酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

トップ・ガン。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

先日、中二になる孫息子に、"トップ・ガン観に行こうか?"と誘ったら、"僕は良い。"と断られた。

 

この子はじーじと違って心優しい子で、戦争とかの殺し合いの映画は好きではない。

 

すると何を血迷ったかこの子の母親(筆者の娘)が、"アタシ、行く!"と手を挙げた。

 

そこで今日は70歳代ミドルの父親と、40歳代ミドルの娘の親子が揃ってトップ・ガンを観ることになった。

 

凄く面白かった!

 

イントロは30年前くらいに流行った前作のテーマ曲であった"Danger Zone."が流れ、年甲斐も無く興奮した。

 

使用された飛行機はF-18.で現在の主力機であるF-35.よりも一世代前の物であるが、それには理由が有る。

 

Dog Fight.と言う飛行機同士のバトルも前作よりも格段に良かった。

 

滑走路が穴ぼこだらけの敵の基地からF-13.を盗んで逃げ帰るなどは映画ならではの荒唐無稽ではあるが、それでも手に汗を握る展開で面白かった。

 

何年か前のQueen.のボヘミアン・ラプソディー以来の映画館での鑑賞であったが、矢張り凄い迫力でああ言った映画は映画館で観るのが一番である。

 

それと我々年寄りは割引が有って1,100円で観られて大変お得である。

 

娘は、"飛行機に乗るのは好きじゃないけど観るのは好きだな。また来ようかな。"とご機嫌であった。

 

"お父さんも来る?"と訊かれて、"いや直ぐに飛行機の中で観られるからいいよ。"と言ったが、矢張りあの迫力を楽しむには映画館に足を運ぶべきだな。

 

えーい、1,100円だ、又行くか!

第19回「酒匂x川口のゴールデンアワー」
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示