酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

制限解除。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

悪名高かった我が国への入国時、再入国時のPCR.検査結果の提示が来月7日から無くなるらしい。

 

この検査は日本に入る72時間前以内に行って陽性結果を空港の検疫時に見せなくてはならないものであったが、"こんなもの何の意味が有るんだ?"と常日頃から考えていた。

 

昨年アメリカに行った時に指示通りに帰国72時間前に現地の病院でPCR.検査を受けたが、大変だった。

 

予約を取り、検査を受け、翌日日本の厚生労働省の書式に検査結果を書いて貰わなくてはならない。

 

"どうしてアメリカの書式ではだめなのか?"と訊かれたが、"Typical Japanese Bureaucracy."=(典型的な日本のお役所仕事。)と言って肩をすぼめるしかなかった。

 

意味が無いと思った理由は検査を受けてその後3日も有るんだからその間に罹ったらどうするんだと感じたからだ。

 

結局苦労して手に入れたPCR.検査結果はオヘア空港のJAL.のカウンターで一瞥されただけで、羽田に着いてまた信じられない様な面倒臭い検査が待っていた。

 

あの検査が無くなっただけでも嬉しい。

 

それにしても何で9月7日からなんだろう?

 

明日にでも直ぐに始めりゃあいいじゃん?

 

そうだ、"Typical Japanese Bureaucracy."だったんだ..

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示