たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

連載

田代尚機のチャイナリサーチ
中国に限らずグローバルな視点から、投資に役立つ経済、企業の話題を取りあげます。

発行:マネーポストWEB 詳細はこちら

メルマガ(有料)

田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株

中国にテーマを絞り、マスコミが伝えないような中国本土の情報、分析レポートを提供します。

発行:フーミー(有料)
詳細はこちら

メルマガ(無料)

中国株投資レッスン

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)
詳細はこちら

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

19日の上海総合指数は1.49%高、地合い好転!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん。こんにちは。

19日(月)の上海総合指数は寄り付き直後は一旦売られる場面もあったのですがその後は、まとまった買いが入り強い相場となりました。

日足チャートは下髭が少しだけ出ていますが、大きな陽線が立ちました。

終値は1.49%高、3477.55ポイントで引けています。

自動車・部品、名所旧跡・旅行、電子部品、飲料(白酒)、証券などが買われました。

一方、鉄鋼、養殖業、不動産などの一部が売られました。

20210419A.png

19日(月)の創業板指数は4.14%高となりました。

20210419B.png

19日(月)の上海50指数は1.89%高となりました。

20210419C.png

16日(金)に行われた日米首脳会談では、共同声明に「台湾海峡の平和と安定の重要性」が明記されました。

それに対して中国側は当然、反発しています。

日本のメディア報道だけをみていると、西側諸国との対立が深刻となっていて、中国株は買えそうにないと思ってしまいそうです。

しかし、結果はご覧の通りです。

大型株の動きを代表する上海50指数は1.89%上昇、中小型株の動きを代表する創業板指数は4.14%上昇です。

特に後者は昨年2月4日以来の高い上昇率となっています。

国家隊が買いに入ったから上がったのでしょうか。

だとしたら、銀行のような大型株が買われるでしょう。

創業板が買われている以上、投資家心理が大きく改善して買われたとみるべきでしょう。

外人は売っているのでしょうか。

北向き資金の動きをみると、19日は上海、深セン合わせて163億2000万元の買い越しです。

これは今年1月8日以来の大規模な買い越しです。

先週末となる16日(金)も71億5300万元の買い越しです。

外国勢は先週、15日(木)を除いて買い越しています。

意外かもしれませんが、アメリカの対中政策が厳しさを増す中、海外投資家はA株市場の押し目を買っていたのです。

この日、好材料としてはやし立てられたのは、ファーウェイの技術が導入された電気自動車が発売されたことです。

北京自動車は4月17日夜、ファーウェイの自動運転技術が搭載された車種を発売すると発表しました。

ARCFOX-Sという中大型車で、完全に充電すれば708km走れますが、ファーウェイの高速充電技術が使われていて10分の充電で197km走行できるそうです。

自動運転ソフトウエアはファーウェイの開発した鴻蒙OS上で動きます。

価格は標準タイプで25万1900元~34万4900元、ハイクラスでは38万8900~42万9900元となるそうです。

ハイクラスではファーウェイHIソリューションシステムが搭載されるだけではなく、レーザーレーダー方式をはじめて搭載する車種となるそうです。

アメリカ政府から半導体の禁輸措置を受け、主力のスマホ事業が大きな打撃を受けたファーウェイですが、それをばねに自動運転の分野に素早く参入したのです。

ファーウェイの参入で、新エネルギー自動車産業は大きく活気づくといった見方から自動車・部品関連セクターが軒並み大きく買われました。

アメリカによる対中強硬策は躱せるだけでなく、そのストレスが企業のイノベーションを加速させてくれるといった楽観的な見方が広がったといえそうです。

地合いの改善は、5月のメーデー休暇による旅行需要の拡大見通しを強め、旅行関連セクターが買われました。

また、相場全体の見通し改善から証券セクターが買われました。

全体として、中国経済や、中国企業の靭性、つまり打たれ強さが再認識されたわけです。

明日も買いが続くようなら、はっきりとした上昇トレンドが期待できそうです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
『台湾の今』を知る情報誌「な~るほど・ザ・台湾」2021年4月号 プレゼント企画
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示