たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

13日のハンセン指数は0.05%安、寄り付き天井!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

13日(木)の香港ハンセン指数は高寄り後、売りに押される展開となりましたが、後場に入ると狭いレンジでの値動きとなりました。

終値は0.05%安の25230.67ポイントで引けています。

20200813A.png

13日(木)の中国企業指数は0.28%高となりました。

20200813B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20200813C.png

ここ一週間の4指数の動きを見ると、NYダウが引き続き強い動きとなっています。

過剰流動性の中、新型コロナウイルスに対する有効なワクチンの実用化が進みそうだといった期待が株価を押し上げています。

米ドル指数は8月に入り、上げ下げはありますが、横ばい圏で推移しています。

ここ2日ほどは僅かにドル安局面となっています。

米国債(10年)は今週大きく上昇しており、金先物は逆に大きく下落しています。

ドル高を伴わないので、FRB、投機筋が相場を動かしたような感があります。

市場関係者たちは、景気の回復を期待しているようですが、金融面では超金融緩和が続くと見ているのでしょう。

理由はどうあれ、国際市場の動きが、直近のハンセン指数の戻りの要因と見ています。

米中の政治的な緊張の高まりは今のところ、それほど大きなネガティブサプライズとはなっていません。

トランプ政権は7日(金)、林鄭月娥行政長官をはじめ、香港、中国両政府の高官など11人に対し、アメリカ国内の資産を凍結すると発表しました。

一方、中国外交部は10日(月)、アメリカの上院議員、人権団体の活動家など11人に対して制裁を科すと発表しました。

こうした応酬は政治的な緊張を高めることにはなりますが、それが高じて経済に影響がでるような形で経済戦争に繋がるとは市場はみていません。

ティックトック、海外版微信のアメリカでの使用禁止にしても、華為技術を中心としたハイテク企業に対する制裁にしても、足元の中国経済に影響を与えるようなものではありません。

トランプ政権は、選挙を前にして、有権者へのアピールとして中国を攻撃する格好をアピールしたいだけでしょう。

お互いが経済的に影響を受けるような強硬策は自らの首を絞めるだけです。

投資家は、そうしたトランプ大統領の足元を見ています。

中国の景気回復シナリオに変化はありません。

新型コロナウイルスの封じ込めは上手く行っています。

グローバルでも、パンデミックはピークを打った感があり、また、ワクチン開発も順調に進んでいるようです。

ハンセン指数は持ち合いが暫く続いたとしても、下に抜けることはないだろうと見ています。

9月21日(火)YouTube無料セミナー開催!
以下のバナーよりお申込みいただけます。
第7回 ゴールデンアワー
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示