たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

13日のハンセン指数は1.81%下落、アメリカ物価急上昇で世界同時株安!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

13日(木)のハンセン指数は安寄り後、戻りは弱く、大引けにかけて売られ安値引け、終値は1.81%安の27718.67ポイントで引けました。

20210513A.png

13日(木)の中国企業指数は2.05%安で引けました。

20210513B.png

参考として、2021年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20210513C.png

ハンセン指数が下げた理由は、NYダウ、TOPIXが同じように大きく下げていることから明らかでしょう。

東京も、香港も、欧米機関投資家の売買ウエイトが高く、結果として彼らの売買によって値動きが左右されてしまいます。

特に、ここ数日のように、NY市場で大きな調整が起きるほど、機関投資家がリスク回避をした場合は、その影響は増幅気味に香港、東京に波及します。

依然として外国人投資家の売買に大きな規制をかけている本土市場とはその点は大きく異なります。

12日に発表された4月のアメリカCPI上昇率は4.2%でした。

3月よりも1.6ポイントも高く、市場予想よりも0.6ポイントも高く出ました。

この影響で長期金利(国債10年)が一時1.7%を超えました。

これは3月の金利上昇が嫌気されたときに近い水準です。

皮肉なことにワクチン接種が進み、新型コロナの封じ込めの目途が立ったというのに、それが景気を過熱させてしまうリスク、バイデン政権誕生以降決まった手厚い景気対策が裏目に出て景気過熱を助長させてしまうリスクが意識されています。

一方で、コンテナ不足の中で、サイバー犯罪集団の攻撃による石油パイプライン(コロニアル・パイプライン)が操業停止に追い込まれるなど、供給面でも不安材料がありました。

バイデン政権は中国とのデカップリングを進めようとしており、ハイテク企業の締め出しなどを行っていることも、供給面へのリスク材料となります。

色々なことが重なってインフレの加速が避けられないとなれば、金融を引き締めるしかありません。

バフェットにいわれるまでもなく、市場参加者はみんな大なり小なり、今の超金融緩和による過剰流動性相場にリスクを感じているでしょう。

金融政策を変えずに物価上昇を抑える方法が見えてこないと、グローバル投資家はリスクを取りにいけません。

ビットコイン価格が急落していますが、テスラ車購入利用の停止だけが要因ではありません。

こちらは株以上に過剰流動性に敏感に反応すると見ています。

暫くは、ビットコインの動きにも注目したいと思います。

10/6(水)20時より
YouTube無料不動産セミナー開催!
トレトレ会員無料登録はこちら
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示