酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

桜島噴火。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

昨日の夜のニュースが鹿児島に在る桜島が噴火したと伝えていた。

 

山の中腹から真っ赤な溶岩が噴き出ているのが見えたが、考えてみて下さい、地球の中から溶けた岩が噴き出て来るんですよ!

 

地球と言うものは外側は個体からなる地殻、その下が高い粘性を持つマントル、続いてマントルより粘性がはるかに低い液体の外核、そして中心部は個体で内核と呼ばれると確か中学の時に習ったが、そのどろどろのマントルが溶けた溶岩として噴き出て来ることが不思議でならない。

 

地球が誕生して46億年くらい経っていると聞くが、その間ずっとこの外核はどろどろと溶けた溶岩のままなんだろうな。

 

それが時々ひょんなことから地球の表面に出て来て悪さをすると噴火となる訳だ。

 

宇宙もそうだが、地球から一番近いブラックホールに達するのに約2500光年掛かるなんて話を聞くと、日々起きている身近なことが馬鹿馬鹿しく感じて仕方ない。

 

"そんな事、小さい、小さい!"と笑い飛ばせば何でも腹は立たないのかも知れないな?

 

ああ、くそ暑い!

(これも小さなことか?)

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示