酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

カテーテル・アブレーション。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日再びみなと赤十字病院に行ってカテーテル・アブレーションと言う、腿の付け根から細い管を心臓に送り込んで心臓の心房細動の原因を発する部位にやけどを作って異常な電気信号の流れを遮断する手術の説明を受けた。

 

今のところ筆者の症状は軽いのだが、放っておくと突然発作が起きて脳梗塞などを誘発するので手術をした方が良いと仰るのでそれに従うしかない。

 

"11月第1週のご予定は如何ですか?"

"えーっとその週、アメリカに行ってゴルフやっているんです。"

"では第3週は?"

"えーっと親しい友人との久し振りのゴルフが入っているんです。"

"では第5週では?"

という事で11月の最終週に手術を受けることになった。

 

その前に色々検査が有ってこりゃあ、大変だ。

 

 みなと赤十字.jpg

 

"酒匂さん、お酒がお好きだと聞いていますが、手術のひと月前から酒を断って頂きます。"

"えーっと第1週のアメリカ滞在中のゴルフの後、恒例の大ワイン祭りが待っていて良いワインを沢山飲まなきゃいけないんです。"

 

凄く物分かりの良い先生で、"まあ仕方ないですね、帰ってからしっかり禁酒して下さい。血液検査をするので分かりますからね!"

"は、はーっ.."

 

カテーテル・アブレーション手術そのものは大したことはないらしいのだが、心臓の一部を焼き切ると説明されるとぎょっとする。

 

 

まあなるようになるわい。

 

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示