たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

23日のハンセン指数は0.35%高、戻りは弱い!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

23日(木)の香港ハンセン指数は高寄り後、売り買い交錯となりました。

終値は0.35%高の23977.32ポイントで引けています。

20200423A.png

23日(木)の中国企業指数は0.35%高となりました。

20200423B.png

参考として、2020年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20200423C.png

13日(月)に開かれたOPECプラスによる緊急テレビ会議によって、日量970万バレルの協調減産が決まり、一旦原油先物価格は落ち着くと見られたのですが、そうはいきませんでした。

21日(火)のアメリカWTI原油先物価格(5月受渡)は暴落し、1バレル▲37.63ドルとなりました。

1983年4月にWTIがニューヨーク取引所で取引されるようになって、初めてマイナス価格を付けることになりました。

5月受渡の最終取引日であったことで、ここで売らなければ現物を引き取らなければなりません。

需要が喪失、供給増加で世界中の原油タンカーが満杯になってしまい、原油の保管場所に窮する状態で、ロングポジションの投資家はお金を払ってでも売らなければならない羽目になったわけです。

新型コロナウイルス対策のための都市封鎖、人の移動制限は、アメリカの原油需要を酷く委縮させているということが改めて浮き彫りとなりました。

日量970万バレルの減産では足りません。

更なる減産が必要なのですが、それをどのように調整するのか、トランプ大統領の外交手腕が再び問われることになります。

これ以上原油価格の下落が続くようであれば、オイルシェル企業の倒産が相次ぎかねません。

そうならないようにFRBがハイイールド債を買い支えるようなことまでして、オイルシェル企業の経営を支えているのですが、酷いモラルハザードであり、永遠に続けるわけにはいきません。

だとすれば、経済を一刻も早く正常な状態に戻し、原油需要を回復さなければなりません。

都市封鎖や人の移動制限などは今すぐにでも解除してしまいたいでしょう。

しかし、そんなことをすると、新型コロナウイルス肺炎が再び猛威を振るい、死者が増加してしまいます。

アメリカは厳しい状況に追い込まれています。

株式市場は流動性供給が効いているので、持ちこたえています。

香港ハンセン指数もグローバルで発生している過剰流動性が支えとなって、下げ止まっているといった状況です。

新型コロナウイルス肺炎との攻防が煮詰まってきました。

ここで患者数の増加が止まらなければ、NYダウも、香港ハンセン指数も再び二番底を意識する展開となりかねません。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示