たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

連載

田代尚機のチャイナリサーチ
中国に限らずグローバルな視点から、投資に役立つ経済、企業の話題を取りあげます。

発行:マネーポストWEB 詳細はこちら

メルマガ(有料)

田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株

中国にテーマを絞り、マスコミが伝えないような中国本土の情報、分析レポートを提供します。

発行:フーミー(有料)
詳細はこちら

メルマガ(無料)

中国株投資レッスン

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)
詳細はこちら

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

16日の上海総合指数は1.11%高、反発!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

16日(月)の上海総合指数は高寄り後上昇、後場に入りダレるところもあったのですが大引けにかけて買われ、高値引けとなりました。

終値は1.11%高の3346.97ポイントを付けました。

非鉄金属、石炭、石油開発、飲料、鉄鋼、新材料、港湾航運、空港空運などが大きく買われました。

一方、電子部品、半導体などが軟調でした。

20201116A.png

16日(月)の創業板指数は0.21%高となりました。

20201116B.png

16日(月)の上海50指数は1.16%高となりました。

20201116C.png

先週のブログでは、上海総合指数は7月13日に付けた高値3458.79ポイントを目指す展開と予想したのですが、むしろ、高値圏での利益確定売りに押される形となりました。

トランプ大統領は12日(木)、中国の軍が実質的にコントロールする企業に対してアメリカの投資家が投資することを禁じる行政命令を突然、発布しました。

対象は全部で31社(グループ)です。

この中には非上場の華為技術のほか、大手通信キャリアであるチャイナモバイルの親会社である中国移動有限公司、中央系国有企業集団で中国の航空工業産業をリードする中国航空工業集団(AVIC)、中国中車(601766、01766)など、多くの重厚長大型産業の中核企業が含まれます。

13日(金)の上海総合指数は下に窓を開けて寄り付いたので、大きく下げるのかと心配したのですが、大引けにかけて買い戻されるなど終値では▲0.86%安に留まりました。

これを受けての16日(月)の上海総合指数は冒頭で説明した通り、上昇に転じています。

多くの銘柄が対象となる上海50指数の2営業日の株価の動きを示すと、▲1.74%下落、1.16%上昇でした。

これまでのところ影響は軽微です。

A株の外国人保有比率は市場全体で数%だと言われています。

たくさん持っているわけではない上、回転が速いわけでもないので、需給への影響は限定的です。

外国人投資家が株を買えなくなったからと言って、ファンダメンタルズに何ら影響はありません。

下げたところを国家隊、社会保障基金、保険系基金など長期安定運用の資金が少し時間をかけて買埋することでしょう。

海外売り上げの大きな建設・エンジニアリング関連のようなところもありますが、アジア、アフリカ、南米など、非アメリカ圏での商売が多く、米中関係の緊迫化によるファンダメンタルズの影響は小さいとみられます。

2021年1月11日から実行されることになっていますが、その9日後には、バイデン新政権が発足するはずです。

グローバル金融機関はバイデン新政権の支持母体の一つであることから、すぐに廃止されると見ています。

ちなみに、対象企業の一つである中国中車(601766)の株価は13日(金)には▲1.43%安でしたが、16日(月)には0.91%上昇しています。

16日(月)の寄り付き前、10月の月次統計が発表されました。

結果は以下の通りです。

カッコ内数字は前月との差、市場コンセンサスとの差を示します。

鉱工業生産:6.9%増(±0、+0.2)

固定資産投資(累計):1.8%増(+1.0、-)

小売売上高:4.3%増(+1.0、▲0.7)

鉱工業生産について、生産量の動きを見ると、非鉄金属が9.3%増(+1.7)、鋼材が14.2%増(+1.9)、エチレンが16.5%増(+3.9)と増勢が目立ちます。

景気回復の初期を思わせる数字の出方で、関連の景気敏感セクターが買われました。

朝のニュースでは、李克強首相は15日、RCEP首脳会議(オンライン)に出席、地域全面経済パートナーシップ関係協定を結んだと報じました。

中国、日本、韓国、アセアン10カ国、オーストラリア、ニュージーランドの合計15カ国が参加する世界最大規模の自由貿易協定となります。

マクロにみれば双循環戦略の加速、自由貿易の推進、経済ブロック化への対抗など意義は大きいのでしょうが、具体的には港湾航運、空港空運や、繊維、家電、EC物流といったあたりが関連セクターとなります。

この辺りは予想通り買われています。

資金供給面では、8000億元のMLF操作が行われました。

利回りは2.95%で変わりません。大量の資金供給かと思うでしょうが、5日(木)には4000億元、16日(月)には2000億元の期日到来がありました。

それらを差し引くと2000億元程度の資金供給となります。

金額はそこそこですが、景気の回復がしっかりしている中でも、当局は金融緩和を続けてくれそうだということで、市場は好感したと思います。

株価が下がれば好材料が出てきます。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
吉田恒氏著書「そうだったのか!FX大相場の真実」プレゼント企画
1000円がもらえるアメジスト香港オリジナル2021年版卓上カレンダープレゼント!
「タンク将軍の愛人米」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示