たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

19日のハンセン指数は2.13%安、急落!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

19日(木)のハンセン指数は安寄り後、終日売りに押される展開となりました。

終値は2.13%安の2万5316.33ポイントでした。

20210819A.png

19日(木)の中国企業指数は2.56%安で引けました。

20210819B.png

参考として、2021年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20210819C.png

NYダウ指数が大きく下げています。

7月のFOMCの議事要旨が18日、公表されました。

殆どの委員が年内に債券購入額を減らすことに賛成で、経済データ次第では債券購入の停止を早めることができると発言したそうです。

予想以上に早くテーパリングが始まる、つまり金融緩和政策が終焉に向かうということで、多くの投資家が慌てたのでしょう。

いつものことですが、欧米機関投資家によるリスク許容度の変化は、東京や香港市場で増幅されて影響します。

依然として海外投資家の売買ウェートが小さく、また、当局による市場安定化操作の効果もある本土マーケットは、そうした影響をほぼ受けません。

市場構造の違いが本土市場と香港市場との値動きの違いに繋がっています。

テンセントは18日、2021年6月中間期業績を発表しました。

結果は22.7%増収、45.7%増益で、利益面では市場コンセンサスを3割強上回っており、ポジティブサプライズと言ってよいでしょう。

主力のゲームは伸び悩んでいるのですが、今後の収益を左右するだろう微信のミニプログラムについては順調に利用者数を増やしています。

当局は学生がゲームに没頭することを問題としています。

ただ、同社のゲーム収益における未成年者のウェートは高くありません。

また、微信によって消費者をしっかりと囲い込んでいるといった状態に変わりはありません。

独占禁止法による影響は気にはなりますが、テンセントの収益基盤が大きく侵食されるほどではないと考えています。

株価はこの日、2.7%高で寄り付いています。

当局の粛清がテンセントの業績に与える影響はそれほど大きくないと確認されたわけですから、高寄りは当然だと思います。

ですが、日中はほぼ一本調子で売られ、大引けでは3.4%安まで下げています。

1年3カ月ぶりの安値に沈んでいるのですが、これは需給要因による影響が強いとみられます。

欧米系のファンドが中国株のウェートを大きく減らすといったことが、テンセントのみならず、他のハイテク株でも起きていています。

政治的な要因による中国株外しが効いているということでしょう。

ただ、ここで注意しなければならないのは、香港株の下落は欧米投資家の資産を減少させるということです。

これで年内にテーパリングが始まれば、欧米投資家の資産は大きく傷つくことになります。

バイデン政権による金融面での対中強硬策ですが、中国政府は資本市場の封鎖をちらつかせ始めています。

これ以上の対中強硬策は香港市場の下落、アメリカ市場における中国関連株の下落を通じて、アメリカ金融市場に大きなダメージを与える可能性があります。

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示