たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

中国株アナリスト
1958年生まれ。愛知県出身。大和総研、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立、TS・チャイナ・リサーチ(株)を設立。現在は生活の拠点を中国に移し、日本と中国を行き来しながらフリーランスとして活動中。マスコミ、金融機関や、個人投資家向けに情報提供を行っている。大和総研勤務時代に1994年から9年間、北京に駐在、中国経済、個別企業の調査を担当。それ以来、中国経済、企業に関する情報提供をライフワークとしている。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。
【著書】
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

連載

田代尚機のチャイナリサーチ
中国に限らずグローバルな視点から、投資に役立つ経済、企業の話題を取りあげます。

発行:マネーポストWEB 詳細はこちら

メルマガ(有料)

田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株

中国にテーマを絞り、マスコミが伝えないような中国本土の情報、分析レポートを提供します。

発行:フーミー(有料)
詳細はこちら

メルマガ(無料)

中国株投資レッスン

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)
詳細はこちら

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

12日の上海総合指数は0.59%安、リバウンドもひと段落!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

12日の上海総合指数は安寄り後、一旦上昇に転じたものの、上値は重く、後場に入ると、買いが後退、大引けでは0.59%安となりました。

先週は5日(月)に下げた後は、4日間続伸となりました。

具体的な好材料があったわけではありませんが、金融レバレッジの縮小にともなう数々の悪材料を一通り織り込んだとは言えるかもしれません。

売買代金がそれほど増えない中、テクニカルな自律反発が続きました。

8日(木)、9日(金)と2日間に渡り、200日移動平均線を上回ったのですが、12日(月)は再び下回っています。一方で、5日移動平均線で下げ止まるといった形となっています。

20170612A.png

12日の創業板指数は1.15%下落しています。こちらは7日(水)までは上昇したのですが、それ以降、25日移動平均線に沿って下げている感じです。別の視点では、小さな波動を見ると、前回の高値を上回ることができず、前回の安値を下回り続けているといった状態で、残念ながら、底打ちは確認できません。下げ相場が続いています。

20170612B.png

毎年6月、特に後半は、理財商品の期限到来が集中したり、半期末となることでファンドの解約が増えたり、ビジネス絡みの清算が増えたりするために、資金流動性のひっ迫が起き易くなるといわれています。

記憶に鮮明に残っているのは、20136月の急落です。この時の上海総合指数の月ベースの下落率は13.97%となりました。

銀行が無秩序な理財商品の拡大競争に走ったのを中国人民銀行は問題視し、20133月、管理規定を大幅に見直し、管理を厳しくしました。

理財商品は営業上の理由から、設定が14710月に集中します。基本的に短期の商品で、36912月末に解約が集中します。

管理規定見直し直後の3月はまだ、解約は少なく、ロールオーバーも多かったのですが、6月末はそうはいきませんでした。人民銀行は懲罰的な意味合いもあり、解約に伴う短期資金需要の高まりに対して、意図的に資金供給を行わず、インターバンク市場は混乱、それによって、株式市場は大混乱となりました。

その後の上海総合指数について月次ベースの値動きを見ると、20146月は0.45%上昇、20156月は7.25%下落、20166月は0.45%上昇となりました。

20156月の急落は、この年の前半、利下げによる金融緩和、証券会社に対する経営自由化による信用取引の拡大、ノンバンクの過剰融資による株式投機の発生などで上海総合指数が小バブル状態となったのですが、それを問題視した当局が管理を厳しくしたために、小バブル崩壊となりました(ただし7月、8月の下げ幅の方が大きい)。

こうしてみると、6月は要注意の月と言えるでしょう。

今年については、4月中旬以降、株価が下がっているので、ファンドの解約は増えるかもしれません。ただ、それを阻止するためにファンドが活発に売買するといった動きも出るのでそれほど気にすることはないでしょう。

ただし、足元のインターバンク市場金利が6月に入って上昇しています。特に1カ月物の上昇が顕著であり、6月末に向けて資金ひっ迫懸念は高いようです。

金融行政は、不動産融資の抑制、供給側改革の加速による無駄な投資の排除など、相変わらず金融レバレッジの縮小を進めています。悪材料は織り込み済みと決めつけない方が良いかもしれません。

足元の上海総合指数はようやく底打ちした感がありますが、今月一杯はまだ、上値の重い展開が続きそうです。

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析
『台湾の今』を知る情報誌「な~るほど・ザ・台湾」2021年4月号 プレゼント企画
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
いとうまい子さん直筆サイン入り2021年版カレンダー プレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示