たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

連載

田代尚機のチャイナリサーチ
中国に限らずグローバルな視点から、投資に役立つ経済、企業の話題を取りあげます。

発行:マネーポストWEB 詳細はこちら

メルマガ(有料)

田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株

中国にテーマを絞り、マスコミが伝えないような中国本土の情報、分析レポートを提供します。

発行:フーミー(有料)
詳細はこちら

メルマガ(無料)

中国株投資レッスン

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)
詳細はこちら

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

25日のハンセン指数は1.20%上昇、下げ止まる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

25日(木)のハンセン指数は高寄り後、売買い交錯となりました。

終値は1.20%上昇し30074.17ポイントで引けました。

20210225A.png

25日(木)の中国企業指数は1.80%上昇しました。

20210225B.png

参考として、2020年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20210225C.png

主要4指数として、ここで比較しているのはNYダウの方ですが、アメリカ市場ではNASDAQが16日を天井として、はっきりとした押し目を付けています。

その動きとハンセン指数、TOPIXは同じような動きとなっています。

アメリカ市場では、長期金利の上昇が嫌気され、金利上昇に弱い高PER株、つまり成長株が売られるといった相場になりました。

もっとも、FRBは緩和政策の手を弛めるつもりは全くありません。

パウエル議長は23、24日の議会公聴会で、アメリカ経済への支援継続を改めて示唆しています。

インフレが加速する懸念については、重視しませんでした。

長期金利の上昇については力強い経済見通しに対する確信の表れだと指摘したそうです。

そもそも、景気が悪い中での金融緩和政策は流動性の罠が生じやすく実体経済への影響は大きくありません。

量的緩和政策は相場そのものを支える方向により多く効いています。

1兆9000億ドルに及ぶ財政政策も、新型コロナ禍による悪影響を打ち消すもので、インフレが大きく進むほどには効かないでしょう。

それにFRBは金融市場を支えることを第一に考えていて、インフレによるスパイラル的に進むコントロールの難しい金利上昇が起こらないように最新の注意を払うでしょう。

それを防ぐツールはあるとパウエル議場は発言しています。

一連の発言でインフレ懸念はひとまず払拭されていて、24日(水)のNYダウは大きく戻しています。

グローバル投資家のリスク回避はひと段落したとみられます。

むしろ、気になるのは香港特有の材料の方です。

香港財政司の陳茂波司長は、印紙税について、0.1%から0.13%に引き上げると発表しました。

香港では本土と異なり、売買両方向で印紙税がかかります。

本土では印紙税は0.1%で、売にしかかかりません。

売買手数料が本土は高いので簡単には言えませんが、それでも往復で0.06%費用が増えるというのは多くの本土投資家にとっては大きく感じるのではないかと思います。

本土の個人、機関投資家ともに、"それなら本土株をもっと買おう"とならなければよいのですが。

ハンセン指数は24日(水)、印紙税引き上げ報道により、2.99%下げたのですが、25日(木)の値動きは上げたとはいえ、前日の大きな陰線の値幅の中での小さな動きとなっています。

売買代金は25%程度減っています。

本土市場から香港市場に流れ込む南向き資金をみると、24日(水)は199億6000万元の流出でしたが、25日(木)は17億元の流入となっています。

落ち着きを取り戻しているようにも見えます。

しかし、トレンドとして、1月中旬をピークに流入資金量は減っているだけに、今後の南向き資金の動向が気になるところです。

ハンセン指数は2月中旬に2年8か月ぶりの高値を付けているだけに、政策発動期待があるとはいえ、テクニカルには押し目を少し意識した方が良いかと思います。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示