酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

浦霞・ひやおろし。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

 浦霞・ひやおろしが来た。

 

 司1.jpg

 

 司2.jpg

もうかれこれ40年以上にもなると思うが、浦霞・純米吟醸酒を何時も飲ませてくれる八丁堀・鮨処・司さんにお願いして蔵元の佐浦酒造さんから直接送って頂いている。

 

これが来ると、"ああもう秋だ。"と感じる。

 

ひやおろしのアルコール度数は16度以上17度未満で普通の日本酒の15度より1度高いが、コクが有ってもっと強く感じる。

 

さあ、今日から(いや昨日から)沢山飲むぞ!

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

レート・チェック。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

 日銀がレート・チェックをしたとかでちょっとだけ円高になっている。

 

一部では"すわ、介入か?"と色めき立ったが、どうだろう。

 

介入を担当する銀行は日銀とダイレクト・ラインを引いており、介入を行う場合は当然このダイレクト・ラインに日銀から電話が掛かって来て、"今相場は幾らですか?"と訊いてくる。

これがレート・チェックである。

 

もう現役を離れて20年以上も経つので最近のやり方は知らないが、(と言っても最近は殆ど介入をやった事は無いから担当者もやり方を知らないんじゃないかなあ?)昔は、"では143.80で100本(1億ドル)売って下さい。"と日銀の担当者から頼まれると兎に角1億ドルを市場で売り叩く。

 

買い手が多ければ10銭しか下がらないかも知れないし、少なければ50~60銭下がるかも知れない。

 

日銀と銀行は四六時中相場の話をしているので、どれが介入を意識したレート・チェックなのか、それとも何時ものルーティーンな話なのかは分からないが、ニュースになるくらいだから今日のレート・チェックは多少の緊迫感は有ったのだろう。

 

昨日述べたが介入が有るのかどうか、有ったとしたら効果が有るかどうか分からないが、個人的には"気を付けた方が良かろう。"と思っている。

 

市場が疑心暗鬼になっている時は介入は効くことが多い。

 

 

もし自分が財務省の介入の責任者であったら、今日思い切ってガツンと介入すると結構効くと思うな。

(何処まで下がって、何時迄効果有るかは介入額にもよるが..)

 

 

ちょっと面白くなってきたな。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

"ドル売り&円買い介入。"

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

凡そ1週間前の7日(水)にドル・円相場は24年ぶりの戻り高値となる144.98を付けたがその後じりじりと値を下げて今日は安値142.04を付けている。

 

今晩発表になる8月のアメリカの消費者物価指数を前にしてポジション調整(ドルを買っていた人がドルを売って利食いを行う。)が起きているのであろうが、市場が多少とは言え金融当局のドル売り&円買い介入を警戒しているのではないかと思うので、昨日書いた筆者の個人的意見を此処で述べてみたい。

 

先週木曜日に財務省、金融庁、そして日本銀行が集まって所謂三者会談を開催し、神田財務官が"最近の円安進行は明らかに過度な変動であり、政府・日銀は極めて憂慮しており、あらゆる措置を排除せず、為替市場において必要な対応を取る準備がある。"と述べた。

 

何時も相場には関係無い金融庁が参加することを不思議に思っているのだが、まあ所謂金融当局が集まって円安を牽制しようとしたことには間違いは無い。

 

そして金曜日午前中には黒田日銀総裁が岸田首相と官邸で協議を行った後に、"為替相場が1日に2円~3円動くのは急激な変化と認識しており、今後も為替相場を注視する。"と述べて過度な動きを警戒する姿勢を示したこともその後のドル売り&円買いを誘った。

 

俄かにドル売り&円買い介入の可能性についての議論が高まったが、敢えて個人的な意見を述べると、

-"インフレに悩むアメリカはそれを緩和するドル高を望んでおり、ドル売り介入を許さない。"と言う意見に対しては、確かにアメリカ財務省は基本的には介入には反対であるが、アメリカが中国とロシアに対して対決姿勢を強める中、アメリカ寄りの日本を懐柔させる為には為替問題はMinor issue.(小さな問題)であり、日本政府が介入を行うと言っても反対はしないのではないか?

日韓関係に関しても安倍政権よりは柔軟的な岸田政権に対してアメリカ政府は一定の評価をしている。

 

-"ドル売り&円買い介入は原資にドル外貨準備を使うので甚だ難しい。"と言う意見に対しては、我が国の外貨準備は1兆3000億ドルを超えており、1998年に榊原元財務官がドル売り&円買い介入を行って,"1回で外貨準備の1割を使ってしまった!これ以上は難しい。"と匙を投げた時の約2000億ドルの準備高から6倍以上の規模に達している。

 

あの頃よりは、相当余裕があるものと思われる。

 

-Don't fight the Fed.(Fed.とは喧嘩するな。)と言う諺が有る。

言い換えれば"中央銀行とは喧嘩するな。"ともとれる。

 

今年6月に海外の投機筋が我が国10年債を売り浴びせて、利回りが一時日銀のイールド・カーブ・コントロール政策の上限である0.25%を超えたことが有ったが、日銀はすかさず指値オペを行って0.25%で無制限に債券を購入すると宣言して利回りが0.2%近くまで急落して投機筋はこっぴどい目に遭った。

 

1998年のドル売り&円買い介入は短期的には功を奏せず147台まで上昇したが、たった一月で115円台まで下落した記憶が有る。

この年は、ロシアの財政破綻に伴うルーブル・ショックが起きてそれがヘッジファンド危機に連鎖し、世界経済が急にリスク回避モードとなってドルが下落したこともあり、Mr.Yen.のドル売り&円買い介入のせいでドルが下がったとは言い切れないが、矢張り介入は短期的には効かないこともあるが、長期的には必ず聞くと言うのが筆者の経験からの持論である。

 

実は1985年のプラザ合意の時もそうであった。

9月23日、日本の祭日の折に休日出勤してドル売り介入のお手伝いをしたが、介入当日は240円くらいから242円まで上昇したが、2日間で20円近く暴落したのを覚えている。

 

急にドル売り介入に怖気づいた訳ではないが、先週の金融当局と官邸の動きを見ると"何だか嫌な気がする。"と言う漠然としたものを感じるのである。

 

 

介入が有るか、否かは分からない。

 

介入が効くか、否かも分からない。

 

市場では145円を上切ったら次は148円、そしてそれをも上切ったら次は150円と言う意見が多い。

それを上切ったら、チャート的には次の目標となるレベルが分からないとも言われているが、50年為替をやってきた者として"何となくキナ臭いなあ。"と感じている今日この頃である。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

エリザベス女王のご逝去。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

 

エリザベス女王がご逝去された。享年96歳。

 

スピーチにはウィットとユーモアが有り、国民から"Maam."と慕われた素敵な女王様であった。

 

当然英国の国葬が行われるが、何処かの国の国葬騒ぎと違って、誰も反対する者は居まい。

 

何で、"国葬反対!"といきり立つんだろう?

 

好き嫌いは兎も角、偉大な政治家と国内外からも評価されていた人が亡くなって(しかも凶弾に倒れて。)国葬にして何が悪い?

半旗を掲げるとか弔意を表すと言うのは個人の勝手。

 

テレビのニュースでいい大人が"こくそーはんたい。"と気勢を上げているの見ると虫唾が走る。

 

何を考えているんだろう?

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

奇遇。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

コロナで此処数年来れなかった両親の墓参りの為に鹿児島に来ている。

遠くて大変なのだが矢張り自身のルーツを訪ねる事は感慨深いものが有る。

昨日鹿児島空港に到着して棚から荷物を下ろし、ふと右に目をやると綺麗なお嬢さん(マスクをしているが、綺麗かそうでないかは直ぐに分かる。)が此方を凝視している。

ん?

U...さんだ。


最近はコロナのせいでご一緒していないが、ゴルフ仲間でラーメン好きのU...さんではないか!

後ろがつかえているので"ありゃ〜!"とだけ言ってお別れしたが、後でSNS.でお話ししたら学生時代のご友人と鹿児島の歴史巡りをするのだと言う。

鹿児島にルーツを持つ者としては甚だ嬉しい。

筆者は今から帰京するがどうぞ鹿児島Trip.エンジョイ為さって下さい。


本当に奇遇であった。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示