酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

トリプル・ブルー。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

最近、トリプル・ブルーと言う言葉を耳にする。

トリプルは三つ、ブルーは青の意味だが、ブルーは現在トランプ大統領と3週間後に迫った大統領選挙を争うバイデン元副大統領が所属する民主党のシンボル・カラーである。
一言で言えば、"三つの民主党"であろうか?

今此処でトリプル・ブルーが話題になってきたのは、11月3日の大統領選挙でバイデン氏が勝利し、同時に三分の一が改選される現在共和党が過半数を占める上院で民主党が過半数を獲得すると、現在民主党が過半数を占める下院と合わせて、大統領、上院、そして下院の三つの全てを民主党が占めるトリプル現象が起きる可能性が高まってきたからである。
このトリプル・ブルーの事をトリプル・ウェーブ=(三つの波)とも呼ぶらしい。


第一回目のトランプ対バイデンのテレビ討論以降、バイデンの支持率が上昇しており、数字の上ではトランプ再選の確率は益々減っている。

今迄は何となく、トランプ再選なら大きな波乱無し、バイデン新大統領誕生なら株価は暴落して金融界は大混乱となり、恐らくドルも下げるのであろうなと思っていたのだが、市場はどうやらそんな簡単な展開とはならないと判断し始めた感が有る。 

その結果、9月は調整色の強かったニューヨーク株式市場は再び上昇に転じ、10年債利回りも0.8%に近付くまで上昇してきた。

この背景には今迄バイデン候補の増税プランにだけ目を向けていた市場が、同時に推し進めようとする大規模な財政支出による経済効果に対して前向きに考えだした点が挙げられよう。
"増税はするだろうが大統領に成った途端、特にコロナ禍でアメリカ経済が弱っている状況ではいきなりの増税はあるまい。少なくともある期間は増税せず、むしろバイデン候補が公約している財政支出による経済効果の方が大きいのではないか?そうなると株価にとってはプラスではないのか?"との期待が出始めたのである。
財政支出が拡大すれば当然債券市場の需給は供給過多となって債券価格は下がり、金利は上昇する。
株価上昇+金利上昇の図式が出来上がる。
これは典型的なリスク・オン(投資家がリスクを好んで取って、安全資産を売る。)となり、ドルは売られる筈である。
当然、ユーロやポンドは対ドルで上昇する可能性が高いが、ドル・円相場の行方を占うのは難しい。
と言うのはリスク・オンでドルが売られるのと同時に円も売られるからである。
ドル売りと円売りが同時に進めば、弱い通貨同士の通貨ペアーであるドル・円は動きづらくなると思われる。

現状ではバイデン候補が圧倒的に有利と言えども、選挙は水物。
現在でも、"2期目再選を狙う大統領は圧倒的に有利。特に株価が堅調である時の現職大統領の再選率は極めて高い。バイデン有利を唱える人は隠れトランプの存在を過小評価している。"と今でもトランプ再選を疑わない共和党びいきは沢山存在する。

大統領選の結果を推測してシナリオを描いてみると、
1) トランプ大統領再選、上院共和党過半数維持。
これは現状維持で大きな波乱は無し。
コロナ禍以前の予想はこのシナリオが最も優勢であった。

2) トランプ大統領再選、上院共和党過半数を失う。
大統領共和党、上院民主党、下院民主党となり、ホワイト・ハウスと議会とのねじれが拡大し、トランプ大統領の政策遂行が難しくなり、株価は下落して金利も下落。 

3) バイデン新大統領誕生。上院共和党過半数維持。
大統領民主党、上院共和党、下院民主党となってホワイト・ハウスと議会とのねじれが拡大し、バイデン新大統領の政策遂行が難しくなり、株価は下落して金利も下落。 

4) バイデン新大統領誕生。上院共和党過半数を失う。
大統領民主党、上院民主党、下院民主党のトリプル・ブルーが実現しバイデン新大統領の政策遂行が優しくなり、株価は上昇して金利も上昇。 
これが現時点で市場が期待するシナリオに成りつつある様な気がする。

さて、必ずこのシナリオのどれかが実現する訳であるが、先ず3)、4)のバイデン新大統領が誕生する場合も、その勝利が圧倒的なものであればトランプ現職大統領が潔く負けを認める可能性が有るが、これが僅差での勝利となれば間違いなく選挙結果にケチをつけて連邦最高裁に選挙の無効を訴える可能性が高く、大混乱となる危険性が有る。

為替で言えば、1)はドル小幅上昇、ドル・円も上昇、2)はドル小幅上昇、ドル・円は金利下落に伴って小幅下落、3)は2)と同じくドル小幅上昇、ドル・円は金利下落に伴って小幅下落、4)はドル下落、ドル・円は金利上昇分を打ち消すドル安が優勢となり下落と見るが、果たしてこうすんなりとシナリオ通りに相場が動くかどうかは全く分からない。

15日に予定されていた第二回目のトランプ対バイデンのテレビ討論がトランプの反対により中止が決定されたらしいが、圧倒的に不利な状況を理解しているであろうトランプ大統領が選挙をあと3週間に控えて何をしでかすか分からないというのは不気味である。

ドル・円に関してはドルとパラレルに動く状況は変わらず、動きづらい展開が予想されるが当分ニュースのヘッド・ラインに注意しておく必要が有りそうだ。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

菅新政権の誕生。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

菅新総裁が誕生した。

 

 

2週間前に突然安倍首相が退陣表明した直後は、アベノミクス終焉と見た市場は株売り&円買いで応じたが、その週末それまでだんまりを決め込んでいた菅官房長官が総裁選出馬に意欲を示したと伝わると市場のセンチメントは一変した。

 

菅さんは基本的にアベノミクスを踏襲すると思われ、基本的な政策変更は無しと市場は直観して株を買い戻し、円を売り戻した。

 

新首相としての所信表明が待たれるが、ひょうひょうとした感じの見てくれとは違って、菅さん結構タフな政治家の様である。

 

最近の言動を見ると結構意外感が有る。

⁻組閣に当たって派閥からの意見は聞かない。

(実際の組閣に当たってはそうも言ってはいられまい。

但し菅政権誕生に尽力したと勝手に思っている政治家はぎょっとしただろう。)

 

⁻政策に反対する官僚は異動させる。

(菅官房長官になってから内閣人事局が新設され、官僚の幹部人事に色々と口を挟んできた。これから霞が関は益々永田町を意識しての政策運営をせざるを得まい。)

 

⁻日韓関係は先の請求権協定が元になっており、安倍政権時代といささかも違いは無い。

(全くブレが無い。他の総裁候補は"国際協調が必要だ、とか歴史認識に鑑みて譲歩すべき点はそうするべきだ。"と述べるが、菅さんは"我が国はやるべきことはやっており、それを守らない国との交渉は有り得ない。"と付き放つ。)

 

⁻遅かれ早かれ消費税再引き上げは必要となる。但し来る10年はそれは無い。

(景気低迷の現在、増税の話はタブーの筈だが、よくぞ言った。財政垂れ流しの現在、将来増税をしなければこの国は潰れる。)

 

やるではないか!

 

為替に関して、菅さんはドル安&円高がお嫌いな様である。

はっきりと、"私の重要な危機管理の一つに為替がある。財務省、金融庁、日銀による3者会合を開かせている。日本企業が間違いなく国内で経済活動できるような環境をつくる。"と述べて円高をけん制する。

実際に為替が円高に振れると三者会合を開催しており、直近では731日に104.19のドルの安値を付けた日にこの三者会合を開催し、当日の終値は105.93170銭近くの上げを演出した。

それ以来、ドル・円相場が105円を割ったことは一度も無い。

 

政策としてドル高&円安を標榜する訳にはいくまい。

何故ならトランプ大統領が黙っていない可能性が高いからである。

 

 

お手並み拝見とするか!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

ドル・円相場に動意無し。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

昨日のドル・円相場の高値は106.38、安値は106.14で値幅は24銭。

今日の午後4時半現在の高値は106.31、安値は106.21で値幅は僅か10銭。

 

全然動意が無い。

 

昨日はニューヨーク市場がレーバーデイで休日だったこともあるが、安倍首相が退陣して金利安、株高、円安を演出してきたアベノミクスがこれからどうなるのか見極めたいのであろうか?

 

次期総裁として最も有力視されている現官房長官の菅さんが安倍路線を踏襲していくと言っているので、まあ大きな政策転換は無いのであろう。

 

先週は株値とコモディティー価格が大きく下げたが、今日は日経平均株価は184円高で引け、ダウ先物も午後4時半現在でプラス150ポイントと堅調に推移している。

 

不気味な米中関係と不透明な米大統領選の行方などのリスク・オフ要因を考えるとドル・円相場が大きく上がるとも思えないが、現時点では余り下げるとも思えない。

 

レンジ相場と理解して高値を追わず、また安値も追わずの慎重なスタンスで参りましょう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

一応アベノミクス騒動は終わり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 先週金曜日、安倍首相の突然の辞意表明で荒れた株式市場もドル・円相場も落ち着きを取り戻した。

 

金曜日に326円下げた日経平均株価も今日のお昼現在670円も戻しており、アベノミクスの揺り戻しで円高に触れるであろうと予想したドル・円相場も105.21を安値に切り返してお昼現在1円戻して106.20近辺で取引されている。

 

週末に、これも突然総裁候補立候補を仄めかし、現在は次期総裁として最も有力視されている菅官房長官が安倍路線を踏襲すると宣言して、アベノミクスは終わるが同じ様な政策を掲げたスガノミクス誕生と言う事で一旦売った株とドル・円の買い戻しが入った感じがする。

 

それともう一つドル高の原因は先日戻り高値の1.2010を付けたユーロ・ドルの反落だ。

現在投機筋のユーロの買い持ち(ユーロが上がることを期待してユーロを買い越している。)は過去最高のレベルまで膨れ上がっており、何時その利食い(買って持っているユーロを売って利益を確定する。)が入ってもおかしくはない状況であった。

 

 

それでは市場はスガノミクスを評価してこのままドル・円相場が再び円安基調に戻るかと言うとそんなことはあるまい。

そもそも一時は日経平均株価を8,000円から25,000円まで、ドル・円相場を80円から125円まで引き上げたアベノミクスの神通力は失せ、ニューヨーク市場でダウが半年ぶりの高値を付け、ナスダックとS&P.が連日高値更新をしている中、日経平均は23,000円近辺をうろうろして甚だ冴えない状況が続いている。

ドル・円相場も105110円のレンジ内で落ち着いた動きをしており、米中関係、米大統領選挙などのリスク・オフとなる不透明な要因が在る現在、ドル・円相場が上がるとも思えない。

 

総裁選の行方が落ち着き、ユーロの調整が終われば株高によるリスク・オフとFRB.=(米連邦準備制度理事会)の長期緩和政策などに再び市場が目を向け始めれば、ドルの下落基調は続くと思われる。

 

 

 

庭で何かチラチラする物が有ると思ったら、3ヶ月ぶりにハイビスカスが咲いている。

 

ハイビスカス.jpg 

 

世話をしているウチの庭師に"おい、赤い花が咲いてるぞ!"と叫んだら、"あ、ハイビスカスが咲いたんだ。明日は枯れるよ。"と無粋なことを言う。

まあ、いいや。

 

 

今日はざざーっと雨が降ったり、急に日が差したりと目まぐるしい天気ですな。

蒸し暑いので熱中症にお気を付け下さい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

次期総裁候補。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 先週金曜日は突然の安倍首相退陣表明で、"すわ、アベノミクスの終焉か?"と感じた投資家(投機家?)がアベノミクスの3本の矢(金融緩和、財政出動、成長戦略)により進んだ株高と円安の揺り戻しが起きると思って、株を売り円を買い戻した結果日経平均株価は前日比326円安の22,883円で引け、ドル・円相場も一時安値105.21を付けた。

 

金曜日の時点では現在世論調査で最も人気の高い石破前幹事長が有力総裁候補と思われ、もし石破首相が誕生すれば政策転換が起きていよいよアベノミクスは終焉するかと思いきや、週末菅官房長官が総裁候補に立候補するとの報が流れて事情は変って来た。

 

安倍首相の懐刀として安倍政権を支えてきた菅さんが次期総裁に成れば大きな政策変更は無かろう。

となればアベノミクスの終焉と考えるのは早計となる。

 

今日の東京市場では日経平均株価はオープンから値を上げ、一時460円高を演出した後257 円高の23,139.76で引けた。

金曜日の326円安を大分取り戻した格好だ。

 

ドル・円相場も安値105.30で始まった後じりじりと値を上げ、午後3時現在105.60近辺で堅調に推移している。

 

政治の事はよく分からないが、"石破さんだけには禅譲したくない。"思いの安倍さんが菅さんを支持し、自民党のドンである二階さんが菅さんの立候補に対して"頑張って下さい。"とエールを送る状況では石破さんの勝ち目は有るまい。

 

もう一人の有力候補である岸田さんはどうも影が薄い。

 

どうやら菅さんで決まりか?

 

もし菅総理が誕生したら来年の総裁選までのピンチヒッターなのか、或いはもっと長期政権を狙うのかは知らないが、これからのドル・円相場を占う上で米中関係、米大統領選挙の行方に加えて安倍後継者が誰に成るのかが興味の有るところである。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
新型コロナウイルス検査キット 酒匂隆雄の「為替ランドスケープ
新型コロナウイルス抗体検査キット
500円相当ビットコインプレゼント
Vegi&Fishお食事券
八木橋泰仁氏最新書籍「ビットコイン大破産時代の到来」プレゼント企画
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示