たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

28日の上海総合指数は0.02%高、小動き!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

28日(月)の上海総合指数は僅かに安寄り後、終日狭いレンジでの値動きとなりました。

終値は0.02%高の3397.29ポイントで引けています。

種苗林業、飲料、農産品加工、石炭、電力などが買われました。

一方、石油開発、半導体・部品、通信設備、電子部品、ホテルレストラン、名所旧跡・旅行などが売られました。

20201228A.png

28日(月)の創業板指数は0.07%高となりました。

20201228B.png

28日(月)の上海50指数は0.32%高となりました。

20201228C.png

いよいよ今年もあと3日(営業日)を残すばかりとなりました。

本土市場は31日(木)まで取引があり、休場は1日(金)だけなのですが、売買は閑散とまでは言えませんが、積極的に買ったり売ったりする感じはしません。

買われているところで敢えて言えば、種苗林業など農業関連の一角がにぎわっています。

来年の経済方針を決める中央経済工作会議において、8つの重大任務が示されたのですが、その5番目には「種子と耕地問題を上手く解決する」という項目が示されました。

食の安全、保障問題が注目されています。

穀物を如何にして貯蔵しておくか、土地の問題、技術戦略などがポイントとなるようです。

稲、トウモロコシ、小麦、スイカなどの種苗を行っている豊楽種業(000713、ストックコネクト銘柄でないため、日本人は買えない銘柄です)の株価をみると、中央経済工作会議の内容が発表される直前の17日の終値は10.71元でした。

18日(金)は7.47%上昇、その後も上昇が続き、28日(月)はストップ高、17.26元で引けています。

米中関係が緊迫化していますが、国際的に種子が戦略商品になりかねない状況です。

中国としても、種苗業を強化し、食糧面での安全を確保しておきたいと考えているのでしょう。

下げた方では、相変わらず新型コロナ関連のホテルレストラン、名所旧跡・旅行などが売られています。

変異種が世界中で見つかり始めています。

ワクチンがどの程度有効なのか見極めがつかない中、投資家の間に不安が広がっています。

そのほか、半導体・部品、通信設備、電子部品といった米中関係の緊迫化で売られるセクターが軟調です。

新型コロナ禍といい、米中関係といい、不透明感が強まっています。

年内はすっきりしない相場が続きそうです。

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示