展開は保っている。

「上値の重たい展開が続く」

前回のレポートでは、ADラインに注目した。下値支持線として位置しているADラインを割り込むと真下に新しいペンタゴンが描き足され、更に弱気が広がる可能性があったからだ。

実際には、ADラインを割り込むことはなかったが、ADラインにすぐ真上を平行に推移している。

次の注目日は5月15日前後である。

A点水準:約30円
B点水準:約46円

リップルチャート

今週のポイントは上値の重たい展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。

ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるB点を通過した。したがって、このB点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

(現在のシナリオ)
上値の重たい展開が続いている。下値氏支持線ABラインを割り込んだ後は右肩下がりの展開が続いている。また、上値抵抗線BDラインも控えているからだ。 この場合、ADラインを割り込む可能性がある。割り込むと弱気が広がることから、要注意である。

(第2シナリオ)
下げ止まりから堅調な展開に移行する可能性はある。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで流れが変わる可能性がある。また、下値支持線ADラインも控えているからだ。

<一目均衡表>
リップルチャート

軟調な展開が続いているのがわかる。雲から下放れる動きが続いているからだ。

  • はてなブックマーク
川口投資道場

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示