たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレインスタグラム登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレスタッフブログ

15日の上海総合指数は0.16%安、北京証取、取引開始で売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

15日(月)の上海総合指数は高寄りしたものの上値は重く、利益確定売りに押されました。

終値は0.16%安の3533.30ポイントで引けました。

セクター別では、自動車部品、電子部品の一角(メタバース関連など)、食品加工、環境、レジャー施設・旅行、バイオ製品などが買われました。

一方、非鉄金属、空港・空運、証券などが売られました。

20211115A.png

15日(月)の創業板指数は0.82%安となりました。

20211115B.png

15日(月)の上海50指数は0.04%高となりました。

20211115C.png

15日、北京証券取引所が正式に開業し、待望の取引が始まりました。

初日に上場を果たしたのは81銘柄でした。

新三板の最も公開基準の厳しい層の企業がそのまま上場しています。

同心(833454)が396.96%高、志晟(832171)が283.53%高、大地(870436)が274.42%高、晶賽(871981)が219.32%高となるなど4銘柄が200%以上の上昇、10銘柄が100%以上の上昇となりました。

急騰銘柄が続出するのがちゃんと事前に予想出来たら、寄り付きから飛びつきたかったところですが、北京証券取引所で口座を開設するには最低でも100万元(1780万円、1元=17.8円で計算)の資金が必要です。

その上、充分な投資経験を問われます。

もちろん、外国人個人投資家には開放されていません。

ただし、大手運用会社は、北京証券取引所に上場する銘柄を組み込んだファンドを組成して国内個人投資家向けに販売を始めています。

個人投資家の資金は間接的な形で市場に流入しています。

当面は機関投資家たちが実質的にマーケットメイクする形となるので、過熱気味に推移したとしても、バブル化してそれが弾け、長い下落相場が続き、市場が機能しないといったようなことは起こらないと考えています。

そもそも、中国証券監督管理委員会(証監会)がそうならないように必死に、丁寧に監督管理するはずです。

何といっても北京証取の設立は、習近平国家主席が主導する案件です。

下手な管理をすれば、官僚も、大手証券会社の幹部も出世の道が閉ざされかねません。

もちろん、業界あげてマーケットメイクしても上手く行かなかったということがないとは言えませんが、そうならないように何とかするのが中国社会主義市場経済のやり方だと思います。

当面の間は、ファンドを通じて資金が集まり続けるとみています。

外国人も買えるようになったところでは一旦マーケットは落ち着くといった感じになるかもしれません。

株式市場に資金を呼び込むビックプロジェクトが走り出しています。

北京証取で利益を上げた投資家は、親和性の高い創業板、科創板へと売買対象を広げることで、資金は市場全体に広がって行く可能性があります。

どの程度のインパクトが出てくるのか、大相場を遠くに見ながら、しっかりとウォッチする必要がありそうです。

全体相場についてみると、これまで上昇してきた創業板に一服感が出ています。

創業板銘柄のポジションを落として新たに北京証取銘柄を買入れる機関投資家による影響もあるでしょう。

ただ、北京証取に上場する銘柄は僅か81銘柄です。

当局は"小さく生んで大きく育てる"方針なので、過度に銘柄の入れ替えを心配する必要はないでしょう。

個別材料株では相変わらず、元宇宙(メタバース)関連が上げています。

聯合光電(300691)は20.00%高、シルクロード視覚(300556)は19.99%高、徳芸文創(300640)は19.94%高、マンゴー超メディア(300413)は11.83%高、安潔科技(002635)は10.02%高と急騰銘柄が続出しています。

ハイテク関連セクターの循環物色といった流れが続きそうです。

トレトレ会員無料登録はこちら
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
アメジスト香港2022年版卓上カレンダープレゼント
若林栄四「市場からのメッセージ 2021/12」を特別価格にてご招待
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
最大100万円をキャッシュバック!FX口座開設キャンペーン
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示