酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

訳が分からん。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

恥ずかしながら今週月曜日に75回目の誕生日を迎えて晴れて後期高齢者となった。

 

別にどうってことは無いと思っていたら、横浜市から"横浜市敬老特別乗車証"なるものが届いて、市営バス、市営地下鉄、金沢シーサイドラインが無料で乗れる。

今までは年になにがしかの料金を払っていたが、晴れて無料で乗れる様になるのだ。

 

只、余り市の公共交通機関には乗らないからそんなに有難みを感じない。(と言ったら怒られるか?)

 

ところがこの乗車証の有効期間が今年の9月30日なのである。

 

 特別乗車証.jpg

 

 

どうして?

 

すこし前には新しい保険証が送られてきたが、今までの小さなプラスティックのカードではなく、昔の大きな紙である。

"後期高齢者医療被保険者証"と言う大仰な名が付いている。

 

そしてこれも交付年月日令和4年8月8日、有効期限令和4年9月30日と上の乗車証の有効期間と同じである。

 

 

 保険証.jpg

 

どうして?

 

訳が分からん。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

内閣支持率下落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今朝の読売新聞の記事によると10日に発足した第2次岸田内閣の支持率が内閣改造直前の前回調査から6ポイント下落して51%となり、過去最低となったらしい。

 

不支持率は34%(前回32%)と過去最高となり、岸田内閣にとっては正に波乱の船出となったが、不人気の一番の理由は旧統一教会への対応が不十分だということらしい。

 

確かに新たに入閣した大臣の何人かが旧統一教会となんらかの関りを持っていたと言われれば"何だかな.."と思いますわな。

 

"自分は知らなかった、秘書や後援会がやったこと。"では納得出来ない。

 

旧統一教会に関しては連日テレビで取り上げられているが、どうしてあんなのに多額の金を貢ぐんだろう?

洗脳って言えば洗脳なんだろうが、脳を洗われるか?

 

こんな事を言ったら怒られるかも知れないが、"信じる者は救われる。"と説く宗教はある意味人々を洗脳しようとしているんだろうな?

 

我が家は先祖代々神道だが(と言っても両親の墓参りの折に神道のやり方に基づいてお参りするだけだが)親から何も言われたことは無かったな。

 

 

まあ、いいや。

あっしには関係の無い事でござんす。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

真夏の怪。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

昨晩、7月の米国消費者物価指数(CPI.)の発表が有り、金融市場は大荒れとなった。

 

CPI.は6月が驚きの+9.1%で、これが6月と7月にFRB.が0.75%と言う通常の3倍の上げ幅の利上げを行う根拠となったのだが、7月は多少好転して+8.7%となるであろうということが市場予想であった。

 

日本時間午後9時半に発表された数字は+8.5%で市場予想を若干下回ったが、市場の反応は強烈でドル・円相場はあっと言う間に135円台から132.70近辺に急落し、日が変わる頃には132.03まで下落した。

 

たった2時間の間に3円落ちたことになる。

20220811_01.png 

その背景はCPI.が+9.1%から+8.5%に下落した事で米国のインフレがピークアウトしたとの観測が台頭して一時長期金利が大きく下落してドル・円も下げた。

 

先週発表になった7月の米国雇用統計が滅茶苦茶良い数字でFRB.は9月も0.75%の利上げを行うであろうとの観測が有ったが、これで恐らく0.50%の利上げに落ち着くかも知れない。

株式市場は大喜びで、ニューヨーク株式市場の3指数とも大きく上げて引けた。

 

ちょっと待て!

 

何をそんなに騒いでいるんだ?

物価上昇率が8.5%なんですぞ!

 

前月から0.6%好転したからと言ってこの狂乱物価高は依然として酷いものだ。

 

未だFRB.からのコメントは聞いていないが、これで引き締めのペースを急にスロー・ダウンさせるとも思えないのだが。

 

まあ夏休みで市場参加者が減り、市場の流動性が減少する間での真夏の怪ですな。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

日本沈没。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

確か去年か、或いはその後かも知れないが同じトピックをテーマにした記憶が有る。

 

昨日総務省が発表したデータによると国内の日本人の総人口は前年比-61万9140人減(0.50%)の1億2322万3561人で13年連続で減少し、その減少幅は過去最大であった。

 

出生者数は81万2036人で6年連続で過去最少を記録した。

 

要するに毎年日本人の数が減っていて、このままでは地球上から日本人が居なくなる計算となる。

 

今年75歳になる筆者が生まれた昭和22年(1947年)が第一次ベビー・ブーマーと呼ばれる団塊世代で、次が我々の子供の大体45歳くらいが第二次ベビー・ブーマーとなってその後は人口がどんどん減って、下の2022年の人口ピラミッドに見られる様に極めて歪な形となっている。

20220810_01.png

将来を支えるべき若い人が少なく、年金生活者が多い頭でっかちになっている。

因みに2115年の人口ピラミッドを見ると悲惨なことになっている。

20220810_02.png 

正に、Hopeless.(希望無し。)である。

(人口ピラミッドはネットのdigitvizから拝借しました。)

因みに人口数が似ていて、GDP.比で50年前の日本に似ていると言われるフィリピンの2022年の人口ピラミッドは実に奇麗だ。

20220810_03.png

正に若い国で、これから若い人が年寄りを支えていくという構図が見て取れる。

 

日本沈没。

 

こんな日本に誰がした??

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

一石二鳥。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

 

先週の金曜日から土曜日に掛けては群馬県の酒蔵を訪ね、日曜日から昨日の月曜日迄は日本一の花火大会である神明の花火を見に山梨に出掛けた。

 

久々の夏休みである。

 

自分が勝手に夏休みを取ろうが為替市場は開いている。

 

金曜日は朝7時過ぎに家を出たので欧州とアメリカの木曜日の終値を書き込む時間は有ったが、未完成。

 

 981.jpg

 

月曜日は午後4時過ぎに帰宅したので満足に書き足せない。

 

そして今日火曜日は普段月曜日に書いているレポートと、同じく火曜日に書いているレポートの二つを片付ける為に時間が無くて矢張り未だ未完成。

 

 

 982.jpg

 

金曜日と月曜日の二日だけでもドル・円相場は高値135.56、安値132.53と3円近く動いており気は抜けない。

 

このノートを毎朝2時間近く掛けて20年近く書き続けているのだが、まあこれはボケ防止の様なものだ。

 

そして上手く行って儲かればボケ防止と投資になり、これは一石二鳥だ。

 

こりゃあ、良いや!

 

え?損したらどうなる?

 

そりゃあ、一石一鳥で終わりなだけ。

若林栄四特別セミナー
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示