たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

31日の上海総合指数は0.24%安、後場に入り売られる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

31日(月)の上海総合指数は高寄り後、上値を試す動きとなったのですが、後場に入ると利益確定売りに押され下落、終値は0.24%安の3395.68ポイントで引けました。

セクター別では製紙、PC設備、アパレル、食品加工、農業、飲料などが買われました。

一方、港湾・海運、養殖業、バイオなどが売られました。

20200831A.png

31日(月)の創業板指数は1.07%安となりました。

20200831B.png

31日(月)の上海50指数は0.73%安となりました。

20200831C.png

31日(月)の上海総合指数は前場の段階では、7月13日場中で記録した高値3458.79ポイントを試す動きとなりました。

寄り付き前に発表された8月の官製・製造業PMIは51.0で、前月と比べ0.1ポイント低下、市場予想と比べ0.2ポイント下振れしました。

細目指数を含め、結果をまとめると、以下の通りです。

(1)拡大(50以上)基調にあって、前月よりも数値が改善

新規受注、サプライヤー配送時間、主要原材料購買価格、工場出荷価格、生産経営活動予想

(2)拡大(50以上)基調にあって、前月よりも数値が悪化

製造業PMI、生産、購買量

(3)縮小(50以下)基調にあって、前月よりも数値が改善

就業人員、新規輸出受注、受注残

(4)縮小(50以下)基調にあって、前月よりも数値が悪化

原材料在庫、輸入、製品在庫

製造業PMIは予想を下振れしたとはいえ、新規受注は好調ですし、経営者のマインドも悪くありません。

少なくとも、この統計を気にして、景気の変調を心配する投資家はいないでしょう。

非製造業PMIは55.2で前月と比べ、1.0ポイントも回復しています。

動きの鈍かった消費やサービスの回復は好材料と言えるでしょう。

気になったのは、海外投資家の動向です。

滬港通を通じたA株投資は34億1400万元の流出、深港通を通じたA株投資は46億1200万元の流出となり、合計では80億2600万元の流出となりました。

31日(月)の流出規模は7月24日以来の大きな額となりました。

ちなみに、先週末は合わせて64億4300万元の流入でした。

日中の動きをみると、前場は流入基調でした。

それが後場になると急速に売りが強まり、大きな流出となりました。

インド軍は31日、中国人民解放軍が両国国境の係争地で現行の体制を変えようとしたが、未然に防いだと表明しました(ロイターより)。

これが悪材料と説明するメディアもあるようです。

ただ、中国外交部はこれを否定しています。

アセアンほどではないにしてもインドも、中国に依存する経済構造となりつつあるます。

たとえば、スマホでは小米がサムスン電子を抑え、トップシェアを確保するといった現象が起きています。

インドの反中姿勢には限界があります。

両国の関係悪化について、過剰に反応する必要なないように思います。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示