たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

連載

田代尚機のチャイナリサーチ
中国に限らずグローバルな視点から、投資に役立つ経済、企業の話題を取りあげます。

発行:マネーポストWEB 詳細はこちら

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

11日の上海総合指数は1.08%安、利益確定売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家の皆さん。こんにちは。

11日(月)の上海総合指数は安寄り後、一旦持ち直し、場中では昨年来高値を更新したのですが、上値は重く、後場に入ると利益確定売りに押され、終値は1.08%安の3531.50ポイントで引けました。

セクター別では、半導体・部品、銀行の一部を除き、ほぼ全面安の展開となりました。

養殖業、農業、非鉄金属、石炭、石油、飲料、ホテル・レストラン、名所旧跡・旅行などが大きく売られました。

20210111A.png

11日(月)の創業板指数は1.84%安となりました。

20210111B.png

11日(月)の上海50指数は0.31%安となりました。

20210111C.png

上海総合指数は12月30日以来、6連騰の後、先週末、11日(月)と下落しました。

しかし、場中ベースでみれば、先週末も、11日(月)も昨年来高値を更新しています。

11日(月)の本土市場売買代金は、ピークとなった5日(火)と比べると少し落ちてはいますが、前営業日よりは増えています。

利益確定売りによるスピード調整といったところです。

大きく下げたところをみると、農業関連の下げが目立ちます。

12月中旬に実施された中央経済工作会議で"種子と耕地問題"が今年の主要任務の一つに選ばれたことで、暫く人気化していました。

しかし、話題先行であった分、足元では下げがきつくなっています。

また、石家庄で新型コロナウイルスの感染流行が起こり、ホテル・レストラン、名所旧跡・旅行あたりが売られています。

長春に住む知人が微信を通じて新型コロナ関連の情報を伝えてくれたのですが、長春でも11日0~8時の間に4人の感染が明らかになったそうです。

ちなみに、知らせてくれた内容をみると、名前こそ出ていませんが、年齢、性別、おおよその住所、それに最近移動した経路が列車の日時、座席番号まで記録されていました。

日本でも東京、関東エリアで緊急事態宣言が出されていますが、やっていることは手緩いと感じます。

中国では患者の捕捉、濃厚接触者の徹底隔離に加え、人民に徹底した詳しい情報の開示を行っています。

大量で、迅速なPCR検査が今後、逐次行われることになります。

ちなみに、ワクチンについては、長春では百貨店で働く従業員などは無料で打ってもらえるそうです。

日本の手緩い対策ではとても新型コロナの感染流行は防げそうにないように思います。

少し話題がそれてしまいました。

株の話に戻ると、資源絡みのセクターも売られています。

原油先物価格は11月以降上昇が続いていますが、本土資源セクターは12月下旬あたりから、既に天井を打って、下落に転じています。

中央経済工作会議の内容や、アメリカバイデン政権の政策などを見る限りでは、今後、環境問題への対応が進みそうです。

特に新エネルギー自動車への期待は大きく、実際に11月の本土新エネルギー自動車販売台数は24.8%増加、12月も好調が予想されます。

電池、自動運転などの分野で、技術進歩が加速しています。

景気回復期待で押し目を拾いたいセクターではあるのですが、長期的な見通しが悪すぎます。

新型コロナ流行の兆しは、今のところ、利益確定売りの口実にされている程度ですが、今後の拡大如何では株価にもっと大きな影響があるかもしれません。

もし、中国ほど厳しい対策を行っても再流行してしまうとすれば、日本を含め他国は非常に厳しいということになります。

そう言った点も考えると、この先の中国の状況には十分注意を払う必要がありそうです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
第5回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示