たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

30日の上海総合指数は0.17%高、売り買い交錯!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん、こんにちは。

30日(月)の上海総合指数は高寄り後、売り買い交錯となりました。

終値は0.17%高の3528.15ポイントで引けています。

セクター別では、石油、石炭、化学、非鉄金属、鉄鋼、電気設備、国防軍事工業などが買われました。

一方、証券、銀行、空港・空運、建材、白物家電などが売られました。

20210830A.png

30日(月)の創業板指数は0.45%高となりました。

20210830B.png

30日(月)の上海50指数は0.17%高となりました。

20210830C.png

7月下旬に大きく下げた3指数ですが、その後の戻りはまちまちです。

上海50指数が最も弱いのですが、創業板指数もすぐに戻しはしたのですが8月中旬以降、再び下落に転じています。

足下では不安定な値動きとなっており、30日の終値は5日移動平均線の下側にあります。

不思議なことに、上海総合指数だけが7月下旬の急落以降の高値近辺まで戻しています。

急落前の水準までほぼ戻しています。

これまでの経験では、国家隊などが株式市場安定化操作を行う場合、大型株を中心に買ってくることが多く、上海50指数の上昇が顕著であるケースが多かったのですが、今回はそうではありません。

だからと言って、国家隊による安定化操作が行われなかったとも言い切れません。

よく分からないが上海総合指数だけが強いといった相場となっています。

個別では、証券セクターに関して悪材料がありました。

証券関係者の話として「信用取引を使ってリスクを高めるような業務を規制する通達」が出ているようです。

信用取引によるヘッジ、上昇銘柄に更に買いを入れて上値を追うような取引について、証券監督管理委員会は監督管理を強化しているようです。

株式市場全体に対する規制を連想させるような内容です。

もっとも、規制強化の動きは今に始まったことではありません。

かなりの部分が織り込まれていると考えられます。

それ以上に、現時点で証券市場の規制をさらに強化するということは、証券市場に資金が流入するような政策が後に控えているのではないかといった連想が働きます。

いろいろな思惑が交錯するために、全体相場への影響は打ち消されたのかもしれません。

市況関係を除けば、国防軍事工業関連の上昇が目立ちました。

米中対立に加え米国軍のアフガン撤退なども加わり、国際情勢が不安定になっています。

それが中国軍事産業の成長期待へとつながっています。

航空機製造の江西洪都航空工業(600316)、衛星技術を持つ中国衛通集団(601698)あたりはストップ高となっています。

このセクターは中長期で買えそうです。

 

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示