たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

21日の上海総合指数は0.76%高、中小型材料株が買われる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

21日(月)の上海総合指数は僅かに安寄り後上昇、後場に入ると横ばい圏で推移したものの、ほぼ高値引けとなりました。

終値は0.76%高の3420.57ポイントで引けています。

種苗林業、自動車、国防軍事、石油、半導体・部品、非鉄などが買われました。

一方、空港空運、名所旧跡・旅行、ホテルレストランなどが売られました。

20201224A.png

21日(月)の創業板指数は3.66%高となりました。

20201224B.png

21日(月)の上海50指数は0.41%高となりました。

20201224C.png

全体的な相場の動きからいえば、大型株よりも、小型材料株が買われています。

売買代金は増えてはいますが、目立って増えているというほどではありません。

来年の経済政策の方針を決める"中央経済工作会議"が12月16日~18日の日程開かれ、その内容が先週末の大引け後に、各マスコミを通じて伝えられました。

これが材料視されたかどうかということですが、買われた銘柄の顔ぶれを見る限りでは、どうもそういう感じはしません。

もし、経済成長への自信を強めるような内容であれば、機関投資家がリスクテイクをしてくるはずですが、彼らの好む大型株よりも、むしろ個人投資家の好む小型材料株が買われています。

内容自体は、11日開かれた中央政治局会議で明らかになっており、それはセルサイドのレポートや、マスコミの関連記事を通じて市場関係者に伝わっていました。

サプライズはなかったということです。

新型コロナ禍を封じ込めることに成功、経済は順調に回復しています。

そのため、財政政策についても、金融政策についても、緊急措置からの正常化が進んでいます。

積極財政も、金融緩和も続けられるとはいえ、地方債の発行量は抑えられ、また、安易な利払いの延期、元本の返済遅延は許してもらえなくなりそうです。

当たり前にデフォルトしてしまう事案が増えるといった懸念が生じています。

マネーサプライの増加と経済成長は等しくあるべきだといったことも書いてあります。

景気に対しては、文言とは裏腹に、中立に近い内容といえそうです。

来年の主要任務が8つ挙げられていますが、そのなかで、「反独占を強化し、資本の無秩序な拡張を防止する」という項目が挙げられています。

ハイテク企業に対する規制強化の動きが出て来そうです。

市場動向の話に戻すと、種苗関連、農業関連が買われています。

これは主要任務の中に「種子と耕地問題を上手く解決する」という項目が入っており、それで買われたということでしょう。

今年の経済工作会議は、せいぜい個別のセクターに少し影響を与えた程度で、全体相場には大した影響は与えなかったと言えるでしょう。

明らかな悪材料もありました。

トランプ政権は、これまで、華為技術、中興通訊、杭州海康威視数字技術などを事実上の輸出禁止リストであるエンティティ・リストに挙げていましたが18日、新たに、SMICやDJIを加えると発表しています。

ただ、市場は大して反応しませんでした。

逆に国防軍事が買われています。

サプライズではなかったということでしょう。

サプライズといえば、イギリスで新型コロナの変異型が発見されており、それがEU内に拡散しているといった話の方でしょう。

新型コロナ禍でダメージを受ける空港空運、名所旧跡・旅行、ホテルレストランあたりが売られています。

ただ、マーケット全体に売りが出るほどではありませんでした。

中国の防ウイルス体制について、本土の投資家はある程度自信を持っています。

再び新型ウイルス禍が広がるリスクが懸念されるというほどではなかったということです。

今週はクリスマス、来週は年末年始となります。

本土市場もグローバル市場と同様、この時期、出来高は少なくなり、投資家は仕掛けにくい状態となります。

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示