たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

7日の上海総合指数は0.81%安、利益確定売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

7日(月)の上海総合指数は僅かに高寄り後、終日売りに押される展開となりました。

終値は0.81%安の3416.60ポイントで引けています。

養殖業、農業、飲料などが買われました。

一方自動車、採掘サービス、保険、銀行、証券、港湾水運、空港航空、バイオ製品などが売られました。

20201207A.png

7日(月)の創業板指数は0.16%安となりました。

20201207B.png

7日(月)の上海50指数は0.89%安となりました。

20201207C.png

上海総合指数は12月2日(水)にようやく年初来高値を更新したのですが、出来高が増えません。

上値の重い展開が続き、7日(月)には更に出来高が減り、少し大きな値幅の下げとなりました。

好材料がないわけではありません。

前場に発表された11月の貿易統計は以下の通りです。

カッコ内数字は、前月との差、市場コンセンサスとの差です。

輸出(ドルベース):21.1%増(+9.7ポイント、+9.1ポイント)

輸入( 〃 ):4.5%増(▲0.2ポイント、▲1.6ポイント)

貿易収支( 〃 ):754億3000万ドル(+169億9000万ドル、+219億3000万ドル)

今年の6月以降、はっきりとした人民元高トレンドが出ています。

ですから、数量調整と価格調整の速度の違いから生じる、いわゆるJカーブ効果によって輸出が強まり、輸入が弱まるといった現象が起きているのかもしれません。

ただ、市場コンセンサスとのズレの程度をみてもずいぶん大きく、Jカーブ効果だけでは説明できないほど輸出が回復しているとみて良いと思います。

運輸業界では、需要に輸送能力が追い付かず、輸送価格が上昇しています。

中国と欧州を結ぶ国際鉄道の状況をみると、今年に入り12月4日までに874便が運航されており、コンテナ量は72140TEUで前年同期と比べ106.4%増加しています。

現在、満載状態で、便数を増やして懸命に需給ひっ迫を緩和しようとしています。

ちなみに、11月までの累計データをみると、全体の輸出は2.5%増、輸入は0.6%増であるのに対して、欧州への輸出は5.7%増、輸入は3.5%増と大きく上回っています。

欧州への輸出はアメリカに次ぎ第二位、輸入はASEANに次ぎ第二位の規模となっています。

累計のデータから、欧州との貿易拡大が今年の中国の貿易を牽引しているといった状況です。

欧州は新型コロナ禍の影響が大きく、景気の落ち込みが顕著となっているのですが、生産の落ち込みを中国貿易によって補っているといった状況がこの統計から見てとれます。

もっとも7日(月)の相場では、運輸関連は軒並み売られています。

好材料で売るといった弱気相場のような感じになっています。

7日(月)に大きく上げた養殖業ですが、水産品の値動きが良いことが材料視されたようです。

新型コロナ禍で消費構造に変化が出ています。

出前業界が急成長しているのですが、彼らの背後にはアリババや、テンセントなどが株主として付いており、資金力があります。

積極的な仕入れをすることで大きなバイイングパワーを発揮しています。

足下で豚肉の需給がひっ迫する中で、水産物への需要が伸びているようです。

7日(月)はハンセン指数が1.23%安となっています。

上値が重く、様子見の投資家が増えていたところに香港市場が弱かったので、売られたといったところだと思います。

輸出や景気の好調は織り込まれており、米中関係の悪化が気になります。

高値を買っていく投資家は少なくなっているようです。

本土市場は次の材料待ちといった状況です。

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示