たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

先週の上海総合指数、不透明な国際市場の先行きを懸念し下落!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

今週の本土市場は一週間休場となります。

以下は、先週末までの3指数の日足チャートです。

20220131A.png20220131B.png20220131C.png

いよいよ2月4日から北京冬季オリンピックが始まります。

といっても、スポーツ用具、衣料、協賛メーカーといったオリンピック関連銘柄が買われるわけでもなく、また、そうしたセクターが大相場を経て利益確定売りが出るというわけでもありません。

関連銘柄は大きな相場となることなく、オリンピックが始まろうとしています。

春節関連セクターの旅行とか、運輸とか、白酒などの消費関連とかも、動きは鈍く、こちらも盛り上がらず、春節関連も物色されません。

国内要因としてはゼロコロナ対策による悪影響が、オリンピック開催、春節到来、金融緩和政策などによる相場押し上げ効果などに勝っているといった状態です。

ただ、先週の下げは国内要因というよりも、海外要因の方が強かったとみています。

米国のインフレは深刻な状態で、FRBは金融引き締め政策への転換を余儀なくされようとしています。

この激動の相場環境で1週間も取引ができないわけですから、一度ポジションを落して様子をみようとする投資家も多かったはずです。

ゼロコロナ対策による経済への影響ですが、30日に発表された1月の官製製造業PMIは前月よりも0.2ポイント低い50.1となりました。

新規受注、在庫は改善していますが、生産、原材料購買価格、工場出荷価格などが悪化しています。

これから春節に入り、生産は更に低調となるわけですが、輸出はどうでしょうか。

気になるのは中国ではなく、米国の方です。

12月のCPIは前月と比べ0.2ポイント高くなり、7%上昇となりました。

これは1982年6月以来の高い上昇率です。

昨年3月に目標とする2%を超えて以来、どんどんと悪化しています。

市場ではFRBの一挙手一投足に注目が集まっていますが、重要なのは利上げの原因である物価がこの先どうなるかの方です。

幸い、輸入物価は落ち着いていますし、中国からの輸入はそこそこ伸びていますが、今後中国が更にゼロコロナ対策を強化すれば、供給は絞られ、米国への輸出商品が不足しかねません。

中国で現在流行しているのは、依然としてデルタ型です。

ちらほらとオミクロン型が出現はじめた段階ですが、これが急速に広がり出した場合、中国はこれまでと同様、都市封鎖をやったり、人流抑制をやったりするのでしょうか。

春になれば新型コロナは収まる可能性が高いのでしょうが、それまでの間、緊迫した状態が続きそうです。

若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
トレトレ会員登録でもれなく500円相当のビットコインプレゼント!
トレトレ会員無料登録はこちら
若林栄四特別セミナー
第21回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
アメジスト香港オリジナル2023年版卓上カレンダープレゼント
「タンク将軍の愛人米 2022」プレゼントキャンペーン
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示