酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

Sell on fact.(事実で売れ。)

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

金融取引の世界に"Buy on rumor, sell on fact."と言う格言が有る。

 

そのまま訳すと、"噂で買って、事実で売れ。"であるが、簡単に言うと"何かが起きる前に買っておいて、事が起きたら売れ。"と言うことである。

 

昨日(厳密に言うと東京時間の午前3時だから今日か?)正に為替市場でそれが起きた。

 

3日から4日の予定(ニューヨーク時間)で開催されたFOMC.(連邦公開市場委員会)で22年ぶりに0.5%の利上げが決定された。

 

通常の利上げは一回に0.25%行われるのだが、現状の高いインフレに対処する為に通常の倍の0.5%引き上げられた。

 

市場は大分前から利上げ(これが事であった。)を織り込んでおり、多くの市場参加者がドルを買っていた。(Buy on rumor.)

 

FOMC.後の記者会見でFRB.(連邦準備理事会)のパウエル議長が"インフレはあまりにも高い。"と発言するとドル・円相場は一瞬130.37まで上昇したが、その後"0.75%利上げは積極的に検討しているものではない。"と述べると一転してドル売りが殺到して128.63迄急落した。

(Sell on fact.)

 

東京時間になって129.54迄戻して再び128.75迄下げると言う落ち着きの無い動きを見せているが、午後4時半現在では再び129.60迄戻している。

 

今日の東京市場はゴールデン・ウィークで休場で市場参加者が少なく、市場の流動性が低くなって相場が落ち着きの無い動きをするのは想定内。

 

Sell on fact.が収まれば金利差拡大と言うファンダメンタルズを反映して再びドル・円は上昇するのではなかろうか?

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

優しい心。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

家の庭には雀が毎日遊びに来て、ちゅんちゅんと姦しい。

 

 雀 45.jpg

 

昨日からお泊りに来ていた10歳の孫娘が餌をやっているのだが、何時もより雀の数が少ない。

 

"今日は雀の数が少ないねえ。"と言ったら、"あ、さっきカラスさんが居たからじゃないの?"と言う。

確かに最近カラスが庭に舞い降りて雀の餌をつついている光景を目にして、すかさず追っ払っていたのだが今日も来たか。

 

"カラスは駄目だ!見たら直ぐに追い払って。"と言ったら、"カラスさんだって同じ生き物で一生懸命生きているんだから追い払っては駄目。"と言う。

 

"だって小さな雀を脅かして餌を取るんだよ。"と言っても、"カラスさんだって一生懸命なんだよ。"と譲らない。

 

"ゴキブリだって生き物だけど、平気なの?"と訊いたら、"ゴキブリは好きではないけど、生き物なんだから虐めちゃ駄目。"とはっきりしている。

 

子供は優しい心を持っているんですな。

こういう子供は動物だけではなく、他人にも優しく接するんだろうな。

 

じーじ、ほろりとした。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

静かなゴールデン・ウイーク。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

昨日は東京での所用の後車で帰宅していたら、前が全然見えないくらいの突然の雨に見舞われてたまげた。

 

ものの5分で大雨は止み、家に帰る頃はすっかり収まっていたがあれは何だったんだろう?

車でなければ大変な目に遭ったところだ。

 

今日は打って変わって晴天となり正に五月晴れだ。

 

家でゆっくり3月決算の法人の税申告の作業をやろうと思ったら近所に住む孫達が"お泊りに来たい。"と言う。

 

良いよ、良いよ、別に邪魔される訳ではないから。

 

お兄ちゃんは友達と遊ぶ約束が有るとかで家の下の本牧市民公園に遊びに行ったが、下の妹は何だか訳の分からないテレビを見ている。

どうやら自分の家ではテレビを見る時間が決められているらしく、じじの家に来て好き放題をやりたいらしい。

 

良いよ、良いよ。

 

 

相場も殆ど動かず、長閑なゴールデン・ウイークの一日であります。

 

 

f28.jpg

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

毎日、お休みの様なものだ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日はゴールデン・ウイークの狭間で、今日と金曜日に休暇を取れば10連休となるが、こちとら毎日がお休みの様なものだから、何の感慨も無い。

 

それどころか毎月曜日に東京に出掛ける用事が有るので、休みも取らずに健気にも東京に来たぞ。

 

道は空いていた。

その分行楽地は激混みなのだろう。

 

子供さん達を連れ出してご機嫌を伺うお父さん達は大変だろうな?

世の中ゴールデン・ウイークでも為替市場は動いている。

 

先週131.25まで行って一旦129.32まで反落したドル・円は今日は130.40近辺まで戻している。

 

先週開催された日銀政策決定会合でイールド・カーブ・コントロールを維持し、無制限の債券の買いオペを宣言して、もうこれは日銀が更なる円安進行のお墨付きを出してくれた様なものだ。

 

下がったら買いましょう。

 

先程アップされた本日の為替ランドスケープ5月号で詳しく述べていますので、是非ともご覧ください。

 

 

花 25.jpg

 

 

 

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

誰が名付けた、黄金週間?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日からゴールデン・ウイークが始まった。

 

誰がゴールデン・ウイーク(黄金週間)と名付けたんだろう?

 

何でゴールデン(黄金)なのだろうか?

 

恐らくこの期間に祭日が集中していて沢山お休みが有るからなのだろう。

 

今年も5月2日(月)と5月6日(金)に休みを取れば10連休となるから、正に"黄金"だ。

 

問題はこの黄金週間に何処かに行こうと思うと激混みで大渋滞に巻き込まれることだ。

 

これは多くの人が家族皆で連休を使って何処かに行こうとするのでどうしても他の皆さんとぶつかってしまって、ある意味仕方の無いことかも知れない。

 

筆者は幸いにも外資系の会社に居たので別にゴールデン・ウイークやお盆に休みを取らなくても、"何時でも好きな時"に2週間の連続休暇が取れたので、この様な悩み(多くの人が同じ時期に休暇を取るので何処に行っても混む。)は無かった。

 

何故外資系が幸いかと言うと会社の規則で2週間の連続休暇を取らなくてはならないからだ。

 

1月に回覧版を回して自分の好きな所に印を付けて、なるべくだぶらない様にする。

 

筆者は親分だったので一番乗りで2箇所2週間分の連続休暇を取ってしまう。

 

大体7月頃2週間、そして10月頃に2週間連続休暇を取ってシンガポールに行くことが多かった。

 

そう、1年に合計4週間の休暇が有って、只の一度も余らせたことは無かった。

それだけが自慢だ。

 

余計なことかも知れないが、日本の会社の皆さんは上司や周りの同僚に遠慮をして中々休暇が取れないと言う話を聞いたことが有るが、馬鹿げた話だ。

 

休暇を取るのは労働者の権利である。

 

わざわざ混むゴールデン・ウイークなんかに出掛ける必要なんか有りません。

 

 

ゴールデン・ウイークを避けて、空いている時に出掛けましょうよ。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示