若林栄四 ニューヨークからの便り

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年東京銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。

【著書】
・黄金の相場予想
・世界一やさしい図解FXの教科書
・異次元経済 金利0の世界
・富の不均衡バブル
・etc

書籍

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

米コロナショックの顛末

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

米労働省が発表した失業保険の請求者数が、2週連続で600万人を超え、過去3週間で1600万人を超えたことになる。

過去この数字の最大は1982年の60万人というから、いかに今回の数字の激しさが歴史的なプロポーションであるかということが明らかである。このSuddenness (突然度)は人類史上始まって以来だろう。しかもこれが米国だけではなく世界中で起こっている。

米国の場合とくに打撃を受けているのは、いわゆるサービス産業である。

製造業中心の経済からサービス業中心の経済、その中で個人消費が経済の70%を占めるような先進国米国への打撃は大きい。

その意味で、まだ製造業依存の高い中国のほうが相対的に打撃は小さいかもしれない。

暗愚の大統領はさすがにこの事態の重大さに気が付いたが、いまだこの2週間はひどいけれど、そのあとはトンネルの向こうに明かりが見えるようになると負け惜しみを言っている。

一方でNYタイムズなどの評論を見ると、この事件の打撃は大きく、その悪影響を払しょくするのに何年かかるかわからないというものも出ている。

そのどちらも極端な見方であり、実際のところはその中間なのだろう。

一部の評論の中には、大恐慌との比較の論調もあり、長い目で見てのダメージを考えている筆者に似たフィーリングの論者もいる。

この種のバブル破裂の場合、株式市場は2-3年のベアーマーケットをやるのが一般的である。経済全体に与える影響は、今や政府が必死になって、悪影響を排除するので、大恐慌のように、株価底打ち後さらに10年のデフレ継続ということにはならないかもしれない。

只言えることは、大統領の言うようにすぐペントアップ需要が出て、景気が一気に回復するというのは難しいだろう。

このバブルの生成過程で起こった過剰レバレジの解消に時間がかかりそうだ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
Vegi&Fishお食事券
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示