若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

バイデン政権最初の躓き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

6月7日付のNYタイムズに、民主党上院議員のマンシーン(ウェスト・バージニア州選出)の反乱の記事が出ている。

彼はもともと共和党の強い、ウェスト・バージニア州という貧乏州の代表で、民主党議員でありながら今まで何度も共和党から鞍替えのオファーがあった人物であり、一時騒がれたブルーウェイブ(上院、下院、大統領府の民主党支配)のときに、筆者はそうは簡単に民主党の議案が議会を通過するとは思えないという一文をものにしたことがある。

上院は基本がスーパーマジョリティー=フィリバスターといい60票以上を獲得しないと重要案件は通過できない。

今回は特にイデオロギーにかかわる重要案件、連邦議会が、州議会の選挙抑圧立法を抑え込むという、民主主義の根幹にかかわる立法に対し、マンシーンが反対を表明したのである。

民主党対共和党は上院の議席は50対50なので民主党議員が一人反対に回ると、51対49となり、法案の成立は難しい。50対50ならば最後は議長採決で、上院議長(副大統領)が議案を通過させることができるが、最初から49対50ではそれもできない。

バイデン政権の売りである、大型経済対策は、1.9兆ドルの部分は、緊急予算執行行為として、スーパー・マジョリティーではなく、シンプルマジョリティー(51-49)の例外措置が取られたが、さらに大統領が提唱している、大型の財政支出にマンシーン上院議員が反対し続けると、その例外措置による議案通過も難しくなる。そうなるとこれらの大型財政支出を当てにして、上がってきた株価などは非常に危険なことになりかねない。

ことはそう簡単ではなく、本コラムで説明できるようなものではないが、バイデンが得意とする議会対策が身内から反乱者を出して失敗するのは、バイデンの政策の実行可能性について疑問符をつけることになってしまう。

以下上記の問題についての筆者の過去の拙文を参考までにご披露する。

【米国連邦上院にはフィリバスタ―という議事妨害が制度化されている。このフィリバスターを破るには。上院議員の60%以上の賛同を得る必要がある。すなわち議事妨害をできなくするには、60議席が必要ということになり、ある議案が確実に議会を通過するには60議席のスーパー・マジョリティーが必要というのが、このフィリバスターの制度である。

しかし昨今の党派対立の激化から、超党派での合意というのがほとんど不可能になっており、スーパー・マジョリティー方式ではよほど毒にも薬にもならない法案でない限り、議会を通過することはできなくなっている。あるいは一つの議案を投票に持ち込むためにはクローチャーという制度があり、それを議案ごとに発動することによりフィリバスターを回避して投票に持ち込むことができるが、これは手続きが煩雑でしかも時間がかかる。

そこで2013年の民主党上院で、重要議案について、単純多数決(シンプル・マジョリティー)すなわち51対49で法案通過、最高裁判事、閣僚のコンファメーションを強行した。そうしないと議会の生産性が極度に落ちるから、議会の役目を果たすことができないというのが民主党のいい分であった。

その後トランプ政権になって、共和党もこのシンプルマジョリティーを多用するようになる。(これを核オプションと称する) そこで、バイデン民主党は、上院のルールを変えて、重要法案についても単純多数決方式に切り替えようとしている。そのルール変更については上院の単純多数決で決めることができる。従って民主党全員の50票があれば単純多数決方式にすることができる。

シンプル・マジョリティー(単純多数決)で行けば、今バイデン政権が考えている、共和党の選挙抑圧を封じる立法、あるいは2兆㌦のインフラ投資、あるいは企業増税といった重要法案がいまなら議会を通過することができる。

ところがそのフィリバスターの廃止に反対しているのがこのマンシーン上院議員なのである。彼以外の民主党上院議員は全員フィリバスター廃止に賛成だが、ただ一人首を縦に振らない。

正にこれから始まるリベラル革命の首根っこを押さえるのが民主党議員という皮肉な図式になっている。マンシーン上院議員が反対したら何事も議会を通過することはない、という大実力者になってしまったこの頑固おやじを、どう説得して、歴史が予見しているリベラル革命を実現していくのか、議員歴が長いバイデンの腕の見せ所だろう。】

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
500円相当ビットコインプレゼント
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示