酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

それでも利上げしない?

  • 記事URL
  • はてなブックマーク


総務省が昨日発表した昨年22月の全国諸費者物価指数(CPI.)は値動きの大きい生鮮食品を除くコアの数字が前年同月比で4.0%上昇した。

要するに物価が4%上がったのである。

此れは第2次石油ショック後の1981年12月以来の上昇率である。

41年振りの物価高か?

この物価高にも拘らず、日銀は"昇給を伴わない物価高は長続きせず、必要とあらば何時でも更なる金融緩和を行う。"と宣う。

物価高にも拘らず利上げどころか、利下げも辞さないと言う感覚が理解出来ない。

実際日銀は連日国債を買いまくって市場に金を供給して実質的な緩和を続けている。

5年後、10年後は日本はどうなっているんだろう?

物価高にも拘らず、給料は上がらずに困った事になるんじゃないのかなあ?

ああ、恐ろしい。

長生きはしたくないもんだ。

若林栄四 NYからの金言
第23回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示