酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

日本沈没。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

確か去年か、或いはその後かも知れないが同じトピックをテーマにした記憶が有る。

 

昨日総務省が発表したデータによると国内の日本人の総人口は前年比-61万9140人減(0.50%)の1億2322万3561人で13年連続で減少し、その減少幅は過去最大であった。

 

出生者数は81万2036人で6年連続で過去最少を記録した。

 

要するに毎年日本人の数が減っていて、このままでは地球上から日本人が居なくなる計算となる。

 

今年75歳になる筆者が生まれた昭和22年(1947年)が第一次ベビー・ブーマーと呼ばれる団塊世代で、次が我々の子供の大体45歳くらいが第二次ベビー・ブーマーとなってその後は人口がどんどん減って、下の2022年の人口ピラミッドに見られる様に極めて歪な形となっている。

20220810_01.png

将来を支えるべき若い人が少なく、年金生活者が多い頭でっかちになっている。

因みに2115年の人口ピラミッドを見ると悲惨なことになっている。

20220810_02.png 

正に、Hopeless.(希望無し。)である。

(人口ピラミッドはネットのdigitvizから拝借しました。)

因みに人口数が似ていて、GDP.比で50年前の日本に似ていると言われるフィリピンの2022年の人口ピラミッドは実に奇麗だ。

20220810_03.png

正に若い国で、これから若い人が年寄りを支えていくという構図が見て取れる。

 

日本沈没。

 

こんな日本に誰がした??

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示