酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

止まらぬ円安、縮む日本。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

 

今日の日経新聞朝刊の1面にちょっとショッキングなタイトルが躍った。

 

止まらぬ円安、縮む日本。

 

正に現在の日本の凋落ぶりを表す鋭い言葉である。

 

かつて我が国はドル建ての名目国内総生産(GDP.)がアメリカに次いで2位であったが、今は中国に抜かれ今は4位のドイツに抜かれんとしている。

 

ドル建て賃金は30年前に逆戻りし、我が国の購買力や人材吸引力を低下させ、どんどんじり貧になっているのが現状だ。

 

その元凶は勿論145円にならんとする円安だ。

 

先週日銀がレート・チェックを行って、市場が"すわ、介入か?"と色めきたったが未だ介入の兆候は無い。

 

現在我が国の外貨準備は1兆3千億ドル有るがそのたった(?)1割くらいで良いから売れば良い。

 

なーに、24年前にMr.Yen.こと榊原元財務官が鱈腹ドル買い&円売り介入して外貨準備に貯めこんだドルの利食い売りだ!

 

外貨準備の1割の1300億ドルをもし榊原さんが94円くらいで買ったとしたら144円で売れば1300億ドル×(144-94)=6兆5千億円となり我が国の1年の防衛予算を上回る。

 

円安を止め、たっぷりの為替差益が出るんだからどんどんとは言わないが、外貨準備の1~2割くらい売っちゃえば面白いのに。

 

 

政権発足以来支持率が最低の岸田さん、円安を止めれば少しは人気が上がりますよ!!

 

 

明日からシンガポールに出掛けるが、ホテル代の高騰と円安で辛い旅行になりそうだが、幸いにも多少のドルを持っているので、円からシンガポール・ドルではなくドルからシンガポール・ドルに換えて使うとしよう。

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示