酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

すっかり仕手通貨。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク


ドル円相場が落ち着きない動きをしている。
すっかり仕手通貨になってしまった。

今週は140.22で始まり、月曜日と火曜日に142.23の高値を付けたが、昨日さしたる理由もなく138.05迄急落した。

今日は午後5時前で138.50位で取引されており、依然として頭が重い展開が続いている。
どうやらマーケットは未だドル•ロングで捕まっているらしい。

此れでは中々ドルは上がらない。

でも来月FRB.は間違いなく0.50%の利上げをするので、日米金利差は広がる。

短期的にはドルを買いたい人が出てきてもおかしくはないが、来年アメリカは間違い無く景気がスローダウンする。
となると長期的にはドルは買いたくない人が出て来てもおかしくはない。

短期的に買いたい人と、長期的には売りたい人との鬩ぎ合いが暫く続いて本格的なドル下げは来年の春以降になるんだろうな。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

未だ、買い持ち?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円相場はたったこの10日間で高値147.56から安値138.46迄9円以上暴落したが、25日火曜日付の我が国個人投資家のドル円の持ち高を見ると前週から凡そ7億ドル減少の買い持ち23億ドルとなっている。(下のチャートは先週のデータで、約30億ドルの買い持ちとなっている。)

 sakoh_20221117.png

 

よく我慢出来るものだ。

単純計算でこの10日間で23億ドル✖️9円=207億円が吹っ飛んだ事になる。

話題になっている仮想通貨の損失額に比べればどうってことはない額ではあるが、それにしても巨額だぞ。

 

我々はこんなにドルが下げているのに我慢してはいけません。

 

我々個人投資家は年間の利益目標を決めて大きく損をしない様に必ず損切りを入れておく習慣を身に付けましょう。

 

コツコツ儲けて、ドカンとやられない様に!

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

ドル・円相場、大波乱。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

ドル・円相場が木曜日の高値146.59から金曜日は安値138.46と実に8円13銭も急落した。

 

この動きの背景には木曜日の日本時間午後11時頃に発表になった米国10月の消費者物価指数(CPI.)が市場予想の8%を下回る+7.7%であったことがある。

9月のそれは+8.2%であったから、着実に米国のインフレは落ち着きを取り戻しているとも言えなくはない。

 

この数字を受けて米国10年債利回りは4.098%から3.810%へと急落してドル・円相場がそれを追随した形となったが、このドルの下げの最も大きな要因はマーケットがドルの買い持ちで捕まったことである。

 

日米金利差拡大と我が国の国際収支悪化と言うファンダメンタルの観点からドル買い&円売りが台頭して、シカゴ・IMM.の投機筋、我が国個人投資家の何れも大きなドル買いのポジションに傾いていた。

 

彼らは突然のドルの下落を見て、損切りのドル売りをせざるを得なかったのである。

ドルが下がるから売る、売るから下がると言うスパイラル現象が起きた。

 

問題はこのドルの下げに乗じて両者を筆頭とするマーケット参加者がドル・ロングを整理出来たかどうかであるが、これは分からない。

 

筆者の推測では今日の頭の重いPrice action.(値動き)を見る限り、未だ整理は終わっていないと思われる。

 

ではこのままずるずると130円台のLow.まで落ちるかと言うとそうはいくまい。

 

取り敢えずゲーム・チェンジャーとなったかに見える先週のCPI.の数字であるが、下がったとは言え未だ+7.7%であり、FRB.がこれを元に金融引き締めのペースを緩める事はあれども、中止することは無い。

言い換えれば12月を含めてあと数回の利上げが行われることは必至であり、依然として日米金利差が開く傾向は変わらない。

 

今週はFRB.高官の講演・スピーチが相次ぐが、"一回の物価指数を見て金融政策の変更は有り得ない。"などのタカ派的発言が出れば、ドルがある程度値を戻すことは十分有り得よう。

 

無理をして安い所でのドル売りは慎みたい。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

眠い。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク


昨晩、アメリカの10月の消費者物価指数(CPI.)が7.7%と市場予想の8.0%よりも低かった為に、12月のFOMC.(連邦公開市場委員会)での利上げ幅が11月の0.75%から0.50%へと縮小するだろうとの思惑が台頭して長期金利が急落してドル円相場も156円台から151円台へと5円以上も暴落した。
はっきり言って此処まで下げる程の物でもなかったのだが、明らかに市場はドル•ロングであった為に損切りのドル売りが殺到して下げのスピードを加速させた。
結局安値140.20と高値146.59から6円39銭も下げる大相場となったが、余りにも下げのスピードが速かった為に間違い無くドル•ロングで捕まっている人が多いと思われ、暫くは頭の重い展開になるかも知れない。

大喜びしているのは未曾有の額のドル売り&円買い介入をした我が国の政府•財務省であろうか?

余りにもダイナミックなプライス•アクション(値動き)だったので、面白くて朝の2時半迄起きて取り引きしていたので眠い。
普段は11時を過ぎると眠くなるのだが、相場を見る時と麻雀をやる時は別だ。

それとある理由で酒を飲んでいないので、眠くならないのだ。

今月末に心臓のカテーテル手術を行うにあたって、先生から禁酒を申し渡された。
"飲んだら分かりますからね!"と先生に脅かされたので言う事を聞かずばなるまい。

さてドル円相場は此処からは難しいな。

140円台では目を瞑ってドルを買えたが、142円台では頭が重い。

余り無理をせずに、Hit and away.でのらりくらりとやるのが良いだろうな。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

ドル・円相場は乱高下。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

金曜日の夜、日本時間の午後11過ぎから突然ドル・円相場が下げ始めて高値151.94から安値146.22まで5円以上暴落した。

 

天下の日経新聞が"ドル・円相場が7円以上下落して144円台を付けた。"と誤報したくらいだから、皆相当慌てていたのだろう。

 

金曜日のニューヨーク為替市場では少し値を戻して147.63で引けたが、今朝の東京為替市場では9時に正式にオープンする前からじりじりと上昇して高値149.69を付けたが、8時40分頃突然急落を始めて安値145.45付けた。

今日も4円以上の急落である。

 

我が国財務省は正式に介入を認めていないが、金曜日と本日のドルの急落は彼らのドル売り&円買い介入のせいである。

 

円安のディメリットが叫ばれだした今、どんどん介入をやってドル高&円安進行のスピードを抑え、同時にドルの頭を抑えれば良い。

 

何十年か前に100円近辺でドル買い&円売り介入で買ったドルを150円で売るんだから、強烈な利食いだ!

 

財務省の介入の目的は二つ。

 

一つは上で述べた様に介入でドル高&円安進行のスピードを抑え、同時にドルの頭を抑える事。

 

そしてもう一つは投機筋をぎゃふんと言わせること。

 

介入を馬鹿にする輩が居るが、我が国の金融当局者はそれこそ投機筋が考える程馬鹿ではない。

 

来週アメリカに出掛けるが海外に出掛ける日本人は円の安さに驚愕するそうだ。

自分もシンガポールに行って円の購買力の低さにがっかりした。

 

頼むから自分がアメリカに行っている間、そして直後でも良いから135円程度までの円高にしておくれ!

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ
トレトレ会員無料登録はこちら
若林栄四特別セミナー
アメジスト香港オリジナル2023年版卓上カレンダープレゼント
「タンク将軍の愛人米 2022」プレゼントキャンペーン
川口一晃のペンタゴンチャンネル
奥義ペンタゴンチャート戦略
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
お肉お米どちらかもらえるプレゼント!
kaitekitv
カンボジア再大手、アクレダ銀行口座開設サポート
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
香港ポスト
マカオ新聞
  • PVアクセスランキング にほんブログ村

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示