若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

トランプ再選にマーケットがノーを突きつける

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

共和党大会で優しいオジサンを演出し、劣勢を挽回しようというトランプ作戦が、功を奏しそうになってきたところで、待ちに待った、第2次ITバブルが崩壊し始めた。

これは2月に出たコロナウィルスによる相場崩壊に続く、神意によるトランプつぶしの第2弾である。

筆者はこれが来るはずだとずっと思っていた。

バカげた相場のラン・アップを肯定する人が増えてきて、トランプ人気の回復を演出しそうになったところで、こんな大統領に相場が塩を送ることなどありえないというのが筆者である。

トランプ再選を阻むためには、相場が決定的に崩壊する必要がある。

11月3日の選挙までの2か月、このバカげたラン・アップが徹底的に否定されることが必要である。

最も相場の崩壊は始まったばかりである。

今回の相場の下落がどうして今までの、マイナー調整と違って、相場の大崩壊の初期段階だと断言できるかというと、アメリカの3大指標である、NYダウ、SP500、NASDAQ総合の3指標がいずれも黄金分割で見て相応しいレベルに到着したところで、急落を開始したからである。

特段の材料があったわけではないブルンバーグテレビの連中も、特に説明する材料がないので困っている。

今まで米国の相場はずっとおかしいと思っていた。最後の見直しではNASDAQは12,024(現実には12,074)、SP500 は3,574が限度(現実には3,588)と見ていたが、9月2日同時にその最高値を達成して、そこから相場が急落したというところがこれまでと決定的に違う。

又NYダウは2月12日に29,568ドルで最高値を付け、その後は高値を更新できず、9月3日に29,199ドルまで迫ったが、その日800ドルの下げを演じて、2月12日とダブルトップ(369ドル差)となった。

特に材料がない所が最高に良い。

結局トランプの再選を阻止するためのDivine Intervention(神意による介入)が始まったわけで、材料などはいらない。低能の大統領が、ひたすらに自慢した株高はもう彼の口からは出ないだろう。

この世の中に正義はあるか。どうも我々は其の正義の実現を目撃中である。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
吉田恒氏著書「そうだったのか!FX大相場の真実」プレゼント企画
1000円がもらえるアメジスト香港オリジナル2021年版卓上カレンダープレゼント!
「タンク将軍の愛人米」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示