酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

"宗旨替えか?" 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

あれだけ円安は日本経済にとってプラスであると言い続けてきた黒田日銀総裁が、今日の岸田首相との会見で、"最近の急速な円安進行は好ましくない。為替市場の動向を注視している。"と言ったらしい。

 

ふーん、宗旨替えか?

 

このニュースを受けて135.10まで上昇していたドル・円相場はすっと134.85くらいまで下げたが、それだけのこと。

 

片や金利を上げ、もう一方は頑なに金利を据え置くと言うのだから益々日米金利差は開くばかりで、幾ら黒田さんが好ましくないと言っても中長期的にはドル高&円安が進むのだろうが24年ぶりの水準までドルが上げて、ある程度の達成感は有る。

 

それとドル・円相場と強い相関関係が有る米国10年債利回りがピークの3.5%から下げてきており、そうすんなりとは138~140円を目指すとも思えない。

 

先週の様な131円台を望むのは難しいが、ドルが下がったら買うと言うBuy on dips.の戦略で臨みたい。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示