酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル円相場下落の怪。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

年明け4日に高値116.34を付けたドル円相場が今日安値113.64迄値を下げた。

ドル円相場に大きく影響を与える米国10年債利回りは此処1週間で1.765%から1.700%まで下げたが、ドル円を2円半以上もぶち下げるものでもない。

FRB.幹部によるタカ派的(金融引き締めに積極的)な発言が相次ぐ中、この長期金利とドルの下げに意外感を覚えた人も多かろう。

理由は簡単で、マーケットが金利上昇を見込んで債券を売り(債券価格は下落して利回りは上昇する。)、ドルが上がると思ってドルを買っていたので、債券には買い戻しが入り利回りは下落、そしてドル円に関しては115円を切った辺りから損切りのドル売りが出てあれよあれよと言う間に113円台に突入したのだろう。

"おかしいなあ?"と思う様なことが起こるのはマーケットの常。

何れまた上がると思うのでドル買いの絶好のタイミングを待ちましょう。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

初雪。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク


関東地方に初雪が降り始めた。
偶然にも今日スタッドレスタイヤへの交換を予約していたので、助かった。

2EF69CE7-6B2C-40CE-8553-AB4E13CE1080.jpeg?20220117

関東地方は雪にからきし弱いから、今晩から明日の朝に掛けて交通網が混乱するかも知れないな。

皆さんもお気を付けてお過ごし下さい。


年初から円安が進み、5年ぶりの安値(ドルの高値)である116.35を付けた。

流石に利食いの売りが出て一旦115円台に戻っているが、米国長期金利がFRB.による利上げ観測で上昇しており、流れはドル高&円安であることは明白だ。

只、米国金利上昇=日米金利差拡大=ドル円上昇と言う簡単なシナリオ通りに行かないのが相場の難しいところ。

所謂地政学的リスクと言われる台湾、ウクライナ、イラン問題が有り、又新規感染者が激増している新型コロナウィルス問題や秋の米国中間選挙結果に対する不安も存在する。

基調はドル高&円安ではあるが、上で述べた不安要因を考えると一本調子でドルが上がる事は有るまい。

五歩前進、一歩後退、時に三歩後退のリスクを考えながら上手く立ち回ろう。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

オミクロン。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

政府が明日午前0時を期して海外からの外国人の入国を禁止する措置を取ることを決めた。

 

これは勿論金曜日にニュースとなった南アフリカ初の新たな新型コロナの変異型ウイルス、オミクロンによるものである。

 

我が国に先立って幾つかの国々が既に外国人の入国禁止・制限措置を取っていたので、政府の措置には余り驚かない。

 

週明けの東京市場では一時400円下げた後前日比でプラス圏内に戻した日経平均株値が467円安で引け、ドル・円相場も午後3時過ぎに一時113円を割り込んだ。

 

何だか気持ち悪いな。

 

恐ろしいのは、このオミクロンについてその毒性が強くて重症化リスクや致死率が高いのか、既存のワクチンが効くのかと言うことが全くと言い程分かっていないことである。

 

少なくともオミクロンの伝搬能力と速度が物凄く早いことは分かっており、南アフリカの近辺諸国やヨーロッパ幾つかの国々、そして香港とオーストラリアでも陽性反応者が発見された。

 

この不安な状況ではリスクは取れない。

 

 

 

暫くは大人しくしておくことにしよう。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

とんだブラック・フライデー。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

昨日の金曜日はブラック・フライデーと呼ばれ、アメリカの小売店などで大規模な安売りが実施される。

前日の感謝祭(11月の第4木曜日)のプレゼント売れ残り一掃セールの日にもなっており、買い物客が殺到して小売店が繁盛する事でも知られており、店が大きく黒字を出すのでブラック・フライデーと呼ばれだした。

黒字のブラックである。

 

ところが金融界にはブラック・マンデーと言う言葉も有る。

これは1987年10月19日(月)に起こったニューヨーク株式市場の大暴落の事を言い、"暗黒の月曜日"とも言われている。

 同じブラックでも大違いだ。

 そのブラック・フライデーの昨日、世界中の金融市場が大荒れとなった。

 きっかけとなったのは南アフリカで新型コロナ・ウィルスに変異型が見付かったと言うニュースであった。

 日経平均株価は一時900円以上値下がりした後747円安で引け、その後の欧州株式市場、ニューヨーク株式市場でも株価は大きく下げ、リスク・オフ(投資家が既存の債権を売り、新たな投資を控える。)となって安全資産と目される円とスイス・フランが大きく買われた。

 ドル・円相場は高値115.36から徐々に値を下げ、何と2円以上も下げる安値113.06を付けた後113.29で週を終えた。

 アメリカで早期利上げ機運が高まって多くのプレーヤーがドルを買い持ちにしていたので、損切りのドル売りが出たことも下げを加速した事であろう。

 ビット・コインも前日終値680万円から618万円へと9%以上も下げ、違ったブラック・フライデー(暗黒の金曜日)になってしまった。

 

海外の友人と話したら、"There are lots of tears and blood in the market."=(市場は涙と血で溢れている。"と表現していた。

 

 

相場は怖い!

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

115円の攻防。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円相場が約5年ぶりのドル高&円安水準となる115円近辺で取り引きされている。
先週水曜日に高値114.96を付けたが実需とオプションの防戦売りに阻まれて金曜日には一時113.59まで下げる場面も有ったが、昨日バイデン米大統領が来年2月に任期が満了するパウエルFRB.議長の再任を発表して金融市場に安心感が高まり、ドル金利の上昇と共にドルが買われてついに115円の大台を上切り、高値115.19を付けた。
休み明けの今日の東京市場でも高値115.23を付けたが、どうも頭が重い。
大きなレジスタンス(上値抵抗線)を切ると、値が走るケースが多いが今回は動きが鈍い。
よく分からないが、こう言う時は説明の出来ない大きな売りが有る事が有る。
ユーロドルが1.1200を中々下切らないこともドル円相場の頭を抑えているのかも知れない。
ユーロが下げ渋るとすんなりとはドル円相場も上がらないかも知れないが、まあ時間の問題であろう。

明日のゴールデンアワー・セミナーでペンタゴンチャートの権威であるエルビス川口さんに見立てを聞くとしよう。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ
トレトレ会員無料登録はこちら
第11回「酒匂x川口のゴールデンアワー」 2022年中国の戦略が世界を牛耳る!?
「タンク将軍の愛人米 2021」先着100名様にプレゼント!
アメジスト香港2022年版卓上カレンダープレゼント
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
最大100万円をキャッシュバック!FX口座開設キャンペーン
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示