HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風 vol.90」 ミッキー・チャン
バックナンバー
楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風vol.90」

香港のアルコール市場の動向

楢橋
ここ10年で香港でのアルコール市場、そして人々のアルコールの消費の動向は変わったかと思いますが、チャンさんの見解を教えてください。
チャン
人々のワインへの向き合い方は確実に変わりましたね。先程もお話したように、免税扱いになってからは、更に多くの国のワインが気軽に飲めるようになりました。これまで知らなかった世界が一気に広がると消費者はより良い品質のものを求めるようになるものです。
楢橋
とは言え、香港の経済状況は小売業を中心にまだ厳しい状況ですよね。10年前ですと、景気が良かったかもしれませんが、経済状況のアップダウンというのはアルコール市場にどのような影響をもたらすと思いますか?
チャン

当然ですが、景気が良いと人々はアルコールの消費が高まります。低迷しているときはその逆になりますよね。ただし、こうしたワインの教育分野に関しては違うんですよ。

 

楢橋
景気に左右されないということですか?
チャン
そうです。例えば、もし景気が良かったら、向上心が高まり、新しいことを学びたいという気持ちになります。もっとプロに近くになりたいと思うようになるわけです。認定資格を取得する事でよりプロフェッショナルになろうとするのです。

一方で景気が悪い時はどうなのか?実はこの時も同じ心理が働くことが多いのです。つまり、不景気だからこそ、何か学んでステップアップしたい、より有利な業界での職を求めて知識を増やしたいという向上心ですね。
楢橋
なるほど。それはとても興味深いことですね。ということは今のこの不安定な経済状況もさほど影響は受けていないということでしょうか。
チャン

それでも、厳しい面は少なからずありますね。教育分野に関しては安定していますが、ワインに関連する物流・小売業などはやや厳しい状況ではあります。というのも、昨今の経済が不安定で販路拡大が厳しくなっているからです。

さらに、飲食・小売業界の景気は回復しておらず、ワイン市場がやや飽和状態でもあります。当校では、こうした流れを見込んで2012年から香港で最初の「日本酒課程」を開講しました。受講される方は、好きが高じて利き酒師の資格を取得したいと頑張っている方、日本食レストランに勤務されている方がより知識を高めたいなど様々です。

開講した当初はまだ今のような人気はありませんでしたが、必ず日本酒のブームは来ると確信していました。今後は、より力を入れていくのは「日本酒」のクラスであり日本酒に関連する事業です。

 

  • はてなブックマーク
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
トレトレ会員無料登録はこちら
第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
神明の花火大会ツアー現地レポート
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示