HOME > 酒匂隆雄の畢生の遊楽三昧 > 酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」第8回
バックナンバー
第8回 酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

 

国内外の銀行で為替ディーラーとして活躍され、その華麗な取引手腕から「貴公子」と称された酒匂隆雄さん。為替ディーラーの第一人者の顔とは別に、レーシング、海外旅行、ワイン・グルメに温泉旅行と、様々な趣味をお持ちで、人生を楽しく過ごすことに関しても一流人です。

このコンテンツでは、楽しい話題や日々の生活、たまには為替マーケットについて語っていただきます。

 

二度に渡ってゴルフ、車と自分の趣味をご披露してきたが、いよいよ今回は最後のワインについて。

私の名前は酒匂で、お酒が匂うと書く。あまり見ない名前であるが鹿児島出身で、今まで何人かお会いした同性の方々も、いずれも鹿児島出身であった。昔は親戚だったんでしょうな。

名は体を表すと言うが、勿論酒は大好きである。薩摩隼人の血を引くので相当飲める(つもりである)。そして、あまり酔った事がない。

若い頃はもっぱらウィスキーを炭酸で割って飲むのが好きだったが、いつ頃からかワインが好きになってしまった。私は外資系の銀行に1974年から2001年まで務めていたので海外に行くチャンスが多かったが、特に後半、欧州系の銀行に勤める様になってからはワインを飲む機会がぐんと増えた。

別に打算でワインを飲み始めた積りは無いが、欧州では食事の時にワインを飲むのが当たり前で、多少の知識を持ち合わせていないと恥をかく。こちらは出張で行っているので、向こうも高待遇で接してくれて良いレストランに連れて行ってくれる。

酒匂隆雄

先ずはソムリエから「アペリティフ(食前酒)はどうなさいますか?」と聞かれるので気取って「ドライ・シェリー」とか「a glass of dry champagne,please.」(辛口のシャンパンをグラスでお願いします)とか言うと、ホストが「ほほう」という顔をする。

「ではシャンパンから始めよう」と言い、何か希望のブランドはあるかと聞くのでまた気取って「アンリ・ジローなんていいねえ」と言うと、また「ほほう」となってフルボトルを注文してくれる。

もうこの頃には会話も結構進んでいるから、ワインの話や車の話が弾めば、もう商談は半分終わったようなものである。後は食事に合わせて白ワイン、そして赤ワインを『遠慮無く』所望すればもうそれでよし。

「こいつ日本人にしてはワインの事をよく知っているな」と思われたらもうこっちの物。その後の商談も上手く行くし、次のアポイントもスムーズに取れる。

ソムリエ

日本にワイン文化が浸透してきたのは、まだ20年くらいのものであろうか?それまではワインと言えば「ポートワイン」と言うワインではない物に感化されて、「ワインは甘い物」だと言う先入観があった。

ワインブームの火付け役は、何と言っても1995年に第8回世界優秀ソムリエコンクールにおいて、日本人として初めて優勝を成し遂げた田崎真也さんであろう。

私も何度かお会いして話をした事が有るが、田崎さんはそれまでの日本におけるワインの先入観を覆すべく、ワインは楽しい物、気軽な物、そして美味しい物であることを非常に軽妙なタッチでお話しされ、それがきっかけで日本にワインブームが起きたのである。

ラグビー日本代表がワールドカップで優勝候補の南アフリカを破って、急に我が国にラグビーブームが起きたが、まあ似た様なものなのかな?

私は田崎さんが優勝する数年前の1987年から1988年まで、日本で最初のワインスクールであった「アカデミー・デュ・バン」に通ったが、まあ出来の悪い生徒であったであろう。

銀行員である私以外はCA、ワインの輸入業者、食品関係者で皆ソムリエの資格を取ろうと一生懸命勉強していたのだが、その頃はワインのサービスや販売に携わる人しかその資格は取れず(要するに銀行員は駄目と言う事)、別に不貞腐れた訳ではないが「どうせ取れない資格を取る為に頑張っても仕方ない」と何も覚えようとはしなかった。

他の連中は「うーん、これは小さい頃丘で嗅いだレンゲ草の様な香りだ」などと歯の浮く様な説明をしている時に、私だけは「うん、これはいい香り。うん、これは後味がいいね」などと小学生の様な説明をして先生から呆れられていた。

ふーん、あれからもう28年も経つんだ。

あ、忘れる前にもう一つ。
よく結婚式で変な器に入って乾杯で出て来る、甘いスパークリングワインが日本のシャンパン文化を駄目にした。これで「シャンパンは甘い物だ」と言うイメージが出来てしまった。

司会が「さあ皆さんお立ち頂いて、○○さんのご発声と共にシャンペンで乾杯いたしましょう」と言うが、あれはシャンパンではない。そう、スパークリングワイン(泡立つワイン)なのである。フランス・シャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインしかシャンパンとは呼んではいけないのだ。

おっとう、もうこんなに好き放題を書いてしまって、ワインについての話が出来なかった。来週はシャンパン、白そして赤ワインの特徴などについて話してみましょう。

ポートワイン

シャンパン

白ワイン


酒匂隆雄氏プロフィール

酒匂隆雄  さこう・たかお

酒匂・エフエックス・アドバイザリー 代表

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
トレトレ会員募集
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
HSBC香港活用マニュアルセット
HSBC香港法人口座活用マニュアル
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示