若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

書籍



トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

豪華景品が当たる?!無料オンライン投資セミナーのお知らせ

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

みなさん、こんにちは。トレトレ編集部です。

トレトレ編集部より、無料オンライン投資セミナーのお知らせです。

2月25日(木)20時より、Youtubeライブ配信にてトレトレでもおなじみ酒匂隆雄氏と川口一晃氏による無料オンライン投資セミナーを開催いたします!

--------------------------------------------------
開催日 :2021年2月25日(木)20:00〜21:00
配信方法:Youtube ライブ配信
参加方法:申込ページより事前登録
参加費 :無料
参加特典:参加者全員に当たるプレゼントあり
--------------------------------------------------

Youtubeによるライブ配信なので、PC・スマホをお持ちであればどなたでもご参加いただけます。

参加者全員にあたるプレゼント企画を行いますので、ぜひ最後までご視聴いただければ幸いです。

▼詳細はこちら▼
https://www.trade-trade.jp/kawaguchi/seminar/202102/

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

ワクチン摂取録

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

12月から始まった、米国の新型コロナウィルスのワクチン接種が大分進捗しつつある。

2月11日現在の数字では全米で完全接種者が3.4%、部分接種者(2回のうちの1回の接種を受けた人)は10%となっている。

2月11日の新規感染者は10万5千人、死者は3878人が全米で記録されている。

ワクチンの供与で新規感染者は30万人超から、日によっては10万人を切るところまで落ちてきている。死者のほうはもう少し数字が乱高下して多い時は3000人超、少ない時は1800人とか2000人を割ることもある。

バイデン大統領になって、最優先の施策としてこのワクチン接種が叫ばれ、1月中はなかなか予約が取れなかったが、ここへきて急に予約がスムーズにとれるようになった。

これまでは、そのワクチン用のウェブにアプローチして予約するのだが、すでに何カ月も先まで予約済みで、キャンセル待ちを狙うことしか方法がなかった。

その方法で1週間やってみたがやっととれたのが3月30日の予約である。

今週に入って、ワクチン用のホットラインが急速に普及して、ホットラインでアプライしたところ火曜日に電話して木曜日の予約ができた。2月9日にアプライして2月11日の接種である。3月30日の分はキャンセルした。

我々は65歳以上なので、今優先的に予約ができる。

マンハッタンでは西側の34-37丁目にある巨大な会議場ビルであるジャビッツ・センター

という見本市会場に使う大きな入れ物で接種する予約である。

 

巨大な空間なので何千人入っても大丈夫だが、建物には数百人の州兵が配置されており、会場に到着すると、その州兵に要領を聞くことになる。

州兵のインストラクション(指示)で、最初のレジストレーション(登録)のところに行くと、数十人の係員が配されており、まったく行列することなく簡単にレジストレーションは終わった。

次は書類の整備であるが、其の書類チェックの係まで巨大な空間の中を100メートルぐらい歩く。やはり100人以上の担当がいて100個以上の机に座って書類のチェックである。

全く待たせることはない。あらかじめショートメイルできている書類に必要事項を書き込んで返事してあるので、その内容のチェックである。大事なものは医療事故の免責の書類だろう。さらに65歳以上であることを運転免許証などのIDでチェックする。

 

係の人はコンピューターで書類をチェックし、OKが出るまで5-6分の時間がかかる。

それが終わると兵隊さんが次はこっちと案内してくれてさらにそこから50メートルほど歩いたところにある接種の注射をする看護婦さんが50人ぐらいいる場所へ行く。

とにかく場所が広いので50人の看護婦がゆったりと配置されており、そのうちの一つに行って接種を受ける。まったく待ち時間はない。

そこで看護婦にこれから接種するワクチンはファイザー社のワクチンで、その注意書きのパンフレットを渡される。パンフレットを読むひまはないので、そこで接種となる。

そこで次の2回目の接種の日にち21日後の3月4日の予約のカードを渡される。

接種が終わると、その場所からさらに50メートルほど歩いたところに数百の椅子が置いてある。そこは州兵が管理しているエリアで、接種済みの人に異常が出ないかどうか15分のオブザベーション(観察)をすることになっている。

 

15分が終わると、それで終了である。

1時40分の予約に対し1時半に現地に到着、最後のオブザベーション終了が丁度2時であった。全く待たされることがなくスムーズに進行した。

最後の会場を出る前に机の上にたくさんのハート型の紙が置いてある場所があり、筆記用具も置いてある。多数の人が当日の接種のサンキュー・レターを書いて、その横にある白板に磁石で貼り付けられるようになっている。この辺がアメリカらしいところで微笑ましい。

過去5年間ひたすらにギスギスした文化にさいなまれた米国もやっと普通の状態に戻りつつあるのか。早いところこの新型コロナ禍が過去のものになることを祈っている。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

税金対策を忘れずに!「ビットコイン大破産時代の到来」応募者全員にプレゼント!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

みなさま、こんにちは。トレトレ編集部です。
トレトレ編集部より応募者全員に当たるプレゼントキャンペーンのお知らせです!

以前、トレトレで仮想通貨の税金についてインタビューをさせていただいた、税理士の八木橋泰仁さんの書籍「ビットコイン大破産時代の到来-大損しないための税金対策ガイド」のプレゼント企画を実施中です!

昨年12月よりビットコインを初めとした仮想通貨の価格が高騰しました。ビットコインについては1月8日に400万円を突破しました。

このビッグチャンスをものにした方も多いかと思いますが、2月の確定申告の対策はされていますか?

今回のプレゼント本ですが、長年税理士として活躍している著者が仮想通貨の利益の計算方法から、仕訳手順まで詳細に解説しています。

現在、仮想通貨をお持ちの方に必見の内容となっております。

お申込みはお一人様一回に限りますが、ただ今お申込みいただければ応募者全員に当たりますので、ぜひご応募ください。

プレゼントの応募はこちら

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

共和党の軋轢

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

トランプによるクーデターの呼びかけに暴徒が議会に乱入する非常事態という狂気の沙汰が世界中から非難の嵐を呼ぶ中で、もう一つの狂気が進行中である。

米国株式の天井知らずの暴騰である。

米国の民主主義の危機の中で、株価が暴騰する事態はあとで振り返ってみれば、あれはいくら何でもやり過ぎだったとなることは必定である。

一般的によくある年初特有のユーフォリズム(※1)だと思われるが、こうなると相場がどこまで行くか予想できなくなる。

もともと予想することが相場の神様を冒瀆する行為であるが、さりとて相場である限りいつまでも上昇し続けるものではない。

この世はすべて波動なのである。

底抜けについていたトランプも、ツキの頂点を見て下落に転じている。

今回のクーデター騒ぎで既にトランプ株の暴落が始まっている。

共和党の中の良識派とトランプCULT『トランプ崇拝者』の分裂は既に始まっている。

良識派の中からはトランプ罷免の憲法修正25条を発動すべしとの声も上がっている。

もともとなってはいけない大統領になった最低の男を4年間甘やかしてきた共和党の罪は大きい。

米国はこの4年間で大きくその声望を落としバナナリパブリック(※2)になり下がった。

これから長い時間をかけて失われた4年間の償いをしていく必要がある。

ジョージア州の補欠選挙で上院2議席とも民主党が勝利したのは、崩壊しつつある共和党の象徴である。

※1【ユーフォリズム Euphorism】陶酔感
※2【banana republic】語源はバナナなどの農作物等の輸出に頼り、外国によってコントロールされる政情不安の小国という意味から、政治的・経済的に不安定な小国を指す

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

トランプは白旗をいつ上げるのか?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

トランプの最後のあがきが波紋を呼んでいる。

18州の司法長官と、100人の共和党下院並びに上院議員が、一部州の選挙前の手続法の改正を違憲であるとして、最高裁に訴えを出したということである。

まず違憲かどうかは最高裁の判決次第だが、それが選挙の結果を大きく左右することはあり得ないだろう。いくら最高裁の9人の判事中6人が保守派になり、保守有利の状態になったとは言え、すでにここまで進んでいる選挙の事後処理の段階で、その種の政治的な判断を党派的な流れで決定するほど、最高裁は腐っていない。

所詮はごろつき大統領の負け惜しみで世の中を騒がせるだけだろう。

もしトランプの望むようなことを最高裁がするならば、最高裁の権威は地に落ち、米国の一番ましなブランチである司法ブランチも、崩壊の危機に面するだろう。

最高裁の判事はそんなことはわかっているので、この件については、受理を拒むか、あるいは検討しても、選挙結果を覆すような判決はあり得ないと思われる。

共和党なるものが、ここまで堕落したというのが今回の選挙で明らかになった。

放っておけばどんどん不利になる白人のための共和党は、ありとあらゆる機会にその流れをせき止めようとする。しかし黒人に対する投票抑圧その他のポリシーはなるべく少ない人に投票させるという方針で、あるべき民主主義を捻じ曲げるありかたである。

所詮不正義そのものの共和党が、米国選挙制度のゆがみを利用して、大統領選挙、並びに上院議員選挙を自らに有利に遂行するのには限度がある。それは大統領選挙の投票者数にはっきり表れている。バイデン81百万票、トランプ73百万票で大きくバイデンがリードしている。

また、米大統領選の選挙人による投票が14日にアメリカ各地であり、ジョー・バイデン氏が当然ながら過半数の票を獲得した。

特殊な選挙制度の結果、一部の州での接戦が問題になったが、フェアーな総得票数で行けば話にならない。

ごろつきは早く尻尾を巻いてホワイトハウスから退散すべきである。

そうでないともうすでに相当地に落ちた米国民主主義の声価はさらに下落することになる。

国賊トランプを排除しよう。

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
トレトレ会員無料登録はこちら
第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~
若林栄四「市場からのメッセージ 2021/12」を特別価格にてご招待
台湾の今』を知る情報誌「な~るほど・ザ・台湾」2021年10月号 プレゼントキャンペーン
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示