若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

書籍







トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

2023年の始まりは...

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

1月6日発表の米国12月雇用統計は、非農業部門の就業者数は前月から22万3千人増えた。市場予想の20万人を若干上回った。

失業率は前月の3.7%から3.5%へ低下し、昨年9月以来の低水準となった。

今回の雇用統計ではないが、アトランタ連邦準備銀行の賃金トラッカーによると、給与水準がどれくらい引き上がったかを示す数字は前年比6.4%と高止まりが続いている。

平均時給は前月から0.3%の上昇と予想の0.4%を下回った。

この平均時給の落ち着きは、FRBにとって唯一のグッド・ニュースであり、景気が落ちないで、賃金が落ち着くという理想的な形を追うFRBにとっては満足な雇用統計といえそうだ。

問題は異様な労働市場の強さがインフレ鎮静化を妨げていることである。

いつから労働市場が、FRBによる4.25%にも及ぶ短期金利の引き上げに正しく反応して、ソフトになるかという話である。

米国産業界では労働市場の強さから見て、将来のリセッションはないという経営者の発言も見られるが、それはないだろう。

今は滅茶苦茶にやり過ぎたマネーの拡大を縮小するのがFRBの仕事であり、高金利がこのマネー経済に正しい結果をもたらすには時間がかかっているということである。

なにせ今まで経験のない異常なマネーの膨張を絞め上げるわけだからFRBも及び腰である。

しかし金利上昇がインフレに効かないわけはないだろう。

経済学には経済の時間調整にかかわるロジックは研究されていない。この種のものはある日突然に流れが変わり出すものである。

労働市場の強さに騙されてはいけない。米国はリセッション必至の状況である。

もうすぐバリュー株の指標である、NYダウが下がり始めることにより、景気後退が明らかになるはずだ。

==========

NYから生配信!YouTube番組
「若林栄四 NYからの金言」無料視聴登録受付中!
https://www.trade-trade.jp/seminar/wakabayashi/

パソコン・スマホどちらでも視聴可能です。
※当日視聴できなくても録画をご視聴いただけます

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ
トレトレ会員無料登録はこちら
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
アメジスト香港オリジナル2023年版卓上カレンダープレゼント
「タンク将軍の愛人米 2022」プレゼントキャンペーン
若林栄四 NYからの金言
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示