たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

13日の上海総合指数は0.34%下落、後場から持ち直す!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

13日(月)の上海総合指数は安寄り後、前場は売りに押される展開となったのですが、後場寄り後は中小型株がけん引する形で戻り歩調となりました。

終値は0.34%安の2785.87ポイントで、PC関連、半導体・部品、電子部品、通信設備、通信サービス、鉄鋼、国防軍事関連などが買われた一方、銀行、ガス水道、公共交通、不動産、ホテルレストランなどが売られました。

6日(月)に年初来安値を更新した後は、厳しい地合いながら、緩やかな自律反発を続けています。

20180813A.png

13日(月)の創業板指数は1.30%高となりました。

6日(月)の終値は2014829日以来の安値を記録したのですが、それ以降下げ止まり、13日(月)は3連騰となりました。

20180813B.png

一方、6日(月)の上海50指数は0.99%安となりました。

下げてはいるのですが、日足を見る限り、長い下髭を付けており、25日移動平均線に近いところまで戻しています。

20180813C.png

普段海外要因の影響を受けにくい本土でも、トルコショックは前場の段階では大きな影響がありました。

しかし、後場に入ると戻り歩調となりました。

さすがに銀行は不良債権の発生が心配され、終日売られましたが、創業板指数は大きく上昇しています。

"悪材料があったのに下げない時は買いだ"と本土の投資家たちはよく言います。

先週の上海総合指数は7日(火)以降、自律反発していますが、7日(火)から8日(水)にかけては160億ドル相当の輸入品に対する追加関税を掛け合うことになるという大きな悪材料がありました。

そうした中で下げ止まるということは、ここからの売り手は少なくなっているといった見方もできます。

もっとも、上昇トレンドが出てくるには、やはり買い材料が必要です。

810日(金)の中国証券報、上海証券報、証券日報、証券時報など4大証券新聞は、示し合わせたように第一面で、そろって外資によるA株市場への流入について報じています。

17月におけるQFIIRQFIIや、滬港通、深港通をつうじてA株を買う海外投資家などによる純買入金額は1697億元となっています。

A株のMSCI指数におけるウエートが9月以降引き上げられます。

A株のラッセル国際指数入りが検討されています。

さらに証監会は今後、資本市場改革を加速させる方針を示しており、投資環境の整備を進めています。

こうした要因から、今後、外資の流入が期待されるといった論調です。

言うまでもありませんが、背後に当局の指示があったとみられます。

当局としても、ここで底割れすれば、テクニカルにみれば、更に1割強程度、下落する可能性があるので、何とか止めたいと考えているのでしょう。

トルコショックがどの程度の規模のものになるのか、まだはっきりとつかめませんが、20166月のブレクジットの時のように、最初のインパクトとその後の金融市場への影響に大きな差があるようであれば、外資流入の期待は増幅して戻ってくるはずです。

下値は堅くなっているので、長期投資家であればそろそろ買い場がきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示