HOME > 楢橋里彩のASIAN旋風・香港彩り情報 > 楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風 vol.2」 土屋明子 後編
バックナンバー
楢橋里彩レポート「世界を席巻ASIAN旋風vol.2」
インタビュー収録日:2014年1月28日

広報というお仕事をサポートするおもしろみ

プレスリリースを中心に企業のPRをサポートする株式会社バリュープレス。その代表取締役社長である土屋明子さんの後編です。前編は、バリュープレスという会社が具体的にどんな事業をされているか、代表取締役に就任するまでの経緯などをお伺いしました。 後編は、バリュープレスの今後のビジネス展開について詳しくお伺いしております。

前編をまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ!→<楢橋里彩レポート vol.1>

文化の違う会社が合併するとまとめるのも大変だけど、良い科学反応もおきます

楢橋
前回までのお話しで、親会社からスピンアウトされたイメージでPR専門の会社となったわけですが、そこで社長に就任されて、2012年にはクラシックコミュニケーション株式会社と株式会社バリュープレスの合併によりバリュープレスの代表取締役に就任されましたね。経営者になって見え方は 何か変わりましたか?
土屋
改めて会社にはPRが大事だと思いました。何度も同じ事を言ってますが(笑)

実際に会社を経営していると、今まで広報担当者として現場の視点で考えていましたが、改めて経営者の立場で、社内外とのコミュニケーションが重要だと思い知らされました。

一方で会社の運営という面では、合併後の社内をどうまとめるべきか、最初は苦戦しました。当初はカルチャーが全然違ったため少しでも距離を埋めようと、飲みに誘ったりしたのですがよくフラレてましたね・・・(笑)。

で結局、逆に全く気を使わないことにしました。最初はどうしてもその場の雰囲気を壊したくないと思っていました。でも、ここぞというときはしっかりと主張するようにしたのです。視点を社内ではなく、お客さんに向ける。良いサービスを作りたい、お客様の視点で考える。今から考えるとそれが良くて、距離を縮められたかもしれません。
楢橋里彩
彩り亜細亜地図

オフィシャルブログ
「彩り亜細亜地図」

楢橋
もともとバリュープレスは、ウェブサービスに特化した会社だったんですよね。一方の土屋さんの方はこれまで顔を向き合わせて営業してこられた。立場は大きく異なりますよね。
土屋
確かに葛藤はありました。営業をしてきた立場としては、どうしても直接お客様にお会いしたいと思いました。ですが合併して一気に顧客は100倍に。物理的にも難しい。ValuePress!は3万社と、日本一の利用を誇るサービスです。

大切なのは、お客さんにとって時間をとらせずに安価で良いものをつくり、的確にPRができるか、だと考えるようになりました。
楢橋
広報をシステム化することと、face to faceの営業、バランスよくこなすためには?
土屋
私たち自身をオープンにしていくことです。毎週ウェブマガジンをだしています。これ実はうちのエンジニアも含めて全スタッフで書いているんですよ。バリュープレスにはこんなスタッフが働いているんだとか、エンジニアとしてこんなことを考えているとか、こんなふうにシステムを作っているとか、企業内の部分を見せることで親近感を持ってくださる方もいらっしゃると思います。 ウェブサービスを中心にしながらも人肌の感じられるサービスを目指していきたいと思っています。
土屋明子
  • はてなブックマーク
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
500円相当ビットコインプレゼント
新型コロナウイルス抗体検査キット
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
HSBC香港ラクラク口座開設キット
損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険OFF!
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示