たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

17日のハンセン指数は0.82%高、続伸!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

17日(木)のハンセン指数は高寄り後、一旦前日比マイナスに売り込まれる局面もあったのですが、早い段階で戻しています。

後場に入ると弱いながらも買いが優勢となり、終値は0.82%高の26678.38ポイントで引けました。

ビットコインが急騰していることからブロックチェーン関連が買われました。

半導体関連もこの日は買い戻されました。

出来高は増えない中で、材料株の上昇が目立ちます。

20201217A.png

17日(木)の中国企業指数は0.80%高となりました。

20201217B.png

参考として、2020年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20201217C.png

先週から今週にかけて、香港市場は上値の重い状態が続きました。

それはNYダウも同様です。

アメリカでは14日(月)から、ファイザーなどが開発したワクチンの接種が始まりました。

一旦材料出尽くしで、利益確定売りが出たのではないかとみられます。

一方、新型コロナ禍は収まる気配はありません。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は14日(月)、CNNテレビに出演した際、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため今後、ロックダウンが必要になるかもしれないと警告しました。

他にもロックダウンが必要な都市が出てきそうです。

景気見通しは再度、下方修正されるのは必至といった状況です。

しかし、一方で、金融緩和政策の継続がより確実となりました。

FOMCは16日(水)、政策判断に関する声明を発表しました。

FFレートの誘導目標レンジについては0-0.25%で変更せず。

毎月1200億ドル規模の債券購入についても据え置くことを決めています。

低金利政策は2023年以降も続く見通しです。

景気悪化見通しを政策が支える格好となっているのですが、同時に株価も支えられています。

香港市場も需給面で支えられている感じです。

トランプ政権はSMICを軍事関連企業にリストアップするなど最後の対中強硬策を打ち出していますが、それによって、FTSEラッセルは7日(月)、MSCIは15日(火)、軍事関連銘柄を株価指数から除外すると発表しました。

欧米機関投資家の売りが心配されたのですが、いまのところ、影響は個別銘柄に留まっており、マーケット全体を崩すには至っていません。

バイデン政権発足まであと1カ月です。

投資家は、政権交代で対中政策は変わると見ています。

少なくとも、この段階で急いで売ろうとする投資家は少ないということです。

本土市場では、景気の良さが、金融政策のフェードアウトに繋がりかねないといった見方も根強く、要因は対照的なのですが、こちらも上値が重たくなっています。

17日(木)は上昇しているものの、最近の軟調な本土相場が香港市場にも影響しています。

来週はクリスマス、再来週はもう年末です。

暫く、様子見の展開となりそうです。

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示