たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

6日の上海総合指数は0.48%高、全人代開催も小動き!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

6日の上海総合指数は安寄り後、薄商いの中で、中小型株中心に上昇するといった展開でした。大引けにかけて買いが集まり、高値引けとなっています。

少し前からの動きを追ってみると、223日の場中で高値3264.08ポイントを付けた後、押し目となりました。

33日(金)に安寄り後、下髭のある寄り引き同時線を付けた後の6日、やや小さめではありますが、陽線を付けて引けているといった状況です。底打ちした感があります。

20170306A.png

一方、創業板指数については6日、1.79%高で引けています。

先週は狭いレンジでの横ばい圏で推移していたのですが、この日の上昇で、ようやく12月上旬の急落後の持ち合い水準まで戻しています。

200日移動平均線はまだ遠い先にありますが、75日移動平均線については、ワンチャンスで到達しそうなところまで回復してきました。

20170306B.png

年に1度の政治的ビッグイベントが始まりました。3日(金)には全人代、5日(日)には全国政治協商会議が開幕しました。

注目の全人代政治活動報告は初日の5日午前に行われました。

政府は経済拡大を目指すというよりは、金融リスクをコントロールして、経済の質を高めることに重点を置いた経済運営方針を示しています。

今年の経済成長率については6.5%前後としています。昨年の目標は6.5%~7%で、実績は6.7%でした。

今年の秋の共産党人事に関連付けて中国は経済成長を促すのではないかといった見方もあるようですが、少なくともこの成長率目標を見る限り、そのような気配は全く感じられません。

財政赤字率は3%で昨年と同じですが、赤字額は2兆3800万元で、昨年よりも2000億元増えています。これは減税を予定しているからで、積極財政は今年も継続される見通しです。

一方、金融指標については、M2、社会融資規模残高の伸び率は12%前後としており、昨年と比べ1ポイント引き下げられました。金融政策に関しては、緩和から中立に向かうようです。

一番気になったのは、金融面でのリスク管理強化についてです。

政府は不良資産、債券のデフォルト、シャドウバンキング、インターネット金融などにおけるリスクの累積を警戒しています。

金融監督管理体制の改革を推し進め、突出したリスクを秩序立てて解消、処理し、金融秩序を整理・規範化し、堅牢な金融リスクの防火壁を作るとしています。

これだけ見ると、景気過熱下の経済政策のようです。

もっとも、こうした内容は昨年12月に行われた中央経済工作会議などの内容から予想できました。

景気が好転する中で、金融リスクのコントロールをしっかりと行い、構造改革を思い切ってやれるということは、中国経済の長期的な発展に有利です。

現在育ちつつある機関投資家にとって、買場が続きそうです。

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
【新製品】PerGrande社製 コロナウイルス(COVID-19)検査キット「AttoTest(GOLD)」(新型) 川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示