若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

誰も言わない米国株の大天井

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今年2月米国株式は天井を付けて暴落した。

NYダウは29,568ドルの天井で、これは抜かないだろうと思っていた。

なぜならば29,500という数字が、ペンタゴンの高さ(59)の半分の29.5単位であるからだ。

まさに天井に相応しい数字である。

3月23日に安値18,213ドルを付けて回復に転じ、8月11日に戻り高値28,154ドルまで見たが、やはり天井29,568ドルには遠く及ばなかった。

この8月11日の日柄をどう考えるとかというと、米国株式のレーガノミクスによる大暴騰の始まりは、大恐慌1932年7月6日の底値40.5ドルからの50年目の1982年8月9日の安値769ドルを出発点としている。その時点から黄金分割62の補数38年を経過すると2020年8月9日以降に天井をトライするというのが美しい。2月12日の高値29,568ドルに接近しようとした日柄が8月11日というのはそういう意味である。

SP500(米国大企業500社の株価を指数化)で見てみよう。

この数字も今年2月19日に3,393の高値を付けて、3月23日2,191まで35.4%の暴落を見た後、8月11日3,381まで戻した。この2週間ほどの間マーケットメディアは2月の高値を抜くのは必至と盛んに喧伝していた。間違いであった。

このSP500指数も、1982年8月9日の安値101.44が大ラリーの始まりである。これも丁度38年間の大ラリーをやって大天井ということになる。

相場は2月19日に約半年早めに3,393の高値を見たので、正式の日柄である2020年8月9日以降に高値が出るかどうか試しに来た。

果たして相場は8月11日 3,381までやったが、その日の引け値は3,333と急落した。翌12日には3,387を付けたが3,393には届いていない。

2月19日の3,393、と8月12日の3,387のダブルトップである。

しかもこの二つの天井のレベルは、2000年3月のITバブル天井1552に36.5単位1,825を加えた3,377という大事な横線レジスタンスに抵触している。

相場は大暴落含みである。

ただしこの相場の短月67.5カ月(270週)前の2015年は5月、6月、7月と3度高値をやって、そのあと暴落している。

もう一度9-10月に向けて戻り高値をトライすることが考えられる。

その場合はトリプルトップ、ヘッドアンドショルダーパターンが考えられる。

いずれにせよ、大暴落前夜である。

最後に今回の2月の暴落底からの大ラリーを主導したNASDAQである。

コロナウィルス禍で2月19日の高値9,838から3月23日まで32.5%の暴落となったが、8月7日の11,126まで68%の暴騰となった。

2月高値から、8月高値までの上昇率は13%、NYダウは29,568ドルの2月高値から8月高値28,154ドルまででマイナス4.8である。

いわゆるブルーチップスのNYダウ構成株から、ハイテクのNASDAQ株へのシフトが起こったということである。

一方でその間両者をコンバインしたSP500は3,393と3,387でほとんど変わらなかった。

つまり起こったことは、米国株全体で見れば、2月から8月までほぼ不変、ただブルーチップからハイテク成長株へのシフトが起こった結果、マーケットは誤ったシグナルを受け取っている。すなわち誤った強気の見方である。

というのは、NASDAQはこれ以上の上昇はないからだ。

第1次ITバブルの頂点は2000年3月14日に5,132を付けて、2002年10月の底値1108まで78%の暴落を見た。

今回はその高値5,132にペンタゴンの高さ59単位の5,900ポイントを加えた11,032が強力な横線レジスタンスである。

それを日足で超えたのは8月6日の11,108一日だけである。

この8月6日の日柄を見ると、第1次ITバブル頂点2000年3月14日からの81四半期(黄金分割162四半期の半分)の日柄(6月14日)を経て82四半期目に入っている。

一般的には81を過ぎて82の時間帯に入ると大きな流れの変化がある。

83までは流れは続かない。このルールで行くと83四半期目に入る9月14日より以前にこの相場の大きな天井が来る。その大きな天井が8月7日の高値11,126だったということだろう。

ウォール・ストリートの誰もが、FRBによる8兆ドルの資金供給で、株式相場が上昇するという嘘の理屈を信じ切っている。まさにそのFRBの失敗がこのバブル破裂を招く大きな要因である。

第2次ITバブル破裂に注意しよう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
吉田恒氏著書「そうだったのか!FX大相場の真実」プレゼント企画
1000円がもらえるアメジスト香港オリジナル2021年版卓上カレンダープレゼント!
「タンク将軍の愛人米」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示