たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

一帯一路戦略関連に注目!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

一帯一路戦略関連が買われる。

24日の本土市場では一帯一路戦略関連銘柄が買われた。

個別銘柄では、セメント・建材関連の青松建化(600425)、銀龍股フェン(603969)、上峰水泥(000672)、西部建設(002302)、建機の法蘭泰克(603966)、港湾運営の南京港(002040)、連雲港(601008)などがストップ高、
大型株では総合建設・エンジニアリングの中国建築(601668)が7.55%上昇した。

この日の上海総合指数は0.64%上昇、深セン総合指数は0.40%上昇したが、一帯一路関連が相場をけん引した。

好材料が2つほどある。

一つはアジアインフラ投資銀行(AIIB)の加盟国が大きく増えたといった話である。

マスコミ報道によれば、アジアインフラ投資銀行(AIIB)のオーロラ報道官は23日、「北京金融街のAIIB本部において、董事会を開催、13カ国・地域の新規加入を決定した」と発表した。これで参加国は70カ国・地域となった。

参加国・地域数は世界銀行に次ぐ規模となり、国際的な影響力は大きく高まった。一帯一路戦略を金融面から支持したり、中国の全方位的な対外開放政策を推し進めたりするのに有利である。

一帯一路戦略に関連する地域からは、アフガニスタン、アルメニア、フィジー、香港、東ティモールなどの5カ国・地域、非関連地域からは、カナダ、ベルギー、エチオピア、ハンガリー、アイルランド、ペルー、スーダン、ベネズエラなど8カ国が加入した。
これらの国・地域の加入によって、一面では資金規模を拡大させることができ、一面では参加国・地域の相互接続性を高めることができ、ウイン・ウインの局面に近づくことができる。

注意すべき点は、今年の政府活動報告において、一帯一路といった語句が5度使われており、国際的な生産能力面での協力関係を深め、中国の設備、技術、標準、サービスなどの輸出を推し進め、相互補完を実現すると強調していることである。
(24日、証券日報などより)

一帯一路戦略を実行する上で、資金面、具体的なプロジェクトの選択といった面において、AIIBは重要な役割を持っている。そのAIIBの規模が拡大した意義は大きい。

もう一つはボーアオ会議の開催である。

ボーアオ会議とは、毎年春先に海南省ボーアオ鎮で開催される国際会議であり、アジア、オセアニアの25カ国における政府関係者、企業経営者、学者などが参加し、アジア、オセアニアにおける共通の経済、社会問題を話し合うハイレベルフォーラムである。

今年は3月23日から26日の4日間の日程(開会式は25日)で開かれ、テーマは"直面するグローバル化と自由貿易の未来"である。いろいろな形で一帯一路戦略に関する話題が組み込まれている。
一帯一路戦略は中国主導ではあるが、地域全体の発展を目指すグローバルな戦略であり、各国の関心は高い。

先日発表された「一帯一路貿易合作ビッグデータ報告(2017)」によれば、2016年における中国とシルクロード沿線国家との貿易総額は9535億9000万ドルで、貿易総額の25.7%に達し、2015年と比べ0.4ポイント上昇している。
2015年以降、この比率は上昇傾向にある。

一帯一路戦略では、シルクロード沿線国家のインフラ設備建設が中心となるが、これは中国企業にとって大きなビジネスチャンスとなる。

インフラ建設需要に伴い、建設・エンジニアリング、セメント、鉄鋼、建設機械、通信設備、電力設備などのセクターが恩恵を受ける。また、貿易量の拡大によって、港湾、海運、商用車(トラックなど)などのセクターが恩恵を受ける。

一帯一路戦略は外交戦略上、シルクロード沿線国家を中国経済圏に取り込むといった目的を持ち、経済発展上、生産能力の過剰となった素材産業に対して大きな需要を提供するといった効果を持つ。

株式投資において、一帯一路戦略は今後数年間における最重要テーマの一つであり、息の長いテーマである。

参考.香港上場の主な関連銘柄は以下の通り

建設・エンジニアリング
中国建築国際(03311)、中国中鉄(00390)、中国鉄建(01186)、中国交通建設(01800)、中国冶金科工(01618)、シノペック煉化工程(02386)、中国機械設備工程(01829)

セメント・建材
安徽コンチセメント(00914)、華潤セメント(01313)、北京金隅(02009)、中国建材(03323)

鉄鋼
馬鞍山鋼鉄(00323)、アンガン・スチール(00347)

建設機械
中聯重科(01157)、ウェイチャイ・パワー(02338)、中国龍工(03339)

通信設備
中興通訊(00763)

電力設備
東方電気(01072)、ハルビン動力設備(01133)、上海電気集団(02727)

港湾
コスコ・パシフィック(01199)、大連港(02880)

海運
招商局国際(00144)、中外運航運(00368)、中国外運(00598)、中海発展(01138)、海豊国際(01308)、チャイナ・コスコ(01919)、太平洋航運(02343)、中海コンテナ(02866)

商用車
中国重汽(03808)

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

『メルマガ:週刊中国株投資戦略レポート』
相場の流れや注目銘柄など、 実戦で活用できる情報をお求めの方にオススメ!
発行:GLOBAL LINK ADVISERS (有料) 
詳細はこちら

『書籍:中国株二季報2017年春号』
中国株投資には必読の一冊。
中国・香港上場企業の最新情報がまとめられた、 最強のデータブック!
詳細はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示